1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

THEME: Sakakibara

TEATORA 19S/S vol.2

 

TEATORA 19S/S vol.1

 

“TEATORA”

– Keyboard Shirt KEY –

¥34,000+TAX-

今まで着てきた/見てきたコットンポプリンのシャツのイメージを覆された、TEATORAの新型シャツ。

見た目からして上品なシャツでありながら、着用した途端にシャツという概念を打ち消してくれる着心地に、正直驚愕してしまいました。

そして、タイピングのために開発されたこのKEYBOARD SHIRTは、その着心地が故に快適なキーボード入力にフォーカスしたシリーズになります。また、長時間のタイピングをストレスフリーにするためのパターンワークも見逃せません。

圧倒的なストレッチ性と人間工学に基づいたカッティングが、デスクワークによる一日に蓄積するストレスを軽減してくれます。

生地にはコットン/ポリエステルの混紡素材。ビジネスシーンにおいても理にかなう落ち着いた面構えは、オリジナルのテキスタイル。

通常の袖カフスボタンの仕組みを排除し、ロールアップシステムを採用。ロンTの要領でそのまま袖まくりが出来てしまいます。

フロントは比翼仕立て、シェルボタンを使用。前身頃は二重構造になっており、白であっても透け感を一切感じさせないブラインドシステム。

コンパクトなサイジングでジャケットのインナーとしてもピッタリハマってくれます。

通年に対応する厚みとコシ、シルキーな手触りによって快適な着心地を極端に追求した一枚。

プライベートだけでなくオフィス内でのドレスコードをも担う、まさに固定概念を一掃させてくれるTEATORAのKeyboard Shirt KEY。

 

続いて、Solomoduleシリーズより新型を。

“TEATORA”

– Roomkey JKT Solomodule –

¥60,000+TAX-

生地は全方向に対して伸縮する、同ブランドではお馴染みのSOLOTEXを起用。

前回ご紹介したWallet JKTと比較して、着丈を長めに設定しフロントボタンを排除したデザインに。その生地分量が増えたことによって、アイテム全体の雰囲気とドレープ感を一層楽しめる仕上がりとなっています。

ラグラン仕様で、和装をも連想させる佇まい。

内側全体に総パイピング処理も施された内部の徹底された作りと、見た目からくる無駄のない美しさ。

そして、脇下に隠されたロングウォレットポケットとセキュリティーポケットとの間にはキーコードを搭載。

旅先の不安を解消することはもちろん、毎日使うものだからこそ、固定された位置に配することでスマートな生活に切り替えられるはずです。

 

都市部に住む人間が必要とする最低限の機能/デザインに対して、極限まで絞り込むTEATORAのスタイル。

お時間の許す限り、ぜひ店頭でお試しください。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

February 14, 2019, 8:22 PM

Category: Pick Up Sakakibara

TEATORA 19S/S vol.1

 

こんにちは。1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

今週一週間はまた一段と冷え込んでいますが、来週からは春の訪れを垣間見えるほど過ごしやすくなるそうです。(期待しています。)

そんな折に、TEATORAより新作を含むデリバリーが届きましたので、2日間に分けてご紹介します。

まずは1LDK AOYAMA HOTELでは毎シーズン欠かさずオーダーしている”SOLO MODULE”より、定番のセットアップを。

“TEATORA”

– Wallet Jacket Solomodule –

¥60,000+TAX-

“Solomodule”といってもいくつかモデルがございますが、細めのラペル付き/ラグラン仕様/iPadも収まる大きなポケットが、このWallet Jacketの最大の特徴になります。

そして全方向に対して伸縮する素材だからこそ、人体の様々な動きに対応する適応力。無駄なデザインが一切ないミニマルな印象ながらも、隠れされた収納力。決してかしこまる事なく、カーディガンの要領で楽しめる文句なしのジャケット。

デニムとの合わせでも、そのスタイリッシュな表情がより引き立てられます。

生地だけでなく、そのパターンからもこのジャケットの着心地の良さを感じ取れるはずです。

脇下から下に大きく隠されたポケットは、入れた物の重力によってその負荷を感じる事は無く、永続的に腕周りの可動域を確保する設計。

マットでどんなスタイルにも当てはまるブラック。その生地感と相まって上品なカラー映えが成立するネイビー。

そこまで神経質になることもなく、気軽に羽織れて格好良いTEATORAのWallet Jacket Solomodule。

 

