1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

THEME: Kinoshita

やっぱり。

 

ONLINE STOREがリニューアルオープン致しました。

京都新店舗オープンのお知らせ

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

1LDK 2020 spring/summer sale

AWの幕開けはスニーカーから

夏が迫って来ます。

Maison Margielaは特別です。

春には春の、夏には夏の。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

最近天候が微妙な日が続いていますね。昔から雨男だと自分で言っていますが、ここ最近より感じるようになりました。

皆さんもそうかもしれませんが、予定があって家を出た時、久しぶりに自転車で遊びに行こうと乗り始めた時、仕事が終わって雨が止んでいて傘を置いて次の予定に向かった時等。

何かをしようとした瞬間に降ってくることが本当に多くて困ってます。

勿論そうなってくるとその日の服装にも悩みが出てくるというか、、そのせいで最近朝の出勤前に服装を決める時間がより長くなっています。

最終的に決まらない時はやはり僕はネイビーやブラックのような暗いのスタイリングをしがちです。

なんせ1LDKイメージカラー。これはもう皆さんご存知ですね。

“FRANK LEDER”

-BALTIC BLUE DYED BED LINEN-

20SSシーズンから初となるネイビー染めのベッドリネンシリーズが展開されました。

今まではナチュラルな、正にリネンという色味であったのに対し、青みの強いネイビー。

これは、と思い型数を揃えてオーダーしています。

”FRANK LEDER”

-BALTIC BLUE DYED BED LINEN BAND COLLAR OLD STYLE SHIRT-

¥43,000+TAX-

外で見るとより青みが増すので、これが本来の色味です。

ベッドリネンのシリーズは、多くの方がフランクを知るきっかけとなったアイテムだと思いますが、僕もここが入り。

元々知ってはいたものの、入社前は全然詳しくなかった上に、これが代名詞的アイテム、ということすら知りませんでした。。

以前僕も購入しており、これに関しては本当にエイジングがダイレクトに出てくる着ていて本当に楽しい洋服。

色の抜け方や、ボタンの布が剥がれて中身の鉄部分が見えてくる様、柔らかくなっていく雰囲気。一年後には全く別物になっていくことでしょう。

 

このシリーズは、洗うと大幅な縮みが出ます。

シーズンによって縮率も異なる為、どこまで縮んでしまうか、というのも断定することは出来ません。

ですが、今回は既に染めによってウォッシュもかかっている状態なので、そこも気にせず楽しんで頂けるという訳です。

※型違いのレギュラーカラーもございます。


CREDIT
“ANCOR” -PANTS MARTEAU- ¥26,000+TAX-→¥18,200+TAX-

夏でも重くならない色味。

この色がどう変わっていくのか非常に楽しみです。

今更言うことでも無いかもしれませんが、ここ最近はオーダーしていなかったので、ご紹介を。

ベッドリネンは、元々はベッドシーツに使われていたもので、それのデッドストックを使用しています。

その為、丈夫なのは勿論、ハリのある質感。ブロードでも無い、オックスフォードのような生地でも無い、絶妙な肌当たり、面持ち。

ザラッとしたリネンに近い質感も好みです。

”FRANK LEDER”

-BALTIC BLUE DYED BED LINEN VEST-

¥33,000+TAX-

フランス軍のベストをモチーフにしているかのようなプルオーバーベスト。

サイズは大きめのMサイズをご用意しております。

最近青山に加入してくれているSTAFF吉池も、この手のベストが気になる様子です。

しっかりとレイヤードスタイルが出来るアイテムなので、タイトではありませんが、非常に収まりのいいサイズ感。オーバーなベストも素敵ですが、これくらいの落ち着いた雰囲気を持ったベストも良さそうです。

Tシャツ+ベストのみならず、ジャケットのインナーとしても嵩張らないので、スタイリングをいい意味で邪魔せず味付けしてくれるのでは無いでしょうか。

 

プラスで言うのであれば、色物を取り入れたいけれど、色物は苦手。派手すぎるのもちょっと。と言う方には、このやや青みの強い色味が丁度良いかもしれません。

“FRANK LEDER”

-BALTIC BLUE DYED BED LINEN WIDE TROUSERS-

¥43,000+TAX-

うちにある中でも今群を抜いてワイドシルエットなイージーパンツ。ギリシャ軍のパジャマパンツを彷彿とさせるかのようなデザインです。

生地的にも夏に最適なこのパンツ。クロップド丈でワイドな分通気性の良さも出てくることでより快適に過ごして頂けそうです。

カラーパンツ。とまではいきませんが、チャコールのシャツや白シャツ、普段から僕達のワードローブとしても一軍に出てくるアイテムとの色の相性も抜群かと思います。

ハリのおかげでよりシルエットも強調され、動いた時のシルエットも魅力的。

ワイド好きなので、僕としてはこれも大好物です。

ウエストも、実寸で言うとSサイズで88-115くらいまであるので、絞ると一気にギャザーのような見た目に。必要以上にタックインしたくなってしまいそうです。

夏になれば白teeと2トーンで。楽しみです。

“FRANK LEDER”

-GRAY LINEN CARDIGAN WITH GUSSET POCKET-

¥48,000+TAX-→¥33,600+TAX-

グレーじゃん、、と言う声も聞こえて来そうですが、ベッドリネンとリネン繋がりでご紹介させてください。

ジャケットのような雰囲気があるカーディガン。

サイドのポケットはマチがついており、かなりの大きめサイズです。

冬にカーディガンをよく着ているので、カーディガンは好きなアイテムの一つ。ただ夏用のカーディガンというと探すのが難しいアイテムだと思っています。

ましてやリネン、さらにこのネイビーがかったかのような絶妙なチャコールグレー。刺子のような雰囲気すら纏う表面の見え方は非常に完成度が高い仕上がりです。

古着の一歩手前、とも表現出来てしまいそう。


CREDIT
“CANTON OVERALLS” -1963-108 DENIM- ¥39,000+TAX-
“nine tailor” -BELLS CAP- ¥9,000+TAX-→¥6,300+TAX-
“BuddyOptical” -fis- ¥30,000+TAX-

