titleORIGIN UNITED KINGDOM -E.TAUTZ 17A/W- vol.1

 

 STAFF WANTED

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

本日も引き続きSTUDIO NICHOLSONの紹介を。
と、思ったのですが、E.TAUTZの一便がようやく届いたので、そちらの紹介を始めます。

店頭でも、Blog上でも同時進行にてお楽しみいただければ幸いです。

 

 

レディースコレクションを発表する中で確立された機能美への探求と、英国人ならではの天然繊維への拘りから生み出されるコレクション。

上品で都会的なアプローチ。

かつイギリスならではのカウンターカルチャーを根底に感じるユーティリティーウェア。

温かみのある天然繊維が生み出すアースカラーと、表情豊かな黒の素材感のコントラスト。

PHOEBE ENGLISH

ORIGIN / UNITED KINGDOM -PHOEBE ENGLISH- vol.1

ORIGIN / UNITED KINGDOM -PHOEBE ENGLISH- vol.2

 

 

ただ単純にマニッシュさを追求するだけでなく、女性の体型をベースに構築し直したパターン。

ジャストサイズで着ても、オーバーサイズで着てもハマるバランスの良さ。

テーラードアイテムだけでなく、ワークやミリタリーといった男性的アイテムをニコルソンのフィルターを通してリリースされたアイテム。

メンズウェアをベースにレディースウェアを提案し続けてきたデザイナーが送る、男性に向けたメンズウェア。

STUDIO NICHOLSON -MENSWEAR-

STUDIO NICHOLSON -MENSWEAR- AW17/18

STUDIO NICHOLSON -MENSWEAR- AW17/18#2

STUDIO NICHOLSON -MENSWEAR- AW17/18#3

 

 

サヴィル・ロウ老舗ブランド:NORTON&SONSが持つ正統なルーツの上に、
現代の洗練された解釈を加え、世界の注目を浴びているデザイナー:Patrick Grantのプロデュースするブランド、E.Tautz。

E.TAUTZ

E.TAUTZ 2017S/S

E.TAUTZ 2017A/W

 

一言でイギリスをルーツに持つブランドと言うと簡単ですが、特徴も色もアプローチも様々。

僕達が日々お送りしているブログの写真からでもお伝えできているかと思います。
ただやはり、それは実際に着比べて実感していただきたいです。

 

1LDK AOYAMA HOTELで用意しているイギリスに起源を持つブランド。
残すデリバリーはS.E.H KELLYのみとなりました。

ここから更にペースを上げます。
それぞれのブランドの特色の差を是非お楽しみ下さい。

それでは本日はE.TAUTZからこちらの紹介を。



E.TAUTZ LONG SLEEVE T-SHIRT ¥26,000+TAX-

ふんわりとしたウール地のロングスリーブカットソー。
柔らかな生地感と、ゆったりとしたバランスから生み出されるドレープがE.TAUTZのカットソーらしさを主張する一枚。

ヘリンボーン織りのカジュアルな印象が、上品ながら様々なコーディネートに活用できる汎用性を秘めたアイテム。

カラーはNAVY/BROWNの二色で用意しています。

NAVY COLOUR

BROWN COLOUR


何も考えずにとりあえず着てみても格好が着く、ある意味完成されたアイテム。
ウール地の落ち着いた風合いが、全体的に上品にまとめてくれます。

あれこれ説明しなくても、とりあえず着てみると自然に「いいものだな。」とお分かり頂けるはず。

ゆったりとしたバランスを活かして、タックインしてジャケットと合わせてください。
シャツとも違う、ニットとも違う、全体的にリラックスしつつもカジュアルになりすぎないこのバランス。

オススメです。

 

次はE.TAUTZのコレクションの中でも定番的立ち位置であるデニムの紹介を。




E.TAUTZ CORE CHORE JEAN ¥34,000+TAX-

先シーズン用意していたCORE FIELD JEANがワタリからストンと落ちるストレートシルエットだったのに対し、
今季取り扱うCHOERE JEANは緩やかにテーパードの効いたシルエット。

E.TAUTZらしい構築的で上品なデニム。

トラウザーズ型の大人な印象の中にあえて残した5ポケットのディテールがコミカルに映える一本。

深い股上、ゆったりとしたヒップライン、ワタリから入るテーパードが生み出すシルエットが特徴的です。
その特徴を存分に楽しみたい方はレングスを直されてみてはいかがでしょうか。



太めのロールアップで、マスキュリンな印象を楽しんでみても◎
構築的で上品な印象でも、デニムはデニム。

気取らずにいつも通りに穿いてみて下さい。

一般的なデニムと同じ様な履き方をすると、このE.TAUTZのデニムの良さがより伝わるはず。


上品なニュアンスを存分に感じさせつつも、男らしさを感じるデニム。
着丈の短いすっきりとしたバランスのブルゾンとの相性は抜群です。

 

明日もまた引き続きE.TAUTZの紹介を致します。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kawakami, Pick Up, Toshiya | コメントは受け付けていません。

titleSTUDIO NICHOLSON -MENSWEAR- AW17/18#3

 

