FEATURE

1LDK AOYAMA HOTEL

2018A/Wシーズンより1LDK AOYAMA HOTELはメンズショップへとリニューアルをしました。
今までのメンズ・レディース複合店からメンズ一本化への移行について
1LDK AOYAMA HOTELの河上店長に話を聞きました。

November 6, 2018



1LDK AOYAMA HOTELをメンズ一本化にした理由とは?

目の前のお客様をもっと楽しませる事が出来る可能性を感じたからです。レディースの枠を取り外す分、メンズの枠を広げるというのは、予算やスペースの都合上出来なかったアイデアが形に出来ることも利点の1つです。


より1LDK AOYAMA HOTELという1LDKの中でも特に広々とした空間で洋服を自由に見せる事が出来るし、見ていただく事が出来る。
1LDK AOYAMA HOTELは決して来店しやすい場所にはありません。それでも毎週の様に、台風の日でも雪の日でも遊びに来てくださる目の前の
お客様をもっと楽しませる事が出来る、現状最良の選択がメンズ一本化でした。



1LDK AOYAMA HOTEL 河上店長

メンズ一本化にしてからの変化やお客様の反応はありましたか?

今のところ特にお客様の流れにはあまり影響が無い様に感じます。顧客様の来店回数は以前より格段に増えました。そもそも1店舗が単純にメンズ化しただけなので男性のお客様にとっては「ふーん。」という感じだと思います。女性のお客様に関しては来店されて「レディース無くなってしまったんですか。」と残念がる方もいらっしゃいます。その点に関してはお伝えする度に申し訳無くなります。


ただ、メンズ化する以前でもブランドを目掛けて来ていない女性のお客様は、メンズの洋服も上手く取り入れる方が多かったように感じます。しっかりとそれを提案出来る人間さえいれば、特にレディースブランドに固執してお店をやり続ける必要も無いと今でも思っています。今いるスタッフの中でも特にメンズブランドを着こなすのが上手いレディーススタッフがヘルプで週に何回か来てくれています。そんなレディーススタッフとお客様が仲良くなって、1LDK apartments./1LDK AOYAMA HOTEL両方を楽しんで頂くというのが理想です。


これからの取り組みなど考えていることはありますか?

お客様の憩いの場に出来る様な空間を目指して行きたいです。僕達が好きな物を提案し続ける環境を作る事が出来ているのは、僕達を信用して買い物をし続けてくださっているお客様がいるからこそなので、モノ以外にも居場所を提供したいと思います。


最近はお客様同士でお話している光景をよく目にします。合間に様子をうかがうと、面白い事にそこでコミュニティの空間が出来上がっているんですよね。そういった新しい繋がりを作り上げられる場所、そして休みの日や仕事終わりに「買い物に来る。」というよりかは「ちょっと顔出そうかな。」と思える空間にするのが僕達のこれからの仕事なんだと思っています。そしてそういった非常に狭いながらも共通の価値観を持った方が集まるきっかけがお店の「商品」でもある。お客様が楽しめる様な商品を用意するのは僕達の当たり前の仕事ですが、その当たり前を自分の中でどう高めていけるかも今後楽しみです。



リリース情報

COMOLI for 1LDK AOYAMA HOTEL
“ COMOLI BLAZER ”
Color:Navy
Size:1/2/3
Price:¥78,000+TAX-


1LDK AOYAMA HOTELとCOMOLIによる別注のブレザー。
ブレザーの持つ真面目なユニフォーム的な表情はしっかりと残しつつ、COMOLIのプロダクト特有の柔らかな印象を併せ持ったアイテムとなっています。
詳細は下記リンクよりご覧いただけます。

COMOLI for 1LDK AOYAMA HOTEL “COMOLI BLAZER”



1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
TEL 03-5778-3552


http://1ldkshop.com/blog-aoyama/