1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

THEME: Sakakibara

着ていく場所を想定して。

 

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

七つのbagjack。

第二回OUTER PICK UP。

ブルゾン派の提案する2つのアウター。

私の「お気に入り」と...

切っても切れないカラーを。

女性目線で選ぶギフトアイテム。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

“ちょっとした贅沢”

東京はどこの街へ行っても賑やかなムードになって来ましたが、そんな気分に便乗するように服装も気合を入れてみる。といった趣旨のご紹介をしていこうと思います。

というのも、ドレスコードらしいものを考えてはみたものの、思い当たるセットアップがないなぁと、自身のワードローブを振り返ってみて気に掛かる点がありました。

周りのショップもギフトシーズンへ向けて本腰を入れております。もちろん僕達も。と言っても、何を選べば良いかわからない、そもそもどんなお店で選べば良いかなんて、目的がなければタイミングでしかありません。

少し街をぶらぶらして、興味本位で入ってみれば意外と見つかる、なんてことはよくある話です。僕たちも皆様と同じく、自分の脚でギフトを選び、どれが良いかなんて事をショップの方と実直に相談しながら決めるのですが。遠方へ届ける際も、家の近くのヤマト運輸さんと一緒に梱包する時間すらもワクワクしてきます。

はたまたギフトを一緒に決める、なんてことも今となっては珍しくありません。そっちの方が楽なのではないか。という意見にも頷いてしまうかもしれません。

ちょうど今週末はお客様がお連れ様と一緒に時計を選びに来て下さるので、今回は”ちょっとした贅沢な日”を求めて、その日にあったドレスコードを一通り。

 

僕、榊原は良い年齢になって来たので、友人の結婚式の二次会を連想して。

博多出張で青山にいない間にSTAFF杉村がマフラーはコレ!と豪語していたもので、Joshua Ellisのマフラーを改めて触ってみましたが、このしっとりとした手触りがとてつもなく気持ち良いです。カラーも落ち着いた印象なので、難しい色使いの時でもすんなり溶け込み、他も引き立ててくれます。

VAGUE WATCHのデジタルモデル、DG2000もちょっとした拘りで僕たちスタッフ間では、その愛用度合いから「郡モデル」として親しまれているカスタムウォッチ。通常のラバーベルトをオレンジステッチの入ったレザーベルトに切り替え。当人にはかなり軽蔑されましたが、こちらも見ていたら欲しくなってしまったので、、。

どこかでカジュアルな一面性を取り入れたかったのですが、私物のFLANK LEDERのアーカイブシャツに、DOG WOOLのジャケットを被せたら他で付けたりせずに終わってしまいました。

このDG2000はジャンル不問だと思って僕も毎日付けていますが、本当に気に入っているのでどんなスタイルでもお構いなしです。

CREDIT
“Joshua Ellis” – GIANT WINDOW PANE – ¥57,000+TAX-
“FRANK LEDER” – DOG WOOL JACKET – ¥88,000+TAX-
“CLASS” – MANASHIKI – ¥45,000+TAX-
“VAGUE WATCH CO.” – DG2000 × LIZARD BELT – ¥27,000+TAX-

少しだけオシャレしないとな、なんて使命感に駆られることも無きにしも非ずですが、そこまで考え込むこともなく、、

今回は色物をメインに。

正直普段は柄も色もウェアに対して求めない性ですが、ここは心機一転、本当に全部欲しいくらいです。CLASSのパンツはもともと気になっていたこともあって、なんで残っているのか不思議なくらい魅力的です、、。

 

続いて、STAFF杉村のパーティー仕様。

私物の通称”アンコンジャケット”に小物をちらちらと覗かせたスタイル。彼は休みの日でもかなりラフな格好を楽しんでいますが、小物への拘りも女子力の表れでしょうか。

そして、UP×VAGUE WATCHのBB EX1もさりげなく光る存在感。昨日女性目線のギフトと題して紹介していましたが、気に入ったのか大人っぽさも追加しています。

今回は彼の普段の雰囲気をガラリと変え、シックにオールブラックで。一年共にしていますが、とても新鮮です。

CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” – UNCONSTRUCTED JACKET – ¥52,000+TAX-
“lownn” – DOUBLE PLEATED WIDE TRS – ¥43,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS × VAGUE WATCH CO.” – BB EX1 – ¥30,000+TAX-
“ED ROBERT JADSON” –  HELIX – ¥15,000+TAX-

少しキャップについて触れますが、ブラウンのCOMOLIのインナーニットに、バーガンディーのCOMESANDGOESのキャップとの色合わせも気が利いています。僕も同アイテムのブラックを多用していますが、重たくなりそうな装いに艶やかなキャップも若干のストリート要素で東京には馴染むかと。

パンツは、着用している杉村もこれに頼りっきりとなっている、lownnのテーパードトラウザー。他ブランドの物でもここまでセットアップとしての面構えが良いと、様々な場面で使えるはずです。ふっくらとハリのあるメルトンウールを使い、直線的にシワが入ります。このスッキリとしたシルエットもまたサイズが合えば納得するはずです。

タイドアップと謳っていますが、これくらい砕けた感じでも他と差別化して面白いかと。

 

最後は新人のSTAFF柳沼に。彼に目的地を聞くと、

「美術館に行ってきます。」

と、仕事中なのでもちろんお店へ戻りましたが、少し落ち着いた休日を連想させるセットアップを着てもらいました。ANCORの立体的な生地感も特徴で、こちらは博多でもご用意がありましたが、やっぱり上下揃えた方が雰囲気も倍増しますね。うっすらとしたウィンドウペンなので、そこまで柄自体の主張も無く自然体で着られます。このネイビーとカーキのバランス、トーンも然り、比翼なのでシャツというよりはブルゾンに近い感覚で取り入れ可能。

