1LDK ID

LOOK AHEAD TO THE NEXT

未来を見据える

HIROYASU FUKUZAWA

“1LDKのこれまで、これから”について
- I.D. Land Company 福澤弘康代表に聞く -

PHOTO_ RYOSUKE IWAMOTO
EDIT_ HIROAKI NAGAHATA
ART DIRECTION&DESIGN_ WDI.

HIROYASU FUKUZAWA | PHOTO


1LDKについて

――現在、数多くのセレクトショップが乱立する中で、1LDKの個性とは何でしょうか。
空間、内装、商品、全てがブランディングされている所ですね。 仕入れている洋服のブランド力で勝負しているのではなく、お店が提案したいものを売っています。 自社ブランドの〈ユニバーサル プロダクツ〉も、横並びのブランドと同じクオリティでなくてはならないと考えています。
――「日常の中の非日常」というコンセプトはどのようにして生まれたのですか。
当時、お店のディレクションをお願いしていた南さんに提案されて、「良いね!」と即決しました。 僕も自分でブランドをやっていたことがあって、 ベーシックなものに少しだけデザインを入れる難しさを実感していたんですが、誰もやっていない今だからこそやろうと。 “ちょっとだけ変わっている”という感覚も元々好きだったんですよね。
――リアルなショップである必要性は?
やっぱり、ファッションに関しては“人対人”で動いている部分が大きいので、直接お客さんに今売りたいものを提案できる所です。 ウェブでは見た目だけで良い悪いの判断が下されるので、意図しないものが売れたりする。そこに提案が入り込む余地が少ない。 そして、こちらが提案したいものが売れず、トレンドのものだけが売れていくと、在庫のリスクがどんどん高くなるわけです。
――トレンドに合わせたアイテムだけを作るのではなく、あくまでに自分達の提案を大切にするということでしょうか。
そうです。数字を作っていくこと自体は、売れるものを供給すればいいので、難しくありません。 ただ、1LDKにはそれをやらない魅力があると思っているんです。 お客さんからすると、1LDKには「商品がすぐに売れてしまう」というイメージがあるはずです。 シーズンのオンタイムでは欲しいものが買えないから、シーズン前に足を運ぶ必要がある。
――当初、1LDKのショップモデルはありましたか。
ありません。開店当時はメンズがドメブラブームで、ピタピタのモード系ばかり。 それで、次はもっとシンプルな、アメトラをベースにしたモードがくるんじゃないかと。 最初は評判も悪くて、8割くらいの人は「大丈夫?」という反応でした。

HIROYASU FUKUZAWA | PHOTO

以前は1LDKのロゴが大きかったが、現在は控えめなものに。時代の流れを感じる一枚。

――今でこそ1LDKが打ち出す価値観はスタンダードになりましたが、確かにオープン当初、他にこんなお店は存在しませんでしたね。
あくまで結果論です。でも、そこに自信を持ちすぎると恐い。常に進化させ続ける必要があると思います。 今、1LDKみたいな雰囲気のショップって多いじゃないですか。 だから、次はまた新しいコンセプトとアプローチを考えています。
――「今儲かっているかどうかで物事を判断しない」というスタンスが福澤さんの特徴ですね。
自分の場合は3〜5年先を想像しながら働いているので、早めに手を打つことを意識しています。 1LDKを始めた時も同じで、それまで自分がやっていたブランドが好調だったのにも関わらず、内心では卸業に限界を感じていました。 1LDKは着火するまで2年くらいかかったんですが、その間はまだ自分のブランドが売れていたから、何とか相殺できた。 ギリギリのタイミングですよね(笑)。
――中目黒という土地を選んだ理由も気になります。7年前の中目黒はどんな様子でしたか。
人っ子一人いない(笑)。ただ、アパレルのお店がひしめく原宿や渋谷に出しても埋もれるなと。 当時、新築の一階だと坪4.8万円っていう物件があるくらい家賃の高かった中目黒だけど、 かつて盛り上がったこともある土地なので、勝手に可能性は感じていました。 ただ、ここまで1LDKが評価されるとは想像していなかったので、 中目黒で一店舗作って、その後は大きな商業施設に出すものだと思っていた。 でも、やっていくうちに1LDKはそういう雰囲気でもないなと。 大手と同じことをやったら負けるから、路面店でやりたいことを表現する方が合っている。

HIROYASU FUKUZAWA | PHOTO

1LDK apartments. PRE OPENのレセプション時の様子。お店から溢れでるほど、大勢の方が訪れた。

――1LDKはよく“ライフスタイルショップ”という言い方をされますが、真のライフスタイル提案とは何だと思いますか。
ライフスタイル提案って、お客さんに生活の満足感や喜びを提案することではないでしょうか。
――“洋服以外も取り扱う”という方法論ではなく、もっと根本的なことだということでしょうか。
私は、お客さんに宝探しをするような感覚で買い物をして欲しいと思っています。 雑貨や植物というキーワードだけ抜き出しても、ライフスタイル提案にはならない。 最近は「これを買って下さい」っていう、商品の主張が強いショップが多いですよね。

HIROYASU FUKUZAWA | PHOTO

パリ進出について

――なぜ、パリで1LDKが受け入れられると思いましたか。
パリではブランドのラインナップで売るお店が多くて、 提案力で売る1LDKのスタイルはあまり見かけなかったから、いけるんじゃないかと。 だから、フランスに限らず、海外に関しては出店を積極的に考えています。 例えば、香港ではポップアップショップを開催する予定です。 今回パートナーになってくれた『イニシャル』さんは今、香港でものすごく伸びている会社なんです。 ここは「接客を通じてファッションを提案すること」に重きを置いているから信頼できるんですよ。
――利益以外に、パリに進出する意義は何かありますか。
今考えているのは、現地ショップとのコラボレーションや、フランスの生産背景を活かした商品開発。 あと、本当にやりたいことは人材交流。 海外では貪欲に仕事に取り組む人が多いので、むこうのスタッフを日本のお店に招き入れて、 何らかの刺激になれば良いなと。人材もグローバル化したいと思っています。

ショップスタッフについて

――ショップスタッフとして働くにはどのような技術、考え方が求められると思いますか。
基本的なことがきちんとできる人ですね。 例えば掃除一つとっても、「机を拭いて」と言われて机だけ拭くんじゃなくて、椅子が汚れていたら椅子も拭く。 そうやって自分の頭で考えて行動する癖をつけて欲しいから、基本的な所を大事にしたいんです。
――つまり、1LDKは能動的に動くことができる人を求めているということですか?
僕は手を挙げた人に対して優先的に仕事を振るようにしています。もちろん、学歴、年齢、経験は問いません。芯があって、やる気のある人だったら、十分楽しめる環境だと思いますよ。
――福澤さんが好きなショップスタッフとは?
お客さんの空気を読んでくれて、気が利く人です。

会社経営について

――ファッションの分野で長く会社を続けていくのは本当に難しいことだと思いますが、その秘訣があるとすれば何でしょう。
私はこの業界でやっていない仕事がないんですよ。最初に入った会社で商品管理と出荷を担当していて、その後は販売員。 別の会社に移ってからは、7年間営業をやりました。その頃、マックでグラフィックも作っていましたね。 当時裏原ブームの真っ只中だったから、プリント屋さんと組んでTシャツを作ってみたら、通算で3万枚くらい売れちゃって。 でも、それも途中で「Tシャツが売れなくなったら、どうするんだ」と不安になって、今の会社を設立しようと決めたんです。 そこではやったこともないデザイナーを名乗って、まずはカットソー5型を作りました。 カットソーなら仕様書も簡単だし、Tシャツの延長上でできるんじゃないかと思って。 ただ、良い生地を抜くのが上手かったんですよ。サンプルをセレクトショップに見せに行ったら、みんなから「欲しい」と言われました。 そういう風にほとんど全ての役割を経験しているから、自分の会社で働いている人達の気持ちも分かるんです。 だからこそ、「これ、おれなら5分でできるぞ」って言いたくなることもあるんですが(笑)。
――儲かることと良質なファッションを提案することは両立すると思いますか。
提案する精度が高ければ、両立すると考えています。 「お金を稼ぐ」=「利益率の高いものを作って売る」というイメージだとしたら、語弊がありますが。 お客さんに良いものを提供して、損益分岐点をクリアして、次の投資に向けての粗利が残るくらいの稼ぎで十分なんです。

HIROYASU FUKUZAWA | PHOTO

福澤社長のパーソナリティについて

――ご自身が社長業に向いていると思う所と、反対に向いていないと思う所を教えてください。
社長に向いているのは、先見の明があって、判断が早い所。 向いてないのは……誰にでもフランクに話してしまうから、まわりからスタッフと間違えられる所ですかね。 いわゆる社長っぽくないのかもしれません。
――個人的に好きなスタイルを教えてください。
“ちょいモード”が好きです。“アメカジど真ん中”みたいな格好はあまり好きじゃない。 以前在籍していた会社がアメトラ系で、商品の形がベーシックなものしかないから、みんな仕方なく色違いを買うんですよ。 これを“トラッド買い”と言ってましたね(笑)。
――最後に、1LDKの歴史の中で、最も印象的なエピソードを教えてください。
売れなかった当初は、お客さんを呼ぶのに必至で、目黒川沿いまでビラを配りに行ったり、花見のシーズンにビールとお弁当を売ったりしていました。 当時、平日の客数が3人〜5人で、休日でも20人いけば良い方だった。 みんな、1LDKはいきなり売れたと思っているだろうけれど、昔はそういうこともやっていたんですよ。 まあ、弁当は全く売れなかったんですけどね(笑)。

HIROYASU FUKUZAWA | PHOTO

福澤 弘康 (ふくざわ ひろやす) I.D. Land Company CEO

1967年、東京都生まれ。2000年に「I.D. Land Company」立ち上げる。2008年8月に1LDKをOPEN。現在、都内に4店舗、名古屋に1店舗、パリに1店舗を構える。

OTHER ID

STAFF WANTED

1LDKでは一緒に働く仲間を募集しています。

希望される方は履歴書と志望動機、全身コーディネート写真を同封して、
下記メールアドレスもしくは1LDK各店舗までお送りいただくか、直接店舗までお持ちください。
書類選考後、面接させていただく方にのみご連絡をさせて頂きます。
応募書類の返却は致しかねますのでご了承ください。
(採用担当:三好宛)

recruit@1ldkshop.com

SHOPLIST

page top