titleチタンに宿った重み

 

NEW BRAND “STORY mfg”

 

こんにちは。1LDK/DEPOT.の髙阪です。

<BuddyOptical>のデザイナーは、自身のブランドにおけるものづくりに関して、こんな風に話しています。

たった一本の線が、人の顔の上においては非常に大きな役割を担います。どれくらいの太さの線を、どんな角度で、どの位置に持ってくるかで、その印象に大きな変化をもたらすことができ、着用者の個性を活かすことができるはずです。

アイウェアの存在意義をそのように定義するブランドの、まさに真骨頂とも言える、“線”にこだわった新作が登場しました。

BuddyOptical “eis” ¥28,000+TAX-

 

一見すると過去にリリースされた”cis”や”a/n”と大差ないデザインに見える新作”eis”には、事実、それら過去モデルとの違いはわずか。大きな違いは、フレームの形をボストンにし、艶消し加工を施してあること。

ただし、冒頭の言葉からわかるように、それこそがこのブランドの狙いであり、僕らが<BuddyOptical>に惹かれる理由でもあるわけです。

“cis”や”a/n”と掛け比べれば、細かな違いから生まれる印象の違いにはっきりと気付くはず。

BuddyOptical “his” ¥29,000+TAX-

 

まるで商品開発の実験に立ち会っているのではと錯覚するのは、これが先程の”eis”に一本の線を加えただけのモデルだから。

数学でつかわれる補助線のように渡されたそのたった一本の線によって、与える印象がまるで異なることに驚かされます。

“eis”と同じく素材はチタンですが、その一本の重みは計り知れません。

 

 

どちらか一方を見るだけでは発見できないであろう哲学が、ふたつの異なるモデルによって提示されます。

 

 

○お問い合わせ先

1LDK/DEPOT.
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-10-1GYRE3F
03-6418-4412

info@1ldkshop.com

 

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

1LDK/DEPOT. STAFF 髙阪

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: KORI, KOSAKA, Pick Up | コメントは受け付けていません。

title〈nuterm〉の万能パンツ。

 

NEW BRAND “STORY mfg”

 

こんにちは。1LDK/DEPOT.の大石です。

連日雨の予報ですが、気温が下がったことでだいぶ過ごしやすくなりました。なにより、買ったばかりの秋冬物が着られるのは嬉しいですね。17AWの買い物がまだという方も、そろそろ一発目になにか購入してみてはいかがでしょうか?

連日BLOGでもご紹介している通り、DEPOT.にも秋冬アイテムが続々と入荷してきています。そんな中、今年から新たにデビューした新ブランドから立ち上がりのアイテムが入ってきたのでそちらをご紹介します。


nuterm “AKIRA TROUSERS” ¥26,000+TAX- 

 

1LDKではもはやお馴染みとなっているブランド〈BLACK&BLUE〉。そのデザイナーである福原雅人氏が今シーズン、新たなブランド〈nuterm(ニューターム)〉を立ち上げました。

まずは、簡単にブランド説明からどうぞ。

 

〈nuterm(ニューターム)〉
〈nuterm〉では、メンズウェアの成り立ちやルールを踏襲しながら、着こなしのルールや世代観にとらわれない新たなスタイルを提案。特定のシーズンテーマを設けずに展開を行う〈BLACK & BLUE〉に対し、こちらでは毎シーズン、シーズンテーマを設けることによって、よりコンセプチュアルな要素を含んだ展開となっている。

 

17AWの立ち上がりのアイテムであるこちらは、綺麗目な雰囲気のウールスラックス。柔らかい生地感と、裏地にキュプラを100%使用することで、着用時も快適な穿き心地を実現しています。

一見するとかなりシンプルなデザイン。タックの入ったテーパードシルエットが綺麗なスラックス、という印象をもたれる方も少なくないかと思われます。

最大の特徴は、テーパードシルエットを効かせつつ、裾に向かうに連れて少しだけ広がっている独特なシルエット。フレアとまではいかないまでも、穿いてみるとはっきりわかります。