UP初期のユーティリティバッグの復刻、さりげなく組み込んでいますが、手持ち、肩掛け、バッグパックといった背負い方の幅も豊富。移動しながらの作業も、手間を取ること無く対応してくれます。

PCにノート、ペン。都会の喧騒から離れ、コーヒー片手にもの書きをしてみるのも悪くないかと。ホテルの名が付くだけに、こういったカチッとしたスタイリングやロケーションも新鮮な程に久しぶりでした。

CREDIT
“COMESANDGOES”  – CASHMERE 100 CASQUETTE – ¥16,000+TAX-
“ANCOR” – OVERSHIRT HECTOR – ¥42,000+TAX-
“ANCOR” – ACHILLE – ¥34,000+TAX-
“STEPHAN SCHNEIDER” – SCARF ARAGON – ¥24,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” – UTILITY BAG – ¥29,000+TAX-

“服と目的地を照らし合わせてみる”

そんなことも一つ、ファッションを楽しむ上で欠かせない条件だと思います。

それでは、明日は晴れそうなので、気持ちの入る服を纏って出かけるとしましょう。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

December 10, 2019, 9:38 PM

Category: Blog Pick Up Sakakibara Sugimura Yaginuma

切っても切れないカラーを。

 

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

いつもと違った視点で。

寒波到来。

七つのbagjack。

第二回OUTER PICK UP。

ブルゾン派の提案する2つのアウター。

私の「お気に入り」と...

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

各々に、自分はこの色。と好きな色味や目に留まるカラーがあると思います。特に買い物中なんかはその系統のアイテムが気になって仕方がない、、なんてことも経験あるはず。

今回は各々スタッフが思い入れのあるカラーをピックして好きにプレゼンする、ちょっとした提案方式で進めていきます!

まずは僕から。いつの間にか切っても切れない存在になっていました。

何故かと理由を聞かれると明確な答えは出ませんが、純粋に好きだということ。

以前発売したチルバスターは勿論、夏はUPのヘビーウェイトTEEでも選んでしまう程、、というより気付いたらオレンジを手に取っている、知らない内にマストカラーになっていました。

古着で見かけるナイロンジャケットだったり、いなたい雰囲気のアイテムを買い漁って来たので、派手だなぁと思いながらも取り入れ辛さを感じたことはありません。

“STEPHAN SCHNEIDER”

– JUMPER ANCHOR – ¥45,000+TAX-

店頭でも目に付くオレンジ。その中でもピックするなら、まずこのニット。さりげなくクリスマスカラーだからか、購入タイミングが頭を過ぎります。結構ゆったりと着れるサイズ感なので、適当に袖をロールしてラフに使うのが好み。アルパカのふっくら感が強いので、気持ちよく着られる嬉しいポイントですね。

“UNIVERSAL PRODUCTS”

– MACKINAW JACKET –  ¥72,000+TAX-

もう一点はこちら。オレンジ、、のグレンチェックが今のシーズンにも好印象なUPのマッキノージャケットです。私物のチルバスターに羽織って。

何処かしらで色を拾うスタイリングも好きですが、オレンジに関しては一点投入、差し色の役割に期待して使うことが殆どです。

前はオレンジ×カーキのように、完成形のカラーリングでセットを組むこともしばしばありました。今は適当にグレーのインナーに飽きたからコッチにしよう、と面白いから、くらいの感覚で取り入れています。オレンジは飛び道具的なポジションだと思っているので、こういった扱いが良いというのが個人的な意見です。

“Maison Margiela”

– SHORT WALLET –   ¥52,000+TAX-

そして、小物も強いのがオレンジ。左が私物のDIGAWELのカードケースです。

もう一方が狙っているマルジェラのウォレットで、やはりオレンジを選ぶのかと自問自答しています。エルメスオレンジなんて呼ばれるくらい、品の良さでは一つの象徴的なカラー、それは惹かれるものがあるのも頷けます。

このように、同じ色でも違った感覚で見せてくれるのがオレンジの良いところ。複数の魅力がある色味、試してみたくなりますよね。思い切ってギフトにオレンジ、なんてのもありだと思います。

それではこの辺で次のカラー担当にバトンを託します。

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの柳沼です。

先日、先輩である杉村の方から、今回のBLOGの内容をLINEで伝えられました。

その時既に、杉村はオレンジを選んでおりまして、、、(実は私もオレンジ好きです...)何色にしようかと悩んでいたところ、以前少し奇抜なファッションが好きだった頃を思い出し、その時に好んでいたパープルにしようと決めました。

当時は、ストリートやモードといったジャンルの洋服も好きだった為、派手に目立たせる意味でパープルを使う事が多かったです。

例えば、

発色の強いナイロン地のアウターをオーバーサイズで。

艶感のあるシャツをインナーに差し込む。

バッグと帽子をパープルの色で統一させたりと。。。

今思えばかなり攻めていた気がします。笑

そんな時の事も思い出しながら、今回は青山にご用意しているパープルをご紹介出来たらなと思います。

そして本日、店頭に並んでいる商品をざっと見たところ、1LDK的に落とし込み易い色味の商品がちらほら...