太番手の糸によるハリ、コシのある生地。このムラのある色味は、もはや僕の中ではネイビーと同じ括り。ラックでネイビーを固めた中に入れてもなんら違和感なく溶け込んでくれました。

外で見るとこれも豊かな表情。

着ていくと表面が毛羽立ってきて、スレて色が変わっていく風合いも素晴らしいことでしょう。

リネンとは言ったものの薄手とは言えません。かと言って重い、厚手という表現も似合わず、比較的シーズンレスな軽い羽織という解釈ではないでしょうか。

勿論パンツもトーンを合わせて。

 

僕の中ではネイビーは特別なカラー。

休みの日は赤いパンツを穿いていたり様々なスタイリングはするものの(笑)。ブラック同様に自分を引き締めてくれるカラーです。

キーカラーということもあって、1LDKが好きであったのも言わずもがな。

やっぱり僕は、ネイビーが好きです。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062

東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE(BASE)

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 木下

July 9, 2020, 8:38 PM

Category: Kinoshita NOGUCHI Pick Up YOSHIIKE

Maison Margielaは特別です。

 

ONLINE STOREがリニューアルオープン致しました。

京都新店舗オープンのお知らせ

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

1LDK 2020 spring/summer sale

AWの幕開けはスニーカーから

夏が迫って来ます。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの野口です。

僕が普段、好きなブランドはどこですか?と聞かれると、必ず答えるのが”Maison Margiela”。

1LDKのSTAFF間でも、僕がマルジェラ好きとして認知されている、、はず。

昔、主に古着を着ていた自分が、マルジェラの存在を知ってからデザイナーズブランドに興味が湧き始め、今のスタイルへと落ち着きました。

個人的なマルジェラの印象は、身に付けていると不思議と背筋が伸びて、自信が湧き出てくる、そんなブランドです。

そして流行り廃りの無く、いつの時代でも着続けられのがマルジェラの魅力の一つかと思います。

と、まだまだ魅力を語り尽くしたいですが、それだとBLOGが長くなってしまいそうなので今日はこの辺で。

さて、今日はそんなマルジェラの中でも、WALLETをピックしました。

不意にポケットや鞄からサッと取り出す、そんなアイテムだからこそ、ここぞ!という所で自慢出来るアイテムを持っていると、自信が持てますよね。

お店に入るとすぐに見える棚に置いてあり、数あるブランドの中でも一際存在感を放ちます。

見えているウエストバッグもマルジェラです。

以前のBLOGでも触れていたりするので、是非ご覧ください。

– WALLET DEER SKIN–

¥84,000+TAX-¥58,800+TAX-

ではまず、一つ目にご紹介するのは、財布の取り扱いの中でも一番大きいサイズ。

ブラウンカラーの上品な印象。マルジェラの財布はブラックが多めなので、単純に人と被りにくいですし、色も大人らしいブラウン。

そんな大きい財布、、では終わりません。

面白いのが中身。

ジップが取り付けられた、斬新なデザイン。開いた時のインパクトがあって、中々他では見ないディテールは、男心を擽られます。

このように取り外しが出来、別々での持ち運びが可能になっています。

直ぐ近くにふらっと買い物に行くタイミングは、コインケース単体で持ち運んだり。カードしか使わない日ならカードケース単体で持ち運んだりと。

そのように様々なシーンに合わせて形を変え、活用が出来ます。

この発想はなかった、、。と、マルジェラのアイテムには思わされる事が多いような気がします。

“FLIP-FLAP DEER SKIN”

¥52,000+TAX-

次は、ブランドでは定番の形となっている、”フリップフラップ”。シーズン毎に素材や色の違うアイテムが展開されています。

基本的に財布でよく使われる素材は、牛革が多いですが、こちらの鹿革が使用されたモデルは、更なる特別感が感じられる逸品に仕上がっています。

“レザー界のカシミヤ”と評される程の鹿革は、このふわふわとしたような触り心地、シボの質感がとても気持ちよく虜になります。

この鹿革天然のシボは、デザインとしては勿論、傷が付き辛く目立ちにくいのが特徴。綺麗な状態をキープしながら、長く愛用が出来るでしょう。

お札が折らずに丁度良くスッポリと入る大きさで、折り畳み財布の中でも小さい方かと思います。

ですので、最近のキャッシュレスの流れを考えると、この位の大きさが重宝するのかもしれません。ポケットにも入りやすくて、持ち運びもスマートです。

“ROUND ZIP WALLET DEERSKIN”

¥62,000+TAX-

そして同じ鹿革でラウンドジップのタイプもご用意。

今、長財布を使っている方だったり、普段現金を持ち運ぶ事の多い方は、この大きさが丁度良いかと思います。

先程のフリップフラップとの差別化が出来る点を上げると、コインケースの深さと、ジップで閉じる仕様。

コインケースは、若干の深さで入る量が結構変わってくるので、普段使われる量や、ライフスタイルに合わせてお選びください。

そしてジップで閉じる事により、入れる物が多くて量がパンパンになっても、型崩れを防ぐ事が出来ますね。

 

財布は長く愛用するからこそ、少し背伸びしたアイテムを選んでも良いのかと思います。

日々のモチベーションに直結する部分なので、慎重に大事に、自分の相棒を見つけてみてください。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062

東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE(BASE)

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 野口

July 6, 2020, 9:22 PM

Category: Blog Kinoshita NOGUCHI Pick Up

夏が迫って来ます。

ONLINE STOREがリニューアルオープン致しました。

京都新店舗オープンのお知らせ

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

1LDK 2020 spring/summer sale

AWの幕開けはスニーカーから

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

半袖シャツ、ショーツ、サンダルといったサマーシーズンのアイテムの数々。

この梅雨期間中に夏の準備をどれだけ進めているかで、いざ夏本番を迎えた時の仕上がりが大きく変わってきます。

必要なものを揃える作業は、人によっては充実して楽しく、また人によっては義務的で面倒に感じる場合があると思います。

僕の場合は、その両方を感じることが多いです。でも、洋服となれば別で、誰かに言われて義務的に買い物することはないので、100%楽しいです。

特に、その季節の+αとして買い揃える小物類は、メインアイテムを選ぶのに比べて多少冒険できたりするので、選んでいる時が1番楽しいかもしれません。

そんな訳で、アイウェアブランドBuddyOpticalより、夏にピッタリなラインナップをダイジェストでお送りします。

“fis”

