title時を問わず愛され続ける物

 

1LDK 2017S/S MEN’S STYLE SAMPLE

 

こんにちは。1LDKE/DEPOT.の髙阪です。

“DIGAWEL”の革小物について、正直言ってもうこれ以上詳しく語ることはありません。

入荷のたびにブログで紹介してきて、その魅力についてみなさんにはもう十分に伝えきったと思っています。

ただ、久しぶりの入荷を控えた昨日ふと気づいたことがあって、それは、STAFF依田は1LDKに入るより前から『Lパース』を、僕はここで買った『ギャルソンパース』を、それぞれ使っていること。他の店舗のスタッフや1LDKのお客様にも愛用者が多いこと。そして毎シーズン欠かさずオーダーしているそれら革小物を、やはり今期も変わらずオーダーしていたということ。

DIGAWEL “LEATHER POUCH (SMALL)” ¥14,000+TAX-
DIGAWEL “LEATHER POUCH (LARGE)” ¥16,000+TAX-

DIGAWEL “PASSPORT CASE” ¥18,000+TAX-

DIGAWEL “GARCON PURSE (BRIDLE LEATHER)” ¥22,000+TAX-
DIGAWEL “GARCON PURSE (CALF LEATHER)” ¥22,000+TAX-
DIGAWEL “CARD CASE” ¥7,000+TAX-

DIGAWEL “L PURSE (LARGE)” ¥15,000+TAX- 

 

ファッションの世界においては、定期的に同じことを繰り返すことが、定期的に違うことに挑戦するより難しいのではないかと思います。

というのは、流行に左右されやすいこの世界では、その時々でうまく立ち回ることが勝ち方としてセオリーで、簡単だから。反対に、一貫した主義や主張を貫き通すのは、ときに時流に逆らうことになる。

そこに、”DIGAWEL”の革小物の真価が垣間見えます。

どのシーズンでも欠かさず作り続ける財布やポーチが、どうしていまなお愛され続けているのか。どうして毎シーズン、僕らはそれらを繰り返しオーダーしてしまうのか。

日本中を見渡しても簡単には見つからないような、稀有な存在と言えるでしょう。

 

 

○お問い合わせ先

1LDK/DEPOT.
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-10-1GYRE3F
03-6418-4412

info@1ldkshop.com

 

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK/DEPOT.STAFF 髙阪

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: KOSAKA, Pick Up | コメントは受け付けていません。