左から

“UNUSED”-DUCK BZ-

¥63,000+TAX-

“UNIVERSAL PRODUCTS”-YAAH PIECE DYED CREW SWEAT HOODIE-

¥22,000+TAX-

“UNIVERSAL PRODUCTS”-YAAH PIECE DYED CREW NECK SWEAT –

¥20,000+TAX-

パープルと聞くと、「派手」「主張が強い」「合わせ辛い」と思うのが一般的。

しかし、STAFF郡、STAFF木下がいつも頭をフル回転させながら考えている売り場には、巧いこと他の商品に馴染んでおりました。

そしてその一点一点も、決して合わせ辛さを感じさせない癖の無い色味で、元からパープル好きだった私にはとても好ましい色味です。

ここで色ではなく素材の話ですが、

今ご用意しているパープルの商品は全て素材にコットンを用いています。

コットンを用いる事で天然素材ならではの、味、クタクタ感がありつつ、染色の入りも良い華麗な色に落ち着いています。

実際に使い、着用と洗濯を繰り返していると、古着の様な良い味が出てくれそうな期待も持てますし、服を育てて着るという言葉もかなりマッチする佇まいかと。

さて、色味と素材の話をしたところで、一番難しいであろう合わせ方を話しを。

今回はUNUSEDのダック地のブルゾンでコーディネートを組んでみました。

以前の私なら、これにオレンジのパーカーや、ドレッシーなスラックスを合わせていた事でしょう。。。

それもそれでいいかとは思うのですが、今回は1LDKらしさに重点を。

まず全体的に揃えたかったのは、生地の風合い。

アウターはダック地、インナーはウールのニット、パンツはコーデュロイ。

ブルゾンがダック地なので、スウェットや、チノパン、デニムで合わせてしまうと、ワーク要素が強くなるなと感じたので、北欧を感じさせる柄で彩ったE.TAUTZのニットに、上品な色味が落ち着いた印象を与える、同じくE.TAUTZのコーデュロイパンツで合わせてみました。

CREDIT
“E.TAUTZ”-GRAPHIC CREWNECK-¥62,000+TAX-
“E.TAUTZ”-CORE FIELD TRS-¥34,000+TAX-

柄物のニットやコーデュロイのパンツと言うと古着屋でよく見るアイテムですが...新品ではまた違った印象に見せてくれます。特に今回ピックしたE.TAUTZのアイテムは尚更。そこは是非店頭で見てみて下さい。

話しは戻り、この合わせをする中で一番のポイントは、ニットの配色。

クリーンな白ベースでありながら、柄はパープルの原色である赤と青。私は今回ここに目を付けました。

原色の色で合わせれば、例え派手な色でも馴染むのではないか、と。

個人的には、しっくり来ていますがいかがでしょう、、。

他にも、冒頭の写真のように他の色と合わせて並べていても違和感がないことから、是非様々な色合わせに挑戦して頂きたいです。

勿論、お店にいらっしゃった際には、私達なりの提案をさせて頂きます。

ではこの辺りで、パープル話は終わりとさせて頂きます。

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

最後のバトンを受け取りました。

カラーピックと題していますが、特にカラーを絞り切れずにこんな具合に色が嵩んでしましました。

途轍もない物量の中から、これとこれを合わせたら面白いなぁなんて化学反応を試せること自体、販売員として提案する中で楽しみの一つとなっております。

CREDIT
“lownn” – NOVE COAT –  ¥92,000+TAX-
“E.TAUTZ” – PLEATED TROUSERS – ¥44,000+TAX-
“m’s braque” – STRIPE STOLE – ¥14,000+TAX-
“Mountain Research” – A CAP – ¥12,000+TAX-

ネイビーにはバーガンディー。

といった勝手ながらこの配色の組み合わせが大のお気に入りです。

ロンドンに在住していた頃、どうにもこうにもこのカラーリングを楽しむファッショニスタに憧れていたのも確かです。今回はコートをlownn、パンツをE.TAUTZといったヨーロッパのプロダクトで固め、m’s braqueのスカーフで雰囲気を増し、キャッチーなMountain Researchのキャップで外しを。

少し目立つくらいでも、東京の街並みにとってはどうってことのない、ただビビることなくファッションを楽しもう、みたいなテンションで組んだ結果です。

それくらい自由で好きなものを合わせてみる過程に、意外としっくりとくるものがあります。

CREDIT
“is-ness” – REVERSIBLE PULLOVER SWITCHING JACKET – ¥64,000+TAX-
“URU” – WOOL EASY PANTS – ¥32,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” – WATER PROOF WOOL BUCKET HAT – ¥9,000+TAX-

ネイビーという名目でご紹介していますが、どこがと突っ込まれそうになるくらい他のカラーが勝ってしまっていまいました。。。

とやかく言わず、先ずは着てみる。フード付きのアノラックタイプでガバッと被せるだけ。一着の見栄えや着映えが飛び抜けているので、思い切ったアウターが欲しいという方には持ってこいかと。その名の通り、ボアとのリバーシブル仕様で、昨今の寒さでも余裕です。

これにはワイドパンツでしょ。

と罵声が聞こえてきそうですが、あえて僕らしい細身のスラックスと。

意外とこういう綺麗で楽なパンツは無いななんてSTAFFとも話していましたが、URUのイージースラックスはその大本命とも言えるようなパンツです。

いかがでしたでしょうか。

秋冬においては差し色、主色といったカラーの取り入れ方は最大の醍醐味だと思っています。

明日もこのタイミングで季節最後の追い込みを掛けてみては。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 杉村

December 7, 2019, 8:53 PM

Category: Blog Pick Up Sakakibara Sugimura Yaginuma

REEL Pop-up store in 1LDK AOYAMA HOTEL

 

いつもと違った視点で。

寒波到来。

七つのbagjack。

私の「お気に入り」と...

