1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

THEME: Otani

cantate 19a/w preview at 1LDK AOYAMA HOTEL

cantate 2019S/S presentation at 1LDK AOYAMA HOTEL #1 / #2

cantate for 1LDK AOYAMA HOTEL ” Gun-club Fishing Jacket “

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの大谷です。

 

「来シーズンのこれはめちゃくちゃ良かったですよ。」とか

「次のラインナップはこんな感じですよ。」とか、

実際の入荷は先の商品でも、お好きそうなお客様には色々とお話させて頂く機会が多々あります。

とはいえ、言葉や写真では全てを伝えきれませんので、実際にモノを手に取りながらお話しさせて頂くのが一番伝えやすく、お客様にとってもわかりやすいかと。

cantate 19a/w preview at 1LDK AOYAMA HOTEL

Date: 2019/02/15 (FRI) 〜02/17 (SUN) 3days 12:00〜20:00

 

明後日の15日金曜日から3日間、cantateの19A/Wコレクションをご覧いただける機会を設けました。

 

まだまだ19ssシーズンが始まったばかりじゃんという声も聞こえてそうですが、、、

 

いざそのシーズンを迎えると、入荷のタイミングでの兼ね合いもあり、僕らのお店でオーダーしたラインナップをすべて皆様にご紹介するのもかなか難しいのが現状です。

良いものは良い。かっこいいものはかっこいい。僕らは皆様のおかげでお店を通してたくさんの商品を提案させて頂いてます。

どうせなら僕らが展示会で感じた高揚感をそのままお客様にも感じて頂くのも面白いのかも。

そんなことから、今回メーカーさんのご協力の元、展示会終わったばかりのこのタイミングで、サンプルをお貸出し頂くことができました。

ここまで早くサンプルをご覧いただける機会もそうないと思います。

実物に触れ、袖や足を通すことで、その洋服の良さを一番感じていただけるはず。

土曜日、日曜日はデザイナーの松島さんも店頭に立って頂ける予定です。

cantateの魅力を味わいに、今週末は是非1LDK AOYAMA HOETLにいらしてください。

 

※3日間限定で19 a/w cantate collectionのご予約を承ります。
※ご予約頂く場合は内金として総額の20%を現金にて頂戴いたします。
※ご予約いただいた商品に関しましては、サイズ、色違い等、いかなる場合でもキャンセル、返金はお断りさせていただきます。
また、当初の納品予定より実際の商品の入荷が前後する可能性もございますが、納品遅延などによるキャンセル、返金もお断りさせていただきます。

予めご了承くださいませ。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 大谷

February 13, 2019, 8:30 PM

Category: Otani Pick Up

midorikawa – Linen Trousers –

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの大谷です。

毎日のように革靴を穿き、合わせるパンツは大半がスラックス。シルエットはストレート、フレア、たまにワイドでレングスは長め。パンツの裾から革靴を繋げるように合わせるのが個人的に好きなスタイルです。

midorikawaから19ssの第一便で入荷したのがこちらのリネンのスラックス。

17ssの1stシーズンで展開していたフロントが長く、バックは短く。

靴に被さるようにして穿いていただく仕様を復活させた1本です。

ウールのスラックス、コットンツイル、シルクデニムで展開していましたが、今回はリネン。

リネン特有の落ち感と清涼感を感じる仕上がりで、春夏シーズンにはまさに打ってつけです。

“midorikawa”

-Linen Trousers- ¥48,000+TAX-

CREDIT
“MAISON FLANEUR” -MULTI STRIPE WOOL JACKET- ¥76,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” -COTTON PIQUE CREW NECK KNIT- ¥16,000+TAX-

 

すっきりとしたストレートシルエット。

サイドのシルクの側賞テープは、敢えて片側だけ縫い付けなびくように。

段違いのカッティングを施した裾のディテールが縦長のシルエットを強調し、すらっとした見え方がエレガントな雰囲気を醸し出します。

個人的にはやはり革靴で。スッキリとしたフォルムとの相性が抜群に良いと思います。

 

レングス長めをお好きな方には是非ともオススメしたいトラウザーです。

 

アーティザナルなパターンとレイヤード、装飾など個性が際立つデザインに、エレガンドな要素が加わる“midorikawa”

アーティスティックな雰囲気のある洋服ですが、この類を見ないデザイン性を是非楽しんでみてください。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF大谷

February 6, 2019, 8:45 PM

Category: Otani Pick Up Sakakibara

cantate for 1LDK AOYAMA HOTEL ” Gun-club Fishing Jacket “

 

1LDK AOYAMA HOTEL 2019S/S PREVIEW

cantate 2019S/S presentation at 1LDK AOYAMA HOTEL

1LDK AOYAMA HOTEL 2019S/S PREVIEW “MAISON FLANEUR”

1LDK AOYAMA HOTEL 2019S/S PREVIEW “m’s braque”

