titleCLASS 2017A/W “TRACE”

 

CLASS 2017-2018 AW

TRACE(痕跡/軌跡)
LIFE & DIE

過去の痕跡、今その時に、そして未来に向けて残すであろう軌跡。
人間の持つ死生観。

表層のデザインではなく、
素材やテクニックにこだわり未来に残していきたい物を丁寧に作ることに重点を置いたコレクション。

ONE MILLION YEARS – ON KAWARA
For all those who have lived and died
For the last one

 

 




こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

個人的に毎シーズン入荷を楽しみにしているCLASS。
1LDK AOYAMA HOTELではCLASS 2017A/Wコレクションの発売を8月1日から開始致します。



CLASS GYATEI ¥65,000+TAX-

イギリス軍のパンツをインサイドアウト(ひっくり返してます。)し、裏側の仕様をデザインに落とし込んだパンツ。

総裏の使用となっており、膝下までは2重仕立て、ヒップ部分から上は生地を3重に使用しています。
生地はシルケット加工を施していないコットンの糸を織り上げた高密度ギャバジン。
ざらりとしたドライな質感が心地よく、ヒップラインからひざ下にかけての立体感を強調します。

わかりやすく裏返すとこのような作りに。

この一見「何故そんなことを。」という作りも、履くと納得できる面白さを持っています。


ミリタリーアイテム特有の雰囲気は残しつつも、野暮ったさは感じないアイテム。
コットン素材なので手入れも楽で通年使える点も魅力的です。

何よりも面白いのが、裾の一重の生地が生み出す表情です。

その日の気分で腰位置を変えてシルエットを変化させられるのが股上の深いパンツの面白い点。
写真の様に腰位置を高めにして裾をすっきりとさせたスタイリングでも。

腰位置を落として裾の生地をクッションをつけた合わせでも。
裾の生地は一重で柔らかくしなやかなので、上手く膝下の二重に重ねられた生地の中に入りこんでくれます。

膝下の二重の生地を折り返して、一重の生地をより強調しても◎

写真だと上手く伝わりませんが、実際に履いて色々やってみるとかなり表情が変わるので面白いです。
実際に試してみて下さい。

裏地や袋布も表生地を贅沢に使用したとても丁寧に作り上げられたパンツです。


CLASS continuity ¥19,000+TAX-

身幅に比べ着丈が短めのすっきりとしたバランス。
裾リブの絞りを強めにしたラウンドシルエットのスウェットカットソー。



大きめのガゼット、袖下のマチが特徴的です。
脇ポケットを付けることにより、裾リブから上の部分にボリュームが出ます。

この野暮ったい特徴的なバランスがたまらなく良いです。

そして、このスウェットの最大の魅力は生地にあります。

2重織のハーフメッシュを使用。
軽く、着心地も風合いも柔らかですが空気をためる構造になっている為保温性があります。

この生地、とても良いです。
色展開は黒と鮮やかな赤。

個人的には赤がオススメです。

そして、同素材でパンツも用意しています。



CLASS discontinuity ¥19,000+TAX-

80年代に作られたフランスのスウェットパンツをベースにした、ウォーミングアップパンツ。
ウェストから裾までの、かなりタイトな作りが特徴的です。

シルエットはタイトですが、生地の柔らかな風合いがより強調された仕上がりに。
裾にふんわりと溜まるシルエットがとても良いです。

先程のスウェットカットソーとのセットアップスタイルでも。



個人的にはこう言ったリラックスしたアイテムと比較的雰囲気の堅い袖物を合わせるのが好みです。
このわかっているのか、わかっていないのか、というアンバランスさが面白いと感じます。

また、この細身で柔らかく温かな特徴を活かしてこのようなスタイリングにも。


レングスのすっきりとしたワイドパンツと合わせると、保温力も抜群で裾周りにもアクセントを加えられます。
一枚でももちろん、こう言ったプラスアルファの楽しみ方があると嬉しいですよね。

 

まだ入荷は一部しかしておりません。
実際に販売するタイミングになればもう少し商品も用意できているかと思います。

発売は8月1日からです。
ただ、店頭には既に並べてあるのでご興味ある方は是非実際に試しにいらして下さい。

 

このブランドの魅力は一言ではお伝え出来ませんが、なんといっても「着ていて楽しい。」
それに尽きると思います。

洋服にまつわるカルチャーを掘り下げたブランドや、技術や生地の良さを謳うブランド、クラシックな良さをその洋服から感じるブランド、編集力の高いブランド等、様々なブランドが今の世の中には溢れています。

CLASSというブランドはその全てを持ち合わせています。
「だから」と言っていいのかはわかりませんが、なんとなく着ていても楽しく、ちゃんと考えて着るともっと楽しいのです。

 

ファッションは表層に漂う物だけでなく、その裏側にある様々な要素を楽しむことが出来る、可能性のある世界。
CLASSという洋服はそれを改めて気付かせてくれるはず。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

