titleThis is WILLY CHAVARRIA #2 -interview-

 

1LDK 2017S/S MEN’S STYLE SAMPLE

 

こんにちは。1LDK/DEPOT.の髙阪です。

今朝、ポップアップストア用の商品が1LDK/DEPOT.に到着しました。そこで、インタビューの後半に移る前に、一足早くその一部を紹介いたします。

WILLY CHAVARRIA “2″ PLEAT BUFFALO T SHORT SLEEVE” ¥16,500+TAX-

WILLY CHAVARRIA “KANGAROO V-NECK” ¥34,000+TAX-
WILLY CHAVARRIA “PACHUCO WIDE LEGGED TROUSERS” ¥43,000+TAX-

WILLY CHAVARRIA “EL CAMINO” ¥32,000+TAX-

WILLY CHAVARRIA “CAGUAMA JACKET” ¥39,000+TAX-

WILLY CHAVARRIA “CAGUAMA JEAN” ¥37,000+TAX-

 

驚いたのは、届いた荷物の中に、ウィリーからのちょっとした贈り物が添えられていたこと。

ポップアップストア期間中に”WILLY CHAVARRIA”の商品をご購入くださった方に、先着でオリジナル缶バッヂをプレゼントいたします。

 

 

* * * * * * * * * * * * * *

 

 

—-What are you trying to tell people through this 17SS collection?

—-今回のコレクションについて聞かせてください。

Well, so actually the idea when I was designing it was most inspired by the ways that are “Chicano” have interpreted jail clothing. So because lot of times “Chicanos” get sent to jail sadly, but many time they leave some of the clothes from the jail and they wear them as a street wear. So that was a lot of the influence in design like the “Kangaroo V-neck” and “Pachuco Pants”. And the jacket you ordered is also totally inspired by 1950s jail clothes, like 100 percent. Long, wide sleeves, very short bottom, fabric…

今回のコレクションをつくる上で意識したのは、実は、主に『チカーノ』の囚人服なんだ。『チカーノ』の中には、悲しいことに、犯罪を犯して刑務所に入ってしまう人間が非常に多い。ただ、そこで興味深いのは、刑務所の中で着ていた囚人服を出所後もそのままストリートで着ているのをよく見かけること。”KANGAROO V-NECK”や”PACHUCO WIDE LEGGED TROUSERS”なんかは、囚人服を基にしたデザインのまさに典型と言える。きみたちのオーダーした”CAGUAMA JACKET”もそう。あれは、まんま50年代の囚人服が元ネタなんだ。太いアームホールに、極端に短い丈、そして生地に至るまでね。

—-And can you tell me about this statement here?

—-このタグには、どういう想いが込められているんですか?

Oh yeah, actually this is,,, it says capitalism is heartless. You know, I was thinking like so many people put branding outside, and it’s just making me think about how, it’s kind of grotesque that people are just trying to “Sell! Sell! Sell!”. So it’s making me think that,,, “Okay, the idea of capitalism in fashion, trying “Sell, sell, sell”, it’s so separate from the art and fashion”. So I just wanted to say something about that on the clothes.

ああ、それを通して言いたいのは、「資本主義がいかに無情か」っていうことなんだ。ブランドネームを掲げて、それに頼ることで、とにかく洋服を売ろう売ろうとする世の中の姿勢が、僕にはどこか滑稽に思えるんだ。だって、ファッションの世界で資本主義に踊らされることは、アートや、本当の意味でのファッションからは程遠いだろ?だから、その想いをタグにのせて表現することにした。

—- So you don’t wanna put your brand name on your clothes as well?

—-つまり、あなた自身は、洋服にブランドネームを掲げたくないと?

May be sometimes, may be sometimes. But I don’t think,,, I don’t wanna sell my logo. I wanna sell the clothes. I want people to like the clothes for the styling, the way some look and feel. Not buy the clothes because the name, you know. Because people buy clothes just put the name. It doesn’t work, you know.

必ずしも掲げないわけじゃない。ただ、自分のブランドネームを、洋服を売るための道具にするつもりは一切無いよ。純粋に、洋服それ自体を買ってほしいんだ。洋服を着ること、そして身にまとうことで高揚する気持ちを楽しんでほしい。ブランドネームに左右されて洋服を買うんじゃなくてね。だって、そもそも「ブランドネームを着る」なんてこと、できないわけだし。

—-So you are now doing your collection in the fashion industry, but are you thinking about something else? You are going to make clothes in the future?

—-最後に、今あなたはファッション業界に身を置いていますが、今後なにか別のことをやりたいという考えはありますか?

Yes. I LOVE clothes. I love dressing, I love seeing people put my cloths on. It makes me so happy. That’s my favorite part of it. I love that so much! When people come into my store in New York, put things on. But I also like to do film and, I like to write. So I think, as I get older, I do more different things.

いまのところは無いかな。見てのとおりの服バカだからね。洋服を着るのはもちろん、誰かが自分の作った洋服を着ているのを見るってことが、本当に幸せすぎて、辞められない。ただ、映像をつくったり、何かについて書いたりするのも好きだから、もしかしたら将来別のこともしているかもしれないね。

 

 

* * * * * * * * * * * * * *

 

 

彼の名前は『ウィリー・チャバリア』。

短く刈り込まれた頭、怪しげなサングラス、全身に刻まれたタトゥー、大きな体……。

先日会った彼は、その風貌からは想像できないほど、気さくでユーモラスで、そしてどうしようもないほど洋服を愛していました。

 

 

“This is WILLY CHAVARRIA #3 -styling-”につづく。

 

 

○お問い合わせ先

1LDK/DEPOT.
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-10-1GYRE3F
03-6418-4412

info@1ldkshop.com

 

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖が始まりました。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK/DEPOT.STAFF 髙阪

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: KOSAKA, News | コメントは受け付けていません。