そして、パンツも。

“TEATORA”

– Wallet Pants OFFICE Solomodule –

¥34,000+TAX-

タイトなシルエットながら、360度に伸縮する素材の特性から快適な穿き心地を毎度味わえるWallet Pants OFFICE Solomodule。

日常生活はもちろん、旅先や出張先といったシーンにもしっかりとハマる万能なパンツ。

化繊系の特徴的な生地感から他生地とのギャップも生みやすく、極端にファッションに寄りすぎてしまうこともない、まさに日常に溶け込むアイテム。

ウエストバンドにベルトループが備え付けられており、OFFICEと名付けられたこのスリムな型のみ、タックインした際の印象をよりスマートにするためにドローコードが内側に隠されています。

スーツまでカチッとしすぎず、かといってカジュアルになりすぎない仕事場であれば、なんなく取り入れて頂きたいアイテム。

座る/歩く等の動作が多い環境であればなおさらです。

スマホや財布のみで出歩くシーンに、必然的にセキュリティーを備えた設計。縦10cm × 横18cmのロングウォレットも、両サイドのコンシールファスナーにすっぽりと収まるます。

また、化繊系と言ってもぼくらが想像するよりはるかにコシのある生地。肉体的な作業をする機会が多くても、このパンツなら大丈夫だろうと思える”Solomodule”だからこその安心感がそこにはあります。

 

まずは触れてみて下さい。

明日は、TEATORAの新作をご紹介します。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

February 13, 2019, 8:12 PM

Category: Pick Up Sakakibara

COMOLI – Wool Gabardine Double Breasted Coat –

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

“COMOLI”より、待望の新しいコートが到着しました。

言わずと知れたTielocken Coatの型をベースに一新されたコート。

 

“COMOLI”

– Wool Gabardine Double Breasted Coat –

¥98,000+TAX-

釦を2列に並べたダブル・ブレスト構造。

羽織った際に実際にできるクタッとした表情を一変するように、チンストラップと一番上だけを締めてスッキリとした表情にも。

ラグランスリーブでカチッとしすぎず、総裏はキュプラの抜け目のないスムーズな着心地。

生地自体は中厚で、少しの寒さでも対応出来てしまう安心感すら覚えます。

Tielocken Coatの顔とも言える、極太のラペル。

全体のデザイン自体はシンプルなものですが、このラペルの存在感がひときわ男らしさを漂わせてくれます。

素材にはウールギャバジンを使用。

ウールのきめ細かい素材感が際立つ綾織りの梳毛生地。ウールサージと比べて上品な質感としなやかなタッチが魅力です。

コートに仕立てることで、どのアイテムにも負けないドレープをより一層感じられる仕上がり。さらに綾織りならではの高密度の打ち込みにより、シワに強い生地へ。

作業着の生地としても使われていたほど、とにかく頑丈なウールギャバジン。

僕は188cmでサイズ3を着用していますが、全体を覆ってくれるボリュームのあるシルエット。それでも生地分量が故に、ストンと縦に落ちるフィット感。

スラックスや太めのパンツとの相性も良く、シンプルなだけに、お持ちの洋服の上に被せてあげるだけで完成してしまいます。

客観的に見ていてもシルキーなタッチとドレープを思う存分感じていただける、”COMOLI”のスプリングコート。

春が待ち遠しくなります。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

February 8, 2019, 8:22 PM

Category: Pick Up Sakakibara

midorikawa – Linen Trousers –

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの大谷です。

毎日のように革靴を穿き、合わせるパンツは大半がスラックス。シルエットはストレート、フレア、たまにワイドでレングスは長め。パンツの裾から革靴を繋げるように合わせるのが個人的に好きなスタイルです。

midorikawaから19ssの第一便で入荷したのがこちらのリネンのスラックス。

17ssの1stシーズンで展開していたフロントが長く、バックは短く。

靴に被さるようにして穿いていただく仕様を復活させた1本です。

ウールのスラックス、コットンツイル、シルクデニムで展開していましたが、今回はリネン。

リネン特有の落ち感と清涼感を感じる仕上がりで、春夏シーズンにはまさに打ってつけです。

“midorikawa”

