title俄然太パン気分の#OISHIが推したいアウター

 

1LDK 2017S/S MEN’S STYLE SAMPLE

 

こんにちは。1LDK/DEPOT.の大石です。

俄然、太パンが気分です。

流行なども関係が無いといえば嘘になってしまいますが、痩せていても体型を気にせずにいられる迫力のあるシルエット。なにより、穿いていて楽なところに惹かれます。

ただ、普通のワイドパンツには少し物足りなさを感じるのも事実、、、。同じ太パンでも、少し捻りの効いたデザインのものであれば今の気分にも丁度良さそうです。

 


CLASS “Baker” ¥45,000+TAX-

 

見つけました。正しく今の気分、といった感じのパンツです。

所謂ワイドパンツ、という感じではないのかもしれませんが、これくらいのシルエットが今は気になります。そして、実際に手にとってみるとかなり大きいです。

というのも、パンツの上に穿くためのオーバーパンツを元にしているため、ウエストの作りにわざとゆとりを持たせています。内側のドローコードをギュンギュンに絞って着用することにより、腰周りに独特のドレープが生まれるという訳です。

うっかり見逃してしまいそうなベルトループやバックポケットのアシンメトリーなデザインであったり、同ブランドにしか作ることのできない唯一無二な素材感であったり。その辺りの細かなディテールは、実際に店頭で確かめてみて下さいね。

 



CREDIT
UNIVERSAL PRODUCTS “RIB LONG SLEEVE KNIT” ¥26,000+TAX-
VANS × UNIVERSAL PRODUCTS “AUTHENTIC UNBORN CALF” ¥20,000+TAX-

 

最近は春らしくポカポカとした陽気の日が続いているので、肌に密着しないような太パンが穿きたくなるのも最早必然なのかもしれません、、、。

ゆったりなパンツには、どうしてもゆったりとしたトップスを合わせたくなってしまいます。これもきっと、春のせいです。

オーバーサイズのアイテム同士なので、だらしなく見えないように素材で上手くバランスをとるのがお勧めです。

合わせるアイテムによって、裾のドローコードを絞ってシルエットに変化を加えてみたり。薄着になる機会が増える分、タックインして腰回りのデザインをコーディネートの主役にしてみるのも良いと思います。

一見癖のあるアイテムのようにも見えますが、意外と何にでも合います。こういう変わり種的なパンツを一本持っておくとコーディネートの幅も広がるので、きっと重宝する筈です。というか、重宝します。

 


COSMIC WONDER “籠織の衣” ¥44,000+TAX-

寒がりな癖に比較的薄着が多く、外出してから激しく後悔することも少なくないのですが、寒くなってきた夜でもこんなスプリングコートがあれば丁度良さそうです。

春らしいトーンの薄いベージュなので重たく見えないですし、風通しの良い編地なので厚着している感じがしないのも魅力的です。

 

形やシルエットは現代的ですが、日本古来の文化や伝統から着想を得たデザイン。素材感や色味など、どことなく和のテイストが漂います。このバランス感は流石の一言です、、、。

今の時期、日本人であれば一度は行かれるであろう”お花見”。元は平安時代から続く日本独自の文化です。今でこそ宴会のイメージが強いですが、当時は和歌を詠んだり着飾った着物を披露したりするお洒落な社交場的な一面も持ち合わせていたみたいですね。

 

楽しみ方も人それぞれですが、今年はこんな洋服を着てお花見に出かけることで、しっぽりとノスタルジーな気分に浸ってみるのも良いのでは?

 

 

○お問い合わせ先

1LDK/DEPOT.
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-10-1GYRE3F
03-6418-4412

info@1ldkshop.com

 

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK/DEPOT.STAFF 大石

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: OISHI, Style | コメントは受け付けていません。