1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

WHOWHAT – OUTER Series –

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの荒木です。

ここ数年で定番とされてきたルーズフィットの洋服が各ブランドからリリースされていますが、その中でもブランド初期から独特な観点でブレずにその洋服を作り続けているWHOWHAT。

冬のメインアウターが届きましたのでご紹介致します。

 

“WHOWHAT”

– WOOL COACH JACKET –

¥64,000+TAX-

今年の春夏シーズンでも同ブランドからリリースのあったコーチジャケット、生地をマイナーチェンジして秋冬仕様に。

 

<STAFF 荒木 height:169cm body weight:55kg>

CREDIT
“salvy;” – SHAGGY PILE HALF ZIP P/O – ¥23,000+TAX-
“STUDIO NICHOLSON” – ITALIAN WOOL MENS DOUBLE TAPERED PANT – ¥55,000+TAX-

<STAFF榊原 height:188cm body weight:65kg>

CREDIT
“salvy;” – FINE WOOL JERSEY TURTLE NECK TOP – ¥17,000+TAX-
“UNUSED” – CHECK PANTS – ¥28,000+TAX-

今回セレクトしたサイズはざっくりと着用して頂きたくMサイズのみですが、どなたでもアウターとして着用出来るサイズ感で用意してあります。

表地には日本のウール産地である尾州一宮のカシミア混ウール素材にビーバー加工を施した生地を採用。織り上げた後にフェルトの様な加工をすることで、柔らかな手触りが特徴なビーバーの毛皮の様な面持ちを表現しています。また、ウールだけではなくカシミヤを30%混紡させることで、上質な光沢・心地良い滑りがプラスされた上質な生地です。

更に中綿には羽毛の約2倍暖かいと言われるシンサレート、袖通りが良いキュプラを総裏地に貼る事でしっかりとメインアウターとしての着用を可能にしています。

全体的にゆとりをもたせたサイズ感ですが、裾に施したドローストリングで絞ることで、単調なボックスシルエットに変化を与えてくれる仕様。

表に2つ、裏に4つのポケットが付いている実用性の高さも見逃せません。

バサっと羽織れるコーチジャケットとしての使いやすさはそのままに、下にもたっぷりと着込めるサイズ感ながら、品のある生地使いでラフな印象を感じなせない一枚。本格的に寒くなるこれからに向けて心強いアウターです。

“WHOWHAT”

– TIBET COAT <L-BEIGE>–

¥73,000+TAX-

CREDIT
“WHOWHAT” – 5X SHIRT TYPE2 <LONG> – ¥35,000+TAX-
“UNUSED” – SLACKS – ¥34,000+TAX-

同ブランドがシーズンごとに生地を変えリリースを続けているTIBET COAT。今季はCOACH JACKET同様シンサレートの中綿入りのパデットコートとして。

目が細かくなめらかな表地はイタリア・リモンタ社のポリエステル/ナイロンに、国内にて撥水・形状記憶・ヴィンテージ加工を施したもの。裏地にはキュプラを使用し、袖通りも申し分なし。

生地分量が多く極端にオーバーなシルエットに対して袖丈はジャストの設計。細身のパンツを合わせてこのボリューム感を楽しむのがオススメ。

首元まで釦を留めスタンドカラー/ラペルを作り着用出来る仕様に、付属した同生地のベルトを締める事でもう一面変化を付けられます。

ベルトを後ろで縛り、バックにプリーツを集め前面はスッキリと、一見別のコートの様な表情まで見せてくれます。

 

“WHOWHAT”

– TIBET COAT <BLACK>–

¥73,000+TAX-

CREDIT
“ I ” – RIB L/S T-SHIRT – ¥16,000+TAX-
“Midorikawa” – WOOL TROUSERS – ¥55,000+TAX-

生地の柔らかな表情が際立つ優しい色味のBEIGE。落ち着いたマットなBLACK。こちらのコートも同様でMサイズのみのセレクト。

こちらは先程の着方とはまた異なり前でベルトを締めてみました。
フロント/バック全体にプリーツが入る事でボリューム感を残しつつも、メリハリのつくシルエットに。

ベルト位置の低さと中綿の入りのふんわりとした素材が相まり、変にかしこまった印象を与えることなくウエストマークできるので、お好みで調整していただければと思います。

 

ストレスフリーな着心地に真冬を快適に暖かく過ごせる、ざっくりと着てシルエットを楽しむwhowhatのアウターを、是非体感してみて下さい。

 

 

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 荒木

November 14, 2018, 9:29 PM

Category: ARAKI Pick Up Sakakibara