1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

僕も欲しいです。

1LDK recruit (営業職・販売職)

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

パンツに求めること。

コートを着る人もそうでない人も。

ピケシリーズ=春

“URU”

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの柳沼です。

STAFF木下が同ブランドについて語る時、一言目に必ず言っていることがあります。

「シルエットが綺麗」

商品を見ている時、着用スタイリングを撮影する時、何回耳にしたか分かりません。

今回の入荷の際も勿論、、

これは間違い無いものだと思い、既に一度instagramのストーリーにも載せていたわけですが、今回はBLOGでじっくりとお見せしたいなと!

“URU”

-1 TUCK PANTS COTTON GABA-

¥30,000+TAX-

パンツを選ぶ時、人それぞれで好みや基準があると思います。ちなみに僕は、直せば良いレングスと、ベルトでどうにかなるウエストは気にしません。勿論マイサイズな方が良いに越したことはありませんが。

今回撮影するにあたりURUのパンツを穿いた時、一番最初に特徴を感じたのが、股上の深さ。

入荷してスチームをかけている時は、深いタックが入っているなーと眺めていたのですが、そこだけでは無い穿くと実感するシルエットの新鮮さに驚かされました。

股上が深いと聞くと、「野暮ったい」というイメージが少なからずあるかと思いますが、こちらは前述したタックの特徴もありスラックスとしての纏りを感じます。

前シーズンあたりから、他ブランドでもワイドテーパードのパンツが多いなと感じていましたが、どれもかなりカジュアルなものが多く、一言で「綺麗」と言えるものは多くありません。

そのタイミングで入荷したこちらは、提案の幅に奥行きを感じワクワクさせてくれます。


CREDIT
“SCYE” -ULTRA 2WAY NYLON STRETCH SNAP CD- ¥42,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” -STRIPE SHIRT- ¥22,000+TAX-
“COMESANDGOES” -SHORT BRIM CAP- ¥11,000+TAX-

写真で全て伝わるとは思っていませんが、兎に角シルエット、そして自然なドレープが美しいです。深いタックが入っていると先程述べましたが、その深ささえもナチュラルな佇まいで、とても上品な仕上がりです。

付属しているベルトも、長さがあり垂らすことが出来るので、パンツのドレープをより際立たせてくれます。

STAFF杉村は、白シャツにナイロン地のカーディガン、キャップ、グルカサンダルというかなり高難易度な合わせをしましたが、ストリートとトラッドのバランスが旨く保たれています。

パンツはスタイリング全体で見たときに占める割合が高いアイテム。

シルエット、生地のドレープだけでなく、スタイリングの纏め役として、URUのこちらのパンツを是非合わせて頂きたいです。

-WOOL SERGE 2BUTTON JACKET-

¥50,000+TAX-

-WOOL SERGE 1TUCK PANTS-

¥32,000+TAX-

そして、皆様お待ちかねのセットアップ。

非常にお問い合わせの多いこちらのアイテムは既に姿を消しそうな勢いで、、。

とはいえ、僕も書きたい事が山程ありますので、一先ず読んで頂けると幸いです。

先ず目に飛び込んでくるのは、ジャケットの金ボタン。

色表記はBLACKですが、限りなく濃紺に近い黒。巌いる紺ブレを彷彿とさせながら、そこにURUらしさを感じるルーズなシルエット。

既にストロングポイントが多すぎて、着たら欲しくなる事は間違い無いです。


CREDIT
“I” -OFFICER SHIRT- ¥24,000+TAX-

シャツラバーの集いである1LDK STAFFからしても、ここまで使い易さに長けたジャケットはありません。後ろ身頃はカジュアル使いもし易いノーベント。袖口は厚手のインナーでもストレスを感じない太めのアーム。本切羽のクラシックな仕様。さらに滑りの良いキュプラのライニング。

今回は安定のシャツ合わせですが、フーディ、春ニット、カレッジスウェットなどを合わせて下さいと言わんばかりの仕様。

アメリカのカルチャーを日本風にアレンジしたかの様な、、

BLOGを書きながらも、改めてこのジャケットの良さを痛感しています。

生地も春夏でよく見るトロピカルウールではなく、起毛感を感じないウールサージで仕上げている為、セットアップを着たい3シーズンいつでも対応してくれます。

古着でよく見かける、ポリエステル100%で仕上げたジャケパンの様な表情にも近いかと。しかしあくまで上品な仕上がりですので、そことは全くの別物と捉えてください。

パンツは、先に書いたコットンギャバとの素材違い。単品使いでも間違いない一着です。

洋服屋として働き出してから早くも4年目。今の所、服が見出す表情に1番魅力を感じています。

特にURUの作る洋服は、、

僕が手を出す前に、駆け込むことをお勧めします。

 

○ お問い合わせ先

 

February 18, 2020, 8:13 PM

Category: Blog Pick Up Sugimura Yaginuma

ピケシリーズ=春

 

1LDK recruit (営業職・販売職)

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

cantate 20SS

シンプルさと緻密な構成

パンツに求めること。

コートを着る人もそうでない人も。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

UNIVERSAL PRODUCTSのアイテムがドドっと入荷して来ました。

今回メインに届いたのはピケシリーズ。届くのはいつになるのか、待ち焦がれた待望のアイテム。インスタには先にポストしましたがブログでは満を辞しての紹介です。

– PIQUE WORK JACKET-

¥32,000+TAX-

– NO TUCK WIDE TAPERED PIQUE TROUSERS –

¥22,000+TAX-

まずはセットアップ。

ジャケットは既に入荷していたのですが、パンツが入って来ていなかったので安定のバックヤードで出番待ちです。

ここはやはりセットアップでしょ、とそれしか考えていませんでした。

とはいえ、勿論待ち切れなかったので、ジャケット単体での試着を繰り返してイメージを膨らませていました。


CREDIT
“I” – OFFICER SHIRT – ¥24,000+TAX-
“STUDIO NICHOLSON” – BEN – ¥39,000+TAX-

何パターンか試して、ECRUカラーはこの合わせがハマる!となった為、ここはSTAFF榊原にお願いして早速スタイリング撮影。やはり良い雰囲気です。

コットンピケの畝と、それに伴うサラッとしたタッチ。

畝と言っても毛先が広がりフワッとしたものではなく、硬さのある均一なピッチで光沢感も出る仕上がり。

カバーオールのシルエットながらどこか品良くスタイリングしたくなるのは、生地感からくる品の良さがあるからでしょう。

かなりの春ムードを感じることが出来る一着。開襟の首回りからラフで軽い印象を受けるので、季節感をより感じて頂く為にサラッとしたシャツをチョイスしました。

UPのモックネックなんかもしっくり来そうですね。単体での着回し力も十分で、カジュアルでやや無骨なワーク調のデザインが丁度今の気分的にハマります。僕だけでしょうか。。