-Linen Trousers- ¥48,000+TAX-

CREDIT
“MAISON FLANEUR” -MULTI STRIPE WOOL JACKET- ¥76,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” -COTTON PIQUE CREW NECK KNIT- ¥16,000+TAX-

 

すっきりとしたストレートシルエット。

サイドのシルクの側賞テープは、敢えて片側だけ縫い付けなびくように。

段違いのカッティングを施した裾のディテールが縦長のシルエットを強調し、すらっとした見え方がエレガントな雰囲気を醸し出します。

個人的にはやはり革靴で。スッキリとしたフォルムとの相性が抜群に良いと思います。

 

レングス長めをお好きな方には是非ともオススメしたいトラウザーです。

 

アーティザナルなパターンとレイヤード、装飾など個性が際立つデザインに、エレガンドな要素が加わる“midorikawa”

アーティスティックな雰囲気のある洋服ですが、この類を見ないデザイン性を是非楽しんでみてください。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF大谷

February 6, 2019, 8:45 PM

Category: Otani Pick Up Sakakibara

STEPHAN SCHNEIDER 19SS – TROUSERS –

 

こんにちは。1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

2月になり春の匂いがしたと思ったら、また冬に逆戻りしてしまいました。

しかしそんな季節の変わり目だからこそ、店頭ではどんどん春夏物が入荷してきております。

個人的には気分も上がるので、それが何よりの救いです。

本日はその新作の中から、STEPHAN SCHNEIDERのご紹介を。

 

“STEPHAN SCHNEIDER”

今期のシーズンテーマは、”A SHADOW NEVER SWEATS(汗をかくことない影)”。

影をキーワードにテキスタイルやパターンで影を表現したコレクション。

服を着た際に自然に生まれる影を、生地を切り替えてユニークなパターンで表現。

それらはアシンメトリーなパターンを用いながらも、シルエットはシンメトリーに仕上げられています。

 

まずはパンツから。

“STEPHAN SCHNEIDER”

– TROUSERS PROJECTION –

¥52,000+TAX-

上品なネイビーのサマーウールを使用した、テーパードトラウザー。

イージー仕様のウエストバンドが穿きやすさを際立たせつつも、表向きはクラシカルなスラックス。

ボックスプリーツを施したかのようなインタックとアウトタックの組み合わせは、ウエストのボリュームを抑えつつも腰回りにはゆとりを忍ばせる設計に。

ワタリから裾にキュッと締められるテーパードによって、比較的タイトなシルエットを演出します。

それでも窮屈という概念は一切ない、リラックスできる綺麗なスラックス。

シーズンテーマを彷彿とさせるウエストバンドの切り替え。

フロントからはトラックパンツ、バックスタイルはスラックスの面を持つこだわりのヴィジュアル。

その生地は、重力によって自然なドレープを生み出します。

CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” – FATIGUE JACKET – ¥48,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” – COTTON PIQUE CREW NECK KNIT – ¥16,000+TAX-

スタイリッシュかつフォーマルにまとめ上げるには最適なパンツ。

裏地のないサラッとしたネイビーウールだからこその、デイリユースに向けた一本。

 

続いても、オススメのパンツを。

“STEPHAN SCHNEIDER”

– TROUSERS VISION –

¥50,000+TAX-

春夏らしいリネンを採用した、テーパードトラウザー。

先ほどのネイビーウールのトラウザーとは似ても似つかない、リネンのクタッとした落ち感と膨らみが特徴の一本。

柔らかな穿き心地と緩やかにかかるテーパードが、程よい抜け感を演出してくれます。

ベースはネイビーですが、細かいブルーとオレンジの総チェック柄なので、光の当たり具合によって様々な見え方をしてくれます。

CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” – NYLON LITE COAT – ¥38,000+TAX-
“E.TAUTZ” – LINEMAN SHIRT – ¥34,000+TAX-

股上を広めにとり、緩やかにかかるテーパードによってより一層リネンのふんわりとしたテイストを味わえます。

僕がそうなのですが、上品で細身なパンツはもちろん好きで良く穿きます。ただ、気分によっては適度にボリュームのあるパンツを楽しみたいと思う時があると思います。

そして、このパンツはそういった気分を感じていただいた時にきっとマッチするはずです。

男臭さの残るフォルムですが、繊細で軽やかな生地が季節感を持ち込みます。

陰影すらも味方につけるテキスタイルとカラーリング。

 

今季のSTEPHAN SCHNEIDERも魅力的なラインナップです。

ぜひお試しください。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

February 5, 2019, 8:17 PM

Category: Pick Up Sakakibara

E.TAUTZ – PYJAMA SHIRT & SWEAT-

FEATUREページが更新されました!