フワフワの小物

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

 

“REEL(リール)”

 

2018年よりスタートした、革小物を中心としたブランド。

REEL = 巻き取る

その時々の時代背景を巻き取り、革で形にしていきたい良いう思いから発足。

男女隔てなく日常に馴染むミニマルなデザインに拘り、裁断、縫製、仕上げの全行程をアトリエにて行っています。

 

 

“REEL Pop-up store”

in 1LDK AOYAMA HOTEL

12/7(Sat) – 12/25(Wed)

 

 

個人的に約1年ほど使用してきた、キーケースとロングウォレット。

今ではだいぶ良い感じになってきました。

祐天寺のアトリエを拝見させてからというもの、作り手の宗片さんとも世間的な話をさせていただくようになり、実際にここから生まれているんだなぁと生々しくもリアルな感じでこの革小物に触れていた頃を思い出します。

 

財布を新調しようとしたそのタイミングに、僕は踏ん切りをつけました。

実際に親身になって一緒に悩んでくれるデザイナーの宗片さん、そして当時取り扱いのある”feets”ショップマネージャーの阿部さんがそばにいました。そんな見守ってくれる環境もなんだか安心して決められるものです。

 

なんと言っても一つ一つの思い入れ、さらにはハンドにより時間をかけてゆっくりと生み出される丁寧なプロダクト。

期待以上のコストパフォーマンス。

 

 

REELの革について少し。

イタリアのテンペスティ社の革を使用。

テンペスティ社 = 数多くのタンナーが集まる植物なめしの生誕地と言われるトスカーナ地方のサンクローチェにある老舗のタンナー

環境保護に配慮し、家具や紙を製造する為の木材の余剰物から抽出した100%の植物由来の原材料の身をなめし剤に。原皮も食肉加工の家庭から生まれるものを使用。

使い込むほど、それは時間が経過することで気づかないうちにエイジングが加わっている証拠でもあります。

 

 

元来人間が必要しているもの、これはどこから生まれ、人の手に渡り、愛用され、役に立っていくのか。そんな抽象的なことですが、一時でも考えさせてくれる、奥の深さも感じさせてくれます。

もともと宗片さん一人で製作している為、途方も無い労力が。それに伴い、大量に生み出されるものでもない為、一点の重みも明らかです。

今回は無理言ってこれだけのラインナップをご用意していただきました。

本当にありがとうございます。

 

 

期間は2週間弱と少し余裕がありますが、お時間の許す限りゆっくりと悩まれて見てください。商品の詳細は追ってたっぷりとご紹介していきます。

「あの人にあげたいなぁ。」なんて考える時間も楽しいです。

これだけの品揃えなので、自分自身も追加したい欲がじわじわと。

 

 

毎日肌身離さず使うものだから、少しでも拘りたい。

そんな願望を叶えてくれる”REEL”。

ぜひ手に取ってみてください。

 

※REEL Pop-up storeは、1LDK AOYAMA HOTELにて明日12/7(Sat)〜12/25(Wed)の期間中のみの開催となります。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

December 6, 2019, 10:04 PM

Category: Blog News Pick Up Sakakibara

博多から青山へ。

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

いつもと違った視点で。

寒波到来。

七つのbagjack。

第二回OUTER PICK UP。

ブルゾン派の提案する2つのアウター。

私の「お気に入り」と...

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

 

博多より戻ってきました。

 

そもそも”1LDK Stand Buy Me!”とはなんなのか。

ここで触れるのもおかしな話かもしれませんが、京都のポップアップもあるのでざっくりと説明を。(僕は青山ですが。)

僕たちが所属している1LDK各店とは少し色が異なる、ポップアップベースのレーベルになります。

ライターやステッカーといったお土産感覚のものから、本格的なウェアも。

京都、大阪、新宿、岐阜、そして博多と、転々と移動しています。

それはこれからも。

 

今回は博多という場所で皆様とお会いできたこと、そして、東京へ戻ってもまたお店で会えるかもしれないということ。それが何よりの楽しみでもあります。

また、今までこちらのご紹介にお付き合い頂き、ありがとうございました。

と同時に、僕たちも一つ経験となり得たことに変わりはありません。

 

ざっと博多の風景を。

 

どうせなら博多の街並みを共有できるに越したことはないなぁと思い、最後に街をプラプラしてみました。

 

どんな場所で、どんな空気感で、なんてことは正直イメージすれば大体はわかるかもしれません。ただ記憶と記録を残すが故のことなのかもしれません。

博多でお会いする方はもとより、1LDKをご存知であられた方、通りすがって気に入ってくれた方、お話を聞かせてくれた方、どれもかけがえのないものです。

 

 

今回の博多でのプロモーションは、ひとまず終わりを。

アミュプラザ博多までご来店頂き、また通信販売をご利用頂いた皆様へ。

誠にありがとうございました。

 

さて、青山へ戻ってきて早々ですが、やはり駆り立てられる物欲。

本日は久しぶりの青山ということで、好き勝手に組んでみました。

 

CREDIT
“ANCOR” – MAC ANDRE – ¥72,000+TAX-
“TEATORA” – Roomkey VEST EVA – ¥60,000+TAX-
“CLASS” – CAMERA WORK – ¥34,000+TAX-
“Saravah” – BUCKET HAT – ¥9,800+TAX-

 

いつの間にかこんなものやあんなものが入っていて、ついつい買い物客のように店頭をふらふらとうろつき、あれもいいなぁ、これは欲しい!と衝動的にすらさせてくれます。

特に決まったテーマはありませんが、兎にも角にも”ギア”を基調としたものが好きなので、やたらと方向性は決まってしまいましたが。

そんなアイテムが、青山にも豊富に取り揃っているということ。

離れてみて改めて実感させられました。

 

CREDIT
“I” – INSULATION ANORAK – ¥56,000+TAX-
“bagjack” – Hunting shoulder bag OC – ¥28,800+TAX-
“O-” – EASY CORDS – ¥29,000+TAX-

 

2週間という短い時間でも懐かしく感じられるほど、戻ってきなあと感慨深くなってしまいます。

また詳しく触れていきますので、今回はこの辺で。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

December 4, 2019, 9:29 PM

Category: Blog Sakakibara

個人的に大好きなやつです。

 