そもそもこのパンツは、福原氏の友人が穿いていた<Brooks Brothers>のトラウザーズがイメージソース。2インチほどオーバーサイズのものを絞って腰穿きしていた姿が印象的だったことから、<nuterm>のアレンジとしてタックを加えることで、それを再現したそう。”AKIRA TROUSERS”というユニークなネーミングは、その友人の名前から。

フレア部分にすこしボリュームがあるので、足元には同じくボリュームのあるシューズと合わせるのが良さそうです。とはいえ、正直何を履いてもハマってしまう、所謂“万能タイプ”な一本。

このシルエットのお蔭で「テーパードシルエットに飽きてしまった…」なんて方でも、かなり新鮮な気持ちにさせてくれる仕上がりとなっています。

穿いてみると「なるほど…」となること間違いなし。店頭で実際に穿いてみて下さい。

 



CREDIT
TONSURE “OVERSIZE SHIRT” ¥32,000+TAX-

 



CREDIT
LIVING CONCEPT “WORK COAT” ¥26,000+TAX-
UNIVERSAL PRODUCTS “SWEAT PARKA” ¥17,000+TAX-
Hender Scehme “mutation 2 suede” ¥53,000+TAX-

 

 

カラーはネイビーとブラックの2色でご用意しています。

使いやすさの中に、シルエットで捻りを加えた一本。スラックス系の万能パンツは、欲しいときには既に無くなってしまっていることも多いですので、早めにチェックしてみてください。

また、〈nuterm〉の他のアイテムもまだ入荷予定ですので、そちらもお楽しみに。今後の動向にも注目です。

 

 

○お問い合わせ先

1LDK/DEPOT.
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-10-1GYRE3F
03-6418-4412

info@1ldkshop.com

 

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

1LDK/DEPOT. STAFF 大石

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: OISHI, Pick Up, YODA | コメントは受け付けていません。

title”進化する定番” 秋冬ver.

 

NEW BRAND “STORY mfg”

 

こんにちは。1LDK/DEPOT.の依田です。

生憎の雨が続き、涼しい日が続いておりますね。

先シーズンにリサイズされ登場しましたUNIVEASALのオックスフォードシャツ。

身幅を大胆に広くとり、全体を大きく仕上げたこちらのシャツは、洗いざらしで気軽に着ることができる優秀な1枚です。

僕もサクッと羽織れ、ガシガシと着回せる万能さに惹かれ、迷わず購入しました。

以前のブログで、『シーズンをひと区切りに完成品と慢心するのではなく、時間をかけて成熟させていくことで“進化する定番”を生み出す』とSTAFF高阪がお伝えした通り、

実際に着てみても、時代を問わずワードローブにしていけると確信できた定番アイテムです。

そんな”進化していく定番”より秋冬verがリリースされました。

UNIVERSAL PRODUCTS “Cotton Flannel B.D Shirt” ¥18,000+TAX-

現代に合ったオーバーサイズシャツの完成形とも謳えるこちら。

前回との違いは。

コシのあるオックスフォードから、ふわふわっとした肌触りのフランネル生地にマイナーチェンジ。

少し起毛させたような表面はとても滑らかで、何度もすりすりと触りたくなる素材です。

カラーは、落ち着いた印象のオフホワイトとライトグレー、淡い色味のネイビーの3色をご用意しております。

形はそのままですが、素材が変わることで全く違う雰囲気に。

前シーズンのオックスフォードシャツを着ていたので比べてみました。

春夏ver.

秋冬ver.

比較してみると、オックスフォードのハリ感のあるがっしりとした生地に対して、フランネルコットンは、とても柔らかく滑らかな着心地が特徴です。

さらに肩肘が張らず、空気が入ったような余裕のあるオーバーサイズも、このフランネル生地に相って、秋冬らしい季節感のあるリラックスした雰囲気になります。


CREDIT
UNIVERSAL PRODUCTS “WOOL EASY SLACKS” ¥26,000+TAX-
Clarks “WALLABEE BT GTX” ¥29,000+TAX-
COMESANDGOES “New Standard Knit” ¥8,000+TAX-

 

 今日みたいな肌寒い日や秋口には、軽い羽織ものとしても重宝間違いなしです。

季節の移り変わりの1枚に、”進化する定番 秋冬ver” 是非お試し下さい。

 

 

