1LDK kyoto

SHOP INFO

“ANCOR”NEW APPROACH

ヘビーローテーション

伝統と革新

幅を持たせて。

STUDIO NICHOLSON 1st derivery

「遊びのある服」

理想の女性

 

こんにちは。1LDK kyotoの細見です。

ようやく届きました。

京都のブログでご紹介するのは初めてです。

関西では特に馴染みのない方も多いと思いますのでさらっと。

 

“ANCOR”

2016年秋冬にデビューしたフランス・パリ発メンズウェアブランド。

既存のファッションサイクルでコレクションを発表せず、自分たちの拘りに真摯に向き合う姿勢は、ミニマムで洗練された洋服に反映されています。

 

基本的に卸しを行わず、国内初めての取り扱いが1LDK。

雰囲気としては、パリのストリートの空気感を存分に孕ませた現代的クラシックと媒体では表現されることが多いですが、この辺はうまく噛み砕いていきます。

 

そんなANCORより、フランスの粋を表現するラインナップがやっと京都にも届きました。

順番に。

“DOUDOUNES EOS”

Col: BROWN/GREEN

Size: M/L

¥55,000+TAX-

着用: GREEN(171cm/Mサイズ) / BROWN(176cm/Lサイズ)

 

今季の目玉のアイテムです。

同ブランドからこの手のアウターは実は初。

ばっくりANCORのイメージとして、僕たちと同じパーソナルカラー・ネイビーに、アウターといえばコートといった印象でした。

今シーズンは打って変わって、深めのアースカラーを採用した短丈の中綿ジャケットでのリリース。

裾に広がるシルエットで、ネックと裾にはスピンドル。

同色の袖のリブもキツ目。

防寒性もしっかりとしているので、冬のパリでもおそらく凌げるのでしょう。

デザインもブランドロゴが映えるソリッドでミニマムな面持ちなので、現地では重ねず上からガバッとなスタイルなのかなと想像しています。

“CREW NECK”

Col: NAVY BLUE/GRAY

Size: M

¥18,000+TAX-

こういったスウェットを中に着たりして。

こちらは同ブランドのアイコニックなクルーネックスウェット。

ラグランスリーブガゼットなし、袖・裾長め、ボディの若干のゆとり、胸のポイント刺繍ロゴ。

古くていなたい時代を感じるアイテムも現代的なアプローチで。

冒頭で述べたモダンストリートを表現しているアイテムの1つかと思います。

CREDIT: I “WIND BREAKER”(BLACK) ¥36,000+TAX-

インナーにさりげなく見えるロゴのバランスも絶妙に良く、テイストの違った洋服にも主張なく溶け込みそうです。

そして、グレーの方のクルーに合わせてちらりと見えていたパンツがこちら。

ブラウンのメリノウールを使用したタックスラックス。

後ろにもしっかりとクリースの入った綺麗なワイドテーパードシルエット。

組上もあり、セットアップでのご提案です。

“OVERSHIRT OCTAVE”

Col: BROWN WOOL

Size: M/L

¥37,000+TAX-

“AIR PANTS”

Col: BROWN WOOL

Size: M/L

¥26,000+TAX-

着用: 176cm(Mサイズ)

少しドレッシーなものも今の雰囲気にあってて良い。

テーラリングと生地の塩梅。

「パリの粋」な2ピース。

生地違いのご用意もございます。

“OVERSHIRT OCTAVE”

Col: NAVY BLUE VELVET

Size: M/L

¥39,000+TAX-

“AIR PANTS”

Col: NAVY BLUE VELVET

Size: M/L

¥27,000+TAX-

着用: 173cm(Mサイズ)

細畝のコーデュロイ地。

どちらも型は全く同じで、TOPSは小ぶりな襟に前たては比翼、ポケットは玉縁。

裏側に隠れて表に出ないパイピングもそのデザインを引き立てて。

そんなコトと時期も相まってシャツ仕様だけど羽織がメインユース。

綺麗にまとめるのもありですが、もっともっと着崩しても良いかな。

カラーも得意の色だとは思いますが、表情のある生地をあえて分かりにくい暗色へ落とし込むことで、光が当たった時や、日常シーンにおける見え方に大きな変化を感じていただけると思います。

“ANDREA SHIRTS”

Col: WHITE

Size: M/L/XL

¥18,000+TAX-

着用: 171cm(Mサイズ)

そんな拘りは定番にも。

高密度でハリ艶のあるコットンを使用した白シャツ。

多少のゆとりがあるシルエットと、小ぶりな襟裏に隠れたボタンダウンのバランスだったり。

“TAMBOUR KNITWEAR”

Col: GREEN/NAVY BLUE

Size: M/L

¥24,000+TAX-

着用: 171cm(Mサイズ)

このTEE感覚で着れるハイゲージのラグランニットは、グリーンだけメランジ。

他と違って少しタイト。

これもシーズンではブランド初ですが、その他にこんなアイテムも。

“SCARF”

Col: Black and White(ANCOR×FRIZBEE Collaboration)

¥8,500+TAX-

ライトなウールを使用した薄手のストール。

鮮やかなフリンジに目が行きますが、この畝った柄が今回最大のコラボポイント。

2020AWは、フランスのFRIZBEE CERAMICSとのアイテムを展開しています。

柄を用いたのはウェア類だとストールだけですが、メインラインはこっちの方。

“CERAMICS ANCOR × FRIZBEE Collaboration”

Marble Set Dish(左下)

¥13,000+TAX-

Apero cup(左上)

¥4,500+TAX-

Bowl BasketBall Texture(右上)

¥8,500+TAX-

Basket Bowl(右下)

¥8,500+TAX-

 

バスケットボールを象ったボウルやフリスビー型のディッシュが特徴的な陶器。

柄はもちろんですがユニークなデザインも魅力で、お店に展開するラインナップの中でも一際存在感があります。

1点ずつ個体差もあり、そのアンバランスさもハンドメイドならではの温もりも感じます。

こんなものも。

“Trinket Bowl2(Little Blue)”

¥12,000+TAX-

“Trinket Bowl3(Tale Yellow)”

¥15,500+TAX-

もはやアートピースに近い足の長い器は、写真のようにパロサントやアクセサリー入れとして使用したり、お部屋のインテリアにハメ込んで頂くのが良いかと。

 

と、今回は新しいアプローチによるものが多く、定番からシーズンものまで見ることすら手を抜けないラインナップになっています。

現地で作られたものにこそ感じる空気感。

それも一緒に身に纏ってみてください。

 

 

○お問い合わせ

1LDK KYOTO
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

20AW LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK kyoto 細見

 

October 23, 2020, 5:51 PM

Category: Blog HOSOMI