 

E.TAUTZ 19S/S from United Kingdom

E.TAUTZ – CORE TROUSERS SERIES –

E.TAUTZ – LINEMAN SHIRT –

E.TAUTZ – JACKET & TROUSERS –

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの荒木です。

本日も引き続きE.TAUTZからですが、今回は初めて入荷した2型をご紹介。

“E.TAUTZ”

– PYJAMA SHIRT –

¥38,000+TAX-

<PINK>

紳士服を背景に持つ同ブランドが作ったパジャマシャツ。

毎シーズンセレクトしているLINEMAN SHIRTと同じくとにかくオーバーサイズ。

生地は同じく綿繊維の細いブロード生地を使用。

その繊細で品のある生地の生み出す表情はカジュアルに合わせてもラフすぎる見え方になることはありません。

淡いピンクをベースにホワイト/ネイビーのキャンディーストライプを乗せたクラシカルな配色はライトな色味とも合わせやすく春夏の装いにスッと馴染んでくれます。

<BLUE>

このオーバーなサイズ感を活かして、前を開け羽織りとして着ても、ラペルのある襟元がシャツを羽織った際とはまた違った見え方をしてくれます。

袖口はゆとりがありやや長めですが、精巧に合わせられた柄/縫製ですのでロールアップしてもすっきりと綺麗に合わせらる仕立て。

オープンカラーシャツは前立ての見返しが広く、着ていると裏返しになることがありますが、裏に生地を一枚充て捲れないようにすると同時に表地にステッチを出さない気の利いた作り。

タックインした際に生まれるボリューム/綺麗なドレープ感は同ブランドのシャツならでは。

パジャマシャツとは言えど袖物との合わせは抜群です。

前を閉めた際に分かる柄合わせは熟練工によりハンドメイドで作られている拘りを感じていたでけるはずです。

 

続いてスウェットのご紹介を。

“E.TAUTZ”

– PRINT SWEAT –

26,000+TAX-

<ECRU>

ドロップショルダー/ドルマンスリーブが特徴のスウェット。

中厚コットン生地の裏バイル仕上げの着心地の良さはこれからの季節に打って付けでサラッとしたタッチが魅力。

広げると特徴的なドルマンスリーブですが全体のルーズなサイズ設計に馴染み主張を抑えたバランスです。

前身頃のプリントは手書きのような温かみを感じるデザイン。

文字で書かれた”MY DAD WAS A TEXTILE WORKER”は昨日紹介したMILLWORKER JACKET “繊維工場で働く労働者の制服”と繋がりを持つかのようなブランドらしいプリントです。

 

<RUST>

今回用意したサイズはMとLの2サイズ。

元々大きなサイズですがサイズを上げて同ブランドの特徴的でもあるシルエットを存分に楽しむのもオススメですので、是非一度着比べてみてください。

 

サヴィルロウの伝統的なスタイルを守りながら、時代に合わせて挑戦と変化を繰り返し、今尚自分たちのスタイルを表現し続けているE.TAUTZ

エレガントでありながらそこに衣装っぽさは無く、日常に溶け込むリアルクローズとして完成されたプロダクト。

その良さを実感して頂ける今ラインナップ、是非ご覧になってください。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 荒木

 

February 1, 2019, 9:20 PM

Category: ARAKI Pick Up Sakakibara

E.TAUTZ – JACKET & TROUSERS –

E.TAUTZ 19S/S from United Kingdom

E.TAUTZ – CORE TROUSERS SERIES –

E.TAUTZ – LINEMAN SHIRT –

 

こんにちは。1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

店頭でも徐々に動きが見受けられるE.TAUTZのコレクション。

お客様とお話ししている中で、(どの洋服でもそうかもしれませんが)