1LDK AOYAMA HOTEL 2019S/S PREVIEW ” FRANK LEDER “

1LDK AOYAMA HOTEL 2019S/S PREVIEW ” NICHOLAS DALEY “

1LDK AOYAMA HOTEL 2019S/S PREVIEW ” BLESS “

1LDK AOYAMA HOTEL 2019S/S PREVIEW ” CLASS “

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

僕は昨日紹介したCLASSのデザイナー:堀切さんの様に。
自分が本当に好きな物/本当に良いと思う物を作り続けている方、そしてどうすればそれを実現する事が出来るかを考えながら働き、体現している人が好きです。

そういう方から受け取る物は極めて純粋で、嘘偽りがない。
その一方でわかりづらさや小難しさや単純に値段を高く感じてしまったり。

僕達の仕事の一つとしてあるのは、そういった全ての事をそれぞれ噛み砕いてお伝えし、納得してもらう事だと思っています。

 

そして今日紹介する別注も、cantateというブランドが大切にしている事がよりわかりやすく伝わるものになれば嬉しいです。

” cantate for 1LDK AOYAMA HOTEL ”
– Gun-club Fishing Jacket – ¥145,000+TAX-

 

「ガンクラブの生地がすごい格好良かったんですが、あれ使ってなんか作りたいんですよね。春でも秋でも冬でも着こなし次第で着られる物。そうなってくると活躍する場も増えるから、着込む程に風合いも雰囲気も良くなるリネンの生地がベストだなーって思っていて。」

と、伝えた数日後に、デザイナーの松島さんから提案を受けたのが”フィッシングジャケット”。

将来的に自身のコレクションで展開したい型であるのと、このリネン生地の美しい柄と元々の意味合いを活かす為のアイテムとして。
あとはドレス要素もあるcantateを取り扱う中で、比較的カジュアル要素の強い1LDK AOYAMA HOTELの提案にぴったりだと感じる、という意見。

加えてポケットの多いアイテムなので、cantateと普段タッグを組んでいる日本の高い技術を持った職人による仕事を活かし、脱いだ際にチラッと見える裏も美しいアイテムに仕上げる事が出来るはず。

「松島さんのやりたい事をとことん注ぎ込んでしまおう。」

そう考えて作り上げた物です。

 

 

カーブの効いたポケットが多いフィッシングジャケットにも関わらず、完璧な柄合わせ。
そして、裏のステッチすら美しいcantateらしい仕上がりを見ていただきたかったのと、着用するシーズンを極力制限しない様に裏地はつけない仕様に。

アイテムとしての癖を感じさせず、よりカジュアルなレイヤードを楽しめる様に襟はスタンドカラーに。

見る方向によって表情が変わる上質な風合いのコーデュロイのガンパッチ。

贅沢にも全ての釦に採用された、cantateらしい意匠の一つである本水牛のホーン釦。

とことんカジュアルにも、テーラードアイテムと合わせたドレッシーな着こなしにも対応の出来る物が出来上がりました。

フロントは前立て付き、釦とジップアップ、その日のコーディネート次第で細かなディテールも変化させられる仕様。

雰囲気のある生地/重厚なホーン釦の雰囲気に負けないwaldes製の男らしいジップパーツ。
生地が噛まない様に/ジップの開閉をスムーズにさせるコットンの付属は着用者のストレスを軽減する嬉しい気遣い。

新品の状態だとプレスがかけられハリのある表情を見せる今作ですが、
着込むほどにリネン特有の生地のクタりをはじめとする経年変化を楽しめるはず。

ポケットの捲れ上がってくる際の柄と柄の交差する表情すら楽しませてくれる様な完璧な柄合わせ。

 

裏返すと思わずテンションが上がってしまうのは、仕立ての良い洋服の醍醐味では無いでしょうか。

裏地を付けると確かに洋服としての強度が高くなり、防寒性/吸湿性が上がる、袖通りも良くなる、売り場に吊るした際の面も良くなる等のメリットも多いですが、一方では裏地の処理にかける手間を省いた際の粗を隠す事が出来てしまいます。

cantateはそういった洋服を作る側としての妥協を一切許しません。

 

“神は細部に宿る。”

普段目につかない場所、持ち主しか気づかない(もしくは持ち主すら気付かず、作り手しか知る事の無い)様な細かな部分にまで気を使った洋服というのは全体の表情として確実に浮きだってくるもの。

また、通常経糸/緯糸ともに単糸で織られるリネンの生地を、経糸を双糸で織る事で生地自体の強度をあげ、極めて細かい運針により縫製部分の強度を上げた今作。
肌に触れる部分はシルキーな滑らかさ。湿度が高くなる時期にはリネン特有の凹凸ある生地が清涼感を感じさせてくれるはず。