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

固定概念を覆すレザー。

ボアというアイテムについて。

OUTER PICK UP Vol.1 STAFF #SUGIMURA

OUTER PICK UP Vol.2 STAFF #SAKAKIBARA

OUTER PICK UP Vol.3 STAFF #KINOSHITA

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

1日に呟く寒いの回数が増えて来ましたね。

気温のこともあって最近のBLOGでは、アウター(コート)ピックやボアのアイテムにスポットを当ててお届けして来ました。

と、そこに割って入るように個人的に大好きなアイテムが先日入荷。実はバックヤードで温めていました、、


“I” -INSULASION ANORAK- ¥56,000+TAX-

度々店頭で何ていうブランドですか?と聞かれることが多いですが、ローマ字1字で”I”(アイ)です。

それではまずはおさらいとして、

1LDKのオリジナルとして発足。テーラードやミリタリー、スポーツやベーシックなど様々なインスピレーションをミニマルに落とし込んだ、現代的なファッションスタイルを基調としている。

そんなブランド。アウトドア、そしてミリタリー等に重きを置いたこの辺りのアウター系がとても好みです。

デザイナー自身の好みでもあるそういったジャンルのヴィンテージ等の物を現代のものとしてアレンジ。僕らの好みでもあるそんなアイテムが目に留まらないわけがありません。

ボリューム感が魅力のアノラックパーカー。これ1つで完成形まで持っていける楽さ加減であったり、あとは単純な所ながらも形に惹かれ、首を覆い隠すようなフードの大きさにもグッと来ています。

特にこれに関しては、前に紹介した同ブランドのパディングコート、瞬く間に店頭から姿を消したアウターですが、それに通じる軽い中綿のフワッとしたボリューム感。

加えてプルオーバーに付き纏う、着用時の被る動作でインナーが引っ張られて面倒な点も、サイドのジップスリットでスムーズに着用出来るように考えられています。実際に着脱を繰り返しても、スポっと引っ掛かりが少なく使えるのでここのストレス軽減はかなり嬉しいです。

あとは、裾のスピンドル、手首のベルクロ、フロントのカンガルーポケット等、定番のシルエットながら、あると日常的により楽しめるデザインが盛り込まれています。

少し丸みのあるフォルムなので、インナーでも遊びつつ、調節で変化をつけてスッキリ着るのも良さそうです。

CREDIT
“is-ness” – CORDUROY WIDE PANTS – ¥30,000+TAX-
“COMESANDGOES” -CASHMERE 65 CAP- ¥15,000+TAX-

CREDIT
“EVCON” – LOW GAUGE CREW NECK KINT – ¥18,000+TAX-
“cantate” – Denim Flare Trousers for 1LDK AOYAMA HOTEL – ¥34,000+TAX-

朝の撮影だったので自然光が入ってますが、ブラックとチャコールの2色です。

冷え込みを感じる時間帯でしたが、少しの時間の着用ながら非常に心強さを感じました(笑)

この手のアイテムを手にする際に気にする点、それは軽さと暖かさのバランスもポイントに上がると思います。軽さと暖かさは言うまでもなく兼ね備え、そこに都会的要素、言わばファッション的要素を加えたもの。

加えてこの撥水性。見た目からわかることではありますが、実際に水を付けた時の感動はやはり圧倒されるものがあります。

アウトドアブランドのモノと比較すると〜何てよく言いますが、どちらの良い所もバランス良く取り入れたこのアノラック。こういったアイテムをお探しであれば、アウトドア系ではなく間違いなくこちらをプッシュしたいです。

コート、ボアとオススメしてきましたが、このギア系アイテムが好きな方はお早めに。

今シーズンは幅広くアウターをご提案できればと思っています!

反対に、ここまであまり選んでこなかった、という方には第3の刺客的ポジションで一度試して見ることを推奨します。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND insragram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 杉村

November 13, 2019, 6:28 PM

Category: Blog Pick Up Sakakibara Sugimura

FRANK LEDER – SHEEP WOOL HAND KNIT –

 

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

固定概念を覆すレザー。

ボアというアイテムについて。

NICHOLAS DALEYについて。

TEATORAのダウン。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

 

寒暖差が激しい季節となりました。

やっとアウター解禁の兆しが舞い込んで来る頃合い。

 

とその前に、そんな冬のアウターのように寒さを防御してくれる飛び切りのアイテムがあります。

CREDIT
“cantate” – TRUCKER JACKET – ¥48,000+TAX-
“cantate” – W DENIM PANTS – ¥37,000+TAX-

遡ること半年前の3月中旬。FRANK LEDERの展示会へお邪魔させて頂き、まず真っ先に目に飛び込んで来たもの。

そのボリューミーなサイズ感もそうですが、何と言ってもシャギーな質感と色味、そこに気持ちを持っていかれました。FRANKといえばハンドニットが浮かびますが、これはとても新鮮に思いました。

僕みたいな痩せ型のタイプでも着られているという感覚はないものの、シルエットの程良い強調。そして勿論暖かさは折り紙つきです。

CREDIT
“Nine Tailor” – SINENSIS CAP – ¥8,000+TAX-
“FRANK LEDER” – BROWN TEXTURED TROUSERS – ¥48,000+TAX-

一枚で着る用だよね。

と繰り返しこの言葉を用いますが、このニットにこそ送りたい言葉でした。

スウェットの気軽さでもなく、シェットランドウールのような柔らかい着心地を追求したわけでもない。

ただ存在しているだけで魅了される、幾重にも重なる糸の束、そこから生まれるカラーコントラスト。どれだけの手間がかかっているのか想像すらも掻き立てられるような、圧巻のニット。

 

一般的なニットに比べると、何倍もの時間と労力をかけて。

CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” – WATER PROOF WOOL BUCKET HAT – ¥9,000+TAX-
“whowhat” – 5XL SHIRT (SHORT LENGTH) – ¥30,000+TAX-
“I” – 5 POCKET DENIM PANTS – ¥22,000+TAX-