 

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kawakami, Pick Up, Toshiya | コメントは受け付けていません。

title2017A/W NEW BRAND “salvy;”

 

MORE SALE START

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの渡邉です。

MORE SALEの時期ですが、各店新作が徐々に入荷しているようです。
もちろん1LDK AOYAMA HOTELにも入荷がありました。

本日は2017A/Wから取り扱いがスタートしたこちら。

“salvy;”

日本の伝統的な技術や文化を根底に、日本人だからできる表現をコンセプト。
国内の優れた技術力を持った工場と、国内外のインターナショナルなブランドで経験を積んだデザイナーがチームとして動いています。

オリジナリティ溢れる生地や縫製を用いて、巧みなパターンから生み出される立体的なシルエットが特長のプロダクトを多く展開しています。

1LDK AOYAMA HOTELではカットソーをメインでオーダーをしました。

秋冬のカットソーはほとんど古着で済ませてしまうSTAFF河上が、展示会から「すごくカットソーが良かった。」と嬉しそうに帰って来た時から個人的にも気になっていたブランドです。

まず入荷したのは、極薄手の裏毛のカットソー。
Tシャツかと思うほどの薄さです。

生地にはシルクが混紡され、滑らかで艶感のある仕上がり。
この柔らかで軽い着心地はシルクならでは。
品のある生地もネップになっているので、風合いも抜群です。

洗濯もご自宅で可能なので、シルク特有のとっつきづらさは感じさせないアイテム。


salvy; “NOIL SILK TERRY Q/S TOP” ¥17,000+TAX-

肩にかけてシームレスに仕上げたパターン構成と、柔らかな生地が生み出す落ち感が見事な一枚です。
ボディに風合いがあるので、一枚でスタイリングが完成していくれます。
スラックスといったアイテムでバランスを整えてあげると良さそう。

salvy;”NOIL SILK TERRY PULLOVER”¥19,000+TAX-

少し長めのショートスリーブに加えてロングスリーブもご用意しました。
スリーブ部分の継接ぎのようなステッチワークがポイントに。

ルーズに設計された着丈の気の抜けた雰囲気が個人的には好みです。
ショートスリーブ同様、身幅にはゆとりがあるのでタックインした時のバランスも綺麗です。

ジャケットのインナーには欠かせなくなりそうな風合いです。
羽織物のインナーにするカットソーはどうしてもラフすぎたり、チープに見えてしまったりとバランスが難しいと思いますが、
ネップの表情にシルク混なら合わせやすいはずです。

 

これからもsalvy;のアイテムは続々入荷します。
生地に特徴のあるアイテムばかりですので、一度手に取って頂けたらと思います。

MORE SALEも徐々に落ち着いてきているはず。
折角なので、秋冬にも活躍する今から着られるアイテムを店頭で楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 渡邉

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kawakami, Pick Up, Watanabe | コメントは受け付けていません。

title1LDK AOYAMA HOTEL -2017A/W PREVIEW-

 

FRANK LEDER “MID SEASON” -PALM READER/FORTUNE TELLER-

British military PCS THERMAL items

1LDK AOYAMA HOTEL -2017A/W PREVIEW-

 









 

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

1LDK AOYAMA HOTEL -2017A/W PREVIEW- 本日から開催致します。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

先日紹介したBritish military PCS THERMAL itemsや、FRANK LEDER “MID SEASON” -PALM READER/FORTUNE TELLER-も本日から発売致します。

 

また、先駆けて1LDK 2017A/W MEN’S LOOKもご覧いただけますので、そちらも併せてお楽しみ下さい。




 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kawakami, News | コメントは受け付けていません。

title「見えない敵」

 

FRANK LEDER “MID SEASON” -PALM READER/FORTUNE TELLER-

British military PCS THERMAL items

1LDK AOYAMA HOTEL -2017A/W PREVIEW-

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

先日から告知しております、1LDK AOYAMA HOTEL 2017A/W PREVIEW。
いよいよ明日から開催致します。

続々と秋冬サンプルが届く中、
本日は1LDK AOYAMA HOTELの提案には欠かせない天才的なクリエイターがお送りするこちらのブランドを。

太畝のCAVALRY TWILLの様な生地感が特徴的なダッフルコート。
今までのコレクションだとトグルが椅子の足、極端に大振りな鹿の角や炭や鍵だったりとユニークな物が多かったです。

それに比べて今シーズンはなんともシンプルなトグルでしょう。。。

と、思ってよく見てみると。


トグルの切れ目をなぞって動かしてみてください。
蓋が外れるようにトグルが割れて中にはMICROFILMが。

FRANK LEDERらしい雰囲気のある生地が特徴の3B JACKET。
その生地感がとても魅力的でオーダーしてみたのですが、何やらポケットの中に四角い物体が。

隠しポケットの中には偽造パスポート。

昔ドイツで登山用にも用いられていた程、寒冷地向けでタフなHEAVY LODEN WOOL。
その生地を用いたシリーズには、胸ポケットに盗撮用の小さな穴が。

 