“ais”

“a/n”

メタルフレームのライトなシルエット。

夏といえば、な開放感たっぷりの見た目に、そこから派生して微妙に形を変える複数のモデル。

楕円、多角形、まん丸と、コレ!といった自分好みの1本を見つけるには、またとないチャンスです。

“a”

“c”

いやいや、自分はセルフレームで。

各々にキャラがあると思うので、羽目を外し過ぎるのは、、という人は比較して選んでみてください。

今のラインナップとしては、こちらの音階シリーズの他にカレッジシリーズをメインに揃えています。

ちなみに価格を掲載していませんでしたが、

セルフレーム一律 ¥25,000+TAX-

チタンフレーム一律  ¥28,000+TAX-

サングラス仕様(カラーレンズ) +2,000+TAX-

に変わっており、価格の差がなくなっているので、フラットな気持ちで色々試してもらえるかと思います。

入店してすぐ目に飛び込んでくるメインゾーンにレイアウトしているので、まず気になると思います。

そのままの勢いで試着してもらって、、こういった小物類を考える時はインスピレーションを大事にして欲しいです。

かなり悩んで買ったサングラスを使わなくなっている僕からの一意見です。

僕たちからもオススメはさせて頂きますが、最後は自分にしっくりきたものを選んでもらうのが1番。

夏は必ず来るので、気になっている人はこの機会にトライしてみるのもいいかもしれません。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062

東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE(BASE)

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 杉村

July 3, 2020, 9:26 PM

Category: Blog Kinoshita Kobayashi Pick Up Sugimura YOSHIIKE

梅雨も楽しんだ者勝ち。

 

ONLINE STOREがリニューアルオープン致しました。

京都新店舗オープンのお知らせ

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

1LDK 2020 spring/summer sale

UNIVERSAL PRODUCTS. + N

青山スタッフの帽子事情について。

白TEEはハズせません。

柄物で気分を上げる。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの野口です。

昨日、仕事の帰り道に天気予報をチェックしたのですが、そろそろ梅雨明けかと思いきや全く正反対の予報にビックリ。

これから一週間くらい悪天候が続くそうで、、。しかも本日は風が強くて横殴りの雨に見舞われております。

そんな心配をしながらも、同時に僕達は梅雨だからこそ出来るファッションを楽しもうと奮い立っています。

季節は勿論ですが、その日の天候や気温に適応してファッションを楽しんでいくことが出来れば、更にワンランク上のお洒落な人間になれるのではないでしょうか。

そして、そんな梅雨を乗り切るべく今日チョイスしたブランドは”Abu Garcia”。

スウェーデンの釣具メーカー。フィッシングの要素やディテールを兼ね備えながら、日常的にも着用し易く落とし込まれたアイテムが魅力的。

最大の良さは何と言っても機能性。どのアイテムも防水、軽量で釣り等のアクティブなシーンでの活躍を目的としているので、タウンユースには申し分の無い仕上がり。

梅雨や暑さの憂鬱さも、Abu Garciaのアイテムをコーディネートに落とし込むことで、心に余裕を持って過ごす事が出来るでしょう。

今回は取り扱いの中でも小物類をピック。写真を多めにしたので、自身に落とし込んだ時のイメージを膨らませてみてください。

– WR FISHING VEST – 

¥14,000+TAX-

最初は小物、というよりウェアなのですが、、機能的なベストのご紹介。

今時期は写真のようにTシャツの上から気軽にコーディネートに取り入れる事が出来ます。

しかしなぜこのベストを小物という括りで紹介したのかと言うと、

まるでカバンのように、収納力が抜群な為です。

これから薄着になるシーズンでジャケットや羽織りを着なくなるので、ポケット事情も悩む所ですよね。。

そんな時にこのベストが役立ちます。

STAFF木下はアレンジを効かせて、折り畳んでショルダーバッグのように持ち始めました。

流石ですね、格好良い。ベストの着こなしは幅が広いので、自分流にアレンジを効かせて楽しむのも良いですね。

– ROLL TOP MINI BAG – 

¥7,500+TAX-

お次はミニポーチ。首からラフに下げる事が出来て、コーディネートのアクセントとしても。

スマートフォンや財布、中に入れた物はしっかり雨から守って保護してくれます。

フロントのベルクロを捲ると更なる収納が。

小さいながらポケットが多く、実用性は抜群です。

持ち方はそれぞれスタイルに合わせて。様々なシーンに対応して使い分けが出来ます。

タックインをする事の多い自分は、ベルトに通すスタイルがお気に入り。これでパンツのポケットをパンパンに膨らませる事無く夏を乗り切れそうです。

小さ目なのでコーディネートの邪魔にならず馴染んでくれますね。

WR BUCKET HAT

¥4,500+TAX-

 

– AG ONE SHOULDER BAG – 

¥6,000+TAX-

次にハットとバッグを一緒に。

ハットは生地感が柔らかくて頭に馴染み易い作り。更にサイドに施された穴から空気が抜ける事によって、通気性は勿論ですが被る際に穴から空気を抜いて頭へのフィット力もアップしてくれます。

