1LDK ID

HERE I AM

なによりもまず、一個人であること

RYO MIYOSHI

Mr.中目黒の肖像

PHOTO_ KAZUMASA TAKEUCHI(STUH)
EDIT_KANDA HARUKI
ILLUSTRATION_SHOKO TAKAHASHI
ART DIRECTION&DESIGN_ WDI.

 鈴木さんの「綿100%が1番」という言葉を聞いて、元々は生粋のヴィンテージ好きであることがよく分かった(昔は化学繊維が存在しなかったので)。古着というバックボーンがあると、その後“洋服狂い”になる可能性が高いけれど、鈴木さんはまっしぐらにその王道を突き進んでいるようだ。
 今は古今東西、あらゆるファッションを見渡した

  1. graph
  2. graph
  3. graph
  4. graph
  5. graph
  6. graph
  7. graph
  8. graph
  9. graph
  10. graph

上で自分に合ったアイテムをセレクトしていて、正にショップスタッフの鏡。ファッションにおける縦軸(歴史)も横軸(ジャンル)も理解し尽くした上での提案は、お客さんも心から信頼できるはず。
 ちなみに、他のスタッフが「とりあえず……」みたいな感じで洋服を着ていると、“アンパイ”が嫌いな鈴木さんから厳しいお叱りが入るそう。

IDENTITY

  • no1 WATCH MY STEPS! | PHOTO

    シューズのワードローブ
    「靴はかなり悩んでから買うタイプ。 革靴はAldenやTricker's、J.M.WESTONなど、良質なモノを一生履くつもりで購入しています。 特にTricker'sは初めて買った革靴なので思い入れがありますね。 気持ちが締まるので、店頭に立つ時は基本的に革靴、休みの日はスニーカーと使い分けています」
  • no2 DENIM AS CHINO | PHOTO

    デニムはデイリーに、ラフに
    「デニムはリジットの状態で履くことはありません。あくまでデイリーに履きたいので、履いた後は迷わず洗濯。 チノと同じような感覚で色落ちなどは気にせず履くのがマイルール。 Levi's®、UNUSED、ADAM KIMMEL、A.P.C.などをローテーション」
  • no3 LONGING FOR SWEAT | PHOTO

    挑発するスウェット
    「自分では抜け感が強すぎると思って敬遠していたクルーネックのスウェットですが、偶然雑誌で見かけたアダム・キメルの着こなしがあまりに格好良くて考えが一変。 今後トライして自分なりの着こなしを見つけていきたいアイテムです」
  • no4 TIDE UP CASUALY | PHOTO

    カジュアルなタイスタイル
    「元々あまり興味がなかったタイですが、1LDKの先輩から『着けてみたら?』と譲って頂いたのをきっかけに見方が変わりました。 タイを付けてジャケットを羽織ったとしても、あくまでカジュアルに。 コットン素材のものを選ぶことでほどよい抜け感を作っています」
  • no5 RISE MORE ZIP | PHOTO

    ジップアップブルゾンに傾倒
    「ロングコートをあまり着ません。 代わりに良く着るのがジップアップのブルゾン。 スキンズのMA-1からの影響でしょうか。 ADAM KIMMEL carhartt、Maison Martin Margiela、RAF SIMONS、YAECAなど、毎年一着のペースで増え続けています。 お洒落を頑張りすぎていないような雰囲気が好きですね」
  • no6 WEAR WITH MEMORY | PHOTO

    記憶を纏うこと
    「どちらも入社前にお店で購入した思い出のアイテム。 YAECAのコートはミリタリーのドクターコートの雰囲気が気に入って、今でもレセプションの際などに良く着ています。 UNUSEDのデニムのセットアップは、ある雑誌で見たデニムスタイルに影響されて購入。 着ると色々なことを思い出すアイテムです」
  • Holiday Style | text
  • Things That Marce Me | text
  • no7 SIGNATURE SCENT | PHOTO

    香りのスタンダード
    「香水はこれまで色々と試してきた結果、この2つに落ち着きました。 仕事と休日で使い分けていて、気分を変えるのに一役買っています。 無いと落ち着かないものですね」
  • no8 ANY TIME, ANY WEAR. | PHOTO

    モッズコートを欠かさない
    「もう10年以上着ているモッズコート。 中学3年の時にお金を貯めて買った一着です。 今まで、さまざまなスタイルを経てきましたが、唯一手放さずにずっとクローゼットにある。 スウェーデン軍のもので、ミニマルなデザインが気に入っています。 これからこういうアイテムがもっと増えるといい」
  • no9 Only White | PHOTO

    純白のスタンダード
    「1LDKのユニフォームとも言えるクルーネックのホワイトTシャツ。 インナーはここ数年毎日これ。 現在はHEALTH KNIT FOR UNIVERSAL PRODUCTS、Brooks Brothers、FRUIT OF THE ROOMのパックTを愛用しています。 新しいものを見つけると、とりあえず試してみる。生地感、ネックの詰まり、洗濯後の変化など、全ての具合を検証して自身の定番となり得るかを考えます。 白Tこそ永遠のスタンダードですね」
  • no10 MORE VERTICAL | PHOTO