STUDIO NICHOLSON -MENSWEAR- AW17/18

STUDIO NICHOLSON -MENSWEAR- AW17/18#2

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

E.TAUTZのデリバリーが当初の予定よりも少し遅れている一方で、STUDIO NICHOLSONの2便が到着したので引き続きSTUDIO NICHOLSONの紹介を。



STUDIO NICHOLSON “CARBON OVERSHIRT” ¥59,000+TAX-

個人的に今期のニコルソンのアイテムでダントツにお勧めしたかったアイテム。
ですがもう既に店頭分の1枚しか無いので、ある内に紹介します。

創業1837年。
ヨークシャー地方の伝統的なミルであるMOONの生地を使用しています。
前職の上司が持っていたクラブストライプのスーツがとても印象的で、どこの生地か見てみるとMOONの生地でした。

トラディショナルな重厚感ある生地においても、芸術的かつ装飾的な生地においても、上質さと羊毛ならではの暖かな質感の残る生地を作るミル。

 

メランジ調のウール生地が暖かみのある表情を醸し出す一枚。
大きなバランスで取り付けられた胸ポケットがよりアイテムをアウター面させるので、中さえ着込めばアウターとしても。
シーズンを通して長く着られるアイテム。




身幅のバランスはインナーを抑えつけない程ゆったりとしているので、着丈の長いシャツやリブのテンションが強いニットなどを合わせても◎

一枚でさらっと羽織っても、他のアイテムとのレイヤーも楽しめます。

梳毛系のさらっとした質感。
コットン素材のアイテムとも、秋冬らしい生地感のあるアイテムとの合わせでもうまく溶け込んでくれます。


同素材のパンツと合わせてカジュアルなセットアップとしても。

ゆったりとしたバランス、しなやかなウールの質感を是非お楽しみください。



STUDIO NICHOLSON “BANNER PANTS” ¥57,000+TAX-

こちらはCARBON OVERSHIRTと同素材のパンツ。

落ち感のあるウールの強みを活かした、上品なアイテム。


BONSAI PANT/BARI JEANと同様に非常に深い股上特徴的なパンツです。



この生地の特徴を活かすために、腰位置を少し落としてハーフクッションをつけたコーディネート。
もちろん腰位置を上げてすっきりとしたバランスで履いても良いかと思います。

トップスにツィーディなウールのアイテムを持ってきても、あまり表情の無いコットンのアイテムなどを持ってきても上手くバランスを取ってくれる器用なパンツです。

 



STUDIO NICHOLSON “SHAG KNIT” ¥49,000+TAX-

カシミア混紡のウールの軽い着心地、発色の良いカシミアの特徴を活かしたクルーネックニット。
このニットはとにかく色味が良かったのでオーダーしました。

“SHAG KNIT”という名の通り、シャギーな毛足の長いふわふわとしたニット。
この絶妙に野暮ったい風合いを、カシミアの上品な質感が上手く抑え込んでいます。





合わせる色によって表情が変わるバーガンディ。
暖かで発色の良いマンゴー。

どちらもオススメです。
今まで取り入れた事の無い色も、カシミア特有の上品な発色であれば自然と手が伸びるはず。

次のBlogではSTUDIO NICHOLSONのアウターを紹介する予定です。

 

おかげさまで徐々に商品も店頭から姿を消しつつあります。

気になる方はお早めにご試着にいらして下さい。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kawakami, Pick Up, Toshiya, Watanabe | コメントは受け付けていません。

titleTEATORA “SOLO MODULE”

 

STUDIO NICHOLSON -MENSWEAR- AW17/18

STUDIO NICHOLSON -MENSWEAR- AW17/18#2

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

毎シーズン素材とパターンに改良を加え、より都市生活者に向けた的確なアプローチを続けるブランド:TEATORA。

先シーズン発表された“SOLOTEX”というTeijinの科学力によって開発されたファブリックを使用した”FULL FLAT”シリーズは、瞬く間に店頭から姿を消しました。

その人気の理由は、360度に伸縮する素材の凡用性の高さと、カシミヤを上回るというしなやかで滑らかな着心地を体感した方ならきっと頷けるでしょう。

このストレスフリーな着心地と裏腹に、いかなるシーンでも活躍する振り幅の広さ。
是非皆様にご体感いただきたいと思い今シーズンもオーダーしています。

“FULLFLAT”という名称は特許を申請する都合上、今シーズンから”SOLO MODULE”という名に変わり登場します。

 

都市生活者に向けた快適なセットアップ。

 




