titleJANE SMITH “BIG CHESTERFIELD COAT”

 


STAFF WANTED

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの関口です。

皆さんは今年の冬のメインとなるコートは既に決めましたでしょうか?
私関口はなかなか決められず、ニットや靴などを買い足してまだこれだというコートを買えずにいます、、、。

そんな中、個人的にも愛用している”JANE SMITH”から今年のメインにふさわしいコートが到着したのでご紹介します。

JANE SMITH “BIG CHESTERFIELD COAT” ¥64,000+TAX-

今まさに着たいグレンチェック柄の、ダブルブレストのチェスターコ ート。
セミワッシャー加工を施した、ナチュラルなヴィンテージの風合いが良い雰囲気に仕上げられています。

スリーブ、着丈、身幅等、メンズのウェアを着ているようなシルエット。

メンズのディテールやテイストを、女性らしく落とし込まれたアイテムが揃う”JANE SMITH”らしい、オーバーなサイジングも特徴的。

“BROWN CHECK”と”GRAY CHECK”2色で用意しています。


CREDIT
ALLEGE “V NECK MOHAIR KNIT” ¥36,000+TAX-
salvy; “SLUB VELOUR 2TUCK WIDE PANTS” ¥23,000+TAX-
MY “LEATHER BAG” ¥22,000+TAX-
MAISON EUREKA “SQUARE TOE SHORT BOOTS” ¥58,000+TAX-

ただのブラウンではなく、赤、黄色の糸を織り込む事で深みのあるブラウンのカラーを作り出しています。

それぞれの糸の色がさりげなく効いたグレンチェック柄。
主張を抑えたカラーリングなので、ボトムスやインナーに同じ暖色を入れてあげるとより印象的なスタイルになるかと。

毛足の長いモヘアニットなど優しいニュアンスを忘れずに入れると◎

スリーブもゆとりをたっぷりととっているので、ボリュームのあるニットを難なく着て頂けるのも嬉しいところ。
サーマルなどの軽めのインナーにローゲージのニットカーディガンを羽織るなど、レイヤードをするのにも丁度良いバランスです。


CREDIT
JANE SMITH “HONEYCOMB ONEPEACE” ¥22,000+TAX-
SOLOVIERE “MATTE MICRO SUEDE” ¥49,000+TAX-

ワンピースにさらっと適当に羽織るだけで、クラシカルな雰囲気に。

ダウンなどの生地感にボリュームのあるアウターと違い、インナーの調節で今から真冬、そして春先も長い目での着用が可能。
今回のワンピースのような淡いトーンのアイテムとの合わせは、冬を越してからのシーズンにもオススメしたいスタイリング。

がっしりとしたチェスターコートと違い、洗いがかけられている点やドロップショルダーの落ち感が着ていて堅苦しくないのもこのコートの魅力の一つです。

今回合わせて着用したこちらのワンピースもJANE SMITHのもの。
ウエストがゴムになっており、自然とブラウジングしたようなシルエットが生まれるワンピース。

裾のなだらかな曲線と、コートの丈の相性が抜群です。


STUDIO NICHOLSON “STUDIO SKIRT” ¥59,000+TAX-
MY “VELOUR LACE-UP PULLOVER” ¥18,000+TAX-

GRAYベースに、ブルーとブラウンのカラーリング。
ブラウンとまた違い、柔らかな女性らしい雰囲気を持ったグランチェック柄。

黒やブラウンに合わせると落ち着き過ぎてしまうオレンジ味の強いニットも、グレーとブルーに合わせると鮮やかな色が際立ちます。


CREDIT
ALLEGE “JOHN SMEDLEY SKIPPER SHIRT” ¥38,000-
CINOH “HI WAIST WIDE WASHED DENIM PANTS” ¥32,000+TAX-
ANNE THOMAS “FATIMA” ¥30,000+TAX-

デニムとスキッパーニットといったカジュアルな合わせにも◎

ボタンを開けている時も、下にすっと落ちながらも程良いAラインのシルエット。
バックの見え方も襟を抜いたりしなくとも、良いルーズ感を演出してくれています。

個人的にも一番気に入っているのが内掛けタブ。
通常は脇下の内側にあるものを前身頃の襟元につけるといった仕様。

オーバーなサイジングのアクセントとしてデザインされているのがわかります。

今年注目されているグレンチェックのアイテム。
“JANE SMITH”のコートは、さらりと羽織るだけで女性らしさにエッジが加えられた、クラシカルなスタイルが完成する一着。

大人のチェックを、是非今年のコートに選んでみては如いかがでしょうか。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 関口

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Pick Up, Sekiguchi | コメントは受け付けていません。