他にも、ジャケットのポケットにMICROFILM入りのくるみ(!)や、監視用に穴の空いた新聞等が隠された新聞が入ったコート。
くり抜かれた本に隠された盗撮カメラ。

 

もうなんとなくお気付きの方もいらっしゃるでしょう。
今シーズンのFRANK LEDERのコレクションテーマは1950年代/1960年代の東西冷戦時のスパイ活動の物語。

FRANK LEDER AUTUMN / WINTER 2017-2018

“DER UNSICHBARE FEIND”
「見えない敵」

その洋服のディテールにおける全ては。
情報の収集、敵陣の視察、偽装、情報監視、尾行にまつわるもの。





「ドイツ」「スパイ」「見えない敵」

なんとも男心くすぐる要素が役満レベルで詰まったコレクションでしょう。

洋服のディテール、用いる生地にこめられた機能的な部分を掘り下げるFRANK LEDERのリアルクローズ。
今回はそのベースがスパイ活動なのです。

一瞬で引き込まれる冗談とも本気ともつかない不思議な世界観。
その根底に潜むFRANK LEDERのモノづくりを、今シーズンも是非実際にご体験下さい。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kawakami, Pick Up | コメントは受け付けていません。

title1LDK AOYAMA HOTEL -2017A/W PREVIEW-

 

2016S/S PREVIEW -WELCOME TO OUR “ROOTS”-

2016A/W PREVIEW -Keyhole-

2017S/S PREVIEW -OVERALL-

FRANK LEDER “MID SEASON” -PALM READER/FORTUNE TELLER-

British military PCS THERMAL items

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

数日前から既にご案内していますが、今シーズンも1LDK AOYAMA HOTELにて次のシーズンのサンプルを集めた内覧会を行います。

今回で4シーズン目になる1LDK AOYAMA HOTEL内覧会。

そもそも何故始めたかを考えると、「なるべくそのシーズンに用意した特にお勧めしたいものを全部一気に見て欲しい。」と、いうのが一番の理由でした。

生産の都合や、お客様にお楽しみいただく為の諸々の事情で用意出来る物、出来ない物というのはもちろんありますが、
「入荷したらすぐに売り切れてしまう。」という理由から出来なかった提案を、可能な限り出来る機会があれば良い、と考えて行っています。

 

プレスや業界関係者に向けた内々の場ではなく、全てのお客様に向けた内覧会です。

 

1LDK AOYAMA HOTEL

-2017A/W PREVIEW-

7/14(FRI) – 7/17(MON)

PLACE:1LDK AOYAMA HOTEL
TIME:12:00〜20:00

 

純粋に洋服を楽しむ4日間。
今回用意出来なかったアイテム含めて、資料と口頭でご案内させて頂きますので是非これから訪れる秋冬のお買い物の想像を膨らませる場にしていければ、と思います。

 













 

BRAND LIST
FRANK LEDER(GERMANY)
CLASS(JAPAN)
m’s braque(JAPAN)
cantate(JAPAN)
Stephan Schneider(BELGIUM)
S.E.H KELLY(ENGLAND)
BLESS(GERMANY)
KAPPA CONTROL(ITALY)
F.LLI.Giacometti(ITALY)

and more…

 

今年はもっと気軽に。
ご興味がある方全てに来て頂きたいと思い、あまり仰々しいサブタイトルをつけるのはやめました。

「河上手抜きじゃん。。。」と思われた方には言い訳もしっかりと用意しているので直接お伝えします。

 

内覧会期間中に1LDK AOYAMA HOTELでお会い出来る事を楽しみにしております。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kawakami, Pick Up, Toshiya | コメントは受け付けていません。

titleFRANK LEDER “MID SEASON” -PALM READER/FORTUNE TELLER-

 

2016S/S PREVIEW -WELCOME TO OUR “ROOTS”-

2016A/W PREVIEW -Keyhole-

2017S/S PREVIEW -OVERALL-

 

2017/07/14(FRI)〜2017/07/17(SUN) 1LDK AOYAMA HOTEL -2017A/W PREVIEW-

 


洋服を見る前に、占い師のテントに入ってクリスタルボールと向かい合ってみてください。

そのテントの中では、今回FRANK LEDERが用意した、とても珍しい音源(トランス状態で人が話していたり、未来を描写している様子)が流れています。

カードで未来を占い、散りばめられたフォーチュンクッキーを割ると中からは意味深な格言が。


FRANK LEDER “2017A/W MID SEASON COLLECTION”
-PALM READER/FORTUNE TELLER-

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

今回のコレクションは、FRANK LEDERが買った20個のフォーチュンクッキーが着想の原点。
クッキーを割り、中に入っている紙切れに書かれた20の格言を見て、その格言そのままの文章、フォントとスタイルを使って、ラベルを作っています。