この洋服は、そもそも裏地を付ける必要すらないのです。

と、こういった作りを見ると、この価格はとても安いと感じてしまいます。
インポート物で同じ様な気遣いが為された吊るしのジャケットで値段が3倍/4倍もする洋服もざらにあると思います。(その理由は、ハンドメイドという点や他の理由もちろんありますが。)

極めて丁寧に施されたパイピング処理。
裏をチラッと見ただけでは、このジャケットの表にポケットが無数につけられている事を想像するのは難しいでしょう。

cantateの極端なまでに丁寧な仕事からは、「折角良い物を買うのだから。」という着用者に対する優しいメッセージすら感じます。

こういった細かな処理が活きてくるのは、着用を繰り返した数年後。

ただ、その頃には表の表情は今よりも格段に良くなり、より手放したく無い存在になってくれるはずです。

 

ブルゾンの上にアウターとして羽織っても、柄と柄を合わせても。
ハイゲージ/ミドルゲージのニットの上に羽織っても。

上からブルゾンを羽織ってシャツの様に使っても。
着丈の長いテーラードジャケットの上に羽織っても。

ウールの生地感がある表情に負けない力強い生地なので、体感温度調節の難しい都市部の冬や季節の変わり目のライトアウターとしても。

 

スポーティながら上品な風合い。
このフィッシングジャケットの振り幅の広さは、一度羽織ってみると体感できます。

シーズンレスに使える事を加味すると、必然的に着用する機会は多くなるかと。

そして、着用する機会が増えるという事は、この素晴らしい生地の風合いも増し、よりこのジャケットを羽織るのが楽しくなるはず。

前述した通り通常のリネンと比較して非常に強度の高いcantateのリネン生地。
肘や首回り、袖周りが擦れるのは当分先になるかと思いますが、そうなった場合も当て布を施して着用する姿を思い浮かべて下さい。

 

 

数あるcantateの取扱店の中でも、1LDK AOYAMA HOTELはカジュアル要素の強いお店。

cantateはメディア露出も価格帯も、大人な方に寄る中で、僕達の様なお店が出来るのはこの洋服のハードルを無理なく正しく良い意味で、少しだけ下げていく事。

 

最初は価格に躊躇いを感じるかもしれません。
ただ、気付いたら手に取っている/手放す事無くずっと着続けている洋服という存在を一度実感してみてはいかがでしょうか。

「本質的に作りの良い洋服を羽織る。」

cantateというブランドは、そういった側面での新しい価値観も持ち主に与えてくれるはずです。

 

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

January 17, 2019, 5:17 PM

Category: Kawakami Otani Pick Up Sakakibara

1LDK AOYAMA HOTEL 2019S/S PREVIEW ” BLESS “

 

1LDK AOYAMA HOTEL 2019S/S PREVIEW

cantate 2019S/S presentation at 1LDK AOYAMA HOTEL

1LDK AOYAMA HOTEL 2019S/S PREVIEW “MAISON FLANEUR”

1LDK AOYAMA HOTEL 2019S/S PREVIEW “m’s braque”

1LDK AOYAMA HOTEL 2019S/S PREVIEW ” FRANK LEDER “

1LDK AOYAMA HOTEL 2019S/S PREVIEW ” NICHOLAS DALEY “

 

〈BLESS>

1997年にイネス・カーグ(Ines Kaag)、デジレー・ハイス(Desiree Heiss)などによってドイツ・ベルリンにて創設されたブランド。
ドイツのベルリンから活動をスタートし、現在はベルリンとパリを拠点としています。

コンセプチュアルな要素が強く、アイデアを出していくことに多くの時間を費やし、また入念なリサーチのもと過去のマテリアルを使用しながら現代への価値を生み出していく。

日常で使うことを念頭に置いたビジョンから、少なくとも今までなかった現実的なプロトタイプを作ることを目標に、独自なユニークな発想で、伝統にとらわれないものづくりを行います。

またフォッションのみならず、アート、スポーツ、デザイン、社会活動といった様々なジャンルで活動するブランドです。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの大谷です。

引き続き内覧会に並ぶブランドより”BLESS”のご紹介です。

-The Maryan Nassir Zadeh Jeansjacket- (Asort) ¥74,000+TAX-

2つのLevi’sの古着のデニムジャケットを再構築して作り上げたデザインのデニムジャケット。前後で色のテンションが全く異なるモノを組み合わせたユニークなデザインが特徴的です。

イラン人デザイナーでNYに自身の名のセレクトショップも持つMaryan Nassir Zadeh(マリアム ナッシアー ザデー)とのコラボアイテム。

引き続き今季もコレクションで展開しており、個人的にも愛用しているモデルになるので、迷わずオーダーすることにしました。

デニムの気兼ねなく 着用できる素材の良さに独創的なデザインが加わった一枚。

合わせるインナーをコットンやリネンにすれば春アウターとして、ウールやカシミアなどの暖かみのある素材にすれば秋から冬にかけて着用出来るのもGジャンの良さの1つ。

裏地が付かない分、ジャケットやコートのインナーにしても◎

デニム素材の合わせるアイテムも比較的選ばない万能性と3シーズンそれぞれで楽しめるコーディネートし甲斐のあるジャケット。

 