TEATORA WALLET JACKET “SOLO MODULE” ¥60,000+TAX-

用いる生地だけでなく、そのパターンにもこのジャケットの着心地の良さが隠されています。

脇下から下の大きく伸びるポケット、これがある為に腕の動きが制限されそうですが、ジャケットの脇にはガゼットの様にステッチが入り可動域を確保してくれています。

目立たない位置に大きくとられたポケットにより、ジャケットは一層スタイリッシュな仕上がりに。




WALLET PANTS OFFICE “SOLO MODULE” ¥34,000+TAX-

毎シーズン、定番としてリリースされるウォレットパンツ。
1LDK AOYAMA HOTELでは一番細身のタイプをオーダーしています。

OFFICEと名付けられたこのスリムな型のみ、タックインした際の印象をよりスマートにするためにドローコードが内側に隠されています。

仕事でかっちりとした格好をしないといけない、スーツまではいかないけど、コットンのジャケットとパンツだとカジュアル過ぎるという方には最適なセットアップ。

もちろんそれぞれ単品使いでも合わせやすいので、1着持っていると重宝するはず。





WALLET JACKET/PANTSの特徴の一つでもある、それぞれに付属するコンシールファスナー付きのポケット。

普段使いや旅先、いかなるシーンでも活躍する理想的なディテール。

デザインがゴチャゴチャせずにすっきりと見えるのも好印象です。



一見スポーティな面構えながら、落ち着いた魅力を見せるCARBON GRAY。

上品な印象と、素材感のギャップが趣深いNAVY。

是非店頭でお試し下さい。

 

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kawakami, Pick Up, Toshiya, Watanabe | コメントは受け付けていません。

titleSTUDIO NICHOLSON -MENSWEAR- AW17/18 #2

 

STUDIO NICHOLSON -MENSWEAR- AW17/18

STUDIO NICHOLSON -LADYSWEAR- AW17/18

STUDIO NICHOLSON -LADYSWEAR- AW17/18#2

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの渡邉です。

昨日に引き続きSTUDIO SICHOLSONを。
本日はMENSWEARです。

1LDKで取り扱いのあるレディースブランドで欠かせない存在。
2017AWからMENS COLLECTIONが立ち上がると聞いてから入荷を楽しみにしていたブランドです。

メンズウェアをベースに女性らしく再構築したアイテムの多くは、男性が見てもたくさんの魅力を持っていました。
ただ、やっぱり細かなディテールは女性らしく計算されていてました。

レディースウェアを提案してきたデザイナーが手掛けるメンズウェア。
イギリスのブランドが盛り上がりを見せる昨今、当然ながら気になります。

前回のMENS編では、定番ともいえるBRIDGE PANTSをご紹介しました。
パンツと言えば忘れてならないアイテムがまだまだあります。

STUDIO NICHOLSON “BONSAI PANTS” ¥39,000+TAX-

BRIDGE PANTSにも使われていたピーチ加工を施したしなやかな生地。
打ち込みのしっかりとしたタフなコットン地です。

裾にかけて絞られたテーパードシルエットが、大きく取られた腰回り/深い股上/2タックでさらに強調されています。
これらのディテールを活かして、腰位置を高くしてギュッとベルトで絞って穿くのがオススメ。


CREDIT
m’s braque “CHINA TYPE MA-1″ ¥82,000+TAX-

深い股上とすっきりとしたレングスを活かして、ルーズなブルゾンと合わせると良さそう。
特徴的なウエストのディテールを活かしてインナーはタックインすると丁度良いバランスに。

ウエスト位置を高くしての着用ですが、もちろん通常の腰位置で穿いて頂いて、コンパクトなトップスとの合わせも◎

STUDIO NICHOLSON “BARI JEAN” ¥49,000+TAX-

もう一型は5ポケットのデニムパンツ。
BONSAI PANTSとは対照的に浅い股上です。
すっきりとしたテパードシルエットとレングスがカジュアルなデニムパンツを洗練された印象に。
通常の5ポケットのデニムパンツとは異なり、コインポケットとバックポケットを両玉縁の仕様で仕上げています。
こうすることで、よりカジュアルさが軽減されているように感じます。

デニム好きならついつい気になってしまう生地ですが、15OZの肉厚なデニムを使用しています。
Blackhorse lane ateliersという今シーズン日本に上陸したブランドも手掛けるイギリスのアトリエで生産されているそう。
地元の職人技術を大切にし、継承もされている徹底的な拘りを持ったアトリエです。
生産工程を一つのアトリエに集約する程ストイックさを持っています。

つまり純イギリス産のデニムパンツと言えるのが、こちらのBARI JEAN。


CREDIT
BLESS “WORK COAT” ¥189,000+TAX-

細身ですっきりとした腰回りを活かして、ウエスト位置を高くする事でルーズなトップスをバランス良く見せてくれます。
長いオーバーコートを、こういったすっきりとしたレングスのパンツでシルエットを整えてあげると◎

昨シーズン、オーバーサイズのコートを買った方には丁度良いはず。
今シーズンのコートこそオーバーサイズと思っている方は、先にパンツを揃えておくのも良いかもしれません。


CREDIT
m’s braque “CPO SHIRT JACKET” ¥69,000+TAX-

コートだけでなく、ブルゾンとの相性も間違いありません。

デニムパンツの代表的な501のようなシルエットではないからこその汎用性の高いアイテムです。
男臭いアイテムと合わせてほしいシルエット。

そうすることで、このデニムの良さが際立ってくれるはず。



STUDIO NICHOLSON “CRITICAL SHIRT” ¥43,000+TAX-

パンツだけでなくシャツもご用意しております。

紳士服には欠かせないシャツは、ウール/ナイロン/ポリウレタン混紡の一枚。
繊細でとろみのある生地の肌触りがうれしい仕上がり。
大きめの胸ポケットへ目が行きがちですが、この生地の混率から生まれる落ち感が最大の魅力です。