このMID SEASONのガーメント/バッグ全てにこのフォーチュンクッキーの格言を載せたラベルがつきます。
どの格言がつくかはお楽しみ。

付け加えて、全てのガーメントにはタロットカードが付いてきます。

ガーメントの全てには、特別にデザインした”マジックエリア”があります。
そこにはFRANK LEDERラベルと格言ラベルがヴィンテージの織りテープで繋がっており、
ライフライン、生命線のシンボルとして一本の紐が付いています。

その付近に怪しげなタロットカードも潜んでいます。


コレクションには3つのグループがあります。

今回のコレクションから新たに用いられる素材:WASHED GERMAN VENTILE COTTON



FRANK LEDER “WASHED GERMAN VENTILE COTTON BOMBER WITH BAG” ¥78,000+TAX-

ドイツで生産されたVENTILE COTTON。
非常に希少な生地です。

極限まで糸を打ち込み、高密度にすることで加工に頼らずに防水/撥水機能を持たせた素材。

それに洗いをかけることにより、独特なこなれたシワ感が特徴的な生地を使用しています。

余談ですが、S.E.H KELLYでも代表的な生地であるVENTILE COTTON。
自国で生産するのは手間も費用もかかるので、将来的に生産拠点を国外に移す事になるそうで、ヨーロッパならではの雰囲気を持つVENTILE素材は今後手に入れるのが非常に困難になります。


最近のFRANK LEDERのコレクションではありそうで無かったアイテム。
コンパクトなサイズ感ながら、生地の雰囲気が抜群にあるミリタリータイプのショートブルゾンです。

4つ配されたフロントポケット。
下部のフラップ付きのポケットの裏にはハンドウォーマーポケットも。

過去のコレクションで出されていたこういったブルゾンタイプのアイテムは中々変わったバランスの物が多かったのですが、
今回のこのブルゾンのバランスは本当に良いです。

首元、裾、袖のリブにはのちほど紹介するGERMAN ORGANIC COTTON JERSEYを使用しています。

ZIPにはririを採用。
ここ数シーズン、コッペルのジップを用いることが多かったのですが、ジップの表情が変わるだけでかなり雰囲気が変わります。




FRANK LEDER “WASHED GERMAN VENTILE COTTON WINDBREAKER WITH BAG” ¥88,000+TAX-

先ほどのブルゾンと同じくWASHED GERMAN VENTILE COTTONを使用したアノラックパーカ。

こちらも最近のFRANK LEDERでは中々見かけないアイテム。
過去にリリースしていた同じ様な類の物はクセが強いものが多かったです。(そこも良かったのですが。)

1LDK AOYAMA HOTELではブラックを選択したこともあり、アノラックというアイテムながら都会的な雰囲気漂う仕上がりに。

洗いがかったやや光沢のあるVENTILE COTTONと、riri zipの黒、ジップテープの深い青、ヴィンテージのドローストリングテープのグレー。
それぞれの配色のコントラストがとても良いです。


ざっくりと一枚で。
コットン素材なので合わせるアイテムによっては通年お使い頂けます。

春先にはトロピカルウールのトラウザーで都会的に。
梅雨時期にはショーツにサンダルといった軽快な装いに合わせてみては。

秋冬物の生地感のあるアイテムとの相性もとても良いはず。


こういったアイテムは上からジャケットやコートといったラペル付きのアイテムと合わせたくなります。

身幅、裾幅はドローストリングで調整可能なので、合わせるコーディネートによって変化させて下さい。

 

そして、GERMAN ORGANIC COTTON JERSEY。



FRANK LEDER “GERMAN ORGANIC COTTON JERSEY CARDIGAN WITH BAG” ¥48,000+TAX-

南ドイツの小さな家族経営のミルで生産された生地を使用しています。

ガーメントに漂う、天然染料の優しい香りを感じる一枚。



“カーディガン”とは名づけられていますが、ノーカラーのブルゾンといった方が伝わりやすいと思います。

色味は深いブルー。
使い込んで行った際の表情に期待が出来ます。

軽く、柔らかな着心地。
ヴィンテージのデッドストックの釦がグッと雰囲気を醸し出します。

コーディネートもしやすく、ジャケットのインナーにも使えるようなアイテム。





FRANK LEDER “GERMAN ORGANIC COTTON JERSEY HOODY WITH BAG” ¥38,000+TAX-

同素材のクルーネックスウェット/フーディ。

ドイツならではの生産背景を探すのが難しい事もあるのでしょう。

FRANK LEDERでが久しくこういったスウェット物はリリースされていませんでした。
上がりが小さかったり、ボディバランスも難解な物が多かったので割とチャレンジ的なアイテムだったのですが、
今回のコレクションの物はとてもバランスが良いです。