ご用意しているのはサンプルになるので、全く同じ色味、サイズ。という訳にはいきませんが、プロダクトの雰囲気は感じていただけると思います。

 

続いてもう1アイテム。

-Stand-up Comedy Demimoorebag- ¥84,000+TAX-

外側に2つ、内側にも2つスリットポケットがついた、ベストとバックが組み合わさったかのような、こちらもデザイン性に富んだアイテム。

過去数シーズンに亘り素材を変えながら提案させていただきましたが、今季1年ぶりにオーダーすることにしました。

シャツやカットソーの上に、

ショルダーストラップのアジャスターで調整できるので、シャツやカットソーのライトな生地感のモノから、ジャケットやコートの生地感のあるアウターの上でも着用可能。

 

物足りないコーディネートに1癖加えるアクセントとしてのベストの顔。

あからさまに収納が優れたポケットがたくさん付いたベストとは違ったデザインながら、バックとしての機能面も持つ収納スペースに長けた設計。

 

シンプルにそれぞれの良さをを感じさせながら、「着用するバック」として1つに組み合わせたデザインアイディアには、初めて見たときには驚かされました。

 

ちなみに『Demimoorebag』というアイテム名は、あの”デミ・ムーア“から名づけられています。

1993年、アメリカの恋愛映画”INDECENT PROPOSAL”で彼女が着用していたこちらからインスパイアを受けたそうです。

 

 

独創的なデザインでアーティスティックな印象もありますが、日常生活に取り入れることで、僕らの生活に新しい視点を提案してくれるBLESSのコレクション。

 

勝手に感じていた固定観念を覆してくれるような、新たな驚きや楽しみを是非感じてみてください。

 

※BLESS SPRING/SUMMER 2019 の実際の発売は2月を予定しています。
1LDK AOYAMA HOTELでは1月18日〜1月20日までの間、掲載したサンプルを先駆けてご覧頂けます。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 大谷

January 16, 2019, 7:57 PM

Category: Kawakami Otani Pick Up

1LDK AOYAMA HOTEL 2019S/S PREVIEW “m’s braque”

1LDK AOYAMA HOTEL 2019S/S PREVIEW

2019S/S  “MAISON FLANEUR”

 

こんにちは。1LDK AOYAMA HOTELの大谷です。

引き続き18日の内覧会に並ぶブランドより本日は”m’s braque”をご紹介いたします。

今期も見応えあるラインナップです。

 

“JACKET”
-S4B COMFORT JACKET- ¥59,000+TAX-

“VEST”
-COLLAR-LESS ASYMMETRY VEST- ¥49,000+TAX-

“TROUSER”
-PAJAMA PANTS- ¥34,000+TAX-

 

 

生地に深みを感じるバーズ・アイのデッドストックの生地を採用した4Bジャケット。

伝統的な”角字”がプリントされた様々な着方を楽しめるアシンメトリーベスト。

リネン特有の表情と落ち感の綺麗なデッドストックの生地を採用したウエストイージーなパジャマパンツ。

 

 

“JACKET”
-SIDE SEAMLESS NOTCHED LAPEL S2B JACKET- ¥69,000+TAX-

“TROUSER”
-HARLEM PANTS- ¥37,000+TAX-

 

 

白蝶貝ボタンが映える、フォーマルにも対応できるストレスフリーな気心地のジャージ素材を採用した2Bジャケット。

シアサッカーの軽やかな穿き心地とふっくらとしたシルエットを楽しめるブランド定番のハーレムパンツ。

 

 

“STOLE”
-KAKUJI PRINT STOLE- ¥28,000+TAX-

“JACKET”
-S4B COMFORT JACKET- ¥59,000+TAX-

“TROUSER”
-2 TUCKED DRESS WIDE BAGGY PANTS- ¥36,000+TAX-

 

 

ガウンのような纏うだけで雰囲気の出る”角字”プリントが施されたコットンリネンの大判ストール。

ワイドシルエットながら、品の良さを感じさせるデッドストックのウールキャンバスを使用した2タックトラウザー。

 

 

“VEST”
-COLLAR-LESS ASYMMETRY VEST- ¥49,000+TAX-XZ

“TROUSER”
-SIDE LINE PLEATED TRACK  PANTS ¥39.000+TAX-

 

 

ジャージの穿き心地の良さと、側賞テープのフォーマルなスラックスの見た目が合わさった春夏素材のトラックパンツ。

丁寧な縫製で思わずリバーシブルでも着用したくなるアシンメトリーベスト。

 

全てのラインナップではございませんが、メーカー様のおかげで比較的今季の内容を皆様にしっかりとご紹介できると思います。

 

