1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

THEME: Kinoshita

シンプルかと思いきや。

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

1LDK recruit.

ワイドパンツに飽きてきたかもしれない。

半年後のCANTON。

TEATORAとある1日

気分を上げる鞄を。

HED MAYNER 2021 S/S.

自由性の塊。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

気温もどんどん上がりつつあり、ピクニックや外で過ごすことが増えてくるこれからに使いたいバッグが入荷致しました。

入荷したものの気温がなかなか上がらないので、温めていましたが、正にオンシーズン。

さて、どちらのカラーにしようか。

“Nine Tailor”

– Linen Canvas Bag –

¥14,000 (¥15,400 TAX IN)

リネンのショルダーバッグ。

リネン、外側のレザーからはいなたい印象を感じがちですが、内側にはギャップのあるネオンカラーのメッシュポケットを配置。

何を入れてどうチラ見せしようかと考えています。

リネンの持つ程良い光沢と、先染めによる深みのある色合いが印象的です。ハギを切りっぱなしにして素材の風合いを高めているのもポイント。

内側のメッシュに気を持っていかれがちですが、8号帆布のキャンバス地から感じる風合いもまた違って良いです。

リネンのナチュラル感と、メッシュのネオンカラー。

外見のシンプルなシルエットに対して、内側の賑やかさ。

対極な2つを合わせることで、化学反応的な、なんともエネルギッシュなドッキングになっています。

こういった、予想していないびっくりなアレンジにトキメキを感じますよね。

大振りサイズで、デイリーユースに頼もしいシルエットです。

秋冬でコートに負けないボリューム感のある鞄と言えば、バックパック。

ただそれだとどうしてもコンサバ感や、真面目なスタイリングになってしまうように感じます。

そこで選択肢として挙がるのはウエストバッグやハンドバッグ。

けれど内容量にも困ってしまい、結局収納できず別のバッグに、何てこともしばしば。

このショルダーは何も入れていなければペタッとしてしまいますが、それもまたスタイリングのアクセントとして使えるフォルムをしているので、コートの内側に入れて使っても良いかもしれませんし、とりあえず何も入れていないけど寂しいから持っておこう、もアリ。

1,2枚目は何も入れていないのでボリューム感も抑えられてスタイリングも良い意味で邪魔しません。

HED MAYNERの洋服の存在感にも負けず劣らず。夏のバッグとして一軍になってくれるはず。

 

週末はどこへ行こうか。

出かける予定を立てながら、その間に必要なものを揃えていく過程も楽しいものです。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

21SS LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL 杉村

April 9, 2021, 11:12 AM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Sugimura

自由性の塊。

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

1LDK recruit.

ワイドパンツに飽きてきたかもしれない。

半年後のCANTON。

一線を画す。

TEATORAとある1日

気分を上げる鞄を。

HED MAYNER 2021 S/S.

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

昨日に引き続き、HED MAYNERのご紹介を。

写真の乱発だったので、雰囲気しかお伝えすることができておりませんでしたので、商品について触れていきたいと思います。

 

まずはおさらいがてら。

“HED MAYNER”

パリに拠点を置くデザイナーである彼は、イスラエルの小さな村で育ちました。そこは様々な文化の影響を受けた複雑な土地と言われています。

その後エルサレムで服を学び、さらにパリで最先端のファッションについて学びます。

ものつくりの原点は、伝統、霊性、力強さ、脆さ、高潔さがキーワード。

 

特徴でもある独特なオーバーサイズ。生まれ故郷のイスラエルで学んだ伝統的なユダヤのテーラリングと、軍人のアーミーテイスト。その洗練されたイメージと無骨な相反するイメージを独自の解釈でミックスすることで、不思議な空気感の漂う、他では見ることのできない唯一有無さを持つコレクションに。

 

僕らにとってこのブランドは、自由性の塊。勿論ルックや合わせ方、全てを参考にしています。クリーンな雰囲気からドレスやアメカジ、あらゆるジャンルのものをミックスして提案していきたい僕たちからすると、もはやお手本的存在にも思えます。

そんな発言も厚かましい限りですが、それほどに異端的であり完成したものと言えます。

イスラエルのテーラリング、一種のエスニックで民族調である空気感は、ブランドを通すことでより洗練されたものに。ミックスされる対照的とも言えるイメージは、しっかりいと一つのものに集約され、新たなジャンルとして提案されているかのよう。

だからこそ引き込まれる、そして身に纏う。

これらの組み合わせから学ぶ洋服の面白さもあり、手元の洋服と合わせた時の新たな発見のような感覚はどんどん刺激され、病みつきになっていくことでしょう。

 

さて、今回ご紹介するのはまずアウター、セットアップから。

ブラウン、ベージュを基調としたオーガニックの雰囲気を纏う今回のコレクションではこちらを。

“HED MAYNER”

-TRENCH COAT-

¥153,000 (¥168,300 TAX IN)

シナモンと称されたブラウンのリネンを使用したコート。

今回オーダーしたのはSサイズ。

昨日のブログでも書きましたが、今シーズンは写真のみでのオーダーとなったため、かなり苦戦を強いられました。とはいったものの、全く問題なく絶妙なサイズ感で入荷してくれたのでまずは一安心といったところ。

お馴染みでもあるオーバーサイズのシルエットは、袖も長く全体的にルーズなサイジング。

身幅は広く、肩もガクッと落とし、アームも太いので袖はタブでギュッと絞ってアクセントに。

生地自体が非常に軽いので、暑苦しさもなく、この作り込みで総リネンというデザインに少し驚きつつも、なかなか出会うことのできない仕上がりにうっとりです。

同色で裏地も施され、透け感もなくずっしりと詰まった表面は、光沢があり上品な面持ち。

けれどそのずっしり感があることで揺れ動くいドレープも豊かに、軽やかな印象を醸し出してくれています。

ルックではショーツに羽織っていましたが流石に真似できず。。

ただ軽さとリラックスして着用できるイメージが浮かびやすく、まさに今時期に着たいコートです。

同色合わせはのちのセットアップでご紹介するので、まずはデニム合わせを。


CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS.” -BIG S/S T-SHIRT- ¥8,000 (¥8,800 TAX IN)
“EVCON” -5POCKET TUCK WIDE DENIM PANTS- ¥18,000 (¥19,800 TAX IN)

首元のチンスト、袖のタブ。

個人的にはこのポケットに目を奪われていて、なんてことのないディテールとも言えるのかもしれませんが、この作りからはフラップ仕様という考えは浮かびませんでした。

クリーンに見せていてもどこかミリタリーテイストも紛れているような印象を受ける仕上がり。身長的な問題なのかポケット位置はやや低く感じますが、それもまたご愛嬌。

大きめのボタンでスパンも広く、各ディテールを下位置にドロップしていったような感覚に陥ります。

リネンであることで発色も美しく、カラーのコントラストを楽しみたいコートではないでしょうか。


CREDIT
“UNUSED” -MESH KNIT- ¥32,000 (¥35,200 TAX IN)
“FRANK LEDER” -TUCK DRAWSTRING PANTS- ¥48,000 (¥52,800 TAX IN)