また触るとひんやり感じる接触冷感なので今からの気温面でも少しは心配が和らぎ、暑い日を迎えてもサッと手に取れます。

そして、ここでついにパンツの登場です。

ネイビーのセットアップ。これはもう見たままで説明不要かもしれません。

1つ、基準としてサイズ感や上下のバランスから堅苦しくない事をポイントに挙げていますが、この全体で見た時のシルエットは正にといったところではないでしょうか。

特にパンツ。ボリューム感とテーパードシルエット。個人的にもう少し太いものを想像していましたが、これがベストでした。特に横からの見た目が好みで、少し力が抜けている感じがスニーカーや革靴の使用頻度が半々な僕にとってバッチリハマりました。

スニーカーならロールして、革靴でロールして見せるのもアリだな、、等あまり持っていないシルエットだからこそいろいろ考えが浮かんできます。

そして細かいところになりますが、このロール数がキモになってくると僕は考えています。

先程が1ロールで、こっちが2ロール。

ウエスト位置の関係もあって、様々なシルエットで取り入れる事が出来ます。所謂、ウエスト調節で〜というやつです。

自分だけの本当に細かい部分なので話半分に聞いてもらって大丈夫なのですが、とにかく新鮮な気持ちにさせてくれるアイテムなだけに、自分の好みに落とし込み易いのです。

何だか今シーズンも買う洋服が多くなりそうな予感がしています。。

次のアイテムも然り、、

– COTTON PIQUE CREW NECK KNIT –

¥16,000+TAX-

一緒にニットが届きました。

勿論こちらもコットン100%。型は継続、カラーバリエーションを変更したラインナップになっています。

セットアップの下に着込んでいたのがGRAYのピケニットで、これは間違いなく登場回数が増えるなと感じる色味、サイズ感。

ハイゲージながらも柔らかい生地感は、非常にリラックスした着心地です。

1枚で良し、インナーにも良しと、丁度真ん中を取ってくれる適度なオーバーサイズが、ブランドらしく気が利いています。

今時期によく見るスウェットと比べて随分と軽く、春先のライトアウターに合わせたら良さそう、と既に暖かい日のことを考えてやまないです。

新色のグリーンは差し込み方が豊富でバリエーションを増やし、さらには一味加えてくれる色味。

ジャケットのカラーと同様に、こういった清涼感のある配色が増えてくると季節の訪れを感じます。

カラーを軸に春夏に気分を向けていくのも良いかもしれませんね。この辺は自宅のタンスを想像して、どの色が適切かパッと手に取ってみて下さい。

春の空気感が感じられるピケシリーズ。

まだ寒いからと待っていては勿体無いので、アウターに合わせて着るのも良いですし、それでもメインで着たい!と言う人はインナーに着込んだり工夫して取り入れてみてはいかがでしょう。

パーカー合わせも良いよね、、とまだまだイメージが止まりません。

是非3、4、5月に着倒すアイテムを選びに来てください。一緒に悩みましょう。

 

○ お問い合わせ先

 

February 16, 2020, 9:36 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Sakakibara Sugimura

いよいよ最終日となりました。

 

cantate 20 S/S

スウェット≠消耗品

僕たちの必需品。

cantate 20 A/W preview at 1LDK AOYAMA HOTEL.

cantate 20 A/W preview at 1LDK AOYAMA HOTEL Vol.2.

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

内覧会に合わせてお借りしている2oA/Wのアイテムより1点をピック。

僕は悩む事なくコレでした。

– The Shiki Jacket –

¥175,000+TAX-

昨日のBlogでも着ていたジャケット。

そこからさらにもう1回、もう1回と何度も着たいと思わせるようなシルエットで、本当に物欲が掻き立てられます。

その中でもシーズン毎にアップデートを繰り返しているこの生地は、LOOKで説明を読んで文字としては理解出来たものの、実際の感覚として落とし込むにはその緻密さから時間が掛かってしまい、、

これは丁度良い機会だ、と松島さんに直接お伺いし詳しく教えて頂きました。

そこを踏まえて着てみると、また感覚が違ってきます。

経糸と緯糸の色を少しだけ変えてシャンブレーにしています。かなり細かく写真では限界があるので、是非手に取ってもらいたいところ。

特に屋外で目を凝らしてみると、肉眼でギリギリわかるくらいの違いが表れ、奥行きを感じさせます。

深みを感じる色味でもあるので、前回はネイビーのクルーネックに合わせていたのに対して、発色のあるシャツでくっきりとした色使いにしてみました。

本日も穿いてきたcantateのフレアデニム。愛着があるので下は変わらずデニムを合わせてスタイリングさせて下さい。折角ならセットアップで見せたい思いでしたが、サンプルサイズ的に履けませんでした、、。残念です。

それでも、僅かにシェイプしたバランス、サイドベンツにドレッシーな印象を受けるのでデニムでカジュアルダウンするくらいが、普段ジャケットを着ない自分には合うかなと。


CREDIT
“cantate” – The Shirt -¥42,000+TAX-
“cantate” -DENIM FLARE TROUSERS for 1LDK AOYAMA HOTEL- ¥34,000+TAX-