○お問い合わせ先

1LDK/DEPOT.
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-10-1GYRE3F
03-6418-4412

info@1ldkshop.com

 

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

1LDK/DEPOT. STAFF 依田

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Pick Up, YODA | コメントは受け付けていません。

titleAer

 

NEW BRAND “STORY mfg”

 

サンフランシスコ発のバッグブランド<Aer>は、都市生活における需要にフォーカスし、いくつかの異なるシーンでの機能と品質を追求します。

 

こんにちは。1LDK/DEPOT.の髙阪です。

今シーズンから新しく取扱いを始めた<Aer>。1LDK/DEPOT.では、異なる2つの“シーン”のための、異なる3つのバッグを選びました。

 

【ACTIVE COLLECTION】

―都市での生活、特に日常的に“ジム”と“オフィス”を行き来する人々に向けたコレクション

Aer “Fit Pack 2″ ¥22,000+TAX-

 

18.8Lの容量をもつバッグには、“ジム”と“オフィス”両方で必要な持ち物を収納できます。どちらか一方に特化したバッグは数あれど、両方の機能を兼ね備えたものは珍しいのでは。

このコレクションにおいて最も特徴的なのが、どのバッグにもシューズを収納するためのポケットが設けられていること。

“1日”と“1つ”に、運動も仕事も詰め込みたいというわがままなあなたへ。

 

“TRAVEL COLLECTION”

―都市での生活、特に効率的でスマートな“旅行”を実現するためのコレクション

Aer “Travel Sling” ¥17,500+TAX-

 

斜め掛け、手提げ、キャリーバッグへの取り付けなど、さまざまな持ち運び方が可能な”Travel Sling”は、そのコンパクトな見た目からは想像できない充実の収納力が持ち味。

なかでも注目したいのが、メインポケット。

書類、ラップトップ、タブレット、コンパクトカメラ、眼鏡ケース、手帳、ペンケース、財布、衣類など、旅の必需品をたっぷり収納可能。“必要最低限”ではなく、“たっぷり”というのがポイントです。

 

Aer “Travel Pack” ¥36,000+TAX-

 

飛行機をつかった旅行で億劫なことのひとつが、手荷物受取所に立ち寄る手間。

最後に紹介する”Travel Pack”は、旅のストレスを軽減するため、機内への持ち込みが可能なサイズに設計されています。

“Travel Sling”同様、収納力の高さと、多様なポケットによる持ち物へのアクセスのしやすさが魅力。

ラップトップなどの各種ガジェットや旅行の必需品を入れるための比較的ベーシックなタイプの収納のほかに、”Fit Pack 2″にも見られたシューズ専用ポケットや、ペットボトル専用の隠しポケットなど、使用者ごとの生活に寄り添う気の利いたディテールまで備わっています。

 

 

都市で生活するあなたに必要なポケットが、きっと見つかるはず。

 

 

○お問い合わせ先

1LDK/DEPOT.
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-10-1GYRE3F
03-6418-4412

info@1ldkshop.com

 

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

1LDK/DEPOT. STAFF 髙阪

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: KOSAKA, Pick Up, YODA | コメントは受け付けていません。

title「着心地が良い」とはこのためにある言葉なのかもしれない。

 

NEW BRAND “STORY mfg”

 

こんにちは。1LDK/DEPOT.の郡です。

 

「とても着易い」

「ストレスフリー」

「着心地が良い」

 

Tシャツにも、パンツにもこういった同じような言葉がよく使われます。ただ、それは言葉を浅はかに使っているということじゃなくて、本当に良いものは良いから。

何に対して着易いと思うかは個人差がもちろんあるとは思いますが、これを着たら、多分ではなく絶対みなさんも思うはずです。





TEATORA Wallet Jacket “SOLO MODULE” ¥60,000+TAX-
TEATORA Wallet Pants OFFICE “SOLO MODULE” ¥34,000+TAX-

AOYAMA HOTELで先日紹介していたTEATORAのセットアップ。

SOLOTEXというTeijinの科学力によって開発された生地を使用したFULL FLATシリーズ。先シーズン、DEPOT.では同じ素材のコートを展開していましたが、それも瞬く間に店頭から旅立っていきました、、、。

