1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

“bagjack” [ NXL DP M Molle/Velcro Patch ]

 

– 理解 構築 修正 – “bagjack” [ technical support bag ]

 

“bagjack”

– NXL DP M Molle/Velcro Patch –

¥45,000+TAX-

こんにちは。1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

今週末から発売する、”bagjack”。

今回はその中から、皆さんも一つは持っているであろうバックパックのご紹介を。

とその前に、ここ最近は寒さで家に入り浸っている時間も多く、僕は”本を読む”機会が格段に増えました。

今年の3月までは大学へ通っていて、よくわからない文庫本を買わされ、ことあるごとに課題を出されてはレポート、という日々を送っており、本に対しての価値観が今ほど乏しかったはずです。

しかしそんな僕でも、ふと立ち寄った本屋で買ったある一冊に/ある小説家に自然と親近感を覚えるようになりました。そうなってしまえば、自分でも驚くほどのペースで読み進めてしまっています。

“小説家、村上春樹”

テレビやラジオには滅多に露出されませんが、皆さんもよくご存知の著名な小説家です。話がだいぶ逸れてしまいましたが、バッグの話に戻すと、その村上さんがある連載でこう述べています。

「旅行好きの僕は、自分が最高に良いと思えるバッグが見つからない。その時は見つけたとしても粗が出てきてしまう。別に高級なバッグを持つわけでもなく、ある場所、場面に出くわした際に見つけたぽっと出のバッグを購入し、それが気づけば何年と役に立っている。それは探そうとしなかったからなのかはわかりませんが。」

これを読んだ時に、素直に頷いてしまいました。

“bagjack”の持ち味を知り、何年と何十年と使い込むことで、その「相棒」たる所以を実感してもらいたいです。

“bagjack”によるエクスクルーシブラインのNXLから、Daypack M Molle/Velcro Patch。

無駄のないシンプルなデザインと、耐久性に特化したコーデュラナイロンを採用。

よく目にする「コーデュラ」ですが、ナイロンの7倍もの強度を持つ耐久性に優れた繊維で、インビスタ社の登録商標になります。

フロントにでかでかと配されたジップポケット。そして、両サイドにも小物を収納できるジップポケット。どちらも止水機能付き。

その両サイドポケットの側面には、ミリタリー世界共有規格である25mmのウェイビングテープを使用したMOLLE SYSTEMを搭載。必要な用途に応じて機能を拡張し、自分好みにカスタマイズできる「武装するバックパック」。

人が日常生活で使うことを極端に計算しつくされた機能美は、体感した者だけが得る特権でもあります。その感動の後には、まるで戦利品のように家で飾っても絵になる描写に。

左サイドから内部に直接アクセスすることができるファスナーを配し、電車等の狭い車内でもスムーズにモノを出し入れできる設計。

そして両サイド肩掛けの下部にはワンタッチで着脱可能なストラップ。窮屈な思いをすることなく、バッグの着脱や荷物を取り出す際に一役買ってくれます。

“bagjack” – Cable Pouch – ¥14,000+TAX-

旅行好きの村上さんのごとく、一泊旅行くらいなら楽々と入るサイジング。それを裏付ける幅広に取られた大きなマチ。

あまりごちゃごちゃするのが得意ではないので、別途のCable Pouchをウェイビングテープに備え付けるだけで僕は十分です。折り畳んでスマホもすっぽり収納可能で、中には小分けできるポケットも。

掘り出したら止まらなくなる(ワクワクしてくる)、”bagjack”のプロダクト。

この珍しい機会なので、ぜひ手に取ってみてほしいです。

 

「自分好みのカスタマイズ」から、「気づけば使い込んでいるバッグ」に。

その過程が楽しみで仕方ありません。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

RYO MIYOSHI Blog

instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/UNIVERSAL PRODUCTS/MY_/I official

 

SO NAKAMEGURO OFFICAL instagram

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

December 20, 2018, 7:26 PM

Category: Pick Up Sakakibara