1LDK kyoto

SHOP INFO

万物(デニム)流転

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

着心地ファーストなフリース

贅沢三昧

【HERILL for 1LDK】 feat. 1LDK annex移転オープン

踏み応えのある一足

上品なミリタリー

3拍子揃ったアウター

「地域共通クーポン・PayPayスタートのお知らせ」

 

こんにちは。

1LDK kyotoの藤原です。

 

いきなりですが今日は”経年変化”と、スタイリングについて書こうと思います。

まず経年変化ですが、物によってそれぞれの変化があると思います。

レザー、デニム、オイルドジャケットなどなど、、

今日はその中のデニムについてです。

-MY-

”CANTON WIDE DENIM PANTS”

COL:INDIGO

SIZE :0/1

¥30,000+TAX-

 

上記画像、一見違う色のデニムの様ですが実はサイズも色も全く同じものなんです。

次の画像を見て頂ければわかりやすいかと思います。

新品が上でスタッフの私物が下。

一度洗いにかけるだけで見た目の色は勿論硬さやはり感も全く別のデニムのような変化を遂げています。

同じ時・同じ場所・同じ明るさの中、カメラ設定も変えず撮りました。

こうして見てみると一目瞭然で、これぞいかにも経年変化だとよく伝わります。

 

そもそも、CANTONとは?という方に。

CANTONは元々はアメリカのデニムミルで(CANTON COTTON MILLS)1880年代に大人気のデニムでしたが一度消滅し、時を経て日本の会社が”CANTON”の商標権を得て、1963年に日本で初の本格国産ジーンズのブランドとして登場しました。

ですがそのブランドもゆっくりと勢いを失い活動を休止。

半世紀を経てブランド名を”CANTON OVERALLS”と改め、当時の高い品質とこだわりを継承し、デニム地の生産も日本を拠点として2008年に復刻されました。

と、ざっくりではありますが少しでも理解いただければと思います。

 

そんな”CANTON OVERALLS”×”MY”のコラボレーションデニム。

私も持っているのですが、洗わず、地道に変化を楽しんでおります。

そんな変化を楽しめるデニム。

と、ここまで生地感を触れてきましたが形も申し分のない仕上がりで、デニムの生地も相まってハリ感のあるワイドシルエットにウエスト部分にはしっかりと締まりもあり、女性らしいポイントをしっかりと押さえられています。

私は朝の服選びの際ついつい手が伸びがちなアイテムです。

女性スタッフ目線でこのアイテムでコーディネートを組んでみましたので

参考がてらに見て頂ければと思います。

CREDIT:
MAISON EUREKA”GIZA COTTON MAXI”¥17,000+TAX−

ワンピースと合わせてもバランスがとりやすいです。

デニムの色が濃い目なので合わせるものの色は基本的には幅が広いかと思います。


CREDIT:
MY”DOWN JACKET”¥68,000+TAX−

今回はショート丈のアウターと合わせてみましたが、ワンピースと同丈くらいのコートでも可愛いです。


CREDIT:
STUDIONICHOLSON ”NEITO”¥47,000+TAX−
MY”OVERSIZE SHIRT”¥16,000+TAX−

ニットを重ねて。

ニットだけだとリラックス感が強まるところを、シャツとレザーのショートブーツでバランスよく締まりを出しています。


CREDIT:
STUDIONICHOLSON”TADAO”¥120,000+TAX−

アウターは長めのものをチョイスし、大人な女性のイメージで組んでいます。


CREDIT:
POP TRADING COMPANY”STRIPED KNITTED CREWNECK”¥22,000+TAX−
UNIVERSAL PRODUCTS”FIELD JACKET”¥48,000+TAX−

女性らしいシルエットのアイテムにレディースアイテムがハマるのは当然のことかと。

なのであえてメンズアイテムを取り入れてルーズになりすぎない程度にまとめてみました。

私はコーディネートを組むときに今日はこれを着たい!と思うアイテムから大体同系色内で全身を考えていくようにしています。

たまにカラフルになる時でも全身の内のどこか2箇所は同じ色を入れるか、カラフルの中でも同系色でカラフルになるよう気を付けて。

アイテムが気になるけど何に合わせていいかわからないや、どう着こなせばいいか分からないなど。着眼点を色彩や商品内容(ブランド歴史)等どこかにフォーカスすると自ずとコーディネートがしやすくなるように思います。

個人の主観ではありますが少しでも参考になれば嬉しいです。

変化の想像もしながら見て頂けたらなと思います。

 

 

○お問い合わせ

1LDK KYOTO
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

20AW LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK kyoto 藤原

 

 

December 2, 2020, 8:17 PM

Category: Blog FUJIWARA