CREDIT
PHOEBE ENGLISH “PEG LEG TROUSERS” ¥47,000+TAX-

BONSAI PANTS、BARI JEANのスタイリングでインナーとして使用しています。
スタンダードなディテールはインナーとして間違いなく活躍してくれる優れたアイテム。
一枚で着用した時に、この生地の良さが目に見えて伝わってくるはず。

前述した通り、ウールを使用した生地の落ち感が絶妙です。

ウールの混率が高いシャツなので、羽織としても活躍してくれます。
メンズウェアの様々なアイテムを再構築したレディースウェアを展開していた経験から、生み出される比較的ベーシックなアイテムのバランスは見事です。

 

女性らしく再構築されたSTUDIO NICHOLSONのレディースとはまた違ったアプローチのメンズウェア。
レディースと対照的なアイテムが多く見えがちですが、一度着てみるとその違いがわかります。

単純にサイズを大きくしただけとかではもちろんありません。
細かな調整が生み出す、STUDIO NICHOLSONの提案するメンズウェアを是非店頭でご覧下さい。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 渡邉

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Pick Up, Toshiya, Watanabe | コメントは受け付けていません。

titleSTUDIO NICHOLSON -MENSWEAR- AW17/18

 

ORIGIN / UNITED KINGDOM vol.1

ORIGIN / UNITED KINGDOM vol.2

 




こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

1LDKがレディースを取り扱い始めた2012年から、女性に向けたスタイルとして欠かせないブランド:STUDIO NICHOLSON。

ただ単純にマニッシュさを追求するだけでなく、女性の体型をベースに構築し直したパターン。

ジャストサイズで着ても、オーバーサイズで着てもハマるバランスの良さ。

テーラードアイテムだけでなく、ワークやミリタリーといった男性的アイテムをニコルソンのフィルターを通してリリースされたアイテムに心を掴まれた方は少なからずいらっしゃるはず。

 

本日は、2017A/WからスタートしたSTUDIO NICHOLSON -MENS COLLECTION-のアイテムを紹介致します。

メンズウェアをベースにレディースウェアを提案し続けてきたデザイナーが送る、男性に向けたメンズウェア。

 



STUDIO NICHOLSON “BRIDGE PANT” ¥39,000+TAX-

STUDIO NICHOLSONでは定番となる形。
入荷する度に、お店のレディーススタッフが嬉しそうに試着しているのを目にする程、飽きのこないアイテムの様です。

実際にシーズン毎に異なる素材でリリースされ、生地によってサイズ感も雰囲気もガラリと変わるので見ていて楽しいパンツです。

今回1LDK AOYAMA HOTELで選んだのはピーチ加工をかけたしなやかなコットンのタイプと、太畝のコーデュロイのタイプ。

まずはピーチ加工をかけたタイプから紹介します。

深い股上、大きめのヒップ、ワタリから緩やかに走るテーパードシルエット。
短めのレングス。
裾は絞られており、その絞りが特徴的なバルーンシルエットを生み出します。

打ち込みの強いハリのあるコットン。
表面に薄起毛をかけて滑らかに仕上げているので、穿き心地も見た目も上品な仕上がりに。

ハリのある生地感がシルエットに十分に反映されています。

コットンの生地はカラーバリエーションが豊富なのも特徴です。
1LDK AOYAMA HOTELではTAN / DARK NAVY /MULBERRYの3色で用意しています。

 

ゆったりとしたヒップに付けられたシンチを思いっきり絞って穿いてください。
このパンツの特徴を存分に楽しめるはず。

 

-TAN COLOUR-



TANではSサイズを着用。
シンチを絞って腰に引っ掛けています。

ベルトいらずなのでタックインした際にフロントの印象がすっきりとします。

ディテールはペインターパンツ。
合わせるアイテムを選ばず、何も考えなくても格好が着く気軽さも良いです。

-DARK NAVY COLOUR-



DARK NAVYはMサイズを着用。
腰位置をしっかりと合わせて、ベルトでウェストをぎゅっと絞っています。

個人的にはこれくらいゆったりとしたバランスで着た方が良いと感じます。
レングスはすっきりとしているので、大体の方がS/Mのいずれかのサイズで行けるはずです。

実際に穿き比べてお好きなバランスを探されてみては。

-MULBERRY COLOUR-


深く、若干赤みのあるダークブラウン。
とても良い色です。

色のトーンを変えて色調を合わせたスタイリング。
それぞれのアイテムの色の良さがしっかりと出ます。

ベージュ/ネイビー/ブラウンのチノワイドペインターパンツ。

いずれもワーク感の強い配色、アイテムですがピーチ加工で滑らかにされた生地感と、全体的なバランスで上品な印象に。

とことんカジュアルなスタイリングでも。
テーラードアイテムを使ったドレッシーなコーディネートでも。

着る方のスタイルを選ばないアイテム。



STUDIO NICHOLSON BRIDGE PANT CORDUROY ¥53,000+TAX-

同型のコーデュロイタイプ。

一見がっしりとした生地感に見えますが、柔らかで縦にストンと落ちてくれます。

とても雰囲気のある太畝のコーデュロイ。
ですが、上品な光沢が落ち着いた印象に。


 

