FEATURE

1LDK ID Vol.2

SHOP STAFFにフォーカスしたこの企画で、販売員である前にひとりの人間としてより身近に我々を感じていただけたらと思います。また、これからの「1LDK」を作り上げて行く仲間が増えれば幸いです。



In this project focused on our shop staff, we are delighted if you would know our personality and feel us more closer. Also, we hope that more people will build the future “1LDK” and will go there.

March 9, 2018


鈴木 雅大(すずき まさひろ)愛知県生まれ。愛知教育大学を卒業後、1LDK annexに勤務。現在は、ショップマネージャー兼ショップバイヤーとして活躍しながら、一児の父として多忙な日々を送る。




Masahiro Suzuki Born in Aichi. After graduating from Aichi University of Education, he works at 1LDK annex.  Currently, he has worked hard as shop manager, buyer and a father.


教育大学を卒業している鈴木さんですが、教員の道には行かずアパレル業界へと進んだのですね。
その選択に至った経緯を教えて下さい。

You graduated from university of education, but you didn’t choose that industry.
Why did you choose that way?

実際に教育実習を経験し、教員免許も取得しています。そもそもファッションに大きく興味を持ち始めたのは大学に入ってからで、そこが僕の人生のターニングポイントでした。大学で出逢った友人にすごくお洒落なやつがいて、彼から大きな影響を受けました。教育大学まで進学したのに、
その道を辞めたなんて話をすると、よく「勿体無い」と言われますが、自分的には今の仕事に楽しみを感じているので、正しい選択だったと思っています。 



 I undertook a practicum at school and got a teaching license also. I’ve been interested in fashion since university students actually then I think that was my turning point in my life. I was influenced by my university friend who is very fashionable. Sometimes they said “Why didn’t you choose job of it?” to me, but I’m sure my choice was absolutely right. 


今年で7周年を迎えた1LDK annex。オープン当初から在籍している鈴木さんにとって最も印象深い
エピソードは?

1LDK annex is 7th anniversary this year. What is your the most impressed episode since this shop started?

やはり1LDK annexがオープンした日ですね。その日はなんと名古屋に大雪が降って、ここ数年で一番じゃないかっていうくらい雪が積もっていましたから(笑)。それでもありがたいことに沢山のお客様にご来店いただいたことを覚えています。もう一つは、1LDK annexオープンの前に
中目黒の店舗で一週間程研修として働いたことがあるのですが、現ゼネラルマネージャーである三好さんと当時のスタッフの宮崎さん(現在はハナファームキッチンにて勤務。)との思い出ですね。営業後に餃子を食べに連れていってもらったのは良い思い出です(笑)。



One of my unforgettable memory is the opening day for 1LDK annex. It snowed really hard in Nagoya, we had the heaviest snow in recent years. However, I remember many customers were coming our shop thankfully. The other memory is with Mr.Miyoshi who currently general manager and Mr. Miyazaki(Now he works atHana farm kitchen). I have worked at 1LDK shop in Nakameguro just for a week before 1LDK annex is opened, they brought me to dumping restaurant after work. 


OPEN当初の1LDK annex

去年リニューアルオープンを機にレディースの取り扱いがスタートしましたが、
始まる前と始まった今ではどのような変化がありましたか?始めたきっかけなど詳しく教えて下さい。

Women’s handling began when renewal opening last year, what kind of changes has happened  before it started? Please tell us more about the reasons you started.

