titleboli

 

 

1LDK 17A/W WOMANS LOOK BOOK (SIDE A)

 

1LDK 17A/W MENS LOOK BOOK (1LDK apartments.)

 

 

 

一目惚れ。

 

その名の通り、一目見ただけで惚れてしまう、夢中になってしまう事を差した言葉です。

 

洋服の世界にもそういった表現は、良く出てくるような気がします。

 

元来、洋服と言うものは、身に着けて初めて、その真価が問われると考えています。

 

どんなに見た目が優れていても、それはあくまでも表面上の魅力。
洋服は、ハンガーに吊るしている状態でも畳んでいる状態でもなく、着用した状態が本来の見た目。

 

ただ、極稀にそれを飛び越えてくるものがあります。

 

では、それは如何なるものなのか。

 

色であり、生地であり。

 

そして凄く抽象的な言葉なので、あまり使いたくはないあの言葉。
「雰囲気」なのかなと思っております。

 

 

 

そこまで昔の話では、ありません。
おそらく2.3月前程度のお話。

 

三好さんと僕で、とある展示会に伺った際に、偶然とあるレディースのブランドを見つけたのです。

 

一本のラックに綺麗にまとまったそのブランド。

 

黒や紺。
必要以上の色味のないラインナップ。

 

ただ、生地はとても表情豊か。

 

細部に目を移します。
装飾華美ではなく、端正にデザインされているのが伝わってきます。

 

ぱっと見で惹かれた気持ちがここで確信に変わるわけです。

 

 

 

「boli」は、17AWより始まったブランド。

 

一人の若い女性のデザイナーが、デザインから縫製まで全て一人で行っています。

 

故に、多くは作れず、まだお取扱されている店舗も数店。

 

初めてのブランドの1stシーズンたればの、無垢で溢れんばかりの魅力。

 

そういったものを深く感じてしまいます。

 

 

 

申し訳ございません。

 

ここまで一目惚れという言葉で括ってお伝えしておりましたが、間違いがあります。

 

boliの洋服は、着てこそ真価が問われるものばかりです。

 

雰囲気だけでなく、腕や脚を通した時に、初めてこういったシルエットだったのかと思えるような感動があります。

 

 

そんなboliのラインナップを、10/14(SAT)より発売開始致します。

 

1stシーズンのラインナップに加えて、別注としてジャケットとバッグをご用意して頂きました。

 

詳しくは、明日と明後日のBlogにてご紹介させて頂きます。

 

是非、僕たちが感じた一目惚れのような感情を皆様にお伝え出来れば幸いです。

 

 

○お問い合わせ先

1LDK apartments.
東京都目黒区上目黒 1-7-13
B-TOWN EAST 1F
03-5728-7140

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

1LDK apartments. STAFF緒方

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: News, Ogata | コメントは受け付けていません。

titleデザイナーズのようなファクトリーブランドのコート

 

 

1LDK 17A/W WOMANS LOOK BOOK (SIDE A)

 

1LDK 17A/W MENS LOOK BOOK (1LDK apartments.)

 

 

” Honnete (オネット)”

フランスのトゥールーズ地方にテキスタイルメーカーとして1954年に誕生。

フランス国内外の様々なブランドにファブリックを供給しており、自社に縫製工場を設立後にはオリジナルレーベルの生産や著名デザイナーズブランドのOEM生産を担当。

現在は多くのメゾンやデザイナーズブランドの生産をしており、自社で生地開発が出来る点や生産技術の高さが強みなブランドです。

また、ファクトリーブランドながらデザイン性にも優れている点も魅力の一つです。

そんな”Honnete”から、極上のラムウールメルトンを使用したコートを二点、ご紹介させて頂きます。

 

Honnete “ROUND COLLER COAT” ¥42,000+TAX-

CREDIT
LIVING CONCEPT “BERET” ¥8,000+TAX-
MY “CREWNECK KNIT” ¥26,000+TAX-
STUDIO NICHOLSON “BALLOON PANTS” ¥64,000+TAX-
_Fot “BABOUCHE CREPE” ¥29,000+TAX-

ゆとりのあるシルエットに、少し丸みのある襟が特徴的。

そして、たっぷりと大きく取られた袖など、全体的に柔らかく、バルーン型の立体的なシルエットです。

生後5ヶ月以内に初めて刈る子羊の毛で、ウールよりも繊維が細かい「ラムウール」のメルトン生地を使用しており、光沢がありしなやかな肌触りも魅力的です。

オーバーサイズでありながら、裾に向かって落ちていく綺麗なシルエットは、ラムウールメルトンだからこそ。

秋冬になると、オレンジやブラウンのアイテムをコーディネートに取り入れることが多いのではないでしょうか。

そんな色味のあるアイテムに、ベージュのアウターを一枚羽織るだけでう上手くまとまるので、この淡いカラーも惹かれるポイントです。

 

Honnete “SHAWL COLLER WIDE COAT” ¥42,000+TAX-

CREDIT
STUDIO NICHOLSON “SEAM KNIT” ¥49,000+TAX-
MY “WOOL WIDE PANTS” ¥28,000+TAX-

先ほどのコートと同素材を使用していますが、ショールカラーやロング丈が女性らしさを演出してくれる仕上がりに。

ポケットがフロントに施されている事で、シルエットが横に広がらずに襟元の程よいボリュームを引き立ててくれています。

生地の柔らかさを生かしたドロップショルダーも身体にすんなりと馴染み、裏地が付いていない事でインナーを変化させながら永く愛用して頂けるのも嬉しい所。

スナップボタンにより襟やシルエットが変えることが可能で、今回のような前開きのAラインのシルエットも素敵です。

また、「ロングコート=重い」

そんなイメージを持っている方は私に限らず多くいらっしゃるかと思います。

Honneteのコートは一枚仕立てなので軽く、肩肘張らず自然体でいる事のできるコートになっています。

ボタンを閉め、後ろ部分をフードのようにするとバックスタイルがまた違った印象に。

バックもいたってシンプルに作られているので、素材の上質さが際立ちます。

立ち上がった襟は上品な雰囲気を持ち、カジュアルにもフォーマルなシーンにも適するので幅広い場で着て頂ける一着。

そして、何と言ってもデザイナーズブランドのような繊細なデザインと、上質な生地とクオリティーの高い縫製。

そして、この価格帯。

全てファクトリーブランドだからこそ実現した仕上がりは、全ての工程の魅力が詰め込まれています。

 

秋冬は全体的にどのアイテムも価格が高くなり、どうしても購入できる物が限られてしまいますよね。

しかし、洋服好きとしては「質」にも拘りたいのが正直なところ。

そうすると価格も上がってしまい、結局買いそびれてしまう…なんて事も。

ご紹介した二型のHonneteのコートは、この先何年も永く愛用して頂ける、今一番オススメしたいコートです。

是非、店頭でご覧になってみて下さい。

 

○お問い合わせ先

1LDK apartments.
東京都目黒区上目黒 1-7-13
B-TOWN EAST 1F
03-5728-7140

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

1LDK apartments. STAFF関口

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kobayashi, Kuroiwa, Pick Up, Sekiguchi | コメントは受け付けていません。