デザインはさり気無くロゴを配しており、主張し過ぎずに、リアルクローズとしての使い勝手が期待出来ます。

カラーリングはハットでは珍しいような、グリーンとベージュの2色で展開しています。

身に付けているショルダーバッグは、大きさ・生地・デザイン、全てにおいて実用性の高い万能アイテム。

1つはスタメンで持っておきたいようなバッグ。止水ジップや引き手等、ブランドならではの男心をくすぐるディテールも魅力的です。

– WATER REPELLENT 6P CAP –

¥4,000+TAX-

お次はキャップですね。

こちらもハット同様、ワンポイントロゴが施されたシンプルな仕上がりで、コーディネートにすんなり馴染むことでしょう。

今取り扱いがあるカラーはグリーンのみですが、絶妙な色味で他のキャップとの差別化は容易かと。

LEISURE SHEET TOTE

¥7,500+TAX-

最後はAbu Garciaの取り扱いの中でも異彩を放つこちらの逸品。

名前がレジャーシート?という感じですが、、、

このように大きく広げてレジャーシートとしても使用可能なんです。

夏のシーズン、コロナも少々落ち着き始めて遊びに出掛ける事も増えるかと思います。

普段はバッグとして使用し、ここぞといったレジャーシーンやアウトドアの場面で活躍も見込める特殊なアイテム。

特殊とは言いましたが、荷物を運べてシートにもなるという理にかなった賢いアイテムでしょう。

 

シンプルにバッグとしての形も格好良く、存在感があります。

夏の時期にはこういった捻りのあるバッグでコーディネートにアクセントを加えるのも面白いですね。僕も色々集めたくなってきます。

 

数日悪天候が続きますが、そんな時こそ「雨か、、」となるよりも「雨か、じゃあ今日はこれ着て行こうかな」と思えるようになれば、大袈裟かもしれませんが人生も楽しくなりそうです(笑)

梅雨、そしてジメジメとした暑さには、フレッシュなアイテムで乗り切っていきましょう。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062

東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE(BASE)

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 野口

July 1, 2020, 8:47 PM

Category: Blog Kinoshita NOGUCHI Pick Up

白TEEはハズせません。

 

ONLINE STOREがリニューアルオープン致しました。

京都新店舗オープンのお知らせ

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

1LDK 2020 spring/summer sale

UNIVERSAL PRODUCTS. + N

青山スタッフの帽子事情について。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

いきなりの出勤着ですいません。

久しぶりにバッチリ晴れたので、白TEEに白スニーカー、ブルーデニムで気持ち良く出勤しました。

着たいものを着たい時に着る。天気に合わせてその日の服装を決める上で、ここの掛け合わせがうまくいくと朝からテンションが上がります。

そんな訳で今日はルンルンだったので、周りのスタッフを巻き込んで、こんなに日に最高な”白TEE”をピックアップしました!

冒頭の写真では、UPのヘビーウェイトTEEのサイズ1にサイズ2を重ねる荒技で着ていますが、こんな風に白TEEを選ぶポイントと、そのスタイリングに拘りは付きもの。

各々のポイントと照らし合わせて、好みの1枚を見つけてもらえればと思います。

“UNIVERSAL PRODUCTS.”

– YAAH POCKET T-SHIRT – 

¥9,000+TAX-

毎シーズンの心強い味方。的な相棒のような安心感で使えるのがUP×YAAHのこちら。

シーズンによって、ガッシリしたものや少しフワッとしたものまで様々で、今回はガシッとドライなタッチに仕上がっています。べた付きが少なく、夏場に特に最適なのは言うまでもありませんが、やはり外せないポイントであるサイズ感も申し分ありません。

こんな感じで少しゆったり。

加えて生地に張りがあるので、ハッキリとしたシルエットを形成。着用から来るヨレが少なく、ボディバッグを掛けても変に溜まったりしない所も、気を遣わなくて良いので、個人的に好きなポイントです。

肩が落ちてくれるシルエットで、普遍的にならないのも嬉しい所。

出勤スタイルと同じく、デニム合わせに。やはり鉄板のスタイルだけに充足感があります。

Tシャツ1枚をメインに考えて合わせる時には、パンツで少しだけ変化をつけるように気を付けています。今回は少し太さのあるデニムを1ロール、そこに白スニーカーで気合いを入れ過ぎないバランスにしてみました。

あとは色を合わせた小物類を適当に散らせて。やはり白TEEを着ると、小物1つ分くらい欲張ってしまいます。

“UNIVERSAL PRODUCTS.”

– 2 PACK POCKET T-SHIRT –

¥9,800+TAX-

続けてUPのパックTEE。2枚1組のお得感がまず嬉しい、洗濯頻度が減ってインナー難民になる梅雨時期の役立ちアイテムです。

ネックの詰まり具合が僅かに強く、フィット感を得られるので、インナーとして使っている人が多いイメージ。

インナーに支持を受けている=着心地は保証済みと思って良いので、(実際フワフワです)そこは試着での確認不要と言っても良い程。

最近はガッシリした生地感のアイテムが多く出ている気がしますが、そこに反してトロッとしっとりなタッチなので、見た目にもリラクシングな空気感を漂わせます。

ポロシャツ等、ソフトなアイテムと組み合わせる場合には、特にバッチリハマるでしょう。

こちらは、スラックスにハイテクスニーカーで合わせてみました。

どうでしょう、先程とは打って変わってシティな雰囲気に早変わりです。

こんな風に、下に持ってくるアイテムで構想を練ってみるのもありですね。

“cantate”

– T-SHIRT –

¥16,000+TAX-

最後は、ちょっと雰囲気を変えてcantateのアイテムを。Tシャツに対する、使い捨てのイメージを一気に覆してくれる1枚です。

生地にはGIZAコットンを用いて、パッと目をやるだけで独特な光沢を、触れることで柔らかな質感を感じられる、ハイクオリティな仕上がり。

着る程にシルキーな手触りが増すので、ヘタらないだけでなく、正に永く使いたい1枚。

因みに、白TEEと謳っておきながら、こちらはOFF WHITEの少しベージュ掛かった色味です。

サイズはジャストな感覚で着用可能。こちらでサイズ44を着ています。

個人的に大振りなアイテムを好んで選ぶことが多いですが、このシャツは勿論ジャストなサイズで着てもらいたいと。店頭のラインアップからすれば袖丈もやや短いくらいなので、敢えてサイズを上げることはせずに、写真のバランスで合わせてもらいたいです。

