1LDK kyoto

SHOP INFO

シャツ生地メーカーへのファイナルアンサー

seya 2020A/W #07 KASHMIR

seya 2020A/W #07 KASHMIR vo.2

“EVERYTHING FOR THE FREEDOM”

デイリー仕様のSET UP

今シーズンも素敵なプロダクトが届きました。

 

 

こんにちは。

1LDK kyotoの小林です。

お盆の終わりと同時にアパレル業界でも夏の終わりが始まります。

世間的には少し早いですが、僕たちの店頭立ちスタイルもショーツ、半袖シャツ、サンダルから長袖シャツにデニム、チノパンへと衣替えが始まっている今日この頃。

そして徐々にAWのデリバリーが始まり、店内も少しづつ秋めいてきます。

とは言っても外は35度を優に超える灼熱の暑さ。今年の残暑はかなり厳しそうです。。

そんな中、1番乗りで届いた最高級のシャツをご紹介。

都内店のブログをご覧頂いている1LDKフリークの方はおさらい程度にご覧いただければと思います。

-UNIVERSAL PRODUCTS-

“DJA  REGULAR COLLAR SHIRT”

“DJA STRIPE REGULAR COLLAR SHIRT”

COL :  BLACK STRAIPE/L.GRAY/SAX

¥32,000+TAX-

 

ここ2,3年でTHOMAS MASONの生地を使用したシャツが各ブランド、各メーカーからリリースされています。

ウィンドウショッピングしているとTHOMAS MASONのネームタグが使われているものをチラホラと見かけることがあります。

あのハリとツヤが特徴で高級感のある素材をイマドキのパターン、サイジングに落とし込んだシャツはリラックス感があり、程よい高級感を演出してくれるのが今の時代の流れにピッタリはまったのか、安過ぎず、高過ぎずと言った値段設定がいいのか。

かく言うUNIVERAL PRODUCTSからも定番になりつつあるバンドカラーシャツがリリースされています。

ですが、そのハードルを軽く飛び越える、といえば少し言い過ぎのような気もしますがK点超えジャンプは間違い無いかと。

“DAVID & JOHN ANDERSON”

カジュアルスタイルがメインの僕たちにはあまり馴染みがないですが、200年の歴史をもつ世界最高峰のシャツ生地メーカー。

特に細番手の生地を織らせるとここの生地メーカーの右に出るものはいないかと。

こちらのシャツに使われているのは200番手。この数字を聞いただけではピンとこないかもしれません。

ちなみにTHOMAS MASONに使われているのは140番手〜170番手。単純に番手が高ければ高いほど良いというものではありませんが、高密度におられた生地はシルクのような光沢と極上の肌触りを有します。

 


CREDIT
UNIVERSAL PRODUCTS “NO TUCK WIDE CHINO TROUSER” ¥22,000+TAX-

こちらのSAXは入荷後、即購入し2,3回程、洗濯機で回したもの。少しシワ感があるのも小慣れた感じがして良いかとそのまま撮影に。

コーディネートはUPのノータックチノをタックインしつつも足元は白スニーカーでカジュアルダウンさせました。

サイズ感は今時のオーバーサイズというより、ややゆとりを持たせながらも納まりがいいサイズ感。1枚でメインのトップスに持ってくるのもいいですが、個人的にはジャケットやブルゾンを羽織った時こそが、このシャツの真骨頂ではないかと。


CREDIT
STUDIO NICHOLSON “LOCO” ¥53,000+TAX- → ¥31,800+TAX-

というわけで、少し気が早いですがスタジオニコルソンのライトアウターで合わせてみました。

ダークネイビーにサックスブルーのグラデーション。定番ですが個人的にこの色合わせが昔から変わらず好きです。

濃紺のジャケットなんかとも相性が良さそう。。と、このシャツを着るたびに早くアウターが羽織れる季節になってほしいと思わされます。


身長161cm SIZE:2着用

CREDIT
EVICON “5POCKET WIDE DENIM PANTS” ¥16,000+TAX-

レディーススタッフの木元にはL.GRAYを着てもらいました。

女性が着ると、よりドレープが綺麗に出て生地の良さが際立ちます。

このなんとも言えない、ホワイトに近いオフホワイト、いやグレーなのか、、表現し難い絶妙なカラーが白デニムとの合わせを単調なワントーンコーデにならず玄人の色合わせへと昇華してくれます。

主張しすぎない少し小ぶりなレギュラーカラーは、他の洋服を邪魔しない馴染みやすさがあり、どんなタイプのアウターや羽織りものをも受け止めてくれる懐の深さを感じます。

そして、胸ポケットはやや大きめの設定。これが程よいリラックス感を演出してくれます。

 


身長171cm SIZE 2 着用

最後にSTAFF細見はグレーのピンストライプをチョイス。

ストライピのピッチ幅が狭いので遠目からは分かりにくいですが、近づくとしっかり綺麗な縦縞が走っております。


CREDIT
is-ness “SUMMER NU WIDE EZ PANTS” ¥25,000+TAX-

この柄は潔く黒のデニムやスラックスと合わせたいとis-nessのワイドスラックスでコーディネート。綺麗目になりすぎないようにサッと羽織るぐらいが晩夏の季節にちょうど良さそうです。

 

ザッと3通りのカラーをご紹介しましたが、なんと言ってもこのシャツの見所はやはり生地感と着心地。

実際に着用してみるとコットン100%ながらシルクのような肌触りと絵もいわれぬ高揚感を味わえます。

恐らくこれから先、数年間は既製服でこのDAVID & JOHN ANDERSONの生地以上に良いものを使って作られるシャツはないんじゃないでしょうか。

まさに、この選択が生地メーカへのファイナルアンサーになるかと。

 

○お問い合わせ

1LDK KYOTO
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

 

1LDK kyoto 小林

 

 

 

 

 

 

August 25, 2020, 7:07 PM

Category: Blog KOBAYASHI