「やっぱり着てみないとわからないよね。」

という言葉をよく耳にしたり、口にしたりします。

 

E.TAUTZにしても。

 

定番のトラウザーズ、シャツと続いてご紹介してきましたが、今回は新型のジャケットとトラウザーズを。

 

– DENIM JACKET –

< BLEACHED DENIM >

¥54,000+TAX-

CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” – SWEAT WIDE EASY SLACKS – ¥23,000+TAX-

ショート丈のデニムジャケット。

短めに設計された着丈に対してたっぷりと取られた身幅とアームホール。非常にボリュームのあるフォルムになりますが、袖はキュッと絞られていたり、ラグランのイメージに近い袖付けで、程よい抜け感を演出してくれます。

テーラーを基盤とするブランドだからこそ、細かく綺麗に走るステッチワークは、デニムジャケットもしっかりと品のある佇まいに。

パネル設計のデザインも無骨な印象を感じさせないので、デニムジャケットを普段着られない方も是非袖を通してみてください。

– DENIM JACKET –

< ECRU DENIM >

¥47,000+TAX-

CREDIT
“I” – PINTUCK TROUSERS STAPRE – ¥22,000+TAX-

CREDIT
“E.TAUTZ” – LINEMAN SHIRT – ¥40,000+TAX-
“DIGAWEL” – HEM BUTTON PANTS – ¥33,000+TAX-

生成りの色味もご用意しております。

シルバーのロゴ入りタックボタンが、凛とした雰囲気を。

シャツやニットの上にガバッと羽織るだけで完成するような一着。スラックス等、上品なパンツと組み合わせると上手く着崩せるはずです。

 

– MILLWORKER JACKET –

< ECRU/NAVY TICKING STRIPE >

¥50,000+TAX-

CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” – COTTON PIQUE CREW NECK KNIT – ¥16,000+TAX-
“MAISON FLANEUR” – EASY TROUSERS – ¥40,000+TAX-

MILLWORKER(ミルワーカー)= 繊維工場で働く労働者。

そのイメージを彷彿とさせるE.TAUTZらしいティッキングストライプ柄で仕立てた3B ジャケット。

段違いに並んだアウトポケットは、ハンドメイドでの柄合わせをさりげなく魅せてくれるこだわり。

各パーツのゆとりは十分持たせながらも、テーラーを基調とするブランドならではの丁寧な仕立てと縫製。ラペルを小ぶりにし裏も付かない分、ラフにばさっと羽織れる着やすさも外せません。

 

続いてはトラウザーズを。

– MILLWORKER TROUSERS WITH BLACES –

< BLEACHED DENIM >

¥51,000+TAX-

CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” – FATIGUE JACKET – ¥48,000+TAX-

是非とも履いて欲しい一本。

こちらも繊維工場で働く労働者に着想を得たトラウザーズ。ジャケット同様、シームが随所に施され、張り合わせるようにして組み立てられた逸品。

こうすることで淡白な表面に奥行きを持たせ、立体的な構造を成立させる仕組みに。

深い股上と引き締められたヒップライン、そこから緩やかにかかるテーパードが絶妙に効いたワイドシルエット。

わざとサスペンダーを垂らして揺らすのもよし。ベルトループも付属し、サスペンダー自体の付け外しも容易です。

– MILLWORKER TROUSERS WITH BLACES –

<STRIPE>

¥47,000+TAX-

CREDIT
“E.TAUTZ” – LINEMAN SHIRT – ¥40,000+TAX-

こういうパンツを待ちわびていました。

シルエットは先ほどのブリーチデニム同様、ゆとりのあるシルエット。

両サイドのハンマーループ、膝を補強するために二重に仕立てた大きな縫い代は、さりげなくデザインに同化する気の利いたディテールに。

CREDIT
“I” – BALMACAAN COAT – ¥46,000+TAX-

黒で統一したくなる日もある中、ネイビートーンのストライプ柄が柔らかい印象に仕上げてくれます。

どこかに柄を取り入れるとなると、個人的には下に持ってくる傾向にあり、とても新鮮かつ安心してしまいます。

あまり誇張しすぎない、それでもちょっとしたシンボルみたいなものは取り入れたい。そういうスタンスが永遠に僕の頭の中をぐるぐる回っています。

このパンツは、それにピッタリのアイテムだと穿いて確信しました。

 