タイミング良くヘルプで中目黒より来てくれていたSTAFF西山にも着せてみました。

大きさはやはり大きいものの、この独特なサイズ感は不思議と様になる。

だらしなく見せず、パンツの合わせが奇抜であろうと問題はなさそう。この感じであれば軍パンでコテコテの合わせにしても良さそうだなと、見ていて沢山合わせが浮かんできます。

“SINGLE BREASTED JACKET”

¥140,000 (¥154,000 TAX IN)

“CARGO PANTS”

¥78,000 (¥85,800 TAX IN)

いつかはオーダーしたかったジャケットですが、肩が張っていたりパッドが入っているものが多いのでビビってオーダーできずにいました。

僕が青山に来る以前に一度オーダーしていたジャケットもかなり奇抜で、日常使いが難しかったこともあり、、

写真のみだったのであれこれ考えて悩みながらでしたが、パッド無し。設計上少し張るものの、リネンで柔らかいことで程よくドロップしてくれます。

 

コートと同素材を使用したシングルのジャケット。

組下は秋冬でも展開していたあのカーゴパンツです。

変形的なセットアップではあるものの、上はサイジング、下はデザイン、という異なるデザインエッセンスであることでいい意味でアンバランスな仕上がり。けれど着ると纏まりは半端ではなく、、

雑な発言ですが、めちゃくちゃかっこいいです笑

 

シングルでは代表的なノッチドラペルで、カフスは本切羽で四つのボタンという個性を兼ね備え、古くからあるディテールをうまく踏襲しつつ、ブランド独自のものとして予言されています。

先程言っていた奇抜なジャケット、というのはパワーショルダーのもの。パッドが入り元々の肩幅から形が変わることのない設計をされたデザインが特徴でしたが、今回は自分の肩の高さで延長されていくようなイメージ。とは言っても下には落ちるのでご安心ください。

ばさっと羽織って、コートのような感覚で。

身幅が極端に広いチェスターコートのように感じていただければより奇抜なイメージは解消されることかと思います。

鋭くタックが入り、ニープリーツと裾のジョガー仕様が活きたパンツとの相性は勿論抜群。Vラインというのも久しぶりですが、新鮮味があって。

パンツは秋冬のものに比べるとこれもドレープが強いので、以前のシルエットとは全く違う印象を受けます。

動くたびに揺れる変形パンツ。HED MAYNERのバックボーンがあるからこそ生まれた洋服として個人的にもっとも印象深く感じているパンツです。

ヘリンボーン織のベージュもご用意。

気分で合わせればセットアップで合わせる必要もないかもしれません。

“BOMBER JACKET”

¥128,000 (¥140,800 TAX IN)

今期もっとも何も迷わずオーダー数量を記入したボンバー。

迷う必要が無いとも言える今までに見たことのないボンバージャケットは、MA-1をモチーフにし、レトロな短丈で極太のアームホールで仕上げた一着。

ジップに加えてフロントにはフラップが施され、裾と袖にはニットリブを採用。ネックはリブを排除しノーカラーにしたボリューム感に反してすっきりとした印象すら感じてしまうデザインです。

上腕部にはシガー、ペンポケットが施され、裏地には複数のポケット、ミリタリーキルトも採用。

中綿は入っていますが、ボリュームを出すための分なので、暑苦しいものではありません。ましてや外側のボディがリネンなので自分でもわからなくなってしまいそうですが、

あくまでもライトアウターの枠組なはず。


CREDIT
“walenode” -linen tape basque sweater- ¥30,000 (¥33,000 TAX IN)
“cantate” -CWM TWO TUCK TROUSERS- ¥45,000 (¥49,500 TAX IN)

ボリューム感があるので、適度にルーズなパンツを合わせていただくのが良さそうです。

スニーカーだとカジュアルすぎてしまうので、革靴でシックに合わせつつ、ジャケットで遊びココロを加えてもらうとしっくりとくると思います。

“BAG”

¥45,000 (¥49,500 TAX IN)

ジュートを使用したロングデザインのバッグ。

これに関してもルックで魅了されてしまい、バッグを首からかけている斬新な発想にやられました。手元のハンドル用に開けられているサークル状の穴は首に通すことも目的としているようで、大きめに。

頭陀袋を彷彿とさせるようなジュートの雰囲気に、赤で両端にストライプを施したデザイン。かなり好みです。

持ち方は様々で、それこそベストのように首から下にかけてスタイリングのアクセサリーとして使ってもいいですし、手に巻きつけて持つのも良さそう。

想像通り大きかったのでどう使おうか、とSTAFF杉村と試行錯誤していたらクラッチのように持つ方法を発見。

がさっと荷物を沢山入れて、何気なく持ち歩けば、あれはなんだろうと周囲の目線もジャックできそうです。

 

見たことのない独創的なデザイン、発想。

生い立ちやバックボーンが強く投影された同ブランドのデザインはまさに圧巻で、見入ってしまう不思議な世界観を纏っています。

多くのアイテムを所有して合わせていくという考え方ではなく、気に入った一部をシンプルな、クリーンなものに。極端には全く正反対のブランドの雰囲気と合わせることで面白さを見出してみてください。

自分の価値観をまた新たなものに塗り替えてくれるはず。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

21SS LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL 木下

April 8, 2021, 8:30 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Sugimura

HED MAYNER 21S/S .

 

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

1LDK recruit.

ワイドパンツに飽きてきたかもしれない。

半年後のCANTON。

一線を画す。

TEATORAとある1日

シャツが盛りだくさん。

気分を上げる鞄を。

アウターの必要性。

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

スタッフ間でも今か今か、と待ち構えていたHED MAYNERの21SS。

ようやく、、、ようやく入荷しました。

 

今シーズンは、リネンにフォーカスしたラインナップ。

カラーもシナモンやベージュとアースカラーに重点を置き、素材との掛け合わせの相性が抜群な仕上がり。全体で並べた時の見え方が素晴らしく、オーガニックのファブリックが醸し出すブランドの世界観は、現地そのものが垣間見え、ラックもそこだけ異国の雰囲気を纏っているかのよう。

オーダーしたのは一部。

コロナになって海外にも行けず、このシーズンから海外ブランドは写真のみでのオーダーになりました。

hedはサイズ感も難しく、結局オーダーして着用しては大変満足するのですが、しっかりと実物を見てサイズ感を確かめたいのが本音。

21awからはzoomでのオンラインミーティングで商品を説明してもらい、着用もしてもらって確かめることができたので全く問題ないですが、今回の分は、届くまで冷や汗ものでした。金額も高いので、間違えられないぞ、と。

ちなみに僕は英語がほとんど喋れないので、zoomでも大変ご迷惑をお掛けしました。。けれどhed maynerチームのメンバーもすごく優しくて安心。

そんなこんなで、既に次も楽しみです。

 

さて、今シーズン。昨日STAFF杉村から「届きました!」とのラインが入り、、

気合い入れて今日は早く来てしまいました。

天候も良く撮影日和ってこともあったので、沢山写真を撮ったのでこれで雰囲気だけでも感じてもらえればと。

明日からアイテムにフォーカスしてご紹介するので、気になる方は是非お楽しみに。

気になりすぎて、、という方は早速明日、お待ちしております。笑

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

21SS LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL 木下

April 7, 2021, 8:22 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Ueda

“Reebok × 1LDK” Styling #2

-Reebok×1LDK- “Club C 85”

“Reebok × 1LDK” Styling #1

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下誉です。

それでは先程のBLOGに引き続いて残り2人分の”出勤スナップ”の続きをご覧ください!