肉厚なハンドメイドニットはアウターとしても十分な役割を果たしてくれます。

まさにFRANKらしい、素朴感、存在感が伝わるニットです。

ドイツの昔ながらの家庭的でシンプルな編み模様。
秋冬コレクションの定番であるハンドニットは、普通に捉えると編み目の裏面を表面として使用。

羊毛はドイツ、バルト海沿岸で昔ながらの牧羊を続けているオーガニックな羊使いから購入。

今も残る正に本物の「伝統的な羊飼い」の方法を踏襲している羊飼いで、羊毛からその糸への製法も化学的な材料を使わず、本来、羊が自然の雨風を防ぐという意味合いでの油分が残るような感触の素朴な糸への仕上がり。

見た目の割にはごわごわせず、しっくりと馴染むニット。

CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” – LOOSE COAT for 1LDK AOYAMA HOTEL – ¥52,000+TAX-
“m’s braque” – HARLEM PANTS – ¥39,000+TAX-

 

“FRANK LEDER”

– SHEEP WOOL HAND KNIT (CREW)  –

¥78,000+TAX-

“FRANK LEDER”

– SHEEP WOOL HAND KNIT (CARDIGAN)  –

¥88,000+TAX-

“FRANK LEDER”

– SHEEP WOOL HAND KNIT (COAT)  –

¥128,000+TAX-

“FRANK LEDER”

– SHEEP WOOL HAND KNIT (STALL)  –

¥29,000+TAX-

 

そういえば、先日(3日前くらい)にフランク・リーダーご本人が!

何とも夢のような光景で、未だに実感が湧いておりません、、。

まさかの身長が同じという意外な共通点ですら、ひっそりと喜んでしまいました。

 

僕も既にコートを含めて7点程フランクのプロダクトを所有していますが、製作者の顔を見るだけでこれ程までに安心することはありません。

 

見た目から感じられる存在感に気を取られてしまうところですが、是非実際に触れてみて下さい。

それがこの物を知る為の一番の近道です。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND insragram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

November 11, 2019, 8:30 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Sakakibara

TEATORAのダウン。

 

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

固定概念を覆すレザー。

ボアというアイテムについて。

OUTER PICK UP Vol.1 STAFF #SUGIMURA

OUTER PICK UP Vol.2 STAFF #SAKAKIBARA

OUTER PICK UP Vol.3 STAFF #KINOSHITA

NICHOLAS DALEYについて。

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

いつからか目をつけていた物。

度々現れる新作の数々の中から、どうしても外せないと思ったものがあります。

 

TEATORAのダウン。

 

ロゴの付いた某大手のダウンも、街中で見かける度に暖かそうだなあ、格好良いなあと思いつつも、どこか敬遠してきた部分も少なからずありました。東京で過ごす冬はまだ2回目とまだまだひよっ子の類ですが、一度経験するとその寒さを思い出さずにはいられないのも事実。

都会に堂々と連ねるビル間の風、そしてその冷感。

北海道出身の方にとってはへっちゃらかもしれませんが、、。

“TEATORA”

– Souvenir Hunter S/L EVA –

¥100,000+TAX-

その予防といってはなんですが、とにかくダウンを探していることには変わりはありませんでした。

そんな折、

「これだ。」

と思ったモノ。というのも軽さとフードの立ち方に一目惚れしたダウン。
都会で暮らす男にとって、申し分無い使い易さ、それを裏付けるシンプルなデザイン。

特に山奥や極寒地帯、雨風を凌ぐといったポテンシャルはありません。そんな潔さも惹かれた理由の一つ。ただ、街に溶け込みスタイリッシュな格好を成す。勿論一通りしかありません。(勿論多少の防風/保温性は付いてきます。)

そして、レングス長めのダウンコートも。

“TEATORA”

– Souvenir Hunter EVA –

¥120,000+TAX-

「何を詰め込もう」

なんて考えてしまう程のギミック。

マットなブラックで統一されている本作ですが、その生地をあれこれ探っていくと、秘密ポケットがあちらこちらに顔を覗かせてきます。それだけでも「すごいなぁ。」と感心しているのですが、そう思ったのも束の間。更にあらゆる面でメリットが出てきました。

それは、

・ふんわりとAラインのシルエットに変更が可能。裾のドローコードを絞ることで入るギャザーのような絞りがとても綺麗。

→毎日の歩行時に、内部へと冷たい風が侵入することもなくなります。

・188cmと所謂のっぽの僕ですが、体型を丸く覆い尽くす程のボリュームが、体型カバーの役割を。

・非常に高度な技術で開発された最軽量が本命の生地なので、着用に関する負担は殆どありません。

 

そして最後は新型を。

“TEATORA”

– Roomkey VEST EVA –

¥60,000+TAX-

極め付けは、新型であるダウンベスト。

差し込める。

暖かい。

格好良い。

他に類を見ないようなそのフォルム。ふっくらと盛り上がるようなシルエットがなんとも愛くるしいですが、そこはしっかりとタウンユースに落とし込まれた機能的なアイテム。

ここまでご紹介したこのアイテム達のギミックがあるだけに、とにかく破れだけには最新の注意を払いながら、毎年使い続けたいという気持ちにさせられます。

男女でシェアをしても。

パッキングしても。

 

もう他のダウンは着れなくなるはずです。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND insragram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

November 8, 2019, 7:30 PM

Category: Blog KORI Matsuura Pick Up Sakakibara Sugimura

似て非なるモノ。

 

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

SCYEのコートをご紹介します。

思わずうっとりしてしまうもの。

固定概念を覆すレザー。

TEATORAのコートを身に纏って。

ボアというアイテムについて。

outer pick up vol.1

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

本日も快晴でした。それでもコートを着ていて暑くない、、。

冬ですねー。

と嬉しいような悲しいような、、。夏か冬どちらが好き?という上等文句に対してはっきりと決めきれない僕は、夏は夏でキラキラして楽しいし、冬は冬でぬくぬくに温まる幸せを噛み締められるので、結果的に季節の移り変わりが好きという結論に至りました。皆さんはどうでしょうか。はっきりさせたいのに、なんだかもどかしいです。