ピーチ加工されたコットンタイプも、太畝のコーデュロイタイプもメンズ/レディース共に用意しています。

このブランドで注目して頂きたいのは、メンズ/レディース共に同じアプローチから作ったアイテムでも、
男性が着るのと女性が着るのとは全く違った雰囲気になるのを改めて楽しめる事。

「メンズ向けの洋服を女性の方に。」
「レディース向けの洋服を男性の方が着ました。」

と言った単純なジェンダレスに再度線引きをします。

STUDIO NICHOLSONのレディースはレディースコレクション、メンズはやはりメンズコレクションなのです。

 

 

明日以降、メンズ/レディース共にSTUDIO NICHOLSONを紹介して行きます。
合わせてお楽しみ下さい。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

1LDK
〒153-0051
東京都目黒区上目黒 1-8-28 #1-A
03-3780-1645

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

 

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kawakami, Pick Up, Toshiya | コメントは受け付けていません。

titleORIGIN / UNITED KINGDOM vol.2

 

ORIGIN / UNITED KINGDOM vol.1

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

引き続きPHOEBE ENGLISHの紹介を致します。

昨日はこのブランドが見せる特有の素材感の黒の魅力を。
本日は天然素材が見せる暖かみのある色調のアイテムの魅力を。





PHOEBE ENGLISH HIGH COLLAR BOX JACKET ¥68,000+TAX-

昨日紹介したPEG LEG TROUSERと同素材。
格子状に編まれたがっしりとしたドライな質感のコットン素材を使用したブルゾン。

黒の無機質な表情も魅力的ですが、同素材でも染める色が違うだけでかなり印象が変わります。
起毛感はありませんが、生地が生み出す光沢感と暖かみはまるで毛足の短いモールスキンの様に。



元々若干肩の落ちるリラックスしたバランス。
生地はがっしりとしていますが、ストンと下に落ちてくれます。

身幅もゆったりとしているので、ボトムスとのバランスを是非楽しんで下さい。

STAFF小林は比翼部分の釦も全て止めた真面目なスタイリング。


釦を止める位置を工夫してシルエットを変化させることも出来ます。
一番上の首元の釦のみを閉めてAラインを強調させたスタイリング。

実はこの釦、ラバー釦です。
釦の掛け心地も楽ですが、PHOEBE ENGLISHはこう言った生地感の釦に良くラバーを用います。
この素材感のアンバランスさも面白いと感じます。



CREDIT
BLESS WORK COAT ¥189,000+TAX-

中を着込むこともできますが、シャツブルゾンの様にジャケットやコートの中に差し込んでも◎
コットン素材なので手入れも楽で夏場以外は通年使える点も選びやすいポイントです。

着込んだ際の経年変化にも期待ができるアイテム。




PHOEBE ENGLISH DOUBLE BUTTON LONG SHIRT ¥45,000+TAX-

ホワイトとブルーのマルチストライプ。
シルエットと柄も相まって民族的な印象を与えるアイテム。

オーガニックコットン100%の柔らかな風合いが特徴的です。
釦にはクリアなプラ釦を使用。
胡桃釦や貝ボタンや布巻の釦等ではより雰囲気が土臭くなりますが、釦使いで洗練された印象に。



裾には浅めのスリットが入ります。
裾の釦でシルエットの微調整が可能です。

また、大きめの片ポケットという点も気に入りました。

こう言ったロングシャツは羽織物との相性が抜群に良いです。
ベストやジャケットでレイヤードを楽しんでも、ロングコートでシルエットを抑え込んでも◎




CREDIT
CLASS discontinuity ¥19,000+TAX-

ゆったりとしたボトムスと繋げても、細身のパンツでメリハリを付けても。
もちろんタックインやウェストマークしてそのボリュームを楽しんでも面白いアイテム。

 

天然素材特有の暖かみは感じさせつつ、ほっこりとさせない尖った感性。
女性的なアプローチを匂わせながら、メンズウェアとして成立させる構築的な作り。
土臭く野暮ったくなりがちなアイテムを、上品で都会的にまとめる編集力。

イギリス発のブランドは数あれど、どこか違った目線から洋服を見ている面白いブランドです。

昨日紹介したアイテムと合わせて、店頭でお試し下さい。

 

明日からはもう一つのイギリス発のブランドを紹介致します。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kawakami, Pick Up, Toshiya | コメントは受け付けていません。

titleORIGIN / UNITED KINGDOM vol.1

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

2013年にセントマーチンを卒業。
2015SSシーズンからInternational Gallery Beamsエクスクルーシブブランドとして日本のファッションシーンへ鮮烈なデビューを遂げたNicholas Daley。