 

DAY1

VEST: RALPH LAUREN
INNER: I
PANTS: UNIVERSAL PRODUCTS.
BAG: UNIVERSAL PRODUCTS.
CAP: NEW ERA

 

DAY2

JACKET: COMOLI
SHIRT: I
PANTS: URU
BAG: BLESS
EYE WEAR: UNIVERSAL PRODUCTS.

DAY3

ANORAK: I
INNER: USED
PANTS: USED
CAP: CANAL NY

 

DAY4

COAT: I
JAKCET: IS-NESS
SHIRT: E.TAUTZ
PANTS: UNUSED
BAG: UNIVERSAL PRODUCTS.
CAP: CANAL NY

 

出勤がスケボー、自転車なので生活に馴染んで毎日履きやすいスニーカーになってくれました。

個人的にはこの綺麗な雰囲気を生かして、カラーパンツに合わせるのが好み。

 

それでは続いて、STAFF木下羅生へ。

DAY1

JAKCET: USED
SHIRT: mfpen
PANTS:  UNIVERSAL PRODUCTS.
BAG: Hender Scheme
CAP: BIG BABY ICE CREAM

 

DAY2

VEST: FRANK LEDER
INNER: USED
SHIRT:USED
PANTS:  UNIVERSAL PRODUCTS.
BAG: Hender Scheme
CAP: BIG BABY ICE CREAM

 

DAY 3

TOPS: UNIVERSAL PRODUCTS.
SHIRT: UNIVERSAL PRODUCTS.×J.PRESS
PANTS: UNIVERSAL PRODUCTS.
BAG: Hender Scheme
CAP: BIG BABY ICE CREAM

 

普段から革靴を履く事が多い自分ですが、このクラシックなデザインが自分のスタイルにも落とし込みやすく、スッと馴染んでくれました。

それでいてしっかりと歩き易く、文句無しの一足です。

個人的に、太さは問わずベーシックにインディゴデニムに合わせるのがオススメです。

 

 

青山STAFF4人による、それぞれの色を出したスタイリングはいかがだったでしょうか。

ここ最近は皆が毎日履いているので、かなりユニフォーム感が強くなってきました。

おそらく明日も履いているので、最後のスタイリングは店頭にてご確認ください。

 

本日ご紹介したアイテムは4月3日(土)より下記の店舗より発売致します。

▽取扱店舗
1LDK  03-3780-1645 12:00~
1LDK apartments. 03-5728-7140 12:00~
1LDK AOYAMA HOTEL 03-5778-3552 12:00~
1LDK kyoto 075-366-5556 11:00~
1LDK annex (名古屋)052-211-9546 12:00~
1LDK ONLINE STORE 12:00(JST)~
https://onlinestore.1ldkshop.com/

※店舗によって取り扱いのサイズが異なります。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

21SS LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL 木下誉 木下羅生

April 2, 2021, 8:29 PM

Category: Blog Kinoshita KINOSHITA RAI Pick Up

シャツが盛りだくさん。

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

1LDK recruit.

〈BAICYCLON by bagjack〉

ワイドパンツに飽きてきたかもしれない。

半年後のCANTON。

一線を画す。

whowhatの代表バッグ、再び。

TEATORAとある1日

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

春夏の商品って、まだ入って来ますか?

とよく聞かれます。今後の買い物スケジュールに関わるので、把握しておきたいですよね。

今のところ春先照準のものは、インポート類を残して8~9割ほど入荷が進んでいます。

その中でも、今現在豊富に揃っているのがシャツです。

単色・柄もの・カジュアル・ドレス、、、

気分に合った、お好みのシルエットが見つかるはず。

例えば、春のぽかぽかとウォーミーな気分にはこちらでしょう。

“KAPTAIN SUNSHINE”

– REGULAR COLLAR SHIRT –

¥30,000 (33,000 TAX IN)

カラーリングは淡いトーンで、わずかに透け感あり。なんとも春らしいのがKAPTAINのこちらです。

真夏まで着用できるように仕上げているので、大変軽やかでサラッと着やすい1着。ブランドの配色が好きで、特に春夏の、渋さを感じるけどクリーン。みたいな掛け合わせがツボ。

着丈長めのリラックスシルエットが風を取り込み、涼しげな表情を見せるでしょう。

生地にはGIZAコットンを使用して、ハリコシのある質感に。薄く仕上げているもののチープに感じないのは、生地の繊維の長さによる仕立ての良さでしょう。

1枚着としてサマになる完成形シルエットなので、暑い日には是非そのままでラフにスタイリングしてください。

“mfpen”

– EXACT SHIRT –

¥27,000 (¥29,700 TAX IN)

春っぽい繋がりで、mfpenのシャツも大変爽やかです。

シアサッカーの凹凸のある、風の抜けが良いシルエット。肌との接地面が少ないので、心地の良いタッチが続きます。

一言に春っぽいといっても、このシャツの配色は緻密に計算されたナイスカラー。

濃淡の異なる2色のWHITEに、BLUE・GRAY系のピッチを施した、見える限りで4色使用したマルチな表情です。シンプルな白ベースのストライプに比べると、風合いが感じられるので、まさに着合わせ的にも1枚でOKなシャツではないでしょうか。

“E.TAUTZ”

– LINEMAN SHIRT –

¥42,000 (¥46,200 TAX IN)

ブランド定番のオーバーシャツも、今シーズンのカラーテーマ”フルーツ”に沿って、鮮やかなカラーリングに一新しています。いつもは単色クラシック系の色味が多いので、かなりフレッシュです。

インパクト大な太ピッチのストライプは、鉄板のWHITE × SAXの掛け合わせにも関わらず、生真面目なイメージにならずにリラックスなムードに。

タイプライター生地のパリッと感と、ルーズシルエットのギャップが楽しいシャツです。

“E.TAUTZ”

– LINEMAN SHIRT –

¥36,000 (¥39,600 TAX IN)

同じくE.TAUTZのラインマンシャツ。

爽やかさだったら、こちらも負けずとも劣らずな仕上がりです。

ORANGEとPINKを混ぜたようなエネルギッシュなパッションカラーは、CORAL PINK(サンゴ礁)に近いイメージで非常にムーディーなカラー。

こちらは、ウォッシュコットンのガシッとした質感で、また違う色調を感じるカジュアルな仕上がりです。

比べるとこんな感じ。

気分にマッチする方をお試しください。着込みたくなるのは生地的にも色的にもPINKですね。

ここからは少し路線を変えてシンプル部門に。

“E.TAUTZ”

– LINEMAN SHIRT –

¥36,000 (¥39,600 TAX IN)

同じシャツでこうも違うか、と思わせてくれるのが、ブランドの良い所で引き出しの多さが伺えます。

ブロード生地でテロッとした質感なので、落ち感が出るぶん、随分とリラクシングなシルエットに変わっていますね。

鈍い光沢感が落ち着きのある雰囲気を強め、NAVYカラーと好相性。

元の型が、ルーズシルエットにフロントポケットのデザイン調なので、生地と色をシンプルに設定しても、単調なだけにならないのが良いポイントです。

少しアレンジの効いたシャツをシンプルに着る。そんなイメージでオススメしています。

“UNIVERSAL PRODUCTS.”