今回は特に合わせるアイテムの指定を設けていませんが全てcantateで。

ワードローブの中で、本当の意味で自分のものにするには時間の掛かるアイテムかもしれません。

ただ順番が前後するかもしれませんが、セットアップを買う→それに合わせるシャツが欲しくなる→次は足元→ネクタイ

と、どんどん出てきます。これをもう一周するかもしれません。

背伸びして服を買う意味、洋服に引っ張られて普段触れないカテゴリに手を伸ばすこと。

そこの重要性も松島さんにお話し頂きました。説得力が違うなと。

服屋は服買ってなんぼだろと言われてきたので、特に今年は体力のある内に買っておこうとスタートダッシュでアレコレと買っています。

金額なのか、雰囲気なのか、そこの選択肢にcantateは入っていませんでしたが、これから変わって行きそうな、、。

そんな洋服です。内覧会が終わった後もしっかりとアテンドしますので、少しでも興味が湧いたら是非手に取ってみてください。

ちなみにですが、サンプルサイズは48。体系的に本来44のサイズとなる僕なので、同じサイジングの別のジャケットで着用感を確かめてみることに。

やはりしっくりきます。

 

それでは、最終日もお待ちしております。

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

三日間限定で開催させて頂いている内覧会も到頭本日で最終日です。

普段から顔なじみのある方から松島さんのご友人等様々な方が来店して下さっており、昨日も店内は大賑わいでした。

本当にありがとうございます。

 

さて、STAFF杉村からご紹介がありましたが、僕からもお気に入りを1点。

“cantate”

-Corduroy  Bellows Jacket-

¥72,000+TAX-

秋冬、といえば季節感の感じられるコーデュロイ素材が好き。

そんな安易な理由でしたが、手に取って着る内にどんどん惹かれていくこのアイテム。

以前一発目のBlogにて商品の紹介はさせて頂きましたが、お客様とお話しし、実際に意見を共有し合う中で感じた事も沢山ありました。

 

今まで袖口や肩のガンパッチに部分使いしていたオリジナルのコーデュロイを贅沢に使用したこのBellows Jacket。今まで見たcantateのコレクションで、あのアイテムのコーデュロイも、と思い出に浸りつつも、昨日来店した下さったお客様が

たまたま着ていた同ブランドのハンティングジャケットの袖口の生地のコーデュロイも同じで〜、

なんて話で盛り上がりました。

そして生地に関して、これもとにかく柔らかい。生地の厚みはありつつもドレープ感の感じられる上品な光沢のある素材感は、野暮ったくなりがちなこの手のアイテムには中々感じることの出来ない仕上がり。

他のアウターを選ぶ機会を奪う罪深き存在、とデザイナーの松島さん。確かに、と感じつつも好きと公言してコーデュロイを多数所持している僕の手持ちのどこにも当てはまらない程の上質なコーデュロイ。オンシーズンは毎日着用して着倒したいですね。

ぱっと見で目を奪われる大きめのベローズポケット。

手ぶらでのお出かけが可能と言える程の収納力を有したこのポケットには、アコーディオンプリーツという仕掛けが。両脇と底面に折りひだを施し、名前の通りベローズ(蛇腹)にすることで多くの収納を可能に。

物を入れることで立体感をも生まれる特殊なポケットです。


CREDIT
“cantate” -The Chambray Shirt- ¥42,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” -NO TUCK WIDE TAPERED PIQUE TROUSERS- ¥22,000+TAX-

袖口のデザインにも注目です。

袖口の開きは無し。そういったデザインも、シャツ以外袖ボタンを開け閉めすることが殆ど無いという松島さんならではのデザインであり、それを閉じた状態で薄く、より美しく見せる為生まれたものです。その考えに至ること自体、僕らからすると素晴らしいことですが、その考えをデザインに変えて実現してしまうのだからより惹きこまれてしまうのでしょう。

古着等である畝の潰れたコーデュロイもさることながら、この上質なコーデュロイジャケットをガンガン着倒した後に見ることの出来る風合いも楽しみで仕方なくなってくるはずです。

 

3日間限定で開催させて頂いている内覧会もいよいよ終盤。

駆け込みでのご来店もお待ちしております。

 

※2/14(Fri)〜16(Sun)の3日間限定で、20 A/W cantate collectionのご予約を承ります。
※ご予約頂く場合は内金として総額の20%を現金にて頂戴致します。
※ご予約頂いた商品に関しましては、サイズ、色違い等、いかなる場合でもキャンセル、返金はお断りさせて頂きます。
また、当初の納品予定より実際の商品の入荷が前後する可能性もございますが、納品遅延等によるキャンセル、返金もお断りさせて頂きます。
予め、ご了承下さいませ。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 杉村 木下

February 16, 2020, 2:29 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Sugimura

cantate 20 A/W preview at 1LDK AOYAMA HOTEL. vol.2

 

cantate 20 S/S

スウェット≠消耗品

僕たちの必需品。

cantate 20 A/W preview at 1LDK AOYAMA HOTEL.

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

 

本日より、cantateのデザイナー松島氏をお迎えした、3日間の内覧会が開催となりました。

個人的にも過去3回参加させて頂きましたが、今回は一挙に若いメンバーで20 A/Wのラインナップをご紹介していく運びに。

僕達20代半ばのタイミングでこの洋服に袖を通せること、少し背伸びをしている感覚に陥りながらも、僕らが好きで、そして職業としている先々永く付き合っていける素晴らしい洋服を間近に見られて、非常に嬉しい気持ちです。

そして早速、各々どれに合わせようかなーなんて話しながらスタイリングを組み、外へ繰り出しました。

まずは、本日1日目に最も人気のあったバルマカーンコートを。

ゆったりとした設計。と言えば簡単ですが、着丈をロング、シルエットをAラインで仕上げたもの。1、2枚目を見ると分かるのですが、前合わせをやや反対方向へカーブさせる事で、フロントを開けた際にテーラーカラーの要領で、しっかりとクラシカルな印象に見せてくれます。

あるとないとでは着こなしの幅、もしくは全く異なる見栄えになってしまうことも想像がつくはずです。袖は肩を抜いたラグランスリーブ、今の気分にハマる方も僕達だけではないはず。

