1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

THEME: Oishi

WERKS “BUCKET ST”&”BUSKET ST WPT”

 

STAFF WANTED


こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの大石です。

街と自然を問わずに行動するライフスタイルに適したWERKSのバッグ。

本日はその中でも、より街中で使いたくなるようなファッショナブルなモデルをご紹介します。

 

【RIGHT】WERKS “BUCKET ST” ¥9,250+TAX-
【LEFT】WERKS “BUSKET ST WPT” ¥11,500+TAX- 

 

“たすきがけにしてメッセンジャーバッグのように背負う”

“ベルトを取り外して肩がけに”

“持ち手で持つ”

 

3WAY対応の、何でも放り込めるシンプルな形のトート型ショルダーバッグ、”BUCKET ST”。

そちらをアップグレードし、より実用的で便利な大型のフロントポケットをつけたモデル、”BUSKET ST WPT”。

 

どちらも、最先端のアウトドア・ミルスペック素材を使用しながら、街中での使用も違和感の無いデザイン性の高さが魅力的です。

こういうタイプの鞄によくありがちなのが、床に置いた時にペタッとヘタれてしまうところ。何でも放り込んだ結果、中の荷物が散乱してしまった、、、なんてことになるのは非常に面倒ですよね。

そんな心配もご無用。こちらのバッグは置いたときに自立できるよう、ボディに芯材を入れています。

また、表面には張りのあるポリエステル、裏地にはナイロンと2種類の素材を分けて使用することで、軽量かつ防水性に優れた一品に仕上がっています。

 

“BUCKET ST”

 

潔いほど洗練されたデザインが、逆に特徴的とも言える”BUCKET ST”。合わせる洋服にも悩まされなくても済みそうな、汎用性の高いバッグです。

内側には貴重品などを入れるのに役立ちそうなポケットが両サイドに取り付けられています。何も気にせずに、どちら側から背負っても物を出し入れしやすい、この”両サイド”というところが個人的にはかなりポイント高いです。

 

“BUSKET ST WPT”

 

アップグレードモデルの “BUSKET ST WPT”。とは言っても、素材や中身に関してはほぼ同じ内容となっているため、外のポケットの存在をどう捉えるのか、という話になってくるかと思います。

外ポケットにはボディの素材とは異なる、難燃コーティングされた500Dのコーデュラナイロンを使用。素材ももちろん大事なのですが、ファッションとして考えるとむしろデザインとしての色の切り替えに目がいきますね。

2つのモデルとも、取り外し可能なショルダーベルトが付属しています。ただのベルトには留まらず、メッセンジャーバッグのように瞬時に長さを調整できる仕様は流石と言ったところです。

 

 

日常の生活をより便利に、過ごしやすくしてくれるバッグ。

皆さんの生活の一部に、”WERKS”を是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 大石

 

August 23, 2017, 8:14 PM

Category: Oishi Pick Up