1LDK apartments.がオープンし1LDKとしてレディースの展開が始まった頃から、1LDK annexでもいずれは取り組んでみたいと思っていました。しかし、キャパシティや立地、人員的な問題もあり、なかなか踏み出せずにいました。色々なタイミングと条件が重なって今の場所に移転することが決まり、レディースの取組みを始めるには良いタイミングだと感じました。今の場所には周辺にレディースのお店が多いので、女性の方が
ふらっと立ち寄りやすくなっています。今ではおかげさまで、平日のお客様の半数は女性ですね。



Since 1LDK apartments. opened and women’s got launched as 1LDK, 1LDK annex thought that we wanted to work on it. However, due to capacity, location and personnel problems, we were not able to take the step unfortunately.  That’s why It was decided to relocate to the present place with various timings and conditions overlapped and we felt it was a good timing to start women’s clothing. As there are lots of women’s shops in the surrounding area in this place, women are easier to stop by. It is now thanks to us that half of our customers on weekdays are female.



現在、1LDK annexのショップマネージャーとして名古屋の1LDKを牽引している立場にありますが、この役職のやりがいはどのようなところでしょうか?

Currently, you are in a position to lead Nagoya 1LDK as a 1LDK annex shop manager, what is the challenge of this position?

1LDKの面白いところは、店舗毎にコンセプトが異なり、それに基づいた仕入れを行っていることです。各店舗の店長がショップバイヤーとなり、
他の店舗にはない特色を出すことができます。いち地方店でそれが許されるセレクトショップは、なかなかないのではないかと思います。商品の
セレクトからイベントの企画、もちろん接客も含め、どれもストレートに自分の想いを表現できますので、全てにやりがいを感じています。



The interesting part of 1LDK is the concept which totally different from each stores. And we are doing stock purchasing based on it. The store managers are working as a shop buyer, and we can express our own colors not to be found in others. I think there are not so many select shops like our style where it’s permitted in local cities. Everything is challenging for me. It allows us to express our thoughts straight from the selection of products to event planning, as well as customer service.


鈴木さんがやりがいを感じたエピソードを教えてください。

Please tell us the episode you felt rewarding.

店舗移転に向けたPRの一つとして、街頭でティッシュ配りをやったことでしょうか。ブログやSNSが当たり前の時代に、あえてアナログな方法で
服屋がやらなそうなことをやってみたら面白いんじゃないかと思って実践しました。スタッフの西脇と一緒に配ったんですが、なかなか受け取ってもらえず辛かったですね……。思い返すと楽しかったですが。そんな思いつきみたいなことを実施できてしまうのも、やりがいの一つと感じました。



As one of promoting for relocating the store, we distributed tissue to passenger on the street as a publicity. In the days when blogs and SNS are commonplace, I was thinking that it would be fun if I tried doing things that clothes shops would not do in analog way. I distributed it with staff Nishiwaki, but it was hard to hand it to passenger. Although it was fun to recall, I felt it was also a rewarding thing to be able to do things like such thoughts.

今後挑戦していきたいこと、将来の展望を教えてください。

Please tell us what you would like to challenge in the future and future prospects.

今1LDKの国内地方店舗は名古屋と札幌だけです。先程の話と繋がりますが、名古屋は名古屋ならではの、札幌は札幌ならではの取り組みをもっと
していくべきだと思っています。それこそ都内のお客様が、名古屋店に行ってみたいと思ってもらえるような独自性のある店を作っていきたいです。名古屋の店舗でしかできないことや、僕やスタッフの西脇や三浦にしかできないようなことを、どんどん発信していきたいと思います。



Currently 1 LDK’s domestic regional stores are Nagoya and Sapporo. Although I can connect with the story of the previous story, I think Nagoya should be more unique to Nagoya, Sapporo should do more Sapporo unique initiatives. It is time that we want to make shops of unique origin that customers in Tokyo want to go to Nagoya store. I would like to continue to disseminate things that can only be done at Nagoya stores and things that can only be done by myself, the staff Nishiwaki and Miura.
 

「名古屋は名古屋ならではの」とは、具体的にどのようなことでしょうか?

What exactly is that Nagoya is unique to Nagoya ?