ヨーロッパ各地を回り、ヴィンテージやデッドストックなど現代では再現できない貴重なもの、意匠的な素材や付属で独自のパターンメイキングを表現すること。

テーラリングをベースにしながら、艶や色気と共に独特の‘抜き’が内在。

日本の職人技術を取り入れる事、新しいステッチを試みるなど、途切れることのない創作への意欲。

表層的なデザインだけでなく、カッティングや流れる曲線を大切に、着心地とデザインを両立。

その圧倒的な背中の美しさ、こだわった‘物造り’を追求し、独自のスタイルを提案するブランドが存在する。

 

“m’s braque”

目指すのはモードとクラシックの間のリアルクロージング。

 

 

是非内覧会にて1つ1つご覧いただければと思います。

 

※19SS m’s braqueのラインナップは1/18(金)から販売を開始致します。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 大谷

January 14, 2019, 10:25 PM

Category: Otani Pick Up

1LDK AOYAMA HOTEL 2019S/S PREVIEW “MAISON FLANEUR”

 

1LDK AOYAMA HOTEL 2019S/S PREVIEW

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの大谷です。

STAFF河上発案の元、今回8回目を迎える1LDK AOYAMA HOTEL PREVIEW。

代理店様、各ブランド様のご協力もあり、シーズンの立ち上がり時期に大まかなラインナップをご紹介でき、お客様と一緒にスタッフの僕らも楽しませていただいているイベントです。

個人的な話になると、1LDKで働いてからは中目黒エリアをずっと担当しておりましたので、直接的に関わったのはここ2~3シーズン。

一気に全てを見る機会はそうそうないので、新しい洋服で埋め尽くされる一部屋は非常に心踊る空間です。

今回も全てと言うわけではございませんが、魅力的なブランドの洋服をご用意できておりますので、是非3日間の内に足をお運びいただければと思います。

 

それでは本題に。

本日僕からご紹介するのはこちらのブランド。

MAISON FLANEUR – BASIC FOR REBELS –

MAISON FLANEUR(メゾン フラネウール)とは、フランスの詩人・作家であるボードレールが、エドガー・アラン・ポーの小説、『群衆の人』に触発された「遊歩者」や「芸術道楽」の意味を持つ言葉”FLANEUR”から着想を得たコレクション。

一見ベーシックなアイテムながら、世界中のどこにいようとアイデンティティーを持ち続ける「遊歩者」、そして人と同じでは満足できない「あまのじゃく」の為の気の利いたディテールへのこだわり。

また、ベーシックなアイテムだからこそ拘った、クリエーションの豊かさ、製品の質の高さが身に付ける人のパーソナリティを色濃く映し出します。

 

AOYAMA HOTELでオーダーした19SSのコレクション内容はこちら。

“MULTI STRIPE WOOL JACKET” ¥76,000+TAX-

“MULTI STRIPE WOOL WIDE TROUSERS” ¥54,000+TAX-

ピッチの異なる3種類のピンストライプをミックスした、滑らかで肌触りの良いサマーウールを使用した3Bジャケットと毎シーズンオーダーしているワイドトラウザー。

非常に軽やかでノンストレな気心地なので、ジャケットはカーディガン感覚で気楽に羽織れる1枚。パンツはワイドシルエットですが、落ち感が綺麗に出てくれ、上品な印象を感じる1本です。

繊細な印象と力強さを感じるストライプがミックスされたキャラクターを感じるアイテム。

FLANEURらしいひねりの効いた素材使いを是非感じてみてください。

“GLEN CHECK WOOL ZIP BLOUSON” ¥72,000+TAX-

“GLEN CHECK WOOL TAPERED TROUSERS” ¥52,000+TAX-

ライドグレーをベースに、ブルー、イエローのクリーンな色味が組み合わさったグレンチェックの生地を乗せた、ジップブルゾンとテーパードトラウザー。

一見クラシカルなジップブルゾンも、素材のチョイス、シャイニーなジップやウッド調のスナップボタンのパーツで洗練された印象を感じます。

サイドのボタンで調整できるアジャスター付きのトラウザーは、すっきりとしたウエストまわりで、テーパードシルエット。

基本的にはアジャスターで調整可能ですが、ベルトループも付属する気の利いたディテールも見逃せません。

“MIDDLE GAUGE CREW NECK KNIT” ¥42,000+TAX-

ニットのファクトリーブランドのMAISON FLANEUR。19SSではこちらの1型のみニットアイテムをオーダーしています。

表裏を逆さまにデザインしたインサイドアウトの手法は職人技術が光ります。

鮮やかな水色とベージュの春らしいカラー、コットンニットのタフな素材感を是非感じてください。

“PULL OVER OVER SIZE SHIRT” ¥38,000+TAX-

ブロード生地を乗せたオーバーサイズのスキッパーシャツ。

一枚でも主張のあるサイズ感と肩ヨークの入ったギャザーや胸元のデザイン。

袖物のVゾーンの変化にも一役買ってくれる着回し甲斐のあるデザインが魅力のシャツです。

合わせ易さに関しては追い追いこのBLOGにて頻繁に登場すると思うので、他のアイテムとの合わせはそちらにて。

 