同じくセントマーチン卒。
在学中ながらSTUSSY UKとのカプセルコレクションを機にその名を瞬く間に広め、2016AWから自身の名を冠したコレクションを発表。
2017SSにはファッションウィークのショーも行い、非常に早いスピードでデザイナーとしての道を確立したKIKO KOSTADINOV。

そしてその二人の活動を後押ししたStephen Mann。

サヴィル・ロウ老舗ブランド:NORTON&SONSが持つ正統なルーツの上に、
現代の洗練された解釈を加え、世界の注目を浴びているデザイナー:Patrick Grantのプロデュースするブランド、E.Tautz。

紳士服独特のドレッシーさやシルエットなどの男性的要素をコレクションに落とし込み、女性のより女性らしさを提案してきたSTUDIO NICHOLSONも2017AWシーズンからメンズコレクションを発表します。

 

数シーズン前からイギリスのファッションシーンが再び熱くなってきています。

 

E.TAUTZのデリバリーも間近。

コレクションを重ねる毎に良さがより滲み出るMADE IN ENGLANDに一貫した拘りを見せるS.E.H KELLY。

そして、今シーズンからメンズコレクションを発表したSTUDIO NICHOLSONは今週末から店頭に並ぶ予定です。

タイミング良く、イギリスからのデリバリーが相次いでいるのでまとめて紹介します。

それぞれのブランド毎に特徴も色もアプローチも様々。

まずは今日デリバリーされたばかりのこちらのブランドから。


 

レディースコレクションを発表する中で確立された機能美への探求と、英国人ならではの天然繊維への拘りから生み出されるコレクション。

上品で都会的なアプローチ。

かつイギリスならではのカウンターカルチャーを根底に感じるユーティリティーウェア。

 

PHOEBE ENGLISH

PHOEBE ENGLISH vol.1

PHOEBE ENGLISH vol.2

PHOEBE ENGLISH vol.3 

 





PHOEBE ENGLISH DOUBLE COLLAR BOMBER ¥108,000+TAX-

毛足が長く、光沢ある表情が上品なコーデュロイのボンバージャケット。
スナップ式のブルゾンをレイヤードしたようなデザインが特徴的です。



背面のバックヨークがなびく様が非常にかっこいいです。
ラグラン袖、身幅もたっぷりと取られているので秋冬のヘビーアウターとして使用する際もストレスなく着用が出来ます。

テンションの強い裾のリブが全体のシルエットをコンパクトに。
「コーデュロイのボンバージャケット」と、一言で聞くと野暮ったく聞こえますが、
生地感とコーデュロイの光沢を活かし、シルエットに調整を加えた都会的な一枚。




細身のすっきりとしたパンツと合わせても◎
フロントのスナップを全て開けてインナーとのレイヤードを楽しんでも面白いです。

黒のコーデュロイブルゾン、黒のウールCPOに色の掠れたブラックデニム。

素材感を変えるのに「黒」という色味はピッタリです。




PHOEBE ENGLISH PEG LEG TROUSERS ¥47,000+TAX-

格子状に編まれたがっしりとしたドライな風合いのコットン素材を採用したテーパードトラウザーズ。
深い股上、ゆったりとしたワタリから徐々にテーパードしたシルエットをわざと崩すような、
W幅7.5cmという非常に特徴的な裾が生み出すシルエット。

腰回りにヒップを覆い込むようなダーツが入ります。
その為、ヒップラインが非常に綺麗に出るのも特徴的。

ヒップポケットは付きませんが、広くとられたワタリ部分にサイドポケットが付いています。




 

明日もまた引き続きPHOEBE ENGLISHのアイテムを紹介します。

実際に店頭には並んでいるので、気になる方は是非お試しにいらして下さい。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kawakami, Pick Up, Toshiya | コメントは受け付けていません。

titleDIGAWEL 2017A/W DELIVERY.

 


こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

中目黒の1LDK、表参道の1LDK/DEPOT.と同様に、1LDK AOYAMA HOTELでもDIGAWEL2017A/W コレクションのデリバリーが始まっています。



DIGAWEL REFLECTOR COVERALL ¥38,000+TAX-

生地のネップが特徴的な、通年活躍してくれるコットン100%のカバーオール。
前身ごろと後身ごろに大胆に取り付けられたリフレクターテープがコーディネートの主役になってくれます。