こちら1LDK AOYAMA HOTELのブログをご周知の方はわかるかもしれませんが、毎度画面上部に”CATEGORY”というタブがあるのですが、

振り返ってみると懐かしいものがチラチラ。
実家にある思い出のアルバムをペラペラめくっているような感覚。と同時に着ている洋服からも春夏秋冬をうっすらと汲み取れる点も面白いです。

さて、やっぱり冬服はテンション上がります。

m’s braqueのスカーフをさらっと巻いてみましたが、僕はこのカラーオンカラーがとてつもなく好きで、このスタイルを組んでみました。lownnのコートは毛束をバッサリと刈り取ったようなシャギーな肉感のボディが醍醐味なのですが、たしか去年はブラックを仕入れていましたが、店頭出した瞬間にすぐに旅立って行きました。

俗にいう正当なコートとはかなり毛色が異なりますが、なんとも色気のある印象とタウンユースに落とし込めるギャップの強さ。

巻物とセットで考えると、やっぱりネイビーのコートの良さが引き立つなぁとしみじみ思います。

CREDIT
“m’s braque” – STRIPE STOLE – ¥14,000+TAX-
“UNUSED” – FRONT BACK CHANGE PANTS – ¥43,000+TAX-

“lownn”

– NOVE COAT –

¥92,000+TAX-

 

続いてはシンプルに。

こちらのライナーの切り替えに、さりげなくグッときました。

ウールを使ったコートにとってネックなのは、裏地の有無。
それだけでも目の前のモノのイメージはかなり変わってきます。

コート自体は先ほどのlownnの起毛感と違って、メルトンのような滑らかな手触り。簡単に言えば、シンプルで普段の格好にさらっと組み込みやすいコート。

少し大きいかな、と思ってしまうような元々ルーズなシルエットのものとは対照的に、かなり身幅を抑え、スリムに仕上がっています。ポジティブに言ってもスーツなどのビジネススタイルにも問題なく浸透します。

僕はかなり腕の長さが際立った方ですが、少し肩を落とすくらいでジャストなサイズ感。ジャケットの上からかぶせても形状の浮き彫りはなく、綺麗にフィットするはずです。

ふっくらとしたカッティングの技術は、ハンガーへ吊るした時に顕著に現れます。

CREDIT
“EVCON” – LOW GAUGE MOCK NECK KNIT – ¥20,000+TAX-
“URU” – COTTON RAYON EASY PANTS – ¥28,000+TAX-

“mfpen”

– OBJECTS COAT –

¥78,000+TAX-

 

今回は、チェスターコートに絞ったようなブログになってしまいましたが、さらっと写真で見比べていただけると幸いです。

明日は木下より締めのアウターピック第3弾。

といっても数がありすぎてご紹介するまでに至らず完売してしまうものもあるので、まずは店頭で確かめることが最善なのかもしれません。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND insragram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

November 5, 2019, 9:22 PM

Category: Blog Pick Up Sakakibara

小物も秋冬仕様で。

 

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

SCYEのコートをご紹介します。

思わずうっとりしてしまうもの。

ROLIATのハンドメイドに触れてみて下さい。

TEATORAのコートを身に纏って。

ボアというアイテムについて。

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

皆さん三連休はいかがお過ごしでしょうか?

小旅行、デート、買い物等非常に羨ましい限りです。僕は映画を観に行きたいです。。

 

さて、気温も下がって来たので、今日もアウターをご紹介、、と行きたいところですが、

ここで一度店頭に充実している小物類をご紹介したいと思います!

三連休と被せるわけではありませんが、いつも帽子類のBLOGって淡々と紹介という感じでのっぺりしてしまうので、それぞれの休みの過ごし方を交えて行きたいと思います。

 

“COMESANDGOES”

-big basque beret-

¥8,500+TAX-

ウールを使用した大きめのフォルムが特徴的なビッグベレー。

定番的に展開しているアイテムですが、今シーズンは安定したブラックに加えてカーキとブラウンをオーダーしました。

ベレーって難しいという言葉をよく耳にしますが、個人的に所有している僕としては凄く使い易いの一言に尽きます。

正直ずっと探してしっくり来なくての繰り返しをしていて買ったのがこのカムズのベレーなので、自信を持ってお勧めできるというのか、挑戦したいけど、、と思っている方は是非試して頂きたいです。


CREDIT
“ROLIAT” -HANDMADE HOODIE COAT WITH BELT- ¥126,000+TAX-

休みの日はよく店を周っているというSTAFF榊原。今回は青山に買い物に来た想定で組んでみました。実際休みの日は職場の近くは来ないそうですが、、

 

コートを着ることが増えてくる時期。頭に何か足りない時にキャップだとスタイリングのテンションも変わるし、、と悩んでしまった時はこれです。

フォルム上ボリュームも補ってくれるので、プラスした時のしっくりとくる感じはなんとも言えないと思います。

“COMESANDGOES”

-HEAD BAND-

¥8,200+TAX-

帽子と言うのかは難しいところですが、こちらもいつもとは違う新鮮味を感じて頂けるのでご紹介させて下さい。

そもそも付ける方も少ないかもしれませんが、これがまた付けてみるとしっくり来ます。

スタイリングのジャンルとしては限られますが、折り畳みで二重にすることでヘッドバンドとしているデザインなので、用途は比較的自由。ネックウォーマーとしても使って頂けるので、これからの時期のお供に。


CREDIT
“whowhat” -5X SHIRT(SHORT)- ¥30,000+TAX-

待ち合わせでどこかへ行くという時。なぜなのか、実際僕はこういったシチュエーションによく遭遇する気がします。。

 

髪の長さによっては付け方も多少異なるヘッドバンド。

実際結構ヘビーユーザーなので馴染みはあるのですが、今まで付けたことがないと言う方には一度プッシュしたいです!