– T.M. REGULAR COLLAR L/S SHIRT –

¥23,000 (¥25,300 TAX IN)

1LDKのハウスブランド、UNIVERSAL PRODUCT.の提案するシャツは、どれも着やすくデイリーユースな仕上がり。

特にこのTHOMAS MASONシリーズは、カジュアルからドレスにまで使える自由性の高さと、着ていくほどに馴染む生地のクオリティの高さから、鉄板的な人気を博しています。

シーズン毎に展開カラーが変わるので楽しみにしてますが、GRAY STRIPEの堅実で気が使える位置感は便利で頼もしい限り。

インナー映えするツルっと綺麗な表面感なので、通年着まわせるのも嬉しいポイントです。見えるか見えないか絶妙なストライプのピッチが、何にでも馴染んでくれる兄貴肌に感じて個人的にも着まくっています。

最後に、個人的オススメ枠。

“COMOLI”

– プルオーバー カーゴシャツ –

¥36,000 (¥39,600 TAX IN)

1着欲しい、COMOLIのシャツ。

アイコン的なコモリシャツも勿論良いですが、ちょっと離れてディテールをプラスしてみても面白いことを発見しました。

被るタイプのカーゴシャツ、継続型のプルオーバーに両胸のポケットを付けたアップデートバージョンです。

SAND PINKと呼ばれるカラーは、優しく甘い色味でこちらも今の時期にピタリ。

色・形ともに定番からはみ出してみる、何かにつけて冒険したくなる季節なので、好奇心をくすぐられています。

レイヤードを工夫できるので、既存の装いからのスタイルアップにも一役買ってくれることでしょう。

 

様々な表情を見せる、色とりどりなシャツ。

春物の入荷はあと少しだけ残っていますが、シャツの熱量は今が最高値。

シャツが盛りだくさんです。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

21SS LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL 杉村

March 31, 2021, 7:32 PM

Category: Blog Kinoshita KINOSHITA RAI Pick Up Sugimura

一線を画す。

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

1LDK recruit.

アソートの楽しみ方。

SUMMER WOOLな気分

たまには遊んでみても。

イメージを変える一本。

〈BAICYCLON by bagjack〉

ワイドパンツに飽きてきたかもしれない。

半年後のCANTON。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの上田です。

デイリーな洋服   リアルクロージング

僕たちのスタイルでは、デイリーな洋服とは総じてリアルクロージングであることが殆どです。

アバンギャルドなモード系、ショークロージングの類は、見るだけのことが多く、実際に普段の生活においてそれを着るということはあまりない気がします。それでも、他にないものや独特の雰囲気を持つアイテムに惹かれるのも事実であり、遊び心をくすぐってくれるアイテムを常に探しています。

軸となるシンプルな洋服とは別の、隙間を埋めてくれるブランドが1LDK AOYAMA HOTELでも何ブランドかありますが、本日ご紹介する“m’s braque”もその1つ。

“m’s braque”

-W4B COMFORT LOOSEN JACKET-

COL. NAVY

70,400- (TAX IN)

同ブランドでも定番で展開しているダブルジャケットから、刺子風の生地で落とし込んだこちら。

凹凸のある表情と透け感が春夏らしく、涼しげな生地感に仕上がっています。

4つ釦のダブル仕様で、スタンドカラーとしても着用できるので、生地感からもテーラードジャケットというより、シャツジャケットの感覚の立ち位置かなと。

この生地だからこそ、貝釦との相性も良く、少しリゾートチックな雰囲気も感じ、サンダルと合わせるのもイメージできます。

凹凸がある生地なので、奥行きがあり光の差し込み方で見え方も変わってくる表情豊かな面が魅力かなと。


CREDIT
“FRANK LEDER” -1960’s Vintage Bedsheet Old Style Stand Collar Flap Pocket Shirt- ¥47,300-
“CLASS” -Karachi- ¥53,900-

素材感やデザインがあるアイテムなので、インナーやボトムスも素材感のあるアイテムと合わせても相性が良いですね。

ダブルのジャケットはレギュラーカラーを入れるとかしこまった感じも出るので、生地感からもラフな印象を出すときは、バンドカラーや丸首のカットソーが良いかなと個人的には思います。

-NO COLLAR S1B JACKET-

COL. NAVY

¥85,800- (TAX IN)

デザイナーの松下さんが奄美大島を訪れた際に泥染を見て、そこから泥染をしたいと思い、作られたジャケット。

泥染は世界でも奄美大島のみで行われている天然の染色方法であり、着物好きなら知っている大島袖にも用いられる技法です。

泥染といってもどんな工程かあまり分からないかと思いますので、簡単にこのジャケットに於いての泥染の工程のご紹介を。

1.テーチ木によって茶褐色に染める

泥染は、島に自生するテーチ木をチップ状にすることからスタートします。テーチ木とは海岸近くに自生する常緑樹であり、大気汚染に強く、道路脇に植栽されるのが一般的です。

島の土壌で育ったテーチ木を細かくチップ状にして、釜で2日間程煎じ、タンニンやポリフェノールといった木の成分を抽出します。沸騰と水差しの工程を繰り返し、その後煮出した染料を自然に冷ますことで、発酵を促していきます。そうすることで、少しトロミを帯び、独特のにおいを発した染料が出来上がります。出来た染料を用いて、手作業で糸を染めあげていきます。その際には、酸性の染料を中和する様に石灰水に浸したり、色の濃度を上げていく為に、染料を入れ替えながら、空気に触れさせながら染めていきます。

2.本藍染

今回は中間工程に本藍染というものを入れています。

藍の葉を発酵・熟成させた染料である蒅を突き固めた藍玉の染料を用い、染料に漬け、酸化させる時間を分けながら、色の濃淡を設定しています。

3.泥染

泥田にて、泥に含まれる鉄分とタンニンとを反応させ、泥でコーティングしていきます。この作業を経ることで、茶褐色の糸が黒い褐色へ変化していき、色が安定し、しなやかでツヤがある様になっていきます。

この一連の工程を34回繰り返すことで奄美泥染特有の深みのある色に仕上がります。

作業工程の中で何度も染めることで、色のレイヤーが幾重にも生まれ、化学染料ではなし得ない独特の渋みと深みのある色合いになり、手染めならではの完全ではないことで生まれる温かさや柔らかさ、若干の色落ちやスレなどによって生じるエイジングも魅力です。

色落ちと言いましたが、染めあげる中で水通しを何度も経ているので、製品の状態からは色落ちは殆どなく、日に当たること、着ていくことで、自分だけの一着に仕上がっていきます。