すべてイタリアヴェネト州のブドウ畑に囲まれた豊かな環境の中にある自社の工房内で昔から受け継がれてきた技術を持つ職人や、そしてもうその工房にしか存在しないヴィンテージの手動の手編み機による少量生産。
只、単に昔の技法のみにとらわれず、日々この独自の編み技術を使用し革新的な技法を生み出すのが特徴的な”MAISON FLANEUR”。

 

ベーシックなアイテムの中に光る、さりげないディテール。

ベーシックだからこそ拘る製品の素材、質。

 

19SSシーズンもその魅力を感じていただけるラインナップです。

 

※19SS MAISON FLANEURのコレクションは1/18(金)から販売を開始致します。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 大谷

January 13, 2019, 9:30 PM

Category: Otani Pick Up

S.E.H KELLY– ARCHIVE & SAMPLE SALE –

m’s braque – ARCHIVE & SAMPLE SALE –

FRANK LEDER – ARCHIVE & SAMPLE SALE –

“1LDK ONLINE STORE” SALE START

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの大谷です。

 

本日は開催中のARCHIVE & SAMPLE SALEより”S.E.H KELLY”のオススメの商品をご紹介いたします。

では早速。

 

“S.E.H KELLY” – SOMERSET TWO-PLY WORSTED SB3 JACKET – ¥128,000+TAX-→ ¥89,600+TAX-

まずは定番的に展開されている3Bジャケット。

イギリス南西部のサマセット地方で1700年代より織られているFOX BROTHERSのウール生地を乗せた一枚。1930年代の当時の生地を見本に、全く同じ機械、手法にて織ったそうです。

肌触りはさらっとしていて、着心地抜群。シワになりづらく、通気性も良いので、通年用のジャケットとしてオススメです。

フロントはパッチポケットとその上にグローブポケット。英国紳士には欠かせないものかもしれません。

3つボタンでシェイプの着いたシルエット、長めの着丈でクラシックなスタイルながら、堅苦しさを全く感じさせず、日常的に着用することを考えられたジャケットです。

英国の伝統的なルーツを継承しながらも、現代の生活に柔軟に対応する感性。ブランドの魅力を感じるアイテムです。

 

続いてこちら。

“S.E.H KELLY” – SOMERSET FOX HEAVY WORSTED OVERCOATING PEA COAT – ¥168,000+TAX-→ ¥117,600+TAX-

FOX BROTHERS社のオーバーコーティング生地を採用したPコート。

触ると分かるのですが、非常に生地は分厚く、簡単には風を通さないなと。

ただ決して硬いわけではなく、非常に時間をかけて織り上げることで柔さを生み出し、品のある光沢や表情豊かな顔は素材だけでも存分に魅力を感じていただけます。

1枚袖構造のスプリットスリーブと3面パネルのボディで着心地の良さを考えらえたパターン設計。

CREDIT
“STEPHAN SCHNEIDER” – MEL JUMPER NATURAL – ¥42,000+TAX-→¥29,400+TAX-
“Midorikawa” – Wool Trousers – ¥55,000+TAX-→¥38,500+TAX-

フロントにはパッチポケットとその上にはハンドウォームポケットも完備。

ジャケットに近いフロントのデザインで、ボタンは締めてシェイプを効かせても、開けて逃がしても、どちらも綺麗に纏まります。

KELLYのアイテムに欠かすことのできないホーンボタンも、またコートの品の良さを感じさせるディテール。

真冬のアウターとして今後も永く付き合っていけるコートです。

 

最後はトラウザー。

“S.E.H KELLY” -LANCASTRIAN HEAVY COTTON TWILL NARROW TROUSERS- ¥43,000+TAX- → ¥30,100+TAX-

イギリス西北部のランカシャー地方で織られたテーパードトラウザー。

うっすらと毛羽立ちのある品の良さとガンガン穿いても大丈夫そうだなと感じるタフな雰囲気を併せ持つ一本。

ジャケットスタイルにもカジュアルなスタイルにも合わせやすい綺麗なテーパードシルエットで、夏場以外なら3シーズン可能な万能さも魅力的です。

 

18AW/19SSシーズンは残念ながら生産背景の都合で日本でのお取り扱いはないものの、決してトレンドに流されることなく、英国生産に拘りを持って上質な洋服を作り続けるブランドだからこそ、ものづくりに対して一切の妥協のないその姿勢に個人的には更に好感を持ちました。

既に数少ないラインナップとなりましたが、是非この機会にS.E.H KELLYの洋服に触れてみてください。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 大谷

January 9, 2019, 10:13 PM

Category: Otani Pick Up Sakakibara

m’s braque – ARCHIVE & SAMPLE SALE –

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの大谷です。

 