髪のセットが必要が無いと言うのも正直嬉しいポイント。

“nine tailor”

-SHAGGY CAP-

¥6,900+TAX-

シャギー加工を施し、表面に季節感、奥行きを持たせたデザイン。

ストリート色の強くなってしまうベースボールキャップですが、カジュアルに昇華した大人雰囲気漂う仕上がりです。

アジャスターにはお馴染みのワンポイント、そして裏地も貼ってあるところも気が利いています。

しかし何と言っても手を出し易い価格帯も魅力的です。


CREDIT
“LOWNN” -OVERSIZE SHIRT- ¥44,000+TAX-
“CHILL BUSTER” -SWEAT PARKA- ¥12,500+TAX-

休みの日に家で録画した番組を観て家の近くのコンビニに行くSTAFF杉村。

部屋でも着ることの多いパーカーの上にジャケットをさらっと羽織ってちょっとお出かけ。

 

色のバリエーションも多いこのキャップは、アクセントとして非常に使い易いです。

黒い服が多くなってしまう今時期というタイミングもあるので、ベージュを差し込むのもいいかもしれません。

“UNIVERSAL PRODUCTS”

-WOOL WAFFLE BEANIE-

¥6,800+TAX-

最後はUPから。

数シーズン前から展開しているワッフルビーニー。

ビーニーでワッフルって珍しいなんて感じてしまう魅力的なアイテムですが、この大き過ぎないデザインがすこぶる安心感があります。

ウール素材ではあるものの、不快感を感じない作り。スタイリングのジャンルも気にしなくていいので、カラーを選びつつ取り入れて頂きたいです。


CREDIT
“I” -BOA MOCKNECK PULL OVER- ¥26,000+TAX-

近場で撮っていたので、普段の僕らとはいえ少し限界がありました(笑)

 

いよいよ三連休も二日目です。

明日からは晴れ予報も続いていて外に出たくなる天気になりそうです!ただ最低気温もぐっと下がって9℃だそうですが。。

コートやアウター、早く真冬のスタイリングをしたいと今か今かと待ちわびています。(僕らはすでに着ていますが、、)

アウターと並行して、小物類も秋冬仕様にしていってはいかがでしょうか。

三連休最終日もお待ちしております!

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND insragram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 木下

November 3, 2019, 8:16 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Sakakibara Sugimura

11月ということで。

 

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

COMOLIのスーツ。そして、、

SCYEのコートをご紹介します。

思わずうっとりしてしまうもの。

CAMBER by CHILL BUSTER.

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

ここ数日のブログではニット→ブルゾン→コートの流れで来ていますが、、

“UNIVERSAL PRODUCTS”

– BOA FIELD JACKET –

¥42,000+TAX-

秋が深まり、冬の寒さを感じる頃に欲しくなるアイテム。今回はUPのボアジャケットです。

11月に入ったということもあり、コートを着ている人を見かけるのも当たり前になってきました。

まだ日中の寒暖差は激しいとはいえ、もう11月なので気持ち的には前のめりになってしまいます。

早速ですが、まず着てみたポイントとしては着丈のバランス。ブルゾンタイプのアウターですが、フィールドジャケットの名称通り着丈を長く、ちょっとしたコートくらいのシルエットです。長身のSTAFF榊原が着るとフードを着込んでこのサイズ感ですが、、

僕が着るとこれくらいの感じに。

コーチジャケットのサイジング、着丈のジャストなものには少し新鮮味を感じなくなってきて、、それと、主観ですが最近一目で分かるほどの太いパンツを見かける機会が減ったかなと。

少しずつスリムフィットに移行するとして、上に羽織るならこのミドルバランスは刺さるのではないかと勝手に考えていたりします。個人的にも1年前くらいに買ったやや太いくらいのファティーグパンツを下に持ってくることが増えました。だからと言って太パンNGなんてことはないので、参考までにスタイリングではジャストとややワイドのパンツでそれぞれ組んでいます。

開いてみると、ボアの裏はメッシュライニングにしているので内側に熱がこもって暑くなりすぎる心配も少なく、ボアアイテムに付き纏う、過度な対応調節といった不安も軽減してくれます。気温という面で見ると、比較的気軽に、そして気にせず使えるかと。切り替えの内ポケットも気が利いていて、毎日のように羽織るアイテムであれば、尚の事役立ちそうです。


CREDIT
“is-ness” – ONIGIRI SWEAT – ¥26,000+TAX-
“UNUSED” – FRONT BACK CHANGE PANTS – ¥43,000+TAX-
“REPRODUCTION OF FOUND” – RUSSIAN TRAINER – ¥22,800+TAX-

最初のスタイリングに出ていましたが、着丈だけでなくオーバーなサイズなので、好きなアイテムをインナーに持ってきて問題なくスタイリングを組むことが出来ます。元が軽量な素材の為に、着込む際のウェイトを気にしないで済むのもボアの嬉しいポイント。加えてスナップボタンなので、インナーの見せ方や調整にも役立つかと思います。

もこっとボリュームのあるシルエット。ボアのアイテムを敬遠しがちな方もいるかと思いますが、シンプルな配色から落ち着いた雰囲気でも合わせやすく、一度は試す価値があるアイテムです。

あとはサイズバランスを確認して頂いて、、

そろそろ手を出していい頃かと思います。11月最初の買い物にいかがでしょうか。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND insragram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 杉村

 

November 1, 2019, 8:34 PM

Category: Blog Pick Up Sakakibara Sugimura