身体にフィットするような伸縮性に魅了された方も多いと思います。

そんなFULL FLATシリーズも名前をSOLO MODULEと改め、今シーズンDEPOT.にもやってきています。

色は男らしいBLACK。

ポケットなどに機能性を備えた細かいディテールもTEATORAの特徴ですが、やっぱりこの生地です。


写真でも分かる通り、伸縮性が強いためフィット感がとても良いです。着てみたことがない方はまず着てみてください。着たら絶対に、「すごい!」と思ってもらえるはず。

そして、ジャケットですがセットインではなくカーディガンのようになっているのも着心地の良さをプラスしてくれています。

更に、凹凸のある独特な生地の表情と少しスポーティーな雰囲気がデイリーに着るのにぴったりです。黒のセットアップは少し畏まり過ぎてしまう場合が多いですが、これなら問題なさそうです。

CREDIT
UNIVERSAL PRODUCTS “COTTON FLANNEL SHIRTS” ¥18,000+TAX-
COMESANDGOES “New Standard Knit” ¥8,000+TAX-
Clarks “WALLABEE BT GTX” ¥29,000+TAX-

やっぱりせっかくならセットアップがおすすめですが、単品でもこのハイスペックな生地の本領を発揮してくれます。この都会的でスタイリッシュな雰囲気もTEATORAのアイテムならではだと思います。

 

初めて袖を通す方は今までに感じたことのない着心地を体験することになるかもしれません。

 

 

○お問い合わせ先

1LDK/DEPOT.
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-10-1GYRE3F
03-6418-4412

info@1ldkshop.com

 

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

1LDK/DEPOT. STAFF 郡

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: KORI, Pick Up | コメントは受け付けていません。

titleSTAFF WANTED

 

 

RECRUIT

 

募集要項

職種:店舗スタッフ

業務内容:販売に関わる業務全般

雇用形態:正社員またはアルバイト

給与:経験、能力を考慮の上、優遇

勤務地:1LDK都内店舗(MENS STORE STAFF、WOMENS STORE STAFF)

応募方法:履歴書、志望動機、全身写真をお送りいただくか、直接店舗までお持ちください。
書類選考後、面接を行う方にのみご連絡いたします。

履歴書送り先:
〒150-0033
東京都渋谷区猿楽町11-19
㈱アイディーランドカンパニー 三好宛
TEL:03-5459-5466

MAIL:one-ldk@idland.jp

 

We 1LDK will hire our new crew of store staff!

Person who has no experience and skill of service is also welcomed. Although we are small company, much experience you can go through such like merchandising, buying, PR or store manager.

Looking forward to your applying.

 

JOB INFORMATION

Division: Store Staff

Location: Nakameguro, Omotesando or Minami-aoyama, Tokyo

Salary: Negotiable, based on experience

How to apply: Send or bring your personal resume and photo of you (whole outfit) to the address below

#11-9, sarugakutyo, Shibuya-ku, Tokyo, 150-0033, JAPAN

 

 

皆様のご応募を心よりお待ちしております。

 

 

1LDK STAFF一同

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: News, Pick Up | コメントは受け付けていません。

titleClarks “WALLABEE BT GTX”

 

<WHO’S MAKING> × <YUKI HORIMOTO> POP-UP STORE

 