こんなスペシャルな染めを施したジャケットですが、先程のジャケットと同じく刺子風の格子柄で落とし込んでいます。

ノーカラーの一つ釦の仕様で、カッティングや曲線の拘りはそのままに、この生地感を活かすためにも芯地を施さず一枚仕立てにすることで、抜け感のある季節感のある一着に。

衿部分から繋がったシルクの後ろ襟が少し立つことでシルエットの収まりが良く、色気の様なものも感じます。


CREDIT
“mfpen” -LS POCKET TEE- ¥19,800-
“E.TAUTZ” -CORE FIELD TROUSERS- ¥39,600-
“UNIVERSAL PRODUCTS.” -TOMONARIAI LONG LEATHER BELT- ¥22,000-

この生地感のノーカラーのジャケットなので、あまり固くならないように、インナーはカットソーぐらいが調子良いかなと。

まず泥染を施した生地を感じて欲しいです。

-HARLEM PANTS-

COL. KHAKI / BLACK

¥42,900- (TAX IN)

最後は同ブランドの名品といっても過言ではないハーレムパンツ。

今シーズン1LDK AOYAMA HOTELでは、ドライなタッチのポリエステル混のリネン素材とドレープ感のあるレーヨン / キュプラの素材とをオーダー。

股上は深く採り、ウエスト周りにゆとりを持たせ、大胆にタックを取り、裾には多数のダーツを施したワイドテーパードのシルエット。ワイドテーパードと自分で書きながらも、いわゆる想像しているワイドテーパードとは一線を画した独特のシルエット。

ここ近年ワイドパンツが増えてきていますが、そのどれとも被る部分がない唯一無二な存在。ですが、奇を衒っただけでないスタイリングに溶け込めるバランス感が支持を受ける理由でしょう。


CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS.” -CANTON DENIM COVERALL XX- ¥50,600-

KHAKIは、光沢感もあり、光の当たり方によって色味が玉虫の様に微妙に変わり、生地の立ちと落ち感とのバランスが良く、綺麗にシルエットが出てくれます。

ミリタリーライクなBROWNよりのKHAKIですが、シルエットに加えて艶やかな面も持ち合わせているので、無骨な雰囲気を感じさせない仕上がりかなと。

店長は最近CANTONばかりを着ているので、迷わずにそれと合わせていましたが、スニーカーにデニムジャケットというカジュアルな合わせにも馴染んでくれています。

BLACKは、兎に角滑らかでとろとろ。風に靡くだけでなく、歩行時でさえ撓みや皺感、ドレープ感といったものが存分に発揮される一本。

KHAKIとは異なり、生地の落ち感が特徴的なので、リラックス感のある合わせには向いているのかなと思います。個人的には生地がしっかり立つ素材の合わせというよりかは、抜けのあるアイテムとの合わせがオススメです。

素材が変わると同じ型でもこうも見え方が違い、少し用途も変わってくるのかなと。
しっくりくる方で選んでいただければと思います。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

21SS LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL 上田

March 25, 2021, 5:35 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Ueda

半年後のCANTON。

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

1LDK recruit.

色と柄。

アソートの楽しみ方。

SUMMER WOOLな気分

たまには遊んでみても。

イメージを変える一本。

〈BAICYCLON by bagjack〉

ワイドパンツに飽きてきたかもしれない。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

 

先日遠出をした際、デニムの上下で外に繰り出しました。

春になるとなんだか着たくなるデニム。

とはいっても僕だけなのかも、とか思いつつ外を歩いていたら、駅に向かうまでの道のりで三人程デニムジャケットを着ている方に出会い、かつセットアップも数名。

やはり春がそうさせるのでしょうか。笑

 

あほっぽい発言はさておき、秋冬シーズンに買ったCANTONとUNIVERSAL PRODUCTS.のデニムジャケットが、半年経ってかなりいい感じになって来ました。

数回洗ってヘビーに着用して、他のパンツとデニムオンデニムを楽しんでいましたが、なんだかしっくりと来ず。。

似た色味のデニムとはいえ生地感も違えば太さもバランスが悪い。XXの生地なだけに中々手持ちのパンツでは雰囲気が合わなかったので、痺れを切らしてついに同生地のパンツも購入。

これで準備はばっちり。

セットアップでガンガン着用する日々がスタートしています。

“UNIVERSAL PRODUCTS.”

-CANTON DENIM COVERALL XX-

¥46,000+TAX-

“UNIVERSAL PRODUCTS.”

-CANTON WIDE TAPERED DENIM PANTS XX-

¥32,000+TAX-

FRANK LEDERと展示会が同じということもあって取り扱いも過去から長いブランドのCANTON。

展示会でも着用のサンプルをよく見かけることがあって、ここまでいけばかっこいいなあ、、とSTAFF杉村と感動したことを覚えています。

経年変化がある、CANTONと言えばこのコシのある無骨なデザインに重厚なステッチが特徴ですが、ざっくりと想像できているとはいえ、実物のカッコよさは圧巻です。

 

では軽くおさらいを。

“1899年創業のデニムミル、CANTON COTTON MILLSというアメリカ、ジョージア州アトランタの北にある小さな町で創業したデニムメーカーからデニムの生地を輸入してジーパンを製造”。

ここでCANTONが誕生です。

その後、1963年に大石貿易がアメリカのCANTON COTTON MILLS社から生地の輸入を開始し、2年後の1965年からCANTONとして日本生産を行い、日本のマーケットに参入。

日本初のジーンズブランドとして名を轟かせます。

しかしながら、人気とは裏腹に消滅。。

その後長い月日が流れ、2003年に豊島株式会社がCANTON”の商標権を獲得し、今までの復活に向けてチームが結成されます。そしてまた5年、2008年にCANTON OVERALLSとして復活を遂げ、それが今のCANTONになります。

 

LEVI’Sと並ぶほど老舗ともいえるブランドですが、二極と言ってもいいくらい対照的。

まず生地は先程も言ったように重厚。

ザラっとした質感からはその丈夫さが見て取れること、というのもゆっくりと、時間をかけ、先進的になってきている今の時代ではありますが、非常に効率の悪い織り方をしており、一台の織り機で、1日に織れるのは20―30mという効率の悪さ。

“テンションをかけずにざっくりとゆるく、極端な話、手で織ったくらいのイメージ”(佐藤健二さんのインタビューより)

そうして織られた生地は、CANTONにしか出せない風合い、ここからの色落ち、程良い硬さが生まれます。

TALONファスナーやSCOVILLリベット等僕たちの身近でも聞いたことのあるものを本場アメリカから輸入。UNION SPECIAL社製のミシンで拘り抜くことで、日本の先駆的なブランドに。

それが今のCANTON OVERALLS®です。

 

 

おさらいと言いつつ長くなってしまいましたが、これほどにスペシャルな生地ということ。

そしてこの生地を別注として使わせていただいたのはUNIVERSALのみという、、なんとも光栄であり、そんなアイテムを1LDKで別注させていただいたことは本当にうれしい限りです。