そしてこのアイテムの存在感そのもの、発色の良さを物語るベネシャン素材。コットンやポリを用いることが多く、これは繻子織(しゅすおり)とも呼ばれています。カーテン等にも使用される代表的な生地になりますが、ここではウール(あのタスマニアポロワース)を使用。細い繊度、長い繊維調、経糸の浮きが多く出る事によって、表面の密度は濃く、結果的にとてつもなく光沢が現れる仕組み。

そして最大限に発色の良さをを促してくれるネイビーとキャメルの2色展開。出掛ける時にサラッと羽織りたくなる、もしくはドレスコードに見合ったシチュエーションでも。この上質さであるのにも関わらず様々な場面で手に取ってしまうシチュエーションを選ばない圧巻のコートだと断言出来ます。

続いて、その共生地のフランネルベネシャンを使用したノーカラージャケット。

柔らかくとろみのある、というありきたりな食レポのような表現をする事もおこがましいのですが、そういった綺麗なビジュアルを少しカジュアルダウンさせてくれるジャケット。

カーディガンの要領でいつもの格好に羽織ってみて下さい。

例えばアウターを羽織る時に特に気にする点として、アームホールの大きさ、肘の溜まり具合、といった比較的楽な格好に気を捉われている僕達ですが、STAFF杉村のパーカーオンジャケットスタイルにもなんなく当てはまる気軽なアイテムへ昇華していると思います。

続いて。

取り敢えず着てみる事。

展示会の際にSTAFF木下とあれもこれもと試着を試み、自分の感度で着用感を確かめました。結果的にはその意見、はたまたいつも着ている洋服との差異や組み合わせをお客さんとも交換出来るのが楽しくて仕方ありません。

ニコルソンのジャケットに、cantateのドレスカラーシャツをレイヤードしたスタイリング。昨シーズンよりカラーコントラストを落ち着かせたSAX、BEIGE、WHITEの展開です。腰からちらっと見える程の縦長のレングスですが、インしても勿論OK。サイドスリットの深さもポケットへのアクセスを妨害せずに、日常的使いし易い、cantateを代表する”The Shirt”という位置付けです。

某ハイブランドで同等のシャツを作ろうと思うとかなりの時間と労力、お金を要しますが、その運針数の多さも折り紙つき。この価格帯で手に取れることも知っている方が見ると頷いて頂けるのではないでしょうか。

STAFF柳沼はこちらのジャケットに惹かれた様子。

陰影が、ある種ベロアのような見え方を誇る細畝のコーデュロイジャケット。こちらのオリジナルのコードは、ご存知の方は触っただけで「あー、あの時のこの部分の生地か」なんて懐かしく感じる方もいらっしゃると思います。

ぜひ店頭でその安心感に包まれてみて下さい。

さて、ポケットに手を突っ込んでいますが、これが見た目以上の容量を誇る大きなポイント。アコーディオンプリーツを採用したベローズポケットは、その名の通り立体的なマチを設けることで、文庫本やら充電器をすっぽりと収めることを実現させています。

最後に付け足すような形となりますが、本日お客様がしていたスタイリングを模範して。

お客様が私物のスプリングコートのライナーとして使っていたのは、この新作のボアフリースブルゾンでした。

僕も見たことの無い、世界初?のウール100のボア。

一般的に知られているボアアイテムでは、ポリエステル等、熱処理をして安定性を高めるのですが、ウールにするとどうなのか、その答えはふっくらと柔らかく、モチモチとした手触りに。軽さも感じられる毛布に包まれているかのような着心地へと変貌しています。

通常外側に取り付ける肘当てはあえて内側へ。機械的強度に優れた”66ナイロン”を使用し、負荷が掛かり易く、シワになり易い箇所に当てることでその悩みを払拭。

期待を大いに超えてくる、粋な要素としても捉えてなりません。

真新しいデザインと同時に、女性にも着てもらいたい枠としてもオススメさせて下さい!

最後はcantateのジャケットに黒デニム。

ジャケットの高密度のツイル、しかも低速織機による空気感の良さ、ハリ感を備えた極上の1着へ。個人的な推しポイントはいくつかあり、胸元のラペルの立体感、緩やかなウエストラインは健在で、どこを切り取っても申し分の無い唯一無二のジャケットだと思います。

裏地の細部に到るまでハンドによる縫製。裏返しをしても圧倒される、ある意味”まっすぐ”な仕上がり。見えない部分にこそ魅力を感じざるを得ない男の癖は、いくつになっても変わらないモノだとプロダクトを通して実感します。

ブレることのない、モノ作りへの拘り。

 

Youtubeでも、松島氏ご本人が丁寧に説明して下さっています。是非「cantate」と検索してチラッと眺めてみて下さい。

 

※2/14(Fri)〜16(Sun)の3日間限定で、20 A/W cantate collectionのご予約を承ります。
※ご予約頂く場合は内金として総額の20%を現金にて頂戴致します。
※ご予約頂いた商品に関しましては、サイズ、色違い等、いかなる場合でもキャンセル、返金はお断りさせて頂きます。
また、当初の納品予定より実際の商品の入荷が前後する可能性もございますが、納品遅延等によるキャンセル、返金もお断りさせて頂きます。
予め、ご了承下さいませ。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

February 14, 2020, 8:59 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Sakakibara Sugimura Yaginuma

これからの機能服。

 

1LDK recruit (営業職・販売職)

1LDKのLINE公式アカウントが始まります。

DIGAWELのシャツ。

今から既に悩ましいSSのスタイリングについて。

まずは準備としてこちらを。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

 

さて、先日はふらっと映画を観てきました。

「パラサイト 半地下の家族」

少し前にニュースでも取り上げられ、気になってはいたものの観るに至っていなかった僕でしたが、周りの友人が拍車をかけるように一気に観始めていたのでついつい乗っかってしまいました。

さすがに期待されている作品ということだけあって、終始考えさせられる問題/ポイントばかりで全く飽きることなく観終えることが出来ました。

もう一回観たいです、、。

 

服に置き換えても、映画を観直したいと思うように毎日着たいとリピート出来るものが良い。

そうすると必要となってくるのはデザイン性、機能性も然り。永く見るのであれば、この先ずっと付き合っていける、自分とって飽きのこないものを。

僕はいつもこの洋服を見るといつの間にか勝手にそのポジションに置き換えていました。。

CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” – YAAH ECO T/C CREW NECK SWEAT – ¥13,000+TAX-
m’s braque – 2 TUCK WIDE BAGGY PANTS – ¥29,000+TAX-

よく店頭にも着用してご来店下さるお客様もいますが、やはり一つ自分の手元に置いておきたいコートだと思っています。

後染めによるナイロンのパッカリングがシンプルになり過ぎず、カラーはオールブラック。摩擦や擦れも起きにくく、軽さと強度も申し分ない仕上がり。

コットン?シルク?