こんにちは。1LDK/DEPOT.の依田です。

お盆休みはいかがお過ごしでしょうか。

最近は灼熱の暑さが続いていたので、昨日のような曇りの日の涼しさは何だか有難く感じてしまいますね。

店頭では、8月に入りほぼほぼ秋冬アイテムに衣替えして、新作がズラリと並んでおります。

そして今週。。

個人的に今年1番待ち焦がれていたアイテムが入ってきました。

早速ご紹介します。

Clarks “WALLABEE BT GTX” ¥29,000+TAX-

clarksの「ワラビー」といえば、カジュアルな足元を代表する定番アイテム。

歩き心地の良さに、汚れさえも味になるスエード革等の特徴を併せもつ傑作モデルです。

私依田も季節を問わずと言っていい程、clarksのワラビーを愛用しております。

海外渡航の時も、1LDKの面接にも、どこでも何気なく穿いてしまっている。。大のお気に入りシューズです。

そんなclarksのワラビーの新作は。。

ハイカットで仕上げられたこちらは、ソール、アッパー、紐とオールブラックに統一され、上品な1足に。

袋縫いのようにボディーの中心近くまで縫い目がきている形状は、包み込むような履き心地を感じていただけます。

なんといっても、アウトドア系のウエアによく使われるゴアテックス素材を内側に採用しており、湿気の多い暑い日にも透湿性が高いので快適に履いていただけます。

さらにこちらのワラビー、アウトソールにも注目です。

通常のクレープソールとは違い強度のあるビブラムソールを使用、黒レザーのボディーにビブラムソールの見た目とはうらはらに軽量なのも魅力的です。

もちろん擦り減る心配も無いのでバシバシと使えるところも嬉しいポイント。

CREDIT
digawel “REFLECTOR ANORAK”  ¥38,000+TAX-
is-ness “AHA EDITORIAL WIDE CHINO” ¥22,000+TAX-

オールブラックに統一されたワラビーとは思えない程の上品な印象の1足ですので、写真のように野暮ったさのある太いパンツと合わせてもバランスがとれ、綺麗めなスラックスとも馴染みよく履いていただけます。

 

歩いた分、愛用していきたくなる1足。是非、店頭でお試し下さい。

 

○お問い合わせ先

1LDK/DEPOT.
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-10-1GYRE3F
03-6418-4412

info@1ldkshop.com

 

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

1LDK/DEPOT. STAFF 依田

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: KOSAKA, Pick Up, YODA | コメントは受け付けていません。

titleKaptain Sunshineの新型デニム

 

<WHO’S MAKING> × <YUKI HORIMOTO> in 1LDK/DEPOT.

 

こんにちは。1LDK/DEPOT.の郡です。

春・夏・秋・冬。

季節問わずに一番着る服って、自分の中ではやっぱりデニムです。

秋冬の立ち上がり時期が分かっていると自然と僕も他のショップのBlogだったりお店だったりを見て、色々興味が湧いてきます。

そんな中、annexのBlogを見ていると

お!

と思うアイテムを鈴木さんが紹介していました。




Kaptain Sunshine “BAGGY CUT STRAIGHT DENIM PANTS” ¥21,000+TAX-

展示会の時から購入を決めていたという鈴木さん。

なんとなくその気持ち僕も分かります。笑

僕もすごく気になっていました。

ブランドオリジナルの生地で作られるKaptainのデニム。穿き心地ももちろんなんですが、僕が一番気に入っているのは、「ストレート」というところ。

「テーパードはあまり穿きません」

と昔から言っていますが、どうしてもテーパードシルエットのアイテムの方が今の世の中には多く、結局穿いています。

ただ、やっぱりデニムはストレートが良くて、所有しているものもほぼストレートです。(鈴木さんも結構所有していそうですよねデニム、、、)

ちなみに、、、


右の二本が過去に購入したデニムです。

Kaptainのデニムも二本所有していて、かなりの頻度で着用しています。

昔は基本スニーカーにスウェットのスタイル。

ただ、最近これでいいのか?

と年齢のせいなのか考えるようになり、革靴やジャケットも着るようになりました。

そんな時に活躍してくれるのが、ワンウォッシュのデニムなんです。



CREDIT
UNIVERSAL PRODUCTS “COTTON FLANNEL SHIRTS” ¥18,000+TAX-
Hender Scheme “mutation 2 suede” ¥53,000+TAX-
BuddyOptical “sorbonne” ¥23,000+TAX-

ワンウォッシュって所謂「普通」ですよね?

なので写真だけでは伝わらない部分がかなりあります、、、。とりあえず1回穿いて見て下さい。

アイテム名にもあるバギーシルエット。バギーと言っても太過ぎず、ちょいゆるくらいの感じなので、ワイドシルエットからの脱却を図ろうとしている方には凄くおすすめな良い塩梅です。

他にも色々なデニムが店頭には並んでいますが、同じワンウォッシュでもやはりそれぞれ違うものです。

穿けばこのデニムの良さが必ず伝わると思います。

きっと冬が終わる頃には、良い具合に育ってくれていると思います。

 

まずは、長く愛用できるデニムからスタートです。

 

 