ワーカーのニュアンスを取り入れつつも、現代に受け入れやすいE.TAUTZのパターン技術。

それを思う存分味わって頂けるはずです。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

 

January 31, 2019, 11:00 PM

Category: ARAKI Pick Up Sakakibara

E.TAUTZ – LINEMAN SHIRT –

E.TAUTZ 19S/S from United Kingdom

E.TAUTZ -CORE TROUSERS SERIES-

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの荒木です。

今回も引き続きE.TAUTZから毎シーズン生地/柄を変えリリースされるLINEMAN SHIRTのご紹介を。

 

先日ご紹介したトラウザーズと同様に同ブランドが作り出すシャツは極端にルーズフィット。

一見大きすぎると思われますが、英国の紳士服をバックボーンに持つブランドの拘り抜いたシャツは着て頂くとそのバランスに惹かれるはず。

 

“E.TAUTZ”

– LINEMAN SHIRT <PLAIN> –

¥34,000+TAX-

綿繊維の細いブロード生地。

定番型/生地ではあるものの届く度にこの生地の軽やかさやタッチには魅了されてしまいます。

さらっとスラックスに合わせるだけでも感じる存在感。

今季はDENIM BLUE/TAUPEのカラーでオーダー。

このシャツの特徴でもあるフロントのポケットはタックインした時に、立体的なシルエットを生み出す独特なデザインです。

 

ボリュームのあるサイズ感とは裏腹に薄く柔らかな生地は、ジャケットを羽織ってもたつかず、インナー使いにも適した一枚。

 

“E.TAUTZ”

– CORE COLLARLESS LINEMAN SHIRT <PLAIN> –

¥34,000+TAX-

パターンは同じくカラーを取り除いたCORE COLLARLESS LINEMAN SHIRT。

カラーがない事で少しカジュアルにデニムやチノパンに合わせても、ゆったりした雰囲気を楽しめそうです。

前を開けて、羽織としても一役買ってくれます。

透かすと先が見える程に薄くしなやかな生地は、日本の猛暑には打ってつけでTシャツの上にサラッと羽織うのに最適です。

中に合わせるニットやTシャツで印象も変わります。

 

“E.TAUTZ”

– LINEMAN SHIRT <STRIPE> –

¥40,000+TAX-

今シーズンはストライプ柄が良く、LINEMAN SHIRTに関しては2種類オーダー。

こちらは先程のシャツと同生地でのストライプ柄。

ポケット/カフス/襟部分の柄合わせは熟練の職人が仕立てる精巧な作り込みです。

ホワイトをベースにアーミーグリーン/ネイビーのクラシカルなキャンディーストライプをのせた春夏のライトな生地/色に馴染みやすい配色。

ベージュやカーキのチノパンとの相性は◎

 

“E.TAUTZ”

– LINEMAN SHIRT <STRIPE> –

¥38,000+TAX-

ピッチ幅の広いボールドストライプ柄に生地にはふっくらとしたコットンリネンを使用した目新しいLINEMAN SHIRT。

しなやかなコットンブロード生地とは違いどこか男らしい、くしゃっとした表情が魅力のシャツです。

このように生地感の異なるシャツをレイヤードさせて合わせるのもオススメです。

 

昨日からご紹介したアイテムはどれもブランドの代名詞とも言える定番型。

実際に袖を通すとこのバランスのとれたサイズ設計/上質な生地感に魅了されるはずです。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 荒木

 

January 30, 2019, 9:18 PM

Category: ARAKI Pick Up Sakakibara

E.TAUTZ – CORE TROUSERS SERIES –

E.TAUTZ 19S/S from United Kingdom

 

こんにちは。1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

 

待ちに待った”E.TAUTZ”のデリバリーが届きましたので、早速ご紹介したいと思います。

今回もこれでもかというほど、目ぼしいラインナップ。

最近、僕の周りでもこのブランドの洋服を持っているケースが多いです。

友人が着て、仲間内で一緒の時間を過ごす中で、ふとした瞬間に

「あぁ、あのシャツやっぱりかっこよかったなぁ」

と素直に思えました。

僕の周りでは同じアイテムを複数人持っていて、ある日集合写真を撮る際にあまりにも被りすぎていたため、逆にそのアイテムに対して購入することを敬遠してしまいました。(あるいは嫉妬してしまったのかもしれません。)