いや、やっぱりナイロン、と一周回って良いと思える手触りと風合いは個人的に欠かせない存在。

毎年のようにいつの間にか姿を消すTEATORAのコート。僕みたいなのっぽが安心して着られる春先のコートも中々少なく、毎年非常に楽しみにしています。

“TEATORA”

– Device Coat Packable –

¥78,000+TAX-

この一連の流れは幾度となくご紹介してきましたが、正直慣れることでものの30秒程で詰め込み可能。

少し思い浮かんだのは、空港の手荷物検査です。順番が来る前にサクッとしまってカゴへポン。そんな限定したシチュエーションではなくとも、旅行や出張、外出の帰り道のパッキング、春先であれば昼夜の寒暖差等で突然必要になるパターンも難なくクリアです。

使っていると分かりますが、あまり使わなくともいざとなると有難い。そんな可能性が頼ってしまう理由の一つかもしれません。

“TEATORA”

– Time Adapter Packable –

¥78,000+TAX-

そして、展示会の際におっ!と目に止まったコート。

特にビジネスシーンでも使い易い新型が登場しております。

先のDevice Coatとの比べると分かり易いのですが、大きい違いは丈、サイズ感です。今までの定番であるDevice Coatであると少し雰囲気が強すぎる、もう少し肩肘貼らずに着用出来て使い易いタイプ、と言ったところでしょうか。

CREDIT
“blurhms” – SWEAT CREW NECK P/O – ¥22,000+TAX-
“SCYE” – SUN JOAQUIN DENIM LOOSE FIT STRAIGHT – ¥23,000+TAX-

ステンカラーで比翼、そしてジャケットの上に着たとしても肩や胸が張ることのない緩めなシルエット。ヒップ下のハーフ丈ですっぽりとコートだけに焦点を合わせず、スタイルのバランスは常に均一に魅せること可能です。

こちらの新型の為に用意された”ドキュメントポケット”は、今のデジタルの時代でも資料等を収納出来る、そこが逆にアナログな視点で個人的にはツボです。

ミニマルなデザインなのでカジュアルな装いを中にしまっても、またはスーツのセットアップに被せても。あらゆる機能/装備に関しては店頭でゆっくりとご確認頂ければと思います。

 

コート、ダウン、パンツ、ジャケット。

様々な入り口からこのブランドに対してまっすぐに向き合うこととなる訳ですが、そのどのカテゴリーを攻めてもこの先ずっと手にとってしまうプロダクト。

もう5年も使っているんですよー。

というベテランユーザーの意見も尊重しつつ、ここで再度僕からプッシュします!

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

February 14, 2020, 8:59 PM

Category: Blog Pick Up Sakakibara Yaginuma

cantate 20 A/W preview at 1LDK AOYAMA HOTEL.

 

cantate 20 S/S

スウェット≠消耗品

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

 

青山に異動して約半年、中目黒では出会わなかったお客様と触れ合う機会を多く頂きました。

東京にある三店舗ともセレクトしているブランドも違えばセレクトも個々の色があり、スタイルのテンションも異なります。

中目黒の店舗として毎シーズン伺っていた展示会から、今は青山取り扱いブランドの展示会へ。

まだ春夏なのに秋冬のコレクションを見て、着て、知る事が出来て、そうやって見てきた中で僕たちが秋冬シーズンどんなスタイルを提案していきたいかを常日頃考えています。

やはり展示会は何度言ってもテンションが上がるもの。

その時直接見た熱量のままその本格的なシーズンを迎え、届いて実際に見て、着ても尚、やっぱ良いなあって思えた時は本当に気持ちが良いです。(基本的には全てにおいて言える事ですが、、)

そんな気持ちを普段来て頂いている皆様にも感じて頂きたいという思いもあり、言葉で少しずつ伝えさせて頂くことも多々あります。

ただ言葉よりも直接、、と

 

 

cantate 20 A/W preview at 1LDK AOYAMA HOTEL.

Date:2020.02.14(Fri)~2020.02.16(Sun) 3Days

12:00~20:00

 

今年も開催させて頂ける機会を頂きました。

当日はデザイナーである松島紳氏も店頭に立って頂けますので、松島氏本人からコレクションにまつわるお話を直接聞ける特別な機会になると思います。

20AWの展示会も終了し、その後直接サンプルを届けて下さいました。

 

僕自身洋服には触れていたものの、同ブランドの展示会は初でした。どんな感じなのかと地図を見ながら会場付近をうろうろ。

建物に入ると、松島さんが迎えてくれました。

トレンドに左右されない物作りを続けているcantate。僕としては、そこが魅力だと感じていて、カテゴライズすると山程存在するアイテム達をcantateクオリティに作り直した圧巻の洋服ラインナップ。型数は多くないものの、その見応え、存在感は一級品だと思います。

以前から青山STAFFとして勤務しているSTAFF榊原と見させて頂いたのですが、新型であったりアップデートされたシャツ等。

まず掲載写真にも起用されているハウンドトゥースチェックバルマカーンコートが目に入り、説明を受けつつ、勿論理解は出来ていますが、白い部分にシルク、黒い部分にウールを使用して織り上げていたり、ベネシャンフランネルコートに関しては、通常シルクで仕上げられているのが殆どのベネシャンをウールで仕上げていたり、、いつもながらの細かいディテールに硬直状態。着用して動いた時の裾の動き、肩のシルエット、ドレープの表情は今まで見た事が無い物でした。