○お問い合わせ先

1LDK/DEPOT.
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-10-1GYRE3F
03-6418-4412

info@1ldkshop.com

 

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

1LDK/DEPOT. STAFF 郡

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: KORI, Pick Up | コメントは受け付けていません。

titleSTORY mfg

 

<WHO’S MAKING> × <YUKI HORIMOTO> POP-UP STORE

 

こんにちは。1LDK/DEPOT.の髙阪です。

1LDK/DEPOT.では、17AWから新たにふたつのブランドの取り扱いを開始します。

ひとつは、アムステルダムを拠点としながら、スケート映像やオリジナルクロージングの製作を行うスケートブランドである”POP TRADING COMPANY”。

もうひとつは、ロンドンを拠点に、”SLOW MADE”を掲げた独自のプロセスによる天然染料を用いた洋服づくりを行う”STORY mfg”。

彼らが掲げる”SLOW MADE”とは、言葉のとおり、高品質なプロダクトを生み出すために生産過程に多くの時間を割くという考え方。

なかでも特徴的なのは、自然色素に焦点を当て、地球にやさしい天然染料を可能な限り使用していること。ファッション性のみに傾倒しないアプローチが、却ってファッションに対する真摯な姿勢を窺わせます。それは、洋服に使用される材料の原産国を訪問することで、直に品質チェックを行うという徹底されたストイックさにも滲み出ています。

STORY mfg “SHORT ON TIME JACKET” ¥40,600+TAX- & “SID CAP” ¥8,400+TAX-

 

彼らの使う天然染料のうち、どのコレクションでも常にアイコニックな位置づけにあるのが、“ナチュラルインディゴ”。

世界で最も古い染料のひとつであるそれは、古代から、強力な“ウェアラブル薬”と考えられていたと言います。そのため、健康維持や温度調節を助けるために布を染色する際に使われてきたのです。

そんな“ナチュラルインディゴ”を使い、最大16回繰り返される浸漬・乾燥工程によって、数日間かけて非常に深みのあるブルーを実現しているそう。

STORY mfg “SEED BOMBER JACKET” ¥52,500+TAX-

 

また、ヴィンテージウェアをデザインソースとする彼らのプロダクトには、不思議と、日本的で親しみを感じられる雰囲気が漂います。

そのため、ストリートやモードといったカテゴリーの洋服とも相性がよく、そこに独特のコントラストが生まれます。

STORY mfg “TELLUS JACKET” ¥66,500+TAX-

 

個人的には、”SEED BOMBER JACKET”と”TELLUS JACKET”を裏返して着てみるのもいいと思います。表面で着るのとは異なるニュアンスが加わり、楽しめるスタイリングにも幅が出そうです。そういう“おまけ”は、単純に嬉しいですよね。

 

 

 

近日中に到着予定の”POP TRADING COMPANY”と併せて、いま僕らが注目してほしいと思うブランドです。

 

 

○お問い合わせ先

1LDK/DEPOT.
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-10-1GYRE3F
03-6418-4412

info@1ldkshop.com

 

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

1LDK/DEPOT. STAFF 髙阪

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: KORI, KOSAKA, Pick Up | コメントは受け付けていません。

titleYUKI HORIMOTO -interview-

 

<WHO’S MAKING> × <YUKI HORIMOTO> POP-UP STORE

 

こんにちは。1LDK/DEPOT.の髙阪です。

現在開催中の<WHO’S MAKING> × <YUKI HORIMOTO> POP-UP STOREも、いよいよ今週末8月13日で終了いたします。

そこで、あのアーティストのレコードジャケットをモチーフにした刺繍をデザインした張本人であり、今回のイベントでは店内に作品の展示も行っている堀本勇樹さんにインタビューを行いました。

 

 

* * * * * * * * * * * * * *

 

 

 

—いつから絵を描いているんですか?

絵を描くのは小さな頃から好きでした。はっきり何歳かは覚えてませんが、イラストだったり漫画だったりを、気が付いたらずっと描いてた。

—勉強して、というより“好きが高じて”という感じでしょうか。専門の学校なんかにも通ったんですか?

普通の高校を卒業してから、専門学校に入りました。基礎的なことは、そこのイラストコースで初めて学ぶことになって。

—卒業してからは?