新年あけましておめでとうございます。

2019年もみなさまに楽しんで頂けるよう色々とご用意しておりますので、是非1LDKを宜しくお願い致します。

 

2日より各店の営業が開始しておりますが、大変多くのお客様にご来店いただき、ありがとうございます。

 

おかげさまで既に無くなってしまったものも多々ありますが、年始より開催しております”S.E.H KELLY/FRANK LEDER/m’s braque – ARCHIVE & SAMPLE SALE –”より、オススメの商品を何点かご紹介したいと思います。

本日は”m’s braque”から。

 

“m’s braque” -CPO SHIRT JACKET- ¥69,000+TAX-→¥48,300+TAX-

CREDIT
“CLASS” – JYURYOKU – ¥46,000+TAX-→¥32,200+TAX-

ウール/コットンのCPOシャツ。程よい厚みのある生地になるので、シャツアウターとしての着用が可能です。

 

一見真っ黒に見えますが、光を当ててよく見ると実際には横糸には青色を。

首と袖からちらっと覗く、ヴィンテージのシルクの生地も、m’s braqueならではの素材使い。

アウターの下に忍ばせやすいので、今からでも存分にお楽しみ頂ける1着かと。

 

“m’s braque” -SOUTIEN COLLAR COAT- ¥68,000+TAX-→¥47,600+TAX-

その上からバサっと羽織ったのは、イタリアのアルカンターラ社のフェイクスウェードを使用したステンカラーコート。

ウルトラスェード同様、レザーのような質感ながら、軽く、動いた時のドレープの出方が綺麗な1着。

CREDIT
“STEPHAN SCHNEIDER” – MEL JUMPER NATURAL – ¥42,000+TAX-→¥29,400+TAX-

袖、襟の裏にはこちらもデットストックのシルクの生地を使用。

低めに設定された首元やくたっとしたスウェードの質感も相まって、肩の力を抜いたようなバランスも併せ持つので、気軽に羽織りやすいコートです。

春先に向けてこのタイミングで手に入れてしまうのも良いかもしれません。

“m’s braque” -SHOULDER SEAMLESS 4B JACKET- ¥80,000+TAX-→¥56,000+TAX-

CREDIT
“salvy;” – TURTLE NECK P/O for 1LDK AOYAM HOTEL – ¥11,000+TAX-

続いてはダブルの4B ジャケット。

堅苦しさを感じるようなダブルのジャケットも、その印象をしっかりと覆してくれます。

ウール/ポリエステルの伸縮性抜群の素材を採用し、ストレスを全く感じない着心地。

高めのゴージラインで、クラシカルな雰囲気を感じつつも、パッチポケットのカジュアルな要素も入り混じっているので、合わせ方次第でドレススタイルにもカジュアルスタイルにも対応してくれるジャケットです。

結婚式の二次会、良いところでのお食事、この時期なら気合を入れて成人式にも◎

“m’s braque” -2-IN TUCK WIDE BUGGY PANTS- ¥42,000+TAX-→¥29,400+TAX-

CREDIT
“salvy;” – SHAGGY PILE P/O – ¥20,000+TAX-→¥14,000+TAX-

ウールシルクのピンストライプの生地を乗せたブランド定番のバギーパンツ。

今季AOYAMA HOTELではウール/コットンのツイル素材でオーダーしていました。

それに比べると、より上品な印象を感じる1本

こちらも裾はアンフィニッシュになるので、お好みの丈感に調整可能です。

“m’s braque” -WESTERN LONG SHIRT- ¥44,000+TAX-→¥30,800+TAX-

コットン/ウールほぼ半々のウエスタンシャツ。

思いっきりタックインしてジャケットのインナーとしても良さそうですし、着丈の長さを生かしてレイヤードしたり、バサっと羽織ってシャツコートのように着たりと、着回し甲斐のある1枚。

深く入ったサイドのスリットでパンツのポケットにもアクセスしやすいように計算されたカッティングにも抜かりがありません。

個人的には胸ポケットのステッチも好感度大です。

“m’s braque” -BELTED  COAT- ¥69,000+TAX-→¥48,300+TAX-

CREDIT
“STUDIO NICHOLSON” – ITALIAN WOOL MENS DOUBLE TAPERED PANTS – ¥55,000+TAX→¥38,500+TAX-

ウールコットンのヴィンテージのデッドストックの生地を採用したタイロッケンコート。

目の詰まったギャバジンながらソフトな肌触り。

ミリタリーな雰囲気を感じる深いカーキの色味で、単純に素材だけでも男心をくすぐられます。

敢えて裏地を付けずに軽やかで動きの出るように設計したり、独特なポケットのカッティング、ちらっと光るゴールドのバックルなど、随所にm’s braqueらしいディテールが光るタイロッケンコート。