タフな印象のあるXXを、UPらしくクリーンに。

ジャケットはややルーズに、着丈は少し短く。パンツはワイドながらもテーパードにした綺麗なシルエット。

通常のものだとワーク感が強すぎて性に合わないかなあ、、と思っていたところだったのでその時の気分もあって購入に至ったという訳です。

 

洗濯はジャケット2回、パンツ1回。

最近買ったばかりのパンツと比べると分かりやすく比較できる程に。

一度飲んでいるときに着ていたので知らないうちに部分的なアタリが出ていましたが、それも個人の味として、誰とも被らない自分の生活習慣が反映されていると考えると、何だかかわいらしく感じます笑

ちなみにこちらがそのアタリ(傷)。

大きめに着たくてサイズは3を購入しましたが、例によって初めは肩が大きく見えて、綺麗に落ちないことでしっくりと来ないかもしれません。

ただ、洗濯して、水を通せばだいぶ柔らかくなり、悩みも解消できるはず。

もし気になるようであれば購入後とりあえず洗濯機にイン。乾いて着用して、その次も帰宅してすぐに洗濯機にイン。

そんなルーティンをしていっても良いかもしれません。今ではそのルーティンが楽しくなっている自分がいます。

洗い方は特に指定はなく、他は入れず一点のみで洗濯機を回し、一気に変化を出し過ぎたくない方は裏返して洗うのもよさそうです。

参考までに、僕は頑固洗いで2度回しました。

すると表面が少し毛羽立ち、徐々に色が落ちてきます。

さらに面白いこととして、縫製糸も綿糸を使用しているので、他のデニムのポリエステルでは見れない、縫製糸の色落ちも見込めます。まだまだそんな気配は見られませんが、それを知って、より数年後を楽しみにヘビーに着用してこうと思える1着になりました。

縮みに関して言うと、体感ではそこまで大きな差はないように感じています。柔らかくなったことで襟のロールやちょっと着丈が短くなったかな、と感じるくらいかと思いますが、個人差はあるので完璧に参考にはしないでください。。

洗ってもメリットしかないので、デメリットは考えず着倒してほしいと思っています。

ヴィンテージのビックマックくらいまでいけばいいなあ、という安易な考えではありますが、2年後くらいにはここまでいけたらいいなと淡い期待を持っています。

かなりヘビーに着たサンプルなのでまだまだ先は長いですが、実際どんどん愛着が湧いてきているのも事実。

正直初めはデニムジャケットが欲しかった。

だけの理由でしたが、分かりやすく気に入って着用回数がとてつもなく増えました。

今では色落ちした状態を、都度うちのスタッフに自慢する日々です。笑

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

21SS LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL 木下

March 24, 2021, 8:27 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up

〈BAICYCLON by bagjack〉

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

1LDK recruit.

色と柄。

アソートの楽しみ方。

SUMMER WOOLな気分

たまには遊んでみても。

イメージを変える一本。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

都内では、2か月半ぶりに緊急事態宣言が解除されました。

身の回りで特にコレと言って変わったことはないのに、何となく開放的な気分になってしまいそうで、気を抜けません。

街に出ている人も心なしかいつもより多く、どことなく賑わいが戻っているような。

桜の開花、入学式、新生活、、、

そんな季節の変わり目、かつ自粛ムードの緩和とくれば、何か買い物でもしたくなります。どこかに出かける用のバッグなんか、、、

〈BAICYCLON by bagjack〉

ベルリン発のハンドメイドバッグブランド、青山でも馴染みのあるbagjackのセカンドライン。

bagjackをカスタムメイドとするなら、今回のBAICYCLONはレディメイド(既製品)という位置付け。

素材やカラーのバリエーションを制限することにより、コストカットを実現。耐久性、防水性、機能性、拡張性をを追求したbagjackのデザイン哲学を受け継ぐ、手頃な価格のバッグを提供しています。

要約すると、オーバースペックな部分のギミックを省き、デイリーユースに適したちょうど良い実用性・コストで提案するイメージです。

まさに、新しく何かを始める季節にピッタリな、手に取りやすいバッグという訳です。

“bagjack”

– BAICYCLON –

¥15,000+TAX-

どうでしょう、無駄を排したスッキリなシルエットに大振りなサイズ感。そしてこの価格。

大変実用的で現実的な提案ですよね。

勿論メインラインのbaglackからは、しっかりとデザインを引き継いでいます。

デイパックとしては少し大きめのサイズ感で、15インチのPCも楽々収納できる大容量です。メインコンバートにはしっかりとマチ幅があり、かなり色々なものを収納できそうです。

前面のファスナーと背面側の止水ファスナーの両方から、内部にアクセス可能。荷物を詰め込んでいても、スッとスムーズに欲しい物だけを取り出せます。

外側には、デイパックらしさ溢れるフロントのポケットと、ファスナー付き/オープントップのデザインが異なる両サイドポケット。細かい収納も完備しているので、バッグ内で小物が散らばるストレスを経験することもないでしょう。

素材は、テフロン撥水コーティング加工が施されたコーデュラナイロン。

ちなみに、加工の程度で大小はあるものの、テフロン加工の効果はこんなにあります。

・耐熱性
・耐極低温性
・耐燃焼性
・耐薬品性
・非粘着性(離型性)
・低摩擦性
・電気絶縁性
・低誘電性
・耐紫外線特性

とてもタフで、使用時の快適性を外的要因に左右されることはありません。

メインコンバートは全面裏地付きで、防水性を高めるとともに、ベタつきやすいコーデュラ裏側のPUコーティング面を隠す配慮が施されています。ココがこうだったら良いな、を叶えている気の利いた作りです。

背面とショルダーストラップはパッド入りなので、上下のストラップで最適なポジションに調整可能。本体とのジョイント部には、bagjackでもお馴染みの180度回転するバックルを使用しているので、背負った際にも自然なリラックスフィットに近づけてくれます。


CREDIT
“mfpen” – CARLESS COAT – ¥43,000+TAX-

着用時のサイズ感は少し大きく、アメカジの要素も感じさせる安定感のあるシルエットです。

ただ、各パーツを見ても直線ではなく丸が多いデザインなので、視覚的には小さく纏まりのあるように見えます。

荷物量が多くても、底部のマチがフォルムをしっかりと残しているので、型崩れの心配も少なくて済みそうです。内側の収納ポケットも使い勝手の良い規格サイズが揃っているので、日常的にパフォーマンスを発揮するでしょう。

日常使いをイメージしやすい、本格派のセカンドライン。

提案のベクトルを少し変えることで、bagjackの実用性・使用感の水準は落とさずに、余白を削りコストカット。新生活にうってつけなバッグです。

お出かけの予定がある人もそうでない人も、ちょうど良いタイミングなのでバッグの買い替えにいらしてください。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

21SS LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL 杉村

March 22, 2021, 7:56 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Sugimura

イメージを変える一本。

 

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

1LDK recruit.