過去には、名古屋駅で活動されていた靴磨き職人さんを招いたイベントをしました。今年2月の周年の時には、「ある日」さんという名古屋市内の
ドライフラワー専門のショップと一緒にイベントをしたのですが、そのような名古屋にしかないお店や、例えば地元のクリエイターやアーティストだったり、名古屋生まれのあらゆることを全国に向けて発信していき、名古屋を盛り上げていければと思っています。



In the past, I held an event that invited a shoeshiner who used to work at Nagoya station. At the anniversary of February this year, I had an event with a specialized dry flower shop in Nagoya city, “Aruhi -means One Day-”. Moreover, I would like to boost Nagoya by dispatching the information on not only such shops that only exist in Nagoya, but also local creators and artists, or anything born in Nagoya to all over Japan.
 

アパレルの仕事と家庭を両立する上で大変なことは何ですか?バランスよく両立させるコツや、
大切にしていることを教えてください。

What do you find difficult to balance your work and family? We would like to know your tips to balance both of them and things you believe important.

毎朝、2歳の息子を保育園に送り届けることが僕の最初の仕事です。朝は結構早起きしていますね。11時出社であるのに関わらず、6時半に起きています(涙)。一つ屋根の下で暮らしていながら、妻や子との生活リズムの違いが生じることはアパレルあるあるかと思います。妻と子は土日祝日休みですが、自分の場合はまだ売場に立っていることもあり、土日祝日の休みが基本的にありません。なので出勤前の短い時間に家族との時間を作ることを大切にしています。家族との時間と言っても、朝ごはんを一緒に食べるとか、子どもと公園に行くとか、そんな当たり前のことです。アパレルだからと言って、他業種と比べて特別なことをして両立させている意識はないですし、時間をうまく使えば家庭がいながらにして趣味に使える時間も持てると思います。僕の場合、息子を送り届けてから出社までに時間があるので、趣味に時間を使っています。実はインスタグラムで
@nigaoetarou”という名義でドローイング活動をしており、主にその時間に充てています。



Every morning, my first job is to send off my 2-year-old son to a kindergarten. I wake up quite early in a morning. Starting to work at 11am, I still wake up at 6:30am. While living together under one roof, I consider there is always a difference in life cycle with my wife and child. My wife and child are off on Saturday, Sunday, and public holidays. On the other hand, I occasionally work on those days. Therefore, I treasure the time with my family in a short time before going to work. Having said that, we don’t do something special, but have a breakfast together or go to a park with my child. I don’t have consciousness doing special things because of my work compared with others in different industries, and I believe that what if we use our time well, we can still have some time for our hobbies while having a family. In my case, because I have some spare time between sending my child off and going to work, I use that time for my hobbies. I actually do drawing activities on instagram, ”@nigaoetarou”.



ドローイング活動を始めたきっかけは?

What made you start drawing?

絵を描くのは昔から好きでした。最初は知り合いの似顔絵に勝手にタグを付けて、半分悪ふざけなノリで投稿していましたが、続けていくうちに
面識ない方からも沢山フォローいただけるようになり、この活動に広い可能性を感じるようになりました。annex鈴木の匿名サブアカ的な感じで
あったのに、いつの間にか本体よりもこちらの方が知名度が高くなっていて、少し複雑な気持ちです(笑)。”@nigaoetarou”を通じて色んな業種の方との繋がりも生まれて、そっち方面の良き出逢いが今後1LDK annexでのイベントに発展していったら面白いな、なんて思ったりしています。結婚して子どもができ、プライベートな出逢いが少なくなっている分、この活動は自分の中で貴重なコンテンツになりつつあります。4月にはこの
名義で都内のクラブイベントにゲスト出演する予定がありますので、興味ある方は是非”@nigaoetarou”をフォローし、ご来場ください(笑)。



I’ve always liked drawing. At first I tagged on my acquaintance portraits for fun, but as I have continued, a lot of people have started following me on Instagram. As a result, I feel a wide range of possibilities for this activity. In the beginning, it was an anonymous secondary account of “annex Suzuki”. Nevertