titleevan kinori

 

#1LDKSHOPGUIDEBOOK

1LDK 17A/W MENS LOOK BOOK (1LDK)

 

こんにちは。1LDKの四枝です。

本日は、今季より取扱いを開始する”evan kinori”をご紹介します。

evan kinori

デザイナーのEvanは、少年時代をニューヨークで過ごし、現在はサンフランシスコで服作りを行っています。
スケートボードやヴィンテージを通じ様々なカルチャーに触れ、そうして得た経験を自身の作る服に投影しています。
彼は、”nostalgia (懐かしさ)”が宿る洋服を目指しています。
長く付き合っていくことでクタクタにヨレてきた生地や、着ている時の思い出。
そんな”nostalgia”を感じることができる洋服、それが”evan kinori”です。

取り扱う前から気になっていたブランドの一つで、実際に取り扱いが決まり実物を見て、写真以上に実物が数倍カッコイイと言う衝撃を受けました。

生地選びがとても上手く一点一点が彼の世界観を上手く表現出来ているように思います。

シンプルなデザインの中でもシルエットにも拘り、今主流となっているオーバーサイズとは異なるすっきりとしたサイズ感のアイテムが主です。

型数も少なく、絞ったアイテムですが一つ一つ組み合わせ方次第で様々な表情を出してくれます。

デザインがシンプルなので、同ブランドの組み合わせだけでなく手持ちのアイテムともコーディネートを組みやすいのではないでしょうか。

今季、セレクトしたのはブルゾンを1型、パンツを1型、シャツを2型。ブルゾンとパンツは生地を変えて2種類展開。共にLOOKの様にセットアップでも着て頂けます。ジャケットはショート丈のブルゾンタイプ、身幅、着丈共にすっきりとしたデザインなので、軽い羽織としても活躍しますが、冬場はジャケットやコートのインナーにもオススメです。

パンツはワタリから裾に向かって緩やかなテーパードのシルエットで軽くロールアップしても穿けます。

形は同じでも全く雰囲気の異なる両者です。お好みの生地をお選びください。

シャツはヘリンボーンの生地を採用したバンドカラータイプとウールの生地を採用し、ポケットのデザインや襟の作りからワークな要素も感じるシャツを展開。こちらも、着丈はすっきりと身幅には少しゆとりを持たせたデザイン。流行に囚われないオーソドックスなシャツは、生地の経年変化を楽しみながら永年愛用して頂ける一枚となるはずです。

evan kinori PLEATED JACKET ¥58,000+TAX-

evan kinori FOUR POCKET PANT ¥42,000+TAX-

evan kinori PLEATED JACKET ¥58,000+TAX-

evan kinori FOUR POCKET PANT ¥42,000+TAX-

evan kinori TWO POCKET SHIRT ¥38,000+TAX-

evan kinoriの洋服は写真からも雰囲気が伝わりますが、実物を見て頂いた方がよりモノの良さは伝わります。

僕もその1人ですが、写真で気になって頂いた方は実物を見て頂く事で、間違いなく気に入って頂けるはずです。

evan kinoriのコレクションは10/7(sat) 12:00より、1LDKで発売開始致します。

 

○ お問い合わせ先

1LDK
〒153-0051
東京都目黒区上目黒 1-8-28 #1-A
03-3780-1645

info@1ldkshop.com

 

1LDK instagram

1LDK PARIS instagram

MY_instagram

I official instagram

1LDK terrace instagram

1LDK ONLINE STORE

STAFF WANTED

1LDK AOYAMA HOTEL at 里山十帖

RYO MIYOSHI Blog

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK STAFF 四枝

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: Pick Up, Yotsueda | コメントは受け付けていません。