1LDK ID

I'LL PLAY MY ROLE

役割を果たす

AO OKAMOTO

普通と見せかけて、"一癖"のある人

PHOTO_ RYOSUKE IWAMOTO
EDIT_ HIROAKI NAGAHATA
ART DIRECTION&DESIGN_ WDI.

  普段は1LDK AOYAMA HOTELでサブショップマネージャーとして働いている岡本さん。決して無口ではないが、あまり感情を表に出すことはなく、いつも飄々としている。昔やっていたバンドの本人パートがベースと聞いて、妙に納得してしまった。物静かに、屋台骨を支えるタイプ。
 1LDKに入るまで、お店のことは知らなかった。

  1. graph
  2. graph
  3. graph
  4. graph
  5. graph
  6. graph
  7. graph
  8. graph
  9. graph
  10. graph

ファッションに関して、本人曰く「店頭ではニュートラルな格好を心がけています」。つまり、提案する側の自分はできるだけ“普通”でいたい。だけど、「みんなが持っているものは着たくない」。実は岡本さん、1LDKの中でも、一癖あるアイテムをサラッと着るのが上手い人。“普通”の中の“一癖”が、岡本さんの個性として光っている。

AO OKAMOTO | PHOTO

  • birth


  • 1987年、鳥取県で生まれる。

  • 15歳から工業系の高等専門学校に通っていて、その頃よく足を運んだのが「THE PARK」や「E.F.G.STORE」などのセレクトショップ。あとは安い古着屋。当時は「DROP」や「The Sartorialist」、あとは個人がやっているようなスナップサイトが教科書代わりでした。卒業後、「好きな洋服で生きていくなら」と迷わず文化服装学院へ入学。

  • 2003

  • AO OKAMOTO | PHOTO
  • AO OKAMOTO | PHOTO
  • 2004

  • 初めて自分のお金で買った〈coeur〉のリネンハット。鳥取の「E.F.G.STORE」にて。今被ると全然似合わないんです(笑)。

    高等専門学校時代は〈メゾン マルタン マルジェラ〉や〈ディオール オム〉のようなハイブランドから、何でもない安い古着まで、あらゆるファッションに興味があって。地元のフリーペーパーに載っている情報を頼りにお店を探していました。このリネンハットを買った「E.F.G.STORE」もそこで知ったんです。〈coeur〉は当時から人気のあるブランドでしたが、2015年に見ても気が利いたデザインですよね。今の僕には全然似合わないんですけど。って、もしかして昔から似合っていなかったのかな(笑)。

  • 文化服装学院に入学してからは、ヨーロッパ古着とミリタリーに傾倒。特に、味の出まくったウェスターナーは今でも現役です。

    ヨーロッパ古着は代官山の「ジャンヌバレ」と中目黒の「オルゴー」で、ミリタリーものは中野の「ユーロ サープラス」で買い漁っていました。〈ウールリッチ〉の赤黒チェックシャツはダブルになっているのが面白くて、合わせはウィメンズなんですが、気にせず着用しています。こういう“ちょっと変な服”が好きで。ミリタリーのベルト付パンツは結構今っぽいですよね。新品でもありそう。ジャケットはこの何とも言えない色が好き。あ、このボロいウェスターナーは……着過ぎです(笑)。

    AO OKAMOTO | PHOTO
  • 2008

  • AO OKAMOTO | PHOTO

    15歳の時、文化祭で観た先輩バンドのステージに感化されてベースを始めました。思い出の演奏場所は地元のライブハウス「ベリエ」。

    高専1年の時に観た先輩のバンドがめっちゃ格好良くて、自分もやってみたいと思いました。それで、バイトで貯めた5万円でベースを買って。当時カバーしたのはやっぱりハイスタかドラゴンアッシュ(笑)。流行りはポップパンクからミクスチャーへと移行しつつありました。あとは、ミッシェルやブランキー、イエモンの曲もカバーした記憶が。僕自身は、ストロークスやホワイト・ストライプスなど、海外のバンドも好きで聞いていましたし、ジャーマンロックに夢中になった時期もありましたね。

  • AO OKAMOTO | PHOTO
  • 2011

  • 1LDKに入るまで、シャツを着る習慣がありませんでした。今では〈ユニバーサル プロダクツ〉のシャツがワードローブに。

    洗いざらしで、適当に腕まくりして着るのがいいですね。ショップスタッフになるまでは日常的にシャツを着ることがなかったんですが、今では見事に“シャツ好き”。心身共にニュートラルでいるための必需品です。写真で着用しているのはユニバーサル プロダクツのシャツ ¥17,000(+TAX)。

  • 映画はレオス・カラックスの作品がたまらないです。最近、「アレックス三部作」を一気に観ました。

    普段から映画をよく観るのですが、特に好きなのはフランスの映画監督、レオス・カラックスです。最近だと、「TOKYO!」や「ホーリー・モーターズ」は観た人が多いかもしれませんが、最近「アレックス三部作」がやっとDVDレンタルを開始したんですよ! この興奮は一部の人にしか伝わらないと思いますが(笑)。

  • 2015

AO OKAMOTO | PHOTO

岡本 碧(おかもと あお) 1LDK AOYAMA HOTEL SUB SHOP MANAGER

1987年、鳥取県生まれ。文化服装学院出身。1LDK AOYAMA HOTEL サブショップマネージャー。
8年間住んでいる高円寺の行きつけは600円で和食が食べられる「門一」。

OTHER ID

STAFF WANTED

1LDKでは一緒に働く仲間を募集しています。

希望される方は履歴書と志望動機、全身コーディネート写真を同封して、
下記メールアドレスもしくは1LDK各店舗までお送りいただくか、直接店舗までお持ちください。
書類選考後、面接させていただく方にのみご連絡をさせて頂きます。
応募書類の返却は致しかねますのでご了承ください。
(採用担当:三好宛)

recruit@1ldkshop.com

SHOPLIST

page top