専門学生の一般的な進路としては卒業後は就職というのが多いんですけど、僕は就職しませんでした。アルバイトで生活費を稼ぎながら、あとはひたすら好きな絵を描いてたんです。ある程度描き溜まったら展覧会を開いて、終わったらまた描いて、溜まったらまた展覧会を……、というのを繰り返しながら。もうアルバイトはしてませんが、今でも同じサイクルを続けてるっていう感じです。

—絵のタッチは、描き始めた頃から変わらないんですか?

だいぶ変わりました。

—大きく変わった時期ってありますか?

5、6年前くらいに大きく変わりましたね。それまでは、どちらかと言うと抽象的なものが多かったんです。「見ようによっては何かに見えるような……?」みたいな。それとは別路線として、結構ポップで分かりやすいものも描いていたんですが、それがある程度溜まったタイミングで開いた展覧会の反響が予想以上に大きくて。

—店舗の入り口を入って右手に掛けられているシリーズのことですね。

そうです。展覧会でのお客さんの反応を見ていると、「あ、こっちも良いんや」って。最近は、特にこういう風に描こうとかっていうのはなくて、その時に描きたいものを描いてます。

—今回のイベントで展示しているものは“人”が描かれているものばかりですが、描くのは基本的に人なんですか?

人以外基本描かないですね。たまに動物を描くこともありますが、単品で描くことはありません。漫画を描いてた小さい頃から、人を描くのが好きでした。今回の展示のうちいくつかは、実際の写真を見て描いたものです。知らない外国人カップルの写真だったり、気に入った切り抜きだったりを、資料として集めるのも好きなんです。

—僕は絵に関しては素人で、正直堀本さんの絵を見てもよくわからないものばかりなんですけど、第一印象は、「カラフルだな」というものでした。“色”には、特別なこだわりがありますか?

そうですね。色はもともと好きで、描いてる時の気分とかがわりとはっきり出てると思います。

—作品によって、使っている画材が違いますよね?

ひとつの作品の中に、いろんな画材をミックスして使っています。基本、筆記用の鉛筆とかペンとか。絵が大きくなると、そこに絵具が加わったり。マジックマーカーやクレヨン、修正液なんかを使うこともあります。

—そういうのって、珍しいような気がするんですが……?

たとえば、その辺で誰でも買える“マッキー”なんかを使ったりするんですけど、そういう身近な道具を使って描くのは珍しいかもしれない。

—特別思い入れのある作品はありますか?

実は、この3つは特にお気に入りで、普段は展覧会にも出さずに部屋に飾ってずっと眺めているんです(笑)。でも、せっかくなので今回は特別に持ってきました。

—1LDK/DEPOT.という“洋服屋”にご自身の作品を展示することに対して、特別な想いはありますか?

まず、洋服を取り扱うお店で展示・販売を行うことに面白さを感じています。僕のことを全く知らない人や、感度の高い人の目に触れることも、すごく楽しみです。展示している作品をご覧になりつつ、僕の大好きなアーティストのレコードジャケットを刺繍した<WHO’S MAKING>さんとのコラボ商品にも、ぜひ注目してもらいたいです。

R.O.T KANOKO POCKET T SHIRTS / WHITE ¥10,500+TAX-
R.O.T KANOKO POLO SHIRTS / BLUE ¥13,000+TAX-

 

 

* * * * * * * * * * * * * *

 

 

“洋服”と“絵”。

異なる価値がひとつの場所に集うとき、きっと特別な何かが生まれることを信じて。

 

 

※<WHO’S MAKING> × <YUKI HORIMOTO>のポップアップストアは、1LDK/DEPOT.にて、8月5日(土)~13日(日)の期間で開催いたします。期間中は、コラボレーションアイテムの他にも、<WHO’S MAKING>のアイテムを豊富に取り揃えるほか、<YUKI HORIMOTO>の作品展示、販売も行います。

 

 

○お問い合わせ先

1LDK/DEPOT.
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-10-1GYRE3F
03-6418-4412

info@1ldkshop.com

 

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

1LDK/DEPOT. STAFF 髙阪

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: KOSAKA, Pick Up | コメントは受け付けていません。