もちろんシャツだけではありません。

ロロピアーナのコート、デニムのトラウザーズ、、、等々。

 

E.TAUTZ

“過去から未来へ、デザインをつなぐブランド”

 

デザイナーは、Patrick Grant氏。

彼の洋服に対する考えは、Ted Xでの公演をYou Tubeで拝見してみると面白いかもしれません。

 

今回は、E.TAUTZの中でも定番となっている”CORE TROUSERS”シリーズをピックアップしてご紹介します。

何気なく潜むバランスの良さ。

それを少しでも感じ取って欲しいと思います。

 

“E.TAUTZ”

– CORE FIELD JEAN < DARK INDIGO > –

– CORE FIELD TROUSERS < ECRU DENIM > –

¥39,000+TAX-

引き締まったウェスト、深めに取られた股上、大きく設定されたヒップライン。

まさにその代名詞とも言える”CORE FIELD JEAN”。

ワタリからストレートに裾まで落ちるワイドなシルエットが特徴的。

その型破りな股上の深さとは相反して、着用者の体型に合わせられる振り幅も併せ持ちます。そこまでワイドな印象を持たせないバランスの良さは、穿いていただくと実感するはずです。

ダークインディゴに映えるシルバーステッチと、艶のあるドレープ感もしかり。

旧式の織機を使用して生産されるセルヴィッジ・デニムは、その生地を織る為に通常のデニム生地の5倍以上の時間を必要とし、織機のアナログさと職人の手仕事による目利きを要した上に成り立つ一本。

型崩れしにくいセルヴィッジ・デニムの立体的な構造を解釈し、迫力のあるビッグ・シルエットを生み出しているE.TAUTZのアイコン的なパンツ。

 

続いて、新登場のこちら。

シルエットは先ほどのCORE FIELD JEANと同様、ワイドなストレートタイプ。

ただし、今回生地に新しく採用したのは”ECRU DENIM”。

ECRU = 生成り。先ほどの艶のあるDARK INDIGOと比べると、ワンウォッシュをすることで最初から柔らかな手触りを持たせ、真っ白というよりかは、アイボリーに近い色彩を表現しています。

もちろん、穿き込むほどその風合いは深みを増します。

ベージュトーンで組むと、その隠れた存在感にも惹かれるはず。

70年代のヴィレッジワーカーを彷彿とさせるECRU DENIMと、サヴィル・ロウの老舗ブランドが融合したカジュアルかつ上品な佇まい。

抵抗のある白パンというカテゴリーを払拭させるかのような、程よい抜け感がなんとも手を伸ばしたくなる一本に。

 

最後は、毎年オーダーを欠かさないこちらのパンツ。

“E.TAUTZ”

– CORE PLEATED CHINO –

< KHAKI/NAVY >

¥22,000+TAX-

< KHAKI >

その名の通り2プリーツが施された、定番のチノタイプ。

パリッとした打ち込みの強いコットンに、緩やかにかかるテーパードシルエット。前述したCORE FIELD TROUSERSとは対照的な浅い股上が、スラックス感覚で比較的どんな需要にも当てはまってしまうパンツ。

イギリスメイドの滑らかで光沢のある生地感がクラシカルに纏め上げてくれます。

こちらは、ベージュベースの発色を持つカーキ。

淡いトーンで、全体のベースともなれる使い勝手の良さが使用頻度を高める一本。

細すぎず太すぎず、かといって型崩れも起こしにくいガシガシ穿き込んで頂ける強さも魅力の一つ。

2タックのパンツは腰回りにボリュームが生まれ、バックにもたつきが生まれる可能性が高い傾向にありますが、このCORE PLEATED CHINOはそのバックスタイルもコンパクトに。

スッキリとしたヴィジュアルが実現されています。

<NAVY >

昨年瞬く間に消えたネイビー。

普段の装いに自然と馴染んでくれる、特に文句のつけようがないアイテムです。パッと見ではわかりにくい軽やかな生地は、これから訪れる季節に向けてモチベーションを高めるにはもってこいの品。