    ストライプシャツ偏愛
    「実はシャツを着始めたのは1LDKで働くようになってから。 シャツはショップのスタイルを作る重要なアイテムなので、自然と手に取るようになりました。 なかでも多いのがストライプ柄。 UNIVERSAL PRODUCTS、FRANK LEDER、Tapia LOS ANGELESなど、かなりの枚数を所有しています」
  • no11 ALL OF THE BEGINING | PHOTO

    すべての始まりはチノパンから
    「1LDKに初めて来た時に購入したのがUNIVERSAL PRODUCTSのチノパン。 スタッフの三好さんに『とりあえずコレ』と薦められて以来、既に6、7本は持っています。 どんなスタイルにもフィットするので、ワードローブには欠かせない存在。 初めて買ったアイテムなので、特に思い入れがあります」
  • no12 ALWAYS COTTON | PHOTO

    コットン100%というこだわり
    「素材のなかで最も好きなのがコットン100%。 ざらっとした肌触りや、着ていくうちにクタクタになっていく雰囲気が好きで、コートやタートルネックのニットなどもコットンを選ぶことが多い。 なので、いつもタグはしっかりとチェックします」
  • no13 CUT OUT THE DAY | PHOTO

    日常を切り取るフィルムカメラ
    「高校、大学と写真部に所属していて、今でも写真は続けています。愛機はCONTAX T2。 Tim Barber、Wolfgang Tillmans、ホンマタカシ、最近だとOla Rindalが好き。 実はお店のブログやHPの写真担当でもあります」
  • no14 THE STROKES & SKINS | PHOTO

    始まりの音、反骨のカルチャー
    「中学生の頃に好きになったバンド、The Strokes。 音楽はもちろん、そのファッションにも影響を受けました。 モッズやスキンズを知るきっかけにも。 今、そういうスタイルをすることは無いのですが、ファッションソースとしては原点と言えます」
  • no15 COMMON BUT MODERN | PHOTO

    モダンなフレンチワークに注目
    「今、僕が最も注目しているフランス発のブランド、ARPENTEUR。 シャツ、ベスト、ジャケットを所有しているのですが、フレンチワークの要素をモダンに表現している点が気に入っています。 普通と言えばそれまでですが、その中に少しだけクセを残している。 万人ウケするブランドではないけれど、着てみるとモノの良さが分かる洋服だと思っています」
  • no16 THE ESSENTIALS | PHOTO

    日々の生活の相棒となるモノ
    「Hender Schemeのファイルケースとペンケース、ED ROBERT JUDSONのノート、名刺ケースを愛用。 Aesopのヘアオイルはさまざまなグルーミングを試した後にこれに落ち着きました。 SUNSEAのバッグは今年で2年目。 毎日欠かさず持ち歩くモノも、色々と試していく中でようやく絞られてきました」

ひと癖ある眼鏡がトレードマーク

ひと癖ある眼鏡がトレードマーク

 小学校6年生から掛け始めた眼鏡。 ファッション的な目線で見るようになったのは中学生の頃です。 今、主に愛用しているのはラウンドの丸眼鏡ですが、そのほかにもさまざまなタイプを所有しています。 普遍的なデザインのものより、一癖あるデザインが好き。 少し個性的な眼鏡を掛けていることもあって、周囲からはそれがキャラクターとして定着しています。 もはや無くてはならない、自分自身を表すトレードマークのような存在ですね。 稀にコンタクトの日もあるのですが、キャラが薄いと批判されることも。 その日のコーディネイトによって眼鏡も変えていて、毎日異なるモデルを選びます。 自転車で通勤なので、もちろんサングラスも常備。 まず白Tを着て、その次に眼鏡をチョイスするのが常。 そして最後にもう1度眼鏡の確認をして家を出る。 それが僕の日常です。

所有している眼鏡はBuddyOpticalやayame、ドイツの老舗Lunorなどブランドもさまざま。年に数本のペースで増え続け、今では20本を超えるモデルを所有している。 次に狙っているのは、kearnyとBARTON PERREIRA。 眼鏡は直感で選ぶことが多いそう。


YUKA suzuki | PHOTO

鈴木 雄介 (すずき ゆうすけ) 1LDK AOYAMA HOTEL SHOP MANAGER

1989年広島県生まれ。杉野服飾大学在学中の2011年よりSHOP STAFFに。さまざまな店舗に在籍した後、現在は1LDK AOYAMA HOTELの店長を務める。新鋭ブランドから老舗メーカーのアイテムまで、幅広い視野でひたすら洋服を買い続ける大の服バカ。日々欠かさない眼鏡がトレードマーク。

OTHER ID

STAFF WANTED

1LDKでは一緒に働く仲間を募集しています。

希望される方は履歴書と志望動機、全身コーディネート写真を同封して、
下記メールアドレスもしくは1LDK各店舗までお送りいただくか、直接店舗までお持ちください。
書類選考後、面接させていただく方にのみご連絡をさせて頂きます。
応募書類の返却は致しかねますのでご了承ください。
(採用担当:三好宛)

recruit@1ldkshop.com

SHOPLIST

page top