また、僕の中でのcantateのイメージを覆すコーデュロイの2タックパンツ。元々ラフな服装ばかりだからか着用イメージが湧いた僕は、同素材のカバーオールとセットアップで即試着しました。

家に帰ってから冊子を読み返すと、そのパンツのページにはウェスアンダーソンの名前が。個人的に彼の映画が好きでよく見ていたので妙に親近感が湧いてしまいました。

“膝が白っぽくなるまで穿き込んだコーデュロイってかっこいい”

そんなラフに着ていいんですか!?と思ってしまう程上質なコーデュロイですが、それ程にこの先永く愛し、クタクタになった時の表情が楽しみな洋服しかありません。

また、秋冬に多くのラインナップで店頭に並べて、私生活でもお世話になったボアも新作に並んでいました。

通常のポリエステル素材ではなく、ウール100%。しかも糸に至るまで。

松島さん曰く誰も挑戦しないし、おそらく世界初だ、とおっしゃっていました。工場泣かせだ、と感じるとともに、このウールフリースブルゾンを着用して行った後に見せる生地の表情が気になってなりませんでした。

とにかく柔らかい。ライナージャケットにあるようなミリタリーの無骨な印象を払拭しており、上品ささえ感じられる程。

 

世界観があるだけに、全て同ブランドで合わせてかっこいいのは当たり前。1LDK AOYAMA HOTELとして他のブランドとの組み合わせもバイヤーとしてご提案をさせてください。

既に数ブランドはオーダーが終わっていますが、そもそも1LDKはシャツからスタートしたお店。シャツが充実しているお店だからこそ、cantateのパンツと他のブランドシャツを合わせても良いですし、他の組み合わせも勿論然りです。

そんな来シーズンが楽しみになるタイミングを作ってみませんか。

あれ買ったしこれに合わせよう、半年かけて様々な構想を膨らませつつ、入荷時期には、僕達らしい洋服をご紹介出来る事を楽しみでなりません。

それでは明日から、スタッフ一同お待ちしております。

 

※3日間限定で20 A/W cantate collectionのご予約を承ります。
※ご予約頂く場合は内金として総額の20%を現金にて頂戴致します。
※ご予約頂いた商品に関しましては、サイズ、色違い等、いかなる場合でもキャンセル、返金はお断りさせて頂きます。
また、当初の納品予定より実際の商品の入荷が前後する可能性もございますが、納品遅延等によるキャンセル、返金もお断りさせて頂きます。
予め、ご了承下さいませ。

 

 

 お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 一同

February 13, 2020, 8:08 PM

Category: Blog Kinoshita

僕たちの必需品。

 

1LDK recruit (営業職・販売職)

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

cantate 20SS

シンプルさと緻密な構成

パンツに求めること。

コートを着る人もそうでない人も。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMAHOTELの柳沼です。

 

コーディネートを考える時、どのアイテムから決めるかは人それぞれです。
「今日はこのアイテムを着たいから」
「雨だからこの靴で合わせたい」
「肌寒いからインナーを重ね着したい」etc…

私も、基本的には天気や気温、その日に着たいアイテムから考える事が多いです。

結構時間を要する事もありますが、、、ただそういったことを考えているひと時もまた楽しい時間でもあります。

そして、コーディネートを組む中で手を抜くことの出来ない場所として、個人的に重要なのが「頭」です。

「坊主」「パーマ」「長髪」。髪型が変わるだけでもその人の雰囲気は大きく変わります。私達の専門分野ではないので多くは触れられませんが、それを職にされている方をとても尊敬に値する程。

話の流れからお察しの方もいるかと思われますが、本日ご紹介するのは「帽子」。

それではまずは写真を。

“Nine Tailor”

-TRILLIUM CAP-

¥10,000+TAX-

“Nine Tailor”

-THRIFT WATCH-

¥4,900+TAX-

“Nine Tailor”

-REED HAT-

¥11,000+TAX-

“Nine Tailor”

-BELLS CAP-

¥9,000+TAX-

私にとって帽子とは、「必需品」です。

毎日髪型を決める訳にもいかず妥協的な要素がある時もありますが、「今日は帽子を軸にスタイリングを組みたい」なんて時も。

そんな時店頭でも種類のあるnine tailorは非常に優秀なポジション。

素材や質感といったところの話は、店頭で試して頂いた時に一緒に感じたいところですので、今回は各々のスタイリングに合わせた提案を。

まずは一軍として活躍してくれるであろうアイテムのキャップから。

勿論ここはキャップラバーのSTAFF杉村にお願いしました。


CREDIT
“EVCON”-WIDE L/S T-SHIRT-¥5,800+TAX-

ざっくりと春らしく、ロンTにデニムというシンプルな合わせを。ブラックのキャップだと重くなる印象がありますが、ストラップにヌメ革を使用している事で馴染みの良い佇まいに。上品さも垣間見える生地により、ストリートの定番であるキャップでも、革靴やジャケットに合いそうな流石の出来栄えです。

続いては、夏の定番ハット。

私の夏の定番でもあるハットは、日差しが強い時に自然と手に取る回数が増えます。

何か足りない時の心強い味方です。


CREDIT
“stein”-COMBINED NECK KNIT L/S-¥31,000+TAX-
“stein”-WIDE HOOKED DENIM-¥38,000+TAX-

色はともかく、ハットと言えば形を一番気にするかと。こちらはサーモハットですので、ツバのナチャラルな折れ具合も元からのディテール。独特のシワ加工もされており、初めて被る時から愛着の持てるアイテムです。