1年ほど前から徐々にトレンドになりつつあるリフレクターディテール。
ワークアイテムに心くすぐられる方ならきっと反応してくれるはず。

土臭さを感じるワークディテールではなく、ちょっと時代感が近いワークディテールが洋服に取り入れられるのも面白いものです。

身幅も適度に緩いので、サイズ感を大きめに選んでルーズに着こなしても面白いかと思います。

ネイビーのシックな感じも捨てがたいですが、個人的にはオフホワイトの方がその特徴的な生地感をお楽しみいただけるかと思っています。



DIGAWEL PAINTER PANTS ¥25,000+TAX-

先ほどのカバーオールと同素材のペインターパンツ。
深い股上、渡りからストンと落ちるストレートシルエットなど、正に王道なペインターパンツです。

短めのレングス、やや小ぶりなヒップラインなどで全体的なバランスを整えています。



CREDIT
salvy; “NOIL SILK TERRY Q/S TOP” ¥17,000+TAX-

秋冬物、とは言ってもそこまで厚手ではないコットン100%の素材。
今から着る事が出来て、気分も変える事が出来るアイテム。


DIGAWEL HALF ZIP BLOUSON ¥26,000+TAX-


DIGAWEL PONCH EASY PANTS ¥23,000+TAX-

ストレッチの効いたレーヨンナイロンの素材感が心地よいジャージーセットアップ。
何よりこの色が良いです。

上下でセットで着たい時は羽織物などでバランスを取ると◎

もちろんブルゾン単体でも。



CREDIT
salvy; “FINE FIBER TERRY PULLOVER” ¥22,000+TAX-
CLASS DEL MAR ¥116,000+TAX-

パンツ単体でも活躍してくれるので、手持ちのアイテムで色々と遊べるのも嬉しいポイントです。



CREDIT
AVERY ROW “LACE VELVET LEATHER PATCHWORK PANTS” ¥42,000+TAX-

女性の方が緩いバランスで着るのも可愛いですね。

秋冬のコーディネートは、重たい生地感のものが増えるので、こういった少し素材感を軽く出来るアイテムがあると重宝します。



DIGAWEL W BELT PANTS ¥30,000+TAX-

CREDIT
salvy;”NOIL SILK TERRY PULLOVER”¥19,000+TAX-

梳毛のウールを使用した落ち感がキレイなワイドベルテッドパンツ。
二本のベルトでウェストは固定できるので、どちらか一方を使用して、どちらか一方は使用しないなど、ご自分でアレンジで着るのも面白いです。

こちらも股上が深く、股下は短めのバランスなのでサイズ感をあまり気にしなくても良いのも選びやすいポイントかと思います。

タックインして思いっきりウェストのディテールを見せても。
ベルトを垂らしてさりげなく主張しても。



CREDIT
AVERY ROW “LEAVER LACE BLOUSE” ¥47,000+TAX-

女性が着るのもオススメです。
女性的なアイテムを合わせると、より線の細さが強調されてより女性らしく。

 

シンプルになりすぎず、過度になりすぎず。
全体的なバランスは整えつつも、遊びの入ったDIGAWELらしいコレクション。

店頭で是非お試しください。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kawakami, Pick Up, Takashima, Toshiya | コメントは受け付けていません。

titleCLASS 2017A/W “TRACE”

 

CLASS 2017-2018 AW

TRACE(痕跡/軌跡)
LIFE & DIE

過去の痕跡、今その時に、そして未来に向けて残すであろう軌跡。
人間の持つ死生観。

表層のデザインではなく、
素材やテクニックにこだわり未来に残していきたい物を丁寧に作ることに重点を置いたコレクション。

ONE MILLION YEARS – ON KAWARA
For all those who have lived and died
For the last one

 

 




こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

個人的に毎シーズン入荷を楽しみにしているCLASS。
1LDK AOYAMA HOTELではCLASS 2017A/Wコレクションの発売を8月1日から開始致します。



CLASS GYATEI ¥65,000+TAX-

イギリス軍のパンツをインサイドアウト(ひっくり返してます。)し、裏側の仕様をデザインに落とし込んだパンツ。

総裏の使用となっており、膝下までは2重仕立て、ヒップ部分から上は生地を3重に使用しています。
生地はシルケット加工を施していないコットンの糸を織り上げた高密度ギャバジン。
ざらりとしたドライな質感が心地よく、ヒップラインからひざ下にかけての立体感を強調します。