1LDK AOYAMA HOTELでは表地にパイルを使用した物をブラックのみ、オーダーしています。
ところどころに縦糸のグレーが入る表情ある一枚。


FRANK LEDER “GERMAN ORGANIC COTTON JERSEY CREW WITH BAG” ¥33,000+TAX-



インパクトのあるプリントの説明は後でします。

 

そして改良を加えたF.L DEUTSCHLEDER BAGS。


DEUTSCHLEDER/PLANT DYED DEER LEATHER HUNTING BAG ¥33,000+TAX-

ブランドのアイコン的存在:DEUTCHLEDER(ジャーマンレザー)を使用したショルダーバッグ。
ドイツのタンナーによって鞣されたディアスキンのヌメ革/ヴィンテージのベルトバックル/リネンのヴィンテージテープを使用した一品。

ヌメ革/コッペル/ジャーマンレザー/リネンテープ。
用いられた全ての素材が経年変化によって良い味を出してくれるでしょう。



何よりサイズ感が良いです。

FRANK LEDER自身を、身を投げ出される程の交通事故からも守ったジャーマンレザー。
カメラケース等に用いても良さそうです。

 

このシーズンのガーメントには、全てFRANK LEDER本人の左手がプリントされたバッグが付属します。
本当に真面目にやっているのかは定かではありませんが、とても雰囲気が良いです。
これだけでも欲しくなるくらいです。


赤い生命線のプリントはFRANK LEDER本人が手書きで描いているので一つ一つ違った仕上がりになります。

ダークでミステリアスながら、デザイナー自身の遊び心を感じるコレクション。

 

夏と秋冬の境にリリースされる為、時期的な難しさからオーダーするか非常に迷いました。
(オーダーしてもお客様の手に渡らなければ何も意味がありません。)

ですが、文中にも何度か書いている通り、ここ最近のFRANK LEDERではリリースされて来なかった様なアイテム達。
そしてその現代的なボディバランス、アップデートされた素材、ディテールなど。

FRANK LEDER自身の小さな移り変わりを感じた品番は紹介したい、と思いました。
何よりも単純に物として格好が良いです。

是非店頭でお試しください。

 

※FRANK LEDER “MID SEASON” -PALM READER/FORTUNE TELLER-の発売は内覧会開催日:7/14(金)から発売となります。

内覧会のご案内は、明日致します。

 

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kawakami, Pick Up, Watanabe | コメントは受け付けていません。

titleBritish military PCS THERMAL items

 

2016S/S PREVIEW -WELCOME TO OUR “ROOTS”-

2016A/W PREVIEW -Keyhole-

2017S/S PREVIEW -OVERALL-

 

2017/07/14(FRI)〜2017/07/17(SUN) 1LDK AOYAMA HOTEL -2017A/W PREVIEW-

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの渡辺です。

気温が30℃を超え、夏本番という気候になってきました。
半袖をメインで着ている時期に、AWの商品を紹介しなければなりません。

茹だるような暑さとは裏腹に、中綿アイテムを着てのBLOGの撮影は困難を極めました。

それも毎シーズン楽しみな2017/7/14(FRI)から行う2017A/W PREVIEWの為なら仕方ありません。

新シーズンの立ち上がりを目前にサンプルや先駆けて納品のあった商品等、2017AWの商品をまとめ見れる貴重な機会です。

今回は2017AWにAOYAMA HOTELがオーダーしたアイテムに是非合わせて頂きたいアイテムを、この2017A/W PREVIEWに合わせてご用意することができました。

着用したアイテムのせいで暑くて暑くて耐えられないので、サクッとご紹介したい所ですが。。。
このアイテム、実に魅力的です。

なかなか長くはなるかと思いますが、お付き合い下さい。

今回ご用意したのは、本格的なMILITARY WEAR。
ブロードアローから判別が可能ですが、イギリス軍で正式に採用されているPCS(PERSONAL CLOTHING SYSTEM)。
アメリカ軍同様、近年のMILITARY WEARではレイヤリングシステムが採用され、数種類のアイテムを組み合わせることで様々な環境下に対応しています。
アウターシェルの様に着用できるJACKETとミッドレイヤーとしての着用を想定されたSMOCKの2型ご用意しました。


British military PCS THERMAL JACKET WITH INTEGRAL STUFF BAG ¥19,800+TAX-

アメリカ軍だどWILDTHINGSに代表されるHAPPY SUITや様々なブランドでサンプリングされたMONSTER PARKA等のLEVEL7に相当しそうです。
詰め物はプリマロフトではなく、ポリエステルファイバーあたりかと思いますが、十分な防寒性を備えています。
表面はマイクロリップストップナイロンを使用し、軽さと撥水性を両立しています。

LEVEL7の様なハイスペック程ではありませんが、簡素なデイテールやイギリス軍らしい着やすいシルエットは魅力です。
過剰とも言えるスペックではないからこその、買いやすいプライスも。

