1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

1LDK AOYAMA HOTEL 2018AW PREVIEW – PHOEBE ENGLISH MAN –

 

– 1LDK AOYAMA HOTEL 2018A/W PREVIEW –

 

こんにちは。
1LDK AOYAMA HOTELの河上です。

昨日告知した別注の内容に加えて、本日から内覧会に並ぶブランドの簡単な紹介も行なっていきます。
実際に発売するのは8月以降になりますが、内覧会でお試し頂けますので合わせてお楽しみ下さい。

 

毎シーズン内覧会の準備を始めるタイミングに僕の中でのシーズンが切り替わるのですが、
その気持ちをより濃くしてくれるのがこのブランドのデリバリー。

 

レディースコレクションを発表する中で確立された機能美への探求と、英国人ならではの天然繊維への拘りから生み出されるコレクション。

上品で都会的なアプローチ。

かつイギリスならではのカウンターカルチャーを根底に感じるユーティリティーウェア。

PHOEBE ENGLISH MAN
” TIE BOMBER ” – BLACK MOLESKIN – ¥98,000+TAX-

まさしく秋冬のパワーピース。

ただ単純に吊るしてあるだけでその魅力が伝わる様な存在感があります。

PHOEBE ENGLISH特有のブルゾンにブルゾンを重ねた様なレイヤードスタイルが特徴的な一枚。

ジップブルゾンのスポーティかつトラディショナルな上品さと、ボマージャケットの無骨さが組み合わさったデザイン。

前面に出したフロントのフラップを真ん中で段違いにする事により生まれるコーディネートの幅は、実際に着てご自分で色々と試してみるとより伝わりやすいかと思います。

生地はブラックのモールスキン素材。
着込む事で生まれる経年変化は、その表情をより豊かにしてくれるはず。

また、モールスキンは副資材(ジップや釦)との綺麗なコントラストを生み出すんだな、とこのアイテムを見て感じました。
普段は何にも思わない様なジップの光沢や、ボタンのマットで鈍い光をより際立てる様な素材感。

裾はそれぞれドローコードによる調節が可能。

外側の生地ではなく、内側の生地のみ絞られる様になっています。

ドローコードは絞らずにただ単純に垂らしているだけでコーディネートのアクセントに。

フロント釦を全て閉めると、コンパクトな印象に。

一見ごちゃごちゃしている様に感じるディテールも、着用する事で全体的に統一された印象を感じるのもこのブランドの魅力の一つ。

ただ、決してシンプルなアイテムでは無いので、適当な格好にさらっと羽織るだけで完成してしまう点も個人的に好感度が高いです。

ハンドウォーマーポケットの内側はそのまま内ポケットに。

フロントジップを閉めて、フロント釦を外すだけで印象がガラリと変わったり。

トップの釦だけ閉めてAラインに整えたり。

上のフラップだけ内側にしまって、下の釦だけ留めたり。

下のフラップだけしまって上の釦だけ留めたり。

と、ブルゾン一枚でこれだけ遊べるので、もしかするとこの秋冬のアウターはこれ一枚でなんとかなるかもしれません。

身幅はある程度あるので、下にコートを着ても良さそうです。

 

また、デリバリーされてすぐにアレコレやって見ただけで色々な可能性を感じるアイテム。
実際に着る事により、もっと遊び方が探せそうなブルゾンだと感じます。

 

また、生地違いの物も用意しています。

PHOEBE ENGLISH MAN
” TIE BOMBER ” – FINE DRILL COTTON – ¥95,000+TAX-

基本的な仕様はMOLESKINと全く同じです。

キャンバス地の様なタフな印象のFINE DRILL COTTON。

こちらも着込む事により、柔らかくなり、アタリなどが出て来て表情を増すはずです。

生地感は厚手ですが、モールスキンのタイプと違い起毛感は無いので、より早い時期から春先までお使い頂けます。

モールスキンタイプよりも生地にハリがあるので、その分シルエットが下にストンと落ちてくれます。

生地の表情だけを見るとMOLESKINよりもFINE DRILL COTTONの方がよりワーク感が強いのですが、
全体的な印象がスリムな分、洗練された印象を覚えます。

 

既にお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、MOLE SKIN/FINE DRILL COTTON共に同素材のパンツを用意しています。

PHOEBE ENGLISH MAN
“TURN UP WIDE LEGS – MOLESKIN – ¥54,000+TAX-

深めの1タックが入ったワイドストレート。

ウェストはベルトループは付いていませんが、サイドの釦を外して引っ張ってサイズ感を調整出来る仕様になっています。

タックインした際の腰回りのすっきりとした印象に。

ポケット口のフラップの様なディテールは、ポケットに手を突っ込んだ際の風除けの様な役割も持ちます。

そしてW幅7cmという豪快なターンナップ。

足首の締まったブーツや、ドレッシーな短靴を合わせたくなる様な男性的なポイントです。

PHOEBE ENGLISH MAN
“TURN UP WIDE LEGS – FINE DRILL COTTON – ¥52,000+TAX-

MOLESKIN/FINE DRILL COTTON。
どちらも甲乙つけがたいです。

MOLESKINタイプの方がよりこのパンツのボリューミーな表情を楽しむ事が出来ると思います。

あと、この秋冬は特に黒いアイテムが多いので、黒のコントラストを楽しみたい方はMOLESKINがオススメです。

FINE DRILL COTTONは着用時のスレで裾やポケット口の生地がほつれたぐらいの表情が最高にかっこいいだろうなぁ、と想像すると FINE DRILL COTTONの方が良い気がして来たり。。。

手持ちの靴、この秋冬に買おうと思っているアイテム等、色々と考えながらお楽しみ下さい。

 

 

明日もまた、PHOEBE ENGLISH MANの紹介を致します。

 

※PHOEBE ENGLISH MAN 2018AW COLLECTIONの発売は8月1日以降になります。
内覧会時には店頭に並びますので、是非お試しにいらして下さい。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

 

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 河上

July 18, 2018, 9:50 PM

Category: Kawakami Pick Up