続いて、、


CREDIT
“I”-FULL ZIP ANORAK PARKA-¥48,000+TAX-
“I”-OFFICER SHIRT-¥24,000+TAX-
“cantate”-FLUFFY SWEAT PANTS-¥28,000+TAX-

ニット帽にはこれでしょ、と迷わず安定のマウンテンパーカーをチョイス。

コットン、ポリエステルの混紡糸を使用することで、サラッとしながらも温かみがあります。

深さ、厚さ、コストパフォーマンス。


CREDIT
“cantate”-FLUFFY HIGH NECK PO-¥35,000+TAX-
“m’s brague”-TUCK WIDE PT-¥29,000+TAX-

そして、最後を飾るのはキャスケット。

残念ながらキャスケットラバーのSTAFF木下が撮影に不在なので、代役を、、。

パッと見てまず思ったことは、全体のコンパクトさ。

スタイリングに対して、良い意味で邪魔をしないのがこちらの良いところかと。また、ファブリックはリネン100%ですので、夏のシンプルなスタイリングに合わせたいところです。

既に動きの見られるこちらの4型。

春に向け、まずは小物からという考えの方も多いかと。

私も年が明けてから渋り続けていましたが、そろそろ財布の紐を取っ払おうかと考えています。

迷ったら、帽子から攻めてみるのは如何でしょうか。

 

○ お問い合わせ先

February 12, 2020, 10:23 PM

Category: Blog Sugimura Yaginuma

コートを着る人もそうでない人も。

1LDK recruit (営業職・販売職)

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

デニムとシャツ

cantate 20SS

スウェット≠消耗品

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

冬から春にかけてコートを着ますか?

僕は、、たまーに着るくらいです。

朝そんなコート談義をしていると気付くのが、青山スタッフの出勤スタイルはコート/ブルゾンの2択に見事にわかれていること。

特にスタッフ木下はその筆頭で、朝の服装を思い浮かべると青山取り扱いブランドから古着まで、高頻度でオーバーコートのシルエットが過ぎります。

スタッフ榊原はTEATORAのショートダウンのイメージが強く、アウターだけでいうと僕と同じ方面。個々でキャラがあるなーと思ったりして。

そもそも何でこの話になったかと言うとこのコートが入荷したからで、

“UNIVERSAL PRODUCTS”

– NYLON STAIN COLLAR COAT-

¥46,000+TAX-

UPのステンカラーコートです。

使い勝手の良さに直結するのが大きさ、シルエット、生地感の大まかに3つで、そのどれも丁度良くバランスが取れているのがこちら。

わしゃわしゃとラフに使えるナイロン生地。適度にゆとりを設けたシルエット。日常的に必要な収納数。

スペックが多すぎて持て余すのも何だか勿体なくて、このバランスの良いシルエットが1番自然に使えて落ち着くと思っています。

コートをあまり着ない僕でもイメージ出来るような、とにかくスタンダードな1着です。

そしてそのイメージ通りスタイリングへ行こうとしていたところ、、

朝の話しの流れから、シンプルなコートをいつも通りではつまらないので折角ならお互いにスタイリングを組もうということに。コート派とブルゾン派の意見交換。確かに一理あるなと、意見を仰いで撮影へ。


CREDIT
“blurhms” – SWEAT HOODIE P/O – ¥24,000+TAX-
“m’s braque” – HARLEM PANTS- ¥36,000+TAX-
“Nine Tailor” – REED HAT – ¥11,000+TAX-

先ずこの2色では選ばないであろうホワイトを。

完璧に真っ白ではなく少しだけベージュを感じる色味なので、ざっくりワントーンの構成です。

こういったナイロン地のアウターは、スウェットパンツなど素材感を変えて緩く着崩すのが好きなのでパンツの合わせも新鮮。そこはバランスを取って上を馴染みのあるフーディーにしてくれたようです。

いつもとは違い少しソワソワしますが、これはこれでアリだなーと。

主役のコートが何に合わせてもしっくりくるので他で多少変化をつけても纏まります。良い意味で脇役にもなれるコート。縁の下の力持ちでワードローブの軸的な。


CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” – STRIPE REGULAR COLLAR L/S SHIRT – ¥22,000+TAX-
“STUDIO NICHOLSON” – BEN – ¥39,000+TAX-

そしてもう1人のコート派、スタッフ柳沼を着せ替え。

店頭ではグレー系の合わせが多い印象ですが、間違いなく春っぽい爽やかな服装も似合うのでブルーストライプのシャツを持ってきました。良い感じです。

下も個人のイメージでボリュームパンツを。

コート+シャツ+チノ。王道の合わせながらやはり外せないと、原点回帰のような気分で組んでみました。春先はこれでバッチリでしょう。手持ちのアイテムを当てはめて、やはりこちらも最後はコートで纏める流れになります。

スタイリングに夢中でディテールに触れていませんでした、、すいません。

この辺りは店頭で羽織った際に確認してみてください。まずはこのシンプル故の活用幅と手に撮り易いシルエットをメインに。

何にでも合うは勿論ですが、メインにしても後付けで羽織っても、どんな服装も纏めてくれるのはアウターとして重要なポイントではないでしょうか。

またシャツ、スウェット、パンツなどなど、土台として揃ってくるこのタイミングでコートの選択肢は自然な流れかと思います。今季のアイテムでトータルコーディネートとして1つ完成させておくと気分も変わってきます。

僕はあと羽織りモノを買って一通り揃える予定なので、同じくあと1つという人、買い物リストに余裕のある人はお試しください。

今年は春先にコートを着ましょう。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 杉村

February 11, 2020, 7:59 PM

Category: Blog Pick Up Sugimura Yaginuma

スウェット≠消耗品

 

1LDK recruit (営業職・販売職)

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

デニムとシャツ

cantate 20SS

シンプルさと緻密な構成

パンツに求めるもの。

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

ここ最近気温も下がり調子ですが、僕らも店頭での服装は徐々に春夏ムードに。

分かり易く言うと、ニット→スウェットという感じです。

春夏用のコットンニットも捨てがたいですが、やはり時期的にも個人的な趣味的にもスウェットはそろそろ欠かせなくなってくると思います。

実際家では上下スウェットの方も多いと思いますが、それをもし外でも成立させることが出来たら、、正直出来ない事もないですが、やってみてもイマイチ上手くいかないものです。