極限まで度目を詰めたボディは、見た目にもフラットで非常に綺麗な印象を受けるので、インナーに差し込んでみても、スタイリングを格上げしてくれます。

綺麗なシャツをこのサイズで着ているので、足元は軽くサンダルで外すのも良いかもしれません。

軽くてもカチッと見せたい人は、ローファーなんかも良いですね。

季節が変わる頃には、着込んだことによって表情が変わっているので、その時々のテンションに合った足元で。

こんな風に寄ってみると、同じ白でも生地感や色味が微妙に違うので、皆さんのお好みポイントに当てはめて選んでみてはいかがでしょう。

インナー用に、暑い日のメインとして、、用途は様々かと思いますが、白TEEは生活の上で必要不可欠。

この機会に、信頼出来る1枚を手に取ってみてください。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062

東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE(BASE)

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 杉村

June 29, 2020, 9:12 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Sugimura YOSHIIKE

青山スタッフの帽子事情について。

 

ONLINE STOREがリニューアルオープン致しました。

京都新店舗オープンのお知らせ

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

1LDK 2020 spring/summer sale

UNIVERSAL PRODUCTS. + N

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの帽子担当、木下です。

と言っても青山自体帽子を被っているスタッフが多いのも事実で、その中でも365日被っているのが僕というだけですが、、

かなりの数所有しているので朝の段階では決めきれないこともあり、カバンに2個は入っています(笑)

 

ということで、今回の20ss帽子コレクションを開催したいと思います!

各スタッフスタイリングのジャンルも違うので、三者三様で。

キャップが好きなスタッフ、ハットを被るスタッフ、はたまた僕のようにベレー好き等、キャラ被りもしていないので是非そこを踏まえて参考にして頂けたらなと。

系統も分かりやすく出来たらと考え、スタイリングはほとんど私物です。

“COMESANDGOES”

-CASHMERE MESH BERET-

¥11,000+TAX-

“COMESANDGOES”

-WATER PROOF BUCKET HAT-

¥12,000+TAX-

“abu garcia”

-W/R 6 PANEL CAP-

¥4,000+TAX-

ベレーキャラは僕。

ハットキャラは野口。

キャップキャラは杉村。

綺麗に分かれていて、非常に気持ちがいいです。

勿論僕もキャップは好きですが、服装的にキャップではしっくりと来ない、、けれど何か被っていたいと思うことが度々あるので、そこで登場するのが基本ベレー帽です。キャスケットも多めですね。

野口のように綺麗なハットを被るスタイルが他にはおらず、スタイリングがいつも綺麗なので非常に馴染んでいるように感じます。

そして杉村はというと、ストリート色が強く出ているので、いつもキャップがしっくりと来るんだそう。コットン地のバケットハットも多い印象です。

“UNIVERSAL PRODUCTS”

-SUMMER BEANIE-

¥5,800+TAX-→¥4,060+TAX-

“UNUSED”

-COTTON NEP HAT-

¥9,500+TAX-→¥6,650+TAX-

“nine tailor”

-BELLS CAP-

¥9,000+TAX-→¥6,300+TAX-

お次は敢えてジャンルを変えてみました。

キャップが合わないならニット帽でしょ、と他スタッフに勧められ、落ち着いたブラウンをチョイスしたところ、中々の好相性。良い意味でスタイリングを邪魔しない上に、さりげなく主張してくれるところが魅力でした。

意外にも気に入ったので今後も被っていくと思います。

 

大人な雰囲気のスタイリングが多い野口には、少し渋さのあるフォルムをしたUNUSEDのハットを。自分ではちょっとしっくりと来ていない様子で、合わせながら鏡の前でフラフラとしていましたが、僕らとしてはかなりしっくりと来ています。。

時々かけているサーモントタイプのアイウェアと相まって、雰囲気抜群です。

 

最後に杉村は収まりの良いキャスケット。彼はBLOG等でキャスケットやベレーを度々被っているものの、実は所有していないという事実。私服のスタイルにもバッチリなので、これも僕からいつもオススメしているのですが少し踏み出せない様子。。

本人は被り慣れないので、どこかしっくりと来ないように、帽子ってそこが難しいポイントだと思うんです。

ただ僕も学生時代は全く被っていないタイプでしたし、はじめは全くと言って良い程しっくりと来ていませんでした。

前の職場の先輩に勧められて半信半疑で被っていたら周りからも褒められたり、似合っていないと思っていても、第3者から見ればおしゃれに見えていることが多いと思います。

店頭でもこのシチュエーションは多くあるように感じますが、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

服屋の僕がこんな投げやりなことを言ってしまうのも良くないかもしれませんが、帽子1個プラスするだけでグッとオシャレ感は増す、言わば簡単にオシャレに見える、といったところでしょうか。それが服装の雰囲気と合致していれば尚更。

 

個人的にですが、帽子って洋服程高価なものも中々ないので、簡単に買ってしまうことが多く、、だからこそ家に沢山溜まってくるのですが。

これを機に、試して試して、一度自分に合う一個を相棒に選んでみては?

そこからはおそらく止まらなくなると思います。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062

東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE(BASE)

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 木下

June 27, 2020, 7:50 PM

Category: Blog Kinoshita NOGUCHI Pick Up Sugimura

STAFF木下から見た杉村は、、

 

ONLINE STOREがリニューアルオープン致しました。

京都新店舗オープンのお知らせ

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

1LDK 2020 spring/summer sale

用途に合わせて柔軟に。

SALE PICK UP #NOGUCHI

夏に着るANCOR

STAFF杉村から見た木下は、、

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

昨日のBLOGにてSTAFF杉村目線の僕のイメージ、普段の服装について触れてもらいましたが、本日はその逆になります。

昨日も書いてあったように、朝の撮影時にスタイリングを組んだ後にふと、いつもその服装じゃん!ってなった時のお話。

お互いどこまで知っているのかはわかりませんが、いつものように自分で紹介するよりも、俯瞰で見た意見も面白いのではないか、というのが今回の馴れ初め。

昨日のBLOGを見て驚きましたが、想像以上に僕のスタイルを熟知している杉村に少し気持ち悪さを覚えました。

“m’s braque”