収納式のフードは出し入れがスムーズです。
軽量な素材を用いているので、襟元がもたつくこともありません。
アウターとしての着用を想定しているのか、立体的で簡単に形状を変えられるドローコード付きのフードです。
ひさし部分にはイギリスの軍物ではお馴染みのワイヤーを用いているので、こちらも形状を自在に変えることが可能です。

すっきりとしたパターンを用いていますが、適度にボリュームがあるので、細身のパンツとの相性は抜群です。
前後で長さと形を変えたテールが綺麗な仕上がりです。
横のドローコードを使うことで、防風性を高められる機能的でもあるディテール。


CREDIT
FRANK LEDER “GERMAN ORGANIC COTTON JERSEY HOODY WITH BAG”¥38,000+TAX-
m’s braque “Harlem pants”¥38,000+TAX-(2017AW PREVIEW ITEM)

化繊のアイテムなので、天然繊維を使用したFRANK LEDERのスウェットと合わせると互いの生地の風合いを引き立ててくれます。
まだまだ先ですが、ニットやジャケットの上からの着用もオススメです。
サイズの展開はMとLでジャストのサイズを選べば、インナーシェルとしても使えます。
一枚で十分な防寒性を誇るアイテムですが、ロングコートを上から羽織るのも良さそう。

British military PCS THERMAL SMOCK WITH INTEGRAL STUFF BAG ¥17,800+TAX-

JACKETと同素材を用いたスモック。
肩にかけてのステッチが無い事で腕の可動域が広がり、スリムなアームホールはインナーシェルとしては理想的なパターン。
計3箇所のポケットの裏はフリースなので、下2箇所のポケットはハンドウォーマーポケットとして機能してくれます。

主な使用目的がインナーを想定されている為か、収納式のフードはかなり簡素な仕様です。
このフードの形状だと、上からジャケットやコート等を羽織る時には丁度良いバランス。

JACKETは襟元だけであった、裏地のマイクロフリースが全面に貼られています。

脇にはベンチレーションも。


CREDIT
m’s braque “Harlem pants”¥38,000+TAX-(2017AW PREVIEW ITEM)

元々がシンプルなので、存在感のあるパンツとも合わせることができます。
すっきりとした型を生かしてパンツでバランスを整えてあげると良さそうです。

ハーフジップなので、開けて着ることで襟元のバランスを調整してあげても◎。
シャツやタートルネックやモックネックのアイテムとの相性が良さそう。

サイドに配されたZIPとベルクロを生かして、シルエットの微調整や丈の長いアイテムとのレイヤードも可能です。
古着のルーズなサーマルやロングシャツ等、スタイリングの幅を広げてくれます。

 

やっはりインナーシェルらしく、コートのインナーには間違いありません。
お持ちのアウターと組み合わせてみたり、これから購入するであろうコートと組み合わせてみて下さい。

JACKET、SMOCK共に胸の大きなポケットを、裏返すことパッカブルとして機能するので、持ち運びにも便利です。
旅行先や気温の読めない季節の移り変わりには重宝してくれるはず。

ついつい好きなアイテムの紹介は長くなってしまいます。
貴重な本格的なmilitary itemをこの機会に是非。

せめても、期間中はエアコンで店内をキンキンに冷やしておきます。
色々とAWの商品と組み合わせていただける期間に是非ご来店下さい。

*British military PCS THERMAL JACKETとSMOCKは2017/7/14(FRI)内覧会開催時より発売します。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 渡邉

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kawakami, Pick Up, Watanabe | コメントは受け付けていません。

titleI RECOMMENDED SALE ITEM

 

1LDK AOYAMA HOTEL Spring/Summer SALE

FRANK LEDER ARCHIVE & SAMPLE SALE#1

FRANK LEDER ARCHIVE & SAMPLE SALE #2

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

本日はSALE ITEMの中から、Iのアイテムの紹介を。

気取らないアメリカンな雰囲気漂う生地やディテールをチョイスするこのブランドだからこそ、デニム/ネルシャツ/スウェットなど、秋冬シーズンも継続してお使い頂けるアイテムがございます。



I “Cut Off Denim Jacket” ¥40,000+TAX- → ¥28,000+TAX-

合わせるシーズンを問わないがっしりとしたデニム地を採用したこちらのデニムジャケット。
ウォッシュド加工を施した鮮やかなインディゴブルーが目を引きます。

大胆にカットオフを施したネックライン。
襟が無いことで様々なレイヤードに活用ができるデザインです。

カットソーの上からさらっと羽織る軽快なコーディネートや、
シャツを合わせたレイヤー/秋口や真冬にはタートルネックで首元にポイントを加えても。

コート・ブルゾン・ジャケットなど、羽織ものを上に重ねるとコーディネートの幅が拡がるだけでなく、
風を通しづらいデニム自体の特性を活かした機能的な合わせ方も楽しめます。