適度なボリューム感を楽しみつつ、コンパクトなバックラインとゆるやかなテーパードシルエットが全体を引き締めてくれます。

 

シーズン/トレンドというものに囚われることのない、必ずや僕たちの期待にも応えてくれる”CORE TROUSERS”シリーズ。

きっと皆様にも頷いていただけるはずです。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

 

January 29, 2019, 8:47 PM

Category: ARAKI Pick Up Sakakibara

“PHOEBE ENGLISH MAN” – TROUSERS –

 

PHOEBE ENGLISH MAN – BLOUSON & BACKPACK –

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの荒木です。

 

昨日に続きPHOEBE ENGLISH MANから、今シーズンのコレクションテーマ”FIN”をより実感していただけるトラウザーのご紹介を。

 

 

PHOEBE ENGLISH MAN

– TURN UP WIDE LEGS  <LINEN> –

¥48,000+TAX-

CREDIT
“PHOEBE ENGLISH MAN” – FOLD POCKET BOMBER – ¥76,000+TAX-

まずは仕様変更をされリリースされるワイドパンツ。

股上深め/裾6cmのW幅が男性らしさを彷彿させるディテールとウエスト周りにはダーツを入れウエスト/ヒップラインを直線的にすっきりと。

レディースコレクションで培ったブランドが成す絶妙なバランスを楽しんでいただけるはず。

CREDIT
“MAISON FLANEUR” –GLEN CHECK WOOL ZIP BLOUSON– ¥72,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” –COTTON PIQUE CREW NECK KNIT– ¥16,000+TAX-

ウエストから走るダーツから深く入ったワンタック、そこから緩やかなテーパードラインになり、リネン素材と相まってふっくらとしたシルエットに。

風に靡き、動きに連れてドレープが生まれる軽やかなリネンの生地だからこそ、素材感も存分に楽しんでいただけます。

くたっとした表情になっていくその過程も楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

PHOEBE ENGLISH MAN

– TURN UP WIDE LEGS  <WAFFLE LINEN> –

¥48,000+TAX-

CREDIT
“PHOEBE ENGLISH MAN” – FOLD POCKET BOMBER – ¥70,000+TAX-

形/素材は同じで、リネンワッフル生地を使用したグレー。

先程のブラックに比べると張りのあるワッフル生地はシンプルにブルゾンやニット、暖かくなってきたらTシャツに合わせてもこのボリューム感を存分に感じてもらえると思います。

同じ型でも全く異なる生地を乗せてリリースし、生地とのバランスを綿密に考えられたアイテムをリリースするPHOEBE ENGLISH。

悩ませる要素でもありますが、それぞれに良さがありますので、是非店頭で穿き比べてみてください。

 

PHOEBE ENGLISH MAN

– FIN JOGGERS  <MID WEIGHT COTTON> –

¥42,000+TAX-

CREDIT
“PHOEBE ENGLISH MAN” – FOLD POCKET BOMBER – ¥70,000+TAX-

こちらも仕様を変えリリースされるジョガーパンツ。

テーマでもある”FIN”の名前が付いたジョガーパンツは、サイドのヘムを長く取り、動きによって膨らみを持つシルエットが特徴的な一本。

そのまま穿くと裾のリブは隠れスラックスのように、turn upしてリブを出すことでよりカジュアルに合わせられる仕様です。

ジョガーパンツとなるとラフにスニーカーといった印象ですが打ち込みの強い中厚のコットン生地はハリ/艶のある上品な佇まいで革靴との相性も◎

 

CREDIT
“ I ” – BALMACAAN COAT– ¥46,000+TAX-
“MAISON FLANEUR” –PULL OVER OVER SIZE SHIRT– ¥38,000+TAX-

スニーカーと合わせても決してラフすぎる印象になることはありません。

合わせるトップスに応じて使い分けてみて下さい。

 

ブランド独自のディテールとそのアイテムの良さをより感じさせてくれるテキスタイルのチョイス。

今回のコレクションもPHOEBE ENGLISHの良さが詰まったラインナップです。

是非一度ご覧になってみて下さい。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 荒木

January 25, 2019, 8:47 PM

Category: ARAKI Pick Up Sakakibara