わかりやすく裏返すとこのような作りに。

この一見「何故そんなことを。」という作りも、履くと納得できる面白さを持っています。


ミリタリーアイテム特有の雰囲気は残しつつも、野暮ったさは感じないアイテム。
コットン素材なので手入れも楽で通年使える点も魅力的です。

何よりも面白いのが、裾の一重の生地が生み出す表情です。

その日の気分で腰位置を変えてシルエットを変化させられるのが股上の深いパンツの面白い点。
写真の様に腰位置を高めにして裾をすっきりとさせたスタイリングでも。

腰位置を落として裾の生地をクッションをつけた合わせでも。
裾の生地は一重で柔らかくしなやかなので、上手く膝下の二重に重ねられた生地の中に入りこんでくれます。

膝下の二重の生地を折り返して、一重の生地をより強調しても◎

写真だと上手く伝わりませんが、実際に履いて色々やってみるとかなり表情が変わるので面白いです。
実際に試してみて下さい。

裏地や袋布も表生地を贅沢に使用したとても丁寧に作り上げられたパンツです。


CLASS continuity ¥19,000+TAX-

身幅に比べ着丈が短めのすっきりとしたバランス。
裾リブの絞りを強めにしたラウンドシルエットのスウェットカットソー。



大きめのガゼット、袖下のマチが特徴的です。
脇ポケットを付けることにより、裾リブから上の部分にボリュームが出ます。

この野暮ったい特徴的なバランスがたまらなく良いです。

そして、このスウェットの最大の魅力は生地にあります。

2重織のハーフメッシュを使用。
軽く、着心地も風合いも柔らかですが空気をためる構造になっている為保温性があります。

この生地、とても良いです。
色展開は黒と鮮やかな赤。

個人的には赤がオススメです。

そして、同素材でパンツも用意しています。



CLASS discontinuity ¥19,000+TAX-

80年代に作られたフランスのスウェットパンツをベースにした、ウォーミングアップパンツ。
ウェストから裾までの、かなりタイトな作りが特徴的です。

シルエットはタイトですが、生地の柔らかな風合いがより強調された仕上がりに。
裾にふんわりと溜まるシルエットがとても良いです。

先程のスウェットカットソーとのセットアップスタイルでも。



個人的にはこう言ったリラックスしたアイテムと比較的雰囲気の堅い袖物を合わせるのが好みです。
このわかっているのか、わかっていないのか、というアンバランスさが面白いと感じます。

また、この細身で柔らかく温かな特徴を活かしてこのようなスタイリングにも。


レングスのすっきりとしたワイドパンツと合わせると、保温力も抜群で裾周りにもアクセントを加えられます。
一枚でももちろん、こう言ったプラスアルファの楽しみ方があると嬉しいですよね。

 

まだ入荷は一部しかしておりません。
実際に販売するタイミングになればもう少し商品も用意できているかと思います。

発売は8月1日からです。
ただ、店頭には既に並べてあるのでご興味ある方は是非実際に試しにいらして下さい。

 

このブランドの魅力は一言ではお伝え出来ませんが、なんといっても「着ていて楽しい。」
それに尽きると思います。

洋服にまつわるカルチャーを掘り下げたブランドや、技術や生地の良さを謳うブランド、クラシックな良さをその洋服から感じるブランド、編集力の高いブランド等、様々なブランドが今の世の中には溢れています。

CLASSというブランドはその全てを持ち合わせています。
「だから」と言っていいのかはわかりませんが、なんとなく着ていても楽しく、ちゃんと考えて着るともっと楽しいのです。

 

ファッションは表層に漂う物だけでなく、その裏側にある様々な要素を楽しむことが出来る、可能性のある世界。
CLASSという洋服はそれを改めて気付かせてくれるはず。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

 

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kawakami, Pick Up, Toshiya | コメントは受け付けていません。

title1LDK AOYAMA HOTEL -2017A/W PREVIEW-

 

2016S/S PREVIEW -WELCOME TO OUR “ROOTS”-

2016A/W PREVIEW -Keyhole-

2017S/S PREVIEW -OVERALL-

FRANK LEDER “MID SEASON” -PALM READER/FORTUNE TELLER-

British military PCS THERMAL items

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

数日前から既にご案内していますが、今シーズンも1LDK AOYAMA HOTELにて次のシーズンのサンプルを集めた内覧会を行います。

今回で4シーズン目になる1LDK AOYAMA HOTEL内覧会。

そもそも何故始めたかを考えると、「なるべくそのシーズンに用意した特にお勧めしたいものを全部一気に見て欲しい。」と、いうのが一番の理由でした。

生産の都合や、お客様にお楽しみいただく為の諸々の事情で用意出来る物、出来ない物というのはもちろんありますが、
「入荷したらすぐに売り切れてしまう。」という理由から出来なかった提案を、可能な限り出来る機会があれば良い、と考えて行っています。

 

プレスや業界関係者に向けた内々の場ではなく、全てのお客様に向けた内覧会です。

 

1LDK AOYAMA HOTEL

-2017A/W PREVIEW-

7/14(FRI) – 7/17(MON)

PLACE:1LDK AOYAMA HOTEL
TIME:12:00〜20:00

 

純粋に洋服を楽しむ4日間。
今回用意出来なかったアイテム含めて、資料と口頭でご案内させて頂きますので是非これから訪れる秋冬のお買い物の想像を膨らませる場にしていければ、と思います。

 













 

BRAND LIST
FRANK LEDER(GERMANY)
CLASS(JAPAN)
m’s braque(JAPAN)
cantate(JAPAN)
Stephan Schneider(BELGIUM)
S.E.H KELLY(ENGLAND)
BLESS(GERMANY)
KAPPA CONTROL(ITALY)
F.LLI.Giacometti(ITALY)

and more…

 

今年はもっと気軽に。
ご興味がある方全てに来て頂きたいと思い、あまり仰々しいサブタイトルをつけるのはやめました。

「河上手抜きじゃん。。。」と思われた方には言い訳もしっかりと用意しているので直接お伝えします。

 

内覧会期間中に1LDK AOYAMA HOTELでお会い出来る事を楽しみにしております。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Kawakami, Pick Up, Toshiya | コメントは受け付けていません。