変わらないもの。

ないとあるのとでは大きな違い。

色と柄。

アソートの楽しみ方。

SUMMER WOOLな気分

たまには遊んでみても。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

 

昨日から天気予報で雨とは聞いていたものの、なかなかの降水量というか、、風も相まって嵐のような天候に驚愕でした。

青山の距離だと洋服も雨でやられてしまっていた方も多いですが、こんな日にも沢山のご来店ありがとうございました。

 

さて、最近小言でうちのSTAFF木下羅生が、洋服の雰囲気を変えたい、とよく言っています。

確かに普段からいつも似たようなスタイリングをしているので、じゃあパンツを変えてみたら?

ってことで本日はイメージを変えるためのパンツを数点ピック。

僕や杉村、上田は派手なものを好む傾向にあり、たまにデザイン性の強いパンツやカラーパンツにも手を出しています。

幅広くピックしたので、気になるものがあれば幸いです。

 

それではまずシチュエーションに応じて選びたいパンツから。

“I”

-ALL WEATHER PANTS-

¥25,000+TAX-

本日のような天候にぴったりな全天候に適応したナイロンパンツ。

ウエストはベルクロ、裾にもベルクロが施されているのでシルエットも気分で調整可能です。

自転車乗りや、私生活がアクティブな方には、天候は関係無く日常に取り入れていただけると思います。

スウェットのようなグレーはスタイリングで悩むこともないので、比較的取り入れ易い。淡いパンツをお探しの方に。

“UNIVERSAL PRODUCTS.”

-PIQUE EASY PANTS-

¥18,000+TAX-

UPより毎シーズン展開されているピケシリーズにパンツが加わりました。

自宅で過ごすことが多い方にはこれ。スウェットとは異なる通気性の良い鹿の子素材を使用しているので、ON/OFF問わず使っていただけるパンツです。

イージー仕様で裾には絞りが入っているので、所謂スウェパンの部類に属してきますが、裏毛があったり厚手なのがストレスに感じてしまう方に選んでもらいたい夏用のスウェパンのような位置付け。

“CLASS”

-Karachi-

¥49,000+TAX-

先程のUPのパンツと近い雰囲気ながら全く異なる仕上がりのパンツはCLASSから。

こちらもスウェットパンツのようにリラックスムードが漂う仕上がりで、今回はそこにシュリンク加工を施した表情豊かなデザインとなっています。

ヘビーに着用しても取れない加工によるシワ感は、スタイリングを格上げしてくれます。

裾は絞り、ウエストは紐がないイージー仕様。

汚れても洗っていただけるのが魅力のウルトラスエードのパンツ、いつかゲットしたいと思いつつ今です。。

これさえあれば、在宅も夏場も快適に過ごしていただけるはず。

 

続いては飛び道具として使いたい、デザインのあるパンツをご紹介します。

“CLASS”

-Arawak-

¥53,000+TAX-

時々展開されるミリタリーモチーフのパンツ。

最大の特徴は膝付近のウルトラスエード、全体のボディとのギャップが物珍しく、最も負荷がかかる膝部分だからこそ、手入れがし易いのも嬉しいポイントかと。

先程のパンツ同様ウルトラスエードは水洗いが可能なので、汚れても部分的に拭いたりすればある程度は軽減していただけます。逆にどんどん白くなってスレていくのも良い気がしていますのでそこはお任せします。

右にポケット、左腿にもポケットを配置し、ベルトレスなワイドパンツ。

軽装になってくるこれからの季節に使いたいパンツではないでしょうか。

 

こういったデザイン性で見せていくのか、はたまた、、

“FRANK LEDER”

-TRIPLE WASHED THIN COTTON 2TUCK EASY PANTS-

¥48,000+TAX-

カラーでいくのも良さそうです。

カラーパンツと聞くと皆さん懸念しがちなところもあり、うちも洋服屋としてはシンプルなお店なので探している方も少ないかもしれませんが、

個人的にグリーンやレッドのパンツを穿いていて、次に買うならマスタードか、、と勝手に考えていたので今回オーダーしました。最も、メインとしてはフランクのカーキのコートやシャツに合わせていただきたいという名目です。

トリプルウォッシュのシリーズはシャツのように軽く、夏場のリネンのような位置付け。

イージー仕様で、所謂リラックスパンツですが、スウェットやナイロンのようにカジュアルすぎる雰囲気にしたくない方には最適かと思います。

STAFF上田も購入を検討している様子で一緒に話していましたが、色物の中では最も合わせ易い。という結論に至りました。

“SCYE”

-nylon and linen blend twill pants-

¥43,000+TAX-

イエローの次はロイヤルブルー。春夏の清涼感を存分に感じられるリネンにナイロンを混紡した特殊な混率のパンツです

ブランド特有のきついテーパードを効かせた美しいシルエットは、ローファーやスリッポンのようなソックスが少し見えるくらいのバランスに好相性。

リラックスなムードなのに、光沢もあり、センタークリースも相まってしっかりとして見える、夏用のドレスパンツ。

気分ですが白と合わせて欲しいので、白ティーに合わせるパンツとして選ぶだけでも今夏の登場頻度は非常に高くなりそうな気がしています。

“m’s braque”

-HARLEM PANTS-

¥39,000+TAX-

こちらも一本でスタイリングのイメージを変えられるパンツ。

エムズのハーレムパンツは継続的に毎シーズン取り扱っていますが、デッドの生地や色など毎回雰囲気をガラッと変えてくるので見ていて飽きません。

キュッと絞られたウエストからバルーン調の曲線を描いたレディースライクなシルエットで、裾にはダーツで絞りを入れた変化のあるパンツに仕上がっています。

今回の生地はポリエステル混のリネンを使用し、リネン特有の超ドレープではなく、ややタフな印象を感じるハリのある表情に。

タックインで見せることでよりパンツとして生きてくるので、一本持っておくと非常に便利だと思います。

“FRANK LEDER”

-VINTAGE BEDSHEET DRAWSTRING PANTS-

¥48,000+TAX-

ヴィンテージのベッドシーツを使用したシリーズに、今回オリーブが加わりました。

ピックしたのはイージー仕様のタックワイドパンツ。

適度にミリタリーの雰囲気が漂う、かといって無骨すぎない品のあるパンツです。

ベージュじゃない、白でもないなあ、、でも淡いパンツが欲しい時に。

まだまだ既出感のないカラーであり、デザインが至ってシンプルであることでごちゃっとした軍パンとはまた違った印象を出してくれます。

さらに着用することでどんどん色味も変化し、自分だけの愛着のある一本に。

 

10本くらいで良いかな?と言いつつ少ない気もしていましたが、こうやって文字を書いていると結構型数が多くてびっくりしています。笑

それでは続きまして、ワイド部門です。

“UNIVERSAL PRODUCTS.”