オススメです。

先日もお伝えしておりますが、全て1点のみ。

なかなかここまで一気にご覧いただける機会もそう無いので、是非この機会に1LDK AOAYAM HOTELまで足をお運びいただければと思います。

実際目移りしてしまう…といったお声も頂いておりますが、魅力的なラインナップであることには間違いないので、是非。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

2019年も皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 大谷

January 7, 2019, 11:16 AM

Category: ARAKI Otani Pick Up Sakakibara

“E.TAUTZ” – ROLLNECK JUMPER –

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの大谷です。

英国の王室ご用達メーカーや老舗ブランドの生産背景を使ったりと、Made in UKの確かなものづくりを行うE.TAUTZ。

今季のラインナップも既に何度かご紹介させていただき、E.TUTZのプロダクトを目にする機会も多かったと思います。

 

本日ご紹介するのは冬の寒さが体に応える、まさに今の時期にオススメしたい一着。

こちらもやはり英国を代表する老舗ブランドで生産された逸品です。

“E.TAUTZ” – ROLLNECK JUMPER – ¥49,000+TAX-

機械による大量生産が増えていく中、熟練の職人による昔ながらの製法でつくられたハンドメイドのタートルニット。

羊毛を贅沢にも使用しており、目の詰まった厚みのある編み地、ずっしりとした重厚感、見るからにして暖かさを感じる1枚です。

身幅は程よく広いですが、もたつかないアームホールの太さやコンパクトな着丈でスッキリとした印象のシルエット。

全て覆ってくれる長めで厚みのあるネックは冬の寒さを間違いなく軽減してくれます。

CREDIT
“STEPHAN SCHNEIDER” – JACKET WIG – ¥72,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” – 2 TUCK WIDE CORDUROY PANTS – ¥28,000+TAX-

コンパクトな着丈になるので、ジャケットとの合わせも◎

極端にアームの細いジャケットでなければ、ジャケットの下に差し込むことも可能です。

CREDIT
“mfpen” – LODEN COAT – ¥85,000+TAX-
“CLASS” – MANASHIKI – ¥42,000+TAX- 

CREDIT
“PHOEBE ENGLISH MAN” – TURN UP WIDE LEGS – ~MOLESKIN~ ¥54,000+TAX-

一枚ニットの上にコートを羽織れば十分な暖かさを感じると思います。

ネックはビタッと首にフィットし、綺麗なロールを成形してくれるので、首回りがごちゃごちゃしてしまうということもなく、チクチクとした肌触りも感じることがないので、コートの下の選択肢として真っ先にチョイスしてしまいそうです。

 

古くから伝わる伝統的な技法を使った手作業に加えて、上質な素材からなる温もりを感じるE.TAUTZのタートルネックニット。

肌に触れてみることで更に良さを感じていただけると思います。

 

オススメです。

 

 

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 大谷

December 18, 2018, 6:17 PM

Category: Otani Pick Up

Saravah “BIG APPLE CASQUETTE”

 

 

こんにちは。

1LDK AOAYAM HOTELの大谷です。

 

本日は昨年の秋冬に個人的に大変お世話になった帽子の紹介を。

入荷した日に衝動的に購入したこちら。

“saravah” – BIG APPLE CASQUETTE – ¥14,000+TAX-

– saravah –

日本のハットブランド。

基本的に手作業で作られる彼のプロダクトは、一見ユニークながら奇抜だけで終わらないベーシックさを確かに感じる事が出来ます。

コーディネートの仕上げに帽子をかぶって初めて完成する世界観を提案。

テンプレートの様に決められている帽子の素材から、少しだけ目線を変えた独特な素材使い。

その裏に確実に存在する帽子自体への想いと、彼自身の視点でサンプリングを行なって生まれるユニークなアイテムを提案しています。

 

 

普段コーディネートに帽子を取り入れる事はあまりない反面、一度気に入ったものを見つけると、とことんかぶり続ける性格。

キャスケットなんて手にする事すら今までなかったのですが、これはまずはその見た目にられました。

冬ならでは太畝のコーデュロイ、名前の通りのボリューミーなフォルム。

使い込んで生地がクッタリしてきても、格好良いだろうなぁと。

 

かぶり方は簡単。

かぶって、余った生地を横に倒すだけ。

個人的にはツバを後ろにしてベレー帽の様にかぶる事が多いですが、前で被っていただいてももちろんOK。
自由に楽しんでいただければと思います。

秋冬のウェアは比較的素材の表情がハッキリとしているものが多いと思いますが、そういったウェアとの相性も申し分ないキャスケット。

昨シーズンもご用意したBLACKに加えて、新たにGREENの2色展開。

 

女性が被ってもオススメです。

 

普段帽子を被らない方にとって、一番の懸念点は見慣れなさだと思うのですが、意外と被ってしまえばすぐに慣れてしまうもの。

 

冬のコーディネートに是非取り入れてみてください。

 

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 大谷

December 12, 2018, 7:59 PM

Category: Otani Pick Up Sakakibara