-LOOSEN CONFORT JACKET-

¥58,000+TAX-→¥40,600+TAX-

“mfpen”

-BLAZER-

¥68,000+TAX-→¥47,600+TAX-

“mfpen”

-WORK SHIRT-

¥31,000+TAX-→¥21,700+TAX-

ショーツキャラが少ない1LDKですが、彼は唯一のショーツラバー。今回はショーツスタイルをベースに2スタイリング組んでもらうことに。

合わせるアイテムとしてピックしていたのがこの3アイテム。

綺麗な雰囲気が好きかと思いきや、意外に古着のようなアイテムも好み。

ジャケットに関しては、実際に凄く欲しそうにしていて、長期間悩んでいるのでピックするのは既にわかっていました。

ここ最近の出勤スタイルはまさにこの2スタイリングといったところでしょうか。

かっちりとした印象のジャケット、そして子供っぽくなりがちなショーツという意外に難しい2アイテムを合わせることでいい具合に中和してバランスを取っているスタイリング。

僕はショーツを本当に穿かないので、このスタイリング能力は実際羨ましさもあります。

 

加えてシューズとのバランス。

ジャコメッティのグルカサンダルとスニーカーを両刀で使っているのですが、どこかでやや横ノリな雰囲気も見せてくれます。

正直僕は彼のプライベートはあまり知らないのでうまくは表現できませんが、いつも出勤するなり店内で流れている音楽、家のインテリアに使っている絵等を見る限り、サブカルチャーが得意な様子。

ラップもよく聴いているのでその流れも出ているのでしょうか。動きやすそうな服装も多いです。


CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” -YAAH POCKET T-SHIRT- ¥9,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” -T/C TUCK WIDE SHORTS- ¥23,000+TAX-→¥16,100+TAX-
“mfpen” -BELL HAT- ¥9,000+TAX-→¥6,300+TAX-


CREDIT
“blurhms” -THERMAL BOX TEE- ¥11,000+TAX-→¥7,700+TAX-
“abu garcia” -WR 6PANEL CAP- ¥4,000+TAX-
“VEJA” -BASTILE- ¥18,000+TAX-

以前CLASSのパラシュートパンツを購入していたこともあるのですが、外しがうまい気がしています。

どこかに一点主張の強いもの、もしくは他とジャンルの異なるものを一点投入して目を惹くスタイリングに。

今回は柄物のハット、下にはスニーカーを。

スニーカー、キャップラバーの彼にこそ成せる技かなと思います!(笑)

続いては彼の休日スタイルのような雰囲気で。

店頭では、

またジャケット、、となるのに対し、休みの日に見かけると

またチェックシャツ、、となることが気付けば多くなっていました。

毎回突っ込むのも思うツボなので最近は触れないようにしています。

bagjackに”I”のショーツ、ハットの合わせは、テックの要素も感じさせます。

こうやって沢山のスタイリングを見ていくと、彼なりに色々なジャンルをミックスしているということに気付きました。

たまに、どこで買ったの!?みたいなキャップを被っていたり、vansはvansでも見たことのないようなスニーカーを履いてきたり。人と被らないようなものを選びがちな印象です。

とはいえそこは僕も同じなのですが、、そこもまた僕とはジャンルが異なっているみたいです。

ある意味俯瞰でお互いの服装を批評家し合える距離感かなと。


CREDIT
“I” -EXPLORER HAT- ¥11,000+TAX-→¥7,700+TAX-
“I” -NYLON BAGGY SHORTS- ¥18,000+TAX-→¥12,600+TAX-
“bagjack” -hip bag- ¥10,500+TAX-

グリーンのアイテムでシャツを挟んで、そこはスニーカー!となる流れでまさかのグルカサンダル。

基本的にはトップスはゆったりと着用して、下はそこまで太いのは穿いていません。

身長の関係もありますが、ノータックチノもサイズ1を比較的細めに穿いています。

彼らしいバランス感ですね。

 

昨日のBLOGを見てすんなり受け入れていたからか、実際に書いてみると意外に難しい、かつちょっと気持ちが悪いです(笑)

もっと色々なスタイリングを見てみたいので、こっちから新たな雰囲気のスタイリングも提案して着せてみようと思います。またそういった企画でBLOGを書きますので、ぜひ楽しみにしていてもらえると幸いです。

 

この流れだとSTAFF野口、、となるのがセオリーですが、彼は本当にデニムパンツに黒シャツばかりを着ているので、少し時間をください。。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062

東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE(BASE)

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 木下

June 25, 2020, 9:08 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Sugimura

STAFF杉村から見た木下は、、

 

