1LDK kyoto

SHOP INFO

等身大のARPENTEUR

1LDK販売スタッフ募集 ※6/30〆切

待望のオープン

knowhow jewelry pop up

今年の夏もMY。

こんにちは。

1LDK kyotoの小林です。

今から遡ること約4ヶ月、まだ京都店で展開するブランド内容は知らずに、あれもいいな、これもあったらいいな、なんて想像を膨らましておりました。

 

東京研修中に当時の本社MDの方からオーダーシートを見せてもらった時に、「おっ、このブランドが京都でもできるんだ!」、「しかも別注も!」とテンションが上がった瞬間を今でも覚えています。

それが本日紹介するブランド。「ARPENTEUR」。

初めての出会いは7年ほど前、以前務めていたセレクトショップで同ブランドのワークジャケットを購入しました。7,8年前といえば、アメトラ、プレッピースタイルが注目されていた時代。今の時代を席巻するビッグシルエットなんて想像できないくらい、ジャストサイズが当たり前でした。

 

そんな中、アメリカのワークブランドとは少し違う匂いを放っている同ブランドに惹かれ、試着。フランス製だし、「なんかカッコイイやん!」と勢い半分で購入したのを覚えています。

 

当時の自分は洋服の知識も浅く、フレンチワーク、フレンチカジュアルがなんたるかも全くと言っていいほど知らずに、、、

 

今思えば、ワークウェアながらどこかエスプリの利いた佇まい、そして茶目っ気があるタグデザインに惹かれたのかもしれません。

 

1LDKでは付き合いも長く、まだ入社していない頃にBLOGを見ては、「やっぱりいいよな、、」と悶々としておりました。

そんな中、京都店でもう一度ARPENTEURを着れる喜びをヒシヒシと感じております。

かなり前置きが長くなりましたが、どうぞ。

“REPORTER VEST”

col:navy

¥35,000+TAX-→¥24,500+TAX-

col:blue

¥36,000+TAX-→¥25,200+TAX-

 

今回のデリバリーで一番気になったモデル。

昨今、この手のモノはフィッシングベストが幅をきかせていますが、こちらはワークベストの類。

ハンティングやフィッティング系のそれとは違い、大きめのポケットがフロントに1箇所づつとシンプルで潔い感じがGOOD。

あのゴチャゴチャした感じが少し苦手でこの手のモノは避けてきた僕ですが、これなら納得といった所です。

特にどのアイテムにでも合うプラス1としはとても優秀。

これから夏にかけて薄着になっていくコーディネート。

「なんかシンプルすぎて物足りないんだよなー」という時に、半袖シャツやカットソーの上から羽織るだけで玄人感が漂います。

 


CREDIT
STUDIO NICHOLSON “TENUTO” ¥39,000+TAX-

裏地も全てメッシュ仕様なので、真夏でもカットソーの上からでもなんなく羽織れちゃいます。

 

今回はシャツの上から羽織りましたが、カットソーとの合わせも、勿論オススメ。


CREDIT
POP TRAIDING COMPANY “FIVESTAR 5P CAP” ¥8,200+TAX-→¥5,740+TAX-
Buddy Optical “sorbonne”¥27,000+TAX-
is-ness “DJ DOLMAN SLEEVE T-SH” ¥12,000+TAX-

 

生地は薄手のシャンブレーとナイロンキャンバス。どちらにしようか、まさに贅沢な悩みです。

 

お次は、今から活躍間違いなしのコチラ。

“MATCH T-SHIRTS”

¥13000+TAX-→¥9100+TAX-

昔からボーダーカットソーには何故かフランスブランドに惹かれてしまいます。

往年のSAINT JAMESやORCHIVALなどにはかなりお世話になりました。

こちらも、絶妙な配色とボーダーのピッチ幅。カジュアルすぎず、どこか品をほのかに漂わせる感じがマリン大国フランスならではなのかと。

 

 

 

どの柄にするのか甲乙付けがたい、まさに大人買いもありなラインナップです。

 

 

最後に、、、本来の4月オープンだと丁度いいタイミングだったのですが、まさにブランドらしさがにじみ出ている1着なのでコチラもサラッとご紹介。

 

“CORRAL SHIRT”

¥28,000+TAX-→¥19,600+TAX-

伝統的なフレンチカバーオールをコットンニット素材でリラックス感をプラス。開き気味の襟元やドローコードが付いた裾口など、アルペンター流のアレンジが効いております。

 

ひとまず、以上になりますが、

詰まるところ、インポートブランドならではのブレない姿勢。トレンドに寄せすぎず、あくまで自分たちの等身大のフレンチスタイルに溶け込むアイテムを変わらず作り続けていることに男の美学を感じます。

 

また、別注シリーズは後日紹介させて頂きますので、そちらも楽しみにしていてください。

 

○ お問い合わせ先

1LDK
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2

075-366-5556

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND insragram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK  STAFF 小林

 

June 23, 2020, 9:47 PM

Category: Blog KOBAYASHI