-NO TUCK WIDE DENIM PANTS-

¥24,000+TAX-

継続的に展開しているノータックシリーズのデニムパンツ。

ズドンと落ちるストレートのワイドシルエットが最大の特徴です。

僕たちスタッフの所有率はおおよそ100%、一本買ってまた違うカラーを買ってを繰り返し、気づいたらこればかり穿いていた、とそれ程に病みつきになるパンツ。

サイズによってジャストで着用するのかワンロールするのかを選んでもらえるので、ロールしたい方はワンサイズアップをお勧めします。

“STUDIO NICHOLSON”

-SORTE-

¥43,000+TAX-

ニコルソンの代表的なパンツとも言えるボリュームパンツ。

今シーズンは暗めのチャコールが新色で登場です。

鋭いタックにワイドシルエット、テーラードが背景であることでタックインをすることを最善と見たキュッと絞られたウエストが美しい仕上がりです。

こればっかりはうちでも幾度となくご紹介しているので省きますが、非常に万能なワイドパンツ。まだお手元にない方は一度着用してみることを推奨致します。

 

それでは最後にあと一本、ご紹介させてください。

“stein”

-two tuck denim trousers-

¥36,000+TAX-

スラックス調のシルエットにブラックデニムを落とし込んだデニムパンツ。

ここ数年人気を高めてきているブラックデニムですが、501やシルバータブ等、ストレートやワイドばかりが目につくところ。

steinらしいすっきりとした品のあるシルエットで、シャツをタックインしてきっちりとしたスタイリングで合わせたいと思わせてくれる綺麗なデニムパンツです。

 

 

以上12本。

今青山ホテルではパンツが充実しております。

ガラッとイメージを変えるのであれば、トップスよりもパンツから変えるのが良いかもしれません。夏場になればティーシャツのローテを繰り返す日々も待っているので、パンツが沢山あることで飽きのこないスタイリングを楽しめるはず。

イメージを変える一本、まだまだ沢山ございますので、来週からもご来店お待ちしております。

 

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

21SS LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL 木下

March 21, 2021, 6:54 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up

アソートの楽しみ方。

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

1LDK recruit.

40’s-WW2→2021

渋谷から富ヶ谷を約3往復。

60’sのベッドシーツ。

変わらないもの。

ないとあるのとでは大きな違い。

色と柄。

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

洋服に魅力を感じる瞬間、

僕たちが感じる瞬間は勿論展示会の時、その次に半年後に納品された時。

消費者目線で言えば、店頭で洋服を見た時、SNSで写真を見た時。

新たなものに出会う瞬間は誰しも高揚を抑えきれない、僕達バイイングする目線としては、最もアドレナリンが放出される、いわば醍醐味。

“BLESS”

-the Novembe Aknitter-

¥111,000+TAX-

BLESSの古着を再構築したアイテムは、ブランドの中でも代表的なアイテムです。

古着のデニムやシャツ、ニットをドッキングしたデザインのもの等、BLESS独自の解釈で現代のマーケットに蘇らせ、新たなアイテムとして作り変えたアプローチ。

今回はスポーツジャケット。

個人的にも好きなジャンルで、今気になっているスポーツミックスなアイテムをチョイスしました。

主なポイントはニットのドッキング。

前身頃の両側、バックの全体をくり抜き、そこをニットでつなぎ合わせることで洋服として成立させたデザインです。かなりアバンギャルドですが、思いつかない程面白く、他にないことで手に取りたい、と感情を逆撫でされてしまいます。

 

で、冒頭の続き。

-古着のデニムやシャツ、ニットをドッキングしたデザインのもの等、BLESS独自の解釈で現代のマーケットに蘇らせ、新たなアイテムとして作り変えたアプローチ-

古着の〜とあるように全てがアソート。

展示会で見てオーダーして、届くまでのお楽しみというわけです。そのため一点ものであり、ジャケット自体のベースもどこのブランドか特定するには非常に難しいので自分だけの特別な一着となる材料が揃っていると言えます。

今回ベースとしてお願いしたのが黒。どこの部分でもいいので大まかなカラーリングをブラックが占めているものをお願いしたところ到着したのがこちらです。

70-80’sでよくある古着のスポーツジャケットは、カラーも奇抜。故に今の時代に着用すると全面的にスポーツ感が出てしまうのも、自分は着ないと思ってしまう原因になっていると思います。

なんでこの配色?なんでこの切り替え?

みたいな感じで疑問も溢れるほど出てきますが、ここまでの種類があると、世界を探しても流石にわかる方も少ないでしょう。。

ガンクラブチェックやリバースウィーブのように大学それぞれの特有の柄やカラーがあればいいのですが、タグも切り取られ、参考となるのはジップのみ。ですがすみません、わかりませんでした。

でもそれもまたご愛嬌。

聞いてみるとベースに使われるのはadidasとかもあるんだとか。

ただ結構派手、想像するところのスキージャケットのようなテンションでしょうか。時代の雰囲気をしっかりと感じ取れるような、雑誌”STREET”の初期の方で出てきそうなアレです。

 

結果的に言うとこの仕上がりは完璧。今までアソートで、まじかwなんてなったことはないですし、おそらくどんなものが来てもかっこいいのが僕の中でのBLESS像ですが、

好みにぴったり、スタッフ全員満場一致でかっこいい!と箱を開けた時の高揚感は半端なかったです。

お店の中にあると他もシンプルなものが多いので異彩を放っているようにも感じますが、僕らの感覚とは言え、着易いです。

ジャンルを全面に、とはならず、元々の目的がファッションなので、後付けでスポーツというジャンルを付けた、という感覚。だからこそスタイリングに溶け込んでくれます。


CREDIT
“mfpen” -EXACT SHIRT- ¥27,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS.” -SUMMER WOOL CARGO PANTS- ¥28,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS.” -LORO PIANA CAP- ¥14,000+TAX-

他を極力シンプルに。

ただ合わせるアイテムとして強過ぎないものであればなんでも相性は合うはずです。

綺麗目なシャツ、キャップ、ちょっと横ノリで着崩してみるのも理想的かなと。

ブランドも元々ユニセックスでサイズはワンサイズ、女性にも着てもらいたいのが本音ではありますが、青山も中々入り辛いそうで、、距離もあってメンズスタッフが多いこともあってそれは当たり前ですね。

ただ、僕らの提案していきたいのは全体的にユニセックスで使えるアイテムが主。

上手く着こなしてくれる方、ぜひお待ちしております。


CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS.” -PIQUE L/S T-SHIRT- ¥16,000+TAX-
“mfpen” -BIG JEAN- ¥24,000+TAX-

以前のイズネスのトラックジャケットもそうでしたが、トラック系にはなんとなくデニムを合わせたいところ。

けれど本当になんとなくです。このアイテムに関してはもう正解もクソもないので、思い思いのスタイリングに取り入れてみてください!

“BLESS”

-the Novembe Aknitter-

¥111,000+TAX-

値段も中々なので、手が出ないなんて方も勿論いらっしゃるかと思います。

僕としても欲しいのは山々ですがいますぐは厳しく、、僕にとってはかなりバッドタイミングでの入荷だと思っています。しかも一点のみ。

ブランド自体全体的に価格設定は高めなので今更そんなことも考えていられません。

 

けれどそれでも欲しいと思えるのは、もう買えないかもしれないという特別感。

アソート、一点のみという、これも特別感。

そして、これ程の一品に他では出会えない、これからも出会えないということ。

それに他なりません。

 

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

21SS LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL 木下

March 18, 2021, 8:39 PM

Category: Blog Kinoshita Kobayashi Pick Up Sugimura