ONLINE STOREがリニューアルオープン致しました。

京都新店舗オープンのお知らせ

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

1LDK 2020 spring/summer sale

用途に合わせて柔軟に。

SALE PICK UP #NOGUCHI

夏に着るANCOR

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

やっぱこういう系統が好きだよね。

と友達同士で、お互いの服装について話すことがよくあります。

それが同じ店舗のスタッフになると、それはもう毎日のように顔を合わせている訳で、このシャツにはあのパンツだろ。と最近のお気に入りまで頭に入っていたりします。

それこそ、別のヤツに紹介してもらった方が、俯瞰で見れてよくわかってるんじゃないか、くらいに。

昼頃に突然パッと晴れて、急にテンションが上がった木下と僕2人の思い付きです。

今日は僕が木下のスタイリングに触れて、自分の言葉で提案していきます。主役となるのはこちらのシャツ2枚。

“E.TAUTZ” – ESME SHIRT –

¥34,000+TAX- → ¥23,800+TAX-

“HED MAYNER” – OPEN BACK SHIRT –

¥56,000+TAX- → ¥39,200+TAX- 

それぞれブランド、色味の雰囲気から、着てそうだなと直感的に感じているシャツ。

何より、夏でも長袖シャツのイメージが強く、よく腕捲りしてアクセサリーと合わせているので、何となくの雰囲気はわかります。

やはりこのシルエットですね。すっかり見慣れた組み合わせながら、やっぱり自分のものとして落とし込んでいるだけに完成度は高いです。

長袖シャツの着用率の高さに応じてか、そこに合わせる手元のアクセサリーもおそらく変わっています。拘り強めです。

全身となると、更に細かい部分まで突き詰めてきそうですが、、

まず主役のシャツは、ゆったりサイズの羽織るタイプ。

ボタンを軽く締めて、前を開けてタックインで。個人的にタックインをしないので、この辺りを使い分ける基準をレクチャーしてほしいです。

この手のオーバーシャツは僕自身好きなこともあって、店頭でサイズ感が被りまくるので、だったらパンツで勝負だろ!と勝手に思っています。

“I” – LIGHT WEIGHT TROUSERS –

¥26,000+TAX- → ¥20,020+TAX- 

そうきたかと、完璧に不意を突かれました。

いつもの流れからいくと、ライトベージュの軽いパンツ、もしく黒系のチノパンでくるだろうと予想していた所を、見事にその期待を裏切ってネイビーのテックパンツをチョイス。

本人は少し細い?と気にしている様子でしたが、いつも太いパンツを穿き過ぎているせいでしょう。細くはないです。(笑)

このくらいの方が締まって見えるので、新鮮さもあって継続的に穿いて欲しいです。

全身ネイビー、なのに他とは違って見える、鉄板があるからこそのハズし。

裾をちょっと絞って、足元にはVANS。この良い意味で適当に作っている感じが、ドレスのシャツを着ているのに力が抜けていてグッドです。シャツに合わせてたまに被ってくるベレーも、洒落て見えて良いですね。

もう一方のオープンバックシャツも、大きく分類するとオーバーシャツ。

最大の特徴である背中の空き部分は、敢えて強くは主張せず、サラッと合わせてきました。インナーに色を使ってチラ見せも良いですが、あんまりやり過ぎるとチープになってしまいそうなので控えめに。。。

チラッと見えている、この淡いベージュ×インディゴデニムのスタイリングも、かなり見てきました。最近だと、上下がひっくり返りますが、UPのシャンブレーシャツにアイボリーのリネンパンツ。そして足元には、、

“I” – WEBBING SANDALS –

¥14,000+TAX- → ¥9,800+TAX- 

サンダルを持ってきて少し軽めに。

時々ビルケンのボストンとビーサンを履いているのを見かけて、良いなーと思っているので、やはりこちらもデニム×サンダルのお得意のシルエットです。夏場に真似したいと密かに準備しています。

今くらいの季節だと、リネンやピケ素材など、生地感の強いアイテムを組んでいる印象があるので、シンプルなチノパンか何かを増やしてサラッとしたスタイルも見たいです。と思っていたら、丁度一昨日くらいにベージュチノを購入していました、、。近い内に見れそうです。

 

結構褒めている部分が目立ち、書いていて気持ち悪い文章になりましたが、いつもの店頭もまあこんな感じです。

いつも見ているスタイルも、なんでこの人はこうなんだろうと考えてみると、理解が深まってもっと楽しくなりますよ。

明日は入れ替わって、紹介してもらう側になるので、家からじっくり見たいと思います。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062

東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE(BASE)

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 杉村

June 24, 2020, 7:13 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Sugimura

捻りのあるTシャツ。

 

京都新店舗オープンのお知らせ

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

営業再開・営業時間短縮のお知らせ

メンズのドルマンスリーブシャツ。

大事なのはハングリー精神。

用途に合わせて柔軟に。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの野口です。

本格的な夏日で、Tシャツを着用する機会は増える一方。個人的には無地Teeが多くて、そこまで捻りのあるアイテムは所持していません。

でも時には、ギミックの効いた少し変わったTシャツも着用したいと思ったりしています。とは言え、効きすぎていても、着るのに少し抵抗を感じてしまう。。

そんなあれこれ駄々を捏ねている所に、店頭に丁度良いTシャツが。

“Scye”

– Jersey Raglan T-Shirts –

Col.BLUE BLACK・ECRU

¥16,000+TAX-

個人的なScyeの印象は、ベーシックな雰囲気の中に程良い捻りがあって、デザインも新しいようで古い雰囲気も漂う。

クラシック×モダンを実現した、いつでもワードローブの定番の位置にいてくれるブランドと言った印象です。

そんなScyeから本日は半袖Tシャツをご紹介。一見ビッグサイズのTシャツですが、しっかり捻りは効かせていますよ。

カラーは2色展開。発色の綺麗なBLUE BLACKと、清涼感のあるECRU。通常のBLACK、WHITEとは差別化の付けられる、絶妙なカラー展開かと思います。

ディテールは、クルーネックのラグランスリーブ。生地はコットンでありながら柔らかく、伸縮性のある素材でストレスフリーな着心地です。要所にスポーティなラフさを感じるアイテムですね。

形は身幅にゆとりがあり裾は長すぎないボックスシルエット。少し厚めな生地を使用している事で、シルエットが綺麗に生まれてくれています。

ボックスシルエットにしっかりとした生地。Tシャツとしてのクオリティは申し分無いのですが、それだけで終わらないのが流石といったところ。

このTシャツの最大の特徴としたら、何と言ってもこのサイドにあしらわれた綿テープ。

デザインとしてのアクセントになってくれるのは勿論で、着用した時の感覚で言えば、凄く大きい身幅をぎゅっと絞ったような雰囲気。

これによって独特な形が生み出されて、立体的な特徴のあるシルエットに仕上がっています。

袖は十分な長さがあり肘に被るくらい。そしてラグラン仕様にする事で単純に肩や腕が動かし易くなります。

それに加えて、肩幅の有無に関係無く着用出来ます。どんな体型の方にも最大限のシルエットを発揮してくれるTシャツでしょう。

CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” – CHAMBRAY EASY ANKLE PANT – ¥20,000+TAX-

ホワイトのスタイリングには、清涼感のあるライトインディゴのシャンブレー生地で爽やかな着こなしに。

個人的にはTシャツをタックインする事が多めなのですが、このTシャツはタックアウトでも着丈のバランスが絶妙で着こなし易いです。サイドのテープも主張しすぎず、どんなコーディネートにも対応出来るかと思います。