なので、今まではあくまで理想という形で頭の中に思い描いてた程度。。

“cantate”

-Fluffy High Neck Pull Over-

¥35,000+TAX-

“cantate”

-Fluffy Sweat Pants-

¥28,000+TAX-

以前別注としてもリリースさせて頂いたcantateのスウェットパーカ。

今回はインラインからハイネック、パンツが新リリースです。

おそらくパジャマとして皆さんの一軍として名の上がる上下スウェットというスタイル。そこの懸念点があるだけに中々取り入れづらく感じる方も少なからずいらっしゃるかもしれません。

見た目の面から存在感と高級感の感じられる仕上がりで、触り心地も弾力、そしてコシのある非常に丈夫な質感。

まるでコットン100%とは思えない程の、どれだけ時間をかけて作られたのかと色々考えこんでしまうような、、実際いつも同ブランドの服のディテールを見て少しだけ固まります(笑)

それ程の雰囲気になっているこのスウェットアイテム、着用した時に気持ちいいと感じない方はまずいないのではないでしょうか。

ユーズドのリバースウィーブのような硬さのあるタフでヘビーなボディもさることながら、実際この生地を手に取ってしまうと、どうも優劣を付けずにはいられません。勿論それぞれの良さがあるので一概には言える事ではありませんが、、。

ジャパンメイドの作り込みの良さをダイレクトに感じて頂けるアイテムとして、手に取って頂きたいと思いました。

日常着としてヘビーに使う物だからこそ、そして服の中でも最も手に取る回数が多く着回しやすいアイテムだからこそ抑えたいポイント。

強度、デザイン性。

間違いなく前者の強度が抜きんでてくると勝手に思っています。勿論スウェット=消耗品という考えも浮かびますが、このアイテム達に関してはそういった悩みも必要無くなる事でしょう。

吊編み機で編んだ裏毛。表糸、中糸、裏糸の三本で構成されている組織の事です。

ここ最近の現代で使われているシンカーという編み機は技術の先進化と共にどんどん効率が良くなっていく一方です。

シンカーの1/24

そう聞くだけでもまじかと思ってしまうようなことですが、吊編み機はその裏毛という三本の組織の全ての糸を均一な長さにする事が出来る為、いわゆる丈夫な生地が完成するわけです。

上下、左右の生地のテンションが揃うことで生まれる強度は、言うなれば永く着て頂けるアイテムの他なりません。

パンツに関しても同様に。最悪オンオフの両方で使っても問題ないとも思わせてくれます。


CREDIT
“STUDIO NICHOLSON” -CAR COAT (RUBATO)- ¥110,000+TAX-


CREDIT
“CLASS” -VICTOR PAPANEK- ¥24,000+TAX-
“nine tailor” -TRILLIUM CAP- ¥10,000+TAX-

スニーカー多めの僕としてはコートで締めつつ、きっちりとした榊原は普段のスタイルのままにパンツを投入という形で。

はずしとしても使えるアイテムであり、パンツに関しては僕としても難しいかなと欲しいと思いつつも手を出していなかった部類。この機会に挑戦しようかなんて榊原と話しています(笑)

服を着る時に重要なポイントを抑えられた、悩みを解消するスウェットシリーズ。

また自分の中でのファッションの世界が広がりそうです。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 木下

February 10, 2020, 7:57 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Sakakibara

パンツに求めるもの。

 

1LDK recruit (営業職・販売職)

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

デニムとシャツ

cantate 20SS

シンプルさと緻密な構成

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

 

寒いような暖かいような、どんな服をチョイスすれば良いかすら億劫になる頃合いの2月。とりあえず手頃で楽なパンツが欲しいなー、と思った矢先の繋がりで、僕らの定番”I”より、何とも調子が良いパンツが入荷したのでご紹介します。

何かと、あればスルッと足を通してしまいたくなるトラウザー。

“I”

– COTTON EASY SLACKS –

¥24,000+TAX-

パンツに求めるモノ。

それは体型、好き嫌い、様々な理由で穿かなくなっていったものを思い返すと、既に自分に合うパンツはこれかーなんて悟るようになります。このパリッとしたタイプライターの生地。アタリすらも味方にすべく、夏場でもガシガシ着用頻度を増やしてほしいパンツ。

トップスに持ってくるもので、今日はこれを着たいなーなんて思っていると、二の次にそれに合わせるパンツを、、というサイクルが回り出しますが、逆もまた然り。

スタンダードで合わせ易い。

そんな謳い文句を敢えてパンツに求めてしまいます。1週間の内でかなりの頻度で使用出来る安心感の何物でもありません。

CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” – YAAH ECO T/C CREW NECK SWEAT – ¥13,000+TAX-

ふっくらとハリのある立体的な形状は、腿回りの余裕から体感出来るはずです。ウエストはすっきりした印象ですが、ウエストはゴムのイージー仕様、キュッと絞るドローストリングは嬉しい事に内側に。

お客様からよく聞く、

「パンツ、ハズレないよねー」というワード。

勿論丈直し、サイズの調整は行いますが、それは試着している段階の調味料のようなものです。このパンツに関しては、得意の落ち感というものは無く、STAFF柳沼は敢えて裾をクシャクシャに溜めてワークパンツの面に魅せてくれていますが、個人的にも好きなテンションです。

CREDIT
“EVCON” – COTTON LINEN CREW NECK KNIT – ¥18,000+TAX-
“TEATORA” – TIME ADAPTER P – ¥78,000+TAX-

パンツに持ってくるには最適なカラーの2色。ツイルとは少し違う、光沢がありながらも緻密な糸の重なりなので、多少の強風でも生地を通すことはないでしょう。生地は2mmと極薄、夏にTシャツにこれくらいで近所をふらつくのも良さそうです。

何度も言いますが僕がパンツに求めるのは、勿論素材や全てを見た上で、スタンダードで合わせ易い、という言葉につきます。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

February 8, 2020, 7:55 PM

Category: Blog Pick Up Sakakibara Yaginuma