CREDIT
CHEF DESIGN COOK PANTS ¥7,800+TAX

夏場なのでフロントボタン/ジップを一切止めずにざっくりと羽織ったコーディネート。

ですが、以前も紹介したように、このデニムジャケットはフロントボタンとジップを使い分けることにより、
様々な表情を楽しむ事が出来ます。

さらっと羽織って形になるだけでなく、着る時期、気分により変化を付ける事が出来るアイテム。


I “Damaged Sweat Series”


I “Damaged Crew Neck Sweatshirt” ¥26,000+TAX- → ¥18,200+TAX-

一見がっしりとしたアメリカンなボディを使用したリバースウィーブ。
ですが、実際に触れるとそのふんわりとした柔らかな着心地に驚かされます。

袖/脇/裾は2重リブになっているので伸縮性も富んだスウェット。

このボディをベースに大胆にダメージを加えた一枚。



デッドストックのラインパンツを合わせた、スポーティなコーディネート。
シンプルながら、スウェットのダメージのデザインが効いてきます。

あれこれ考えずに気軽に着たいスウェット類。
この様にざっくりとシンプルと合わせると素材感もデザインも楽しめるはず。


I “Damaged Sweat Parka” ¥28,000+TAX- → ¥19,600+TAX-

先ほどのクルーネックスウェットと同素材の、フードスウェット。
基本的なボディの使用は一緒ですが、フード部分も2重に生地を使用することにより、フードが立体的に形作ります。




CREDIT
COMESANDGOES VENTILE BACKET HAT ¥9,000+TAX- → ¥6,300+TAX-
MAINTENANT SELVEDGE DENIM NOVELTY 5POCKET ¥28,000+TAX- → ¥19,600+TAX-

バケットハット、フードスウェット、リジッドのテーパードデニムにボリュームあるスニーカー。

こちらも先ほどのクルーのスウェット同様にベーシックなアイテムを組み合わせたコーディネートですが、
フードのスウェットのダメージ加工が全体的に小綺麗なアイテムの中にさりげなく光ります。

ダメージの全ての工程を手作業で行っている為、一点一点表情が異なるのもポイントです。



I “Heavy Flannel Plaid Shirts” ¥24,000+TAX- → ¥16,800+TAX-

雰囲気のあるデッドストックの生地を使用したヘビーフランネルシャツ。
生地自体の良い意味で野暮ったさの残る風合いを、デザインで上手く現代的に調整した一枚。

ノーカラーで首元はすっきりと。
袖口/裾の断ち切りの仕様はこの雰囲気のある生地感と上手くマッチしています。




CREDIT
URU COLLAR KNIT ¥20,000+TAX- → ¥14,000+TAX-
UNUSED “13.5OZ CUT OFF DENIM PANTS” ¥27,000+TAX- → ¥18,900+TAX-

ポイントの長い、リラックスしたニットポロとのコーディネート。
この様に羽織物として使用しても、シンプルに白TEEに合わせて首元からチラリと白を覗かせても。
着丈の短いブルゾンと合わせて裾の断ち切りをチラリと見せても。

シンプルながらさりげないデザインが嬉しい一枚です。

 

着てみたかった挑戦的な一枚を買う方。
ベーシックで着まわしの効くアイテムを選択する方。
より長いシーズン着られそうな物を探される方。

セール時期は人それぞれ買い物の仕方は変わってくるかと思いますが、
本日紹介したIのアイテムは冒頭にも記載した通り、秋冬シーズンも継続して着られるアイテムです。

シンプルなアプローチながらウィットに富んだデザインが嬉しい一枚。

是非店頭でお試し下さい。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: I, Kawakami, Pick Up, Toshiya | コメントは受け付けていません。

titleFRANK LEDER ARCHIVE & SAMPLE SALE#1

 

1LDK AOYAMA HOTEL Spring/Summer SALE

FRANK LEDER ARCHIVE & SAMPLE SALE

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

先週末から開催しているFRANK LEDER ARCHIVE & SAMPLE SALE。

 

1LDK AOYAMA HOTELにて不定期に開催しています。

過去の懐かしいアーカイヴや、展示会で見てオーダーしなかったアイテム、オーダーしたかったけど止むをえず外したアイテム等が並ぶので個人的にも密かに楽しみにしているイベントです。

本日はその中から数点ピックアップして紹介致します。


-FRANK LEDER 2016S/S ARCHIVE SAMPLE-
“PIPED STRUCTURED COTTON LINEN CARDIGAN” ¥48,000+TAX- → ¥33,600+TAX-

2016S/S COLLECTION “WURTZEL”のシーズンのアイテム。

長い旅から生まれ育ったホームに戻る物語。

ドイツ国内の様々な地域を取り上げ、その地にまつわる伝統的なディテールや生地、服装や着用スタイルからインスピレーションを得たコレクション。
そのコレクションピースにそれぞれあてこまれたこちらの紋章。