正に日々の定番アイテムと化してくれるアイテム。このTシャツで夏も乗り切れそうです。

CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” – PIQUE JET CAP – ¥9,000+TAX-
“lownn” – WIDE SHORTS – ¥29,000+TAX-
“MAGNUM” – MILITARY TRAINER – ¥13,000+TAX-

打って変わってこちらはショーツにスニーカーを合わして、ラフでスポーティなコーディネート。

半袖にショーツと、一見幼く見え易い組み合わせではありますが、どちらもシルエットのバランスが絶妙で拘りが感じられるスタイルになっています。

そこに振り切ってキャップにスニーカー。良い意味でシティボーイ感があり、東京の町を颯爽と駆けてそうな、そんな雰囲気でしょう。

 

無地なのかプリントなのか。はたまたビッグシルエットなのか。

たかがTシャツ、されどTシャツ。と言った具合に、人それぞれで拘る部分は変わってくるのかと思います。

このTシャツでも感じられるように、Scyeの作る洋服には絶妙な空気を感じます。捻りがあるけれど、どれを着ても自分のスタイルに溶け込んでくれるんですよね。

是非、夏のワードローブに加えてみては如何でしょうか。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

June 17, 2020, 9:00 PM

Category: Blog Kinoshita NOGUCHI Pick Up

大事なのはハングリー精神。

京都新店舗オープンのお知らせ

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

営業再開・営業時間短縮のお知らせ

ショーツ×Veja。

メンズのドルマンスリーブシャツ。

BEST OF VEST

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

気温も30C°に差しかかってきた昨今ですが、数ヶ月前から夏に向けてTシャツを買い漁っています。

結構早い段階から集めていたので今年の夏は困らなさそうだなぁ、、とも思いつつ、僕の中での最後の〆。

古着でも買って、勿論青山でも買って、買おうと決めていたものから巡り合わせで出会ったものもありましたが、最終的にこれを買うのは決めていました。

ひたすら飲んで、飲み歩いた後のラーメン。とそんな感じです笑

“stay hungry”

white→  – spree tee –

green→  – swift tee –

¥11,000+TAX-

僕がTシャツを選ぶ時の基準は、サイズ感、素材、ではなく、

結構おふざけ系のものが多いです。

最近買ったものでfruitの91年製のボディのTシャツがあるのですが、おそらくなにかのヒッピー系のフェスのもの。

胸元にはギリシャ文字、ピースマークのタイダイ染め。バックプリントにはジョンレノン、横には小野ヨーコ以外の女性の描写が、、笑

やばっ!ってなって購入しました。主にこんな感じ。

このやばっ!っていう感覚ってすごく大事で、多少値段が張るものであれば、ある程度の時間は必要かもしれないものの、Tシャツとかの価格帯であれば、正直直感で選んでもいいかなって思ってます。

 

今回製作を依頼したstay hungryは、ドイツ(ベルリン)発。

少し前のabu garciaやDAIWAのような釣りブランドが今シーズン勢いを伸ばしているところに対して、それよりも前から1LDKとして注目していたスポーツ/アウトドアブランドです。

2015年に立ち上がった同ブランドは、プロBMXライダー、Redbullの公式サポートライダーでもあるMatti Roseが立ち上げたカジュアルブランド。何これ?となってしまう面白いデザイン、高級志向であることによる品質の高さ、アウトドア/スポーツをミックスしたデザインセンスを活かしたものづくりをしています。

お魚ちゃんのワッペンや車のエンブレム等をデザインに起用したり、随所でフィッシング要素が出ているのは、ドイツの有名スポーツである釣りから。ドイツでは釣りに国家資格が必要なほどなんだそう、、(昨日テレビCMで見ました笑)

ご用意したのは二型。

ホワイトベースのセンターにボックスのワッペンを施したもの。

グリーンベースの胸元に”stay hungry”と施したもの。

どちらも至ってシンプル。とはいえどこか僕らの脳内にある記憶をつつく、あの感覚。。

ホワイトのセンターに施された”s~p~re~e”。これはちゃんと読めるようになっていて、ドイツの”シュプレー川”を表したもの。あーなるほどね!となると同時に、もう一つ隠された”spree”の意味は、英語で酒宴、馬鹿騒ぎというもの。

あれ、もしかしてちょっとふざけてる意味も掛けられてるのかな、、なんて色んなことを口には出さず考えてみてください。

対してグリーン。

グリーン×イエロー×ホワイト、のロゴです。

お腹がすきそうです。

サイズはM/Lの2サイズ。

ボディの関係でグリーンの方がワンサイズ大きい感覚なので、着用、オンラインの採寸を参考に選んで頂けると幸いです。

“stay hungry”

gray→  – spree cap –

green→  – swift cap –

¥16,800+TAX-

長くなりましたが、キャップもご用意しています。

Tシャツ同様のデザインを施し、絶妙なカラーリングでコントラストをつけながら、手持ちとも全く被ってこない仕上がりがポイントです。

帽子だけで30個持っている僕からしても、これは勿論買い。上下で合わせたいです。

 

はじめの紹介でも触れましたが、高級志向であるからこその品質の良さに関して。

キャップにしては割と金額高めの設定ですが、形、素材本当に良いです。金額に拘らず、良さを求めて使っているボディなのでそこはお墨付きです。

ただ防水機能はありません。

ポリ地のメッシュ、シャツのようなコットン地。

ポップだな〜、若いな〜ではありません。

大人の方が逆に、チャーミングな雰囲気を纏って着られる洋服、グッズ達ではないかと思います。

 

フェスが大好きな僕なので、元々こんな状況にならなければ外に着て行って、野外フェスや遠出をしたいと考えて制作しました。

とはいえ現実がこうなので、、

今ある状況をハッピーにする為に、コロナで恵まれない今ある状況を脱出するために必要な強い精神を持って敢えてこじつけてみました。

 

stay hungry(stay positive)

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

 

June 12, 2020, 7:03 PM

Category: Blog Kinoshita NOGUCHI Pick Up Sakakibara Sugimura