実に様々な種類があり、その地域ごとに洋服のディテールや生地使い/色使いが分けられた表情豊かなシーズンです。

コレクションのイメージソースの一つである、古いドイツの切手。
こちらは1LDK AOYAMA HOTELにて保管してありますのでご興味ある方はスタッフまでお声掛け下さい。

格子状に編まれたコットンリネン。
リネンの発色の良さと、コットンのタフな生地感が組み合わさった非常に雰囲気のある生地です。
ヴィンテージの濃緑のボタンが怪しげに光ります。

朱色に近いとても綺麗な色味のカーディガン。
実はオーダーしようかと迷ったのですが、他のアイテムの兼ね合いで泣く泣く諦めたアイテム。



カーディガンなので、気軽にカットソーの上からそのまま羽織っても。


コットンリネンのバリッとした生地感を楽しむために、ノーカラーのジャケットの様に合わせても。


ジャケット/ブルゾンのインナーとしても。

主張は強いですが、実に様々な組み合わせが楽しめるアイテム。

何より色が良いです。

赤は取り入れるのには少し勇気がいりますが、踏み出してしまえば病みつきになる色かと。

 

次はこちらです。


-FRANK LEDER 2012S/S COLLECTION ARCHIVE SAMPLE-
“GREY COTTON JERSEY VEST” ¥33,000+TAX-

1700年代後半からその名前で存在していたプロヴィンツ・ガリツィア。
今は地図上から消滅した存在しない場所。

山に住むローカルな羊飼いの部族。
アルコールを密輸するためやスパイとして存在していたロシア人。
ユダヤ人の共同体。
地元のビジネスマンとして山野を超えるジプシー等。
ガリツィアには様々な人種がいて、それぞれの文化を持ち、貧困もありました。

時はおよそ1870年から第一次世界大戦の終わりまで激動の時代に揉まれ暮らした人々。
1890年にはその多くの人々がハンブルグかドイツの港に大移動し、アメリカ行きのチケットを借金してでも買いました。

そのガリツィアからアメリカに向かう移住の旅が2012S/Sのコレクションテーマ。

ほこりだらけの道と、鉄道の旅と、海を越える船の旅。

 

と、これでも大分端折ったくらいFRANK LEDERというブランドは洋服の裏にあるストーリを掘り起こし、作り込み、想像させます。

洋服は着るだけじゃない、という楽しみ方を体験させてくれるのです。

話を戻します。

ふんわりとした独特のコットンジャージー素材。
生地の生産の都合上、この商品は世界で30pcしか存在しません。

リミテッドピースのアイテムも、サンプルであればこう言ったタイミングで手に取る事が出来るのも面白いです。



個人的にもこのアイテムは所有しているのですが、とにかく着心地がいいです。
FRANK LEDERの洋服は比較的体に馴染ませていく様な洋服が多いですが、これはその着心地の良さ(普段のイメージとのギャップ)にびっくりしてしまって買いました。

ある程度身幅もあり、ローゲージのニットの上からなども着られるのと、
コットン素材なので自宅で洗濯しやすく、シーズン問わず使えるのも嬉しいポイント。


また、このブランドの特徴として、洋服の裏を非常に綺麗に作ります。
コートやジャケット、ベストやニットなど、裏返して着用できるほど。

特にベストは比較的取り入れやすいので、気分を簡単に変えるために敢えて裏返して着てみるのも面白いと思います。

 

他にも色々と紹介したいものはあるのですが、「長くなりすぎる。」とSTAFFの渡邉に止められた為、
そのままバトンタッチします。

明日の渡邉からの紹介もお楽しみに。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kawakami, Pick Up | コメントは受け付けていません。

titleFRANK LEDER ARCHIVE & SAMPLE SALE

 

1LDK AOYAMA HOTEL Spring/Summer SALE

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

昨日告知させていただいた通り、明日から1LDK各店舗でセールを開催致します。

僕らお店側からすると7月の末で春夏のシーズンも終わり、いよいよ8月から秋冬物の本格的な立ち上がりを迎えるのですが、夏の訪れはまだまだこれからです。

この夏に向けて、リーズナブルな価格で使いやすいアイテムをお探しになられてみてはいかがでしょうか。

 

また、1LDK AOYAMA HOTELでは、店舗でのSALEに合わせてこの様な催しも。

 

毎期リリースされるシーズン物ももちろんですが、このブランドの魅力は過去のアーカイヴにも存在します。

クローゼットの中に数年間眠っていたアイテムほど、その時の気分にハマるとより愛着が湧くことは少なからずあるはず。

流行り廃りを追わずに、自分が作りたいもの、表現したいものを作り続けているFRANK LEDERというブランドならではの楽しみ方がそこにあります。

 

 

宝探しの様な感覚で、お楽しみ頂ければ幸いです。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kawakami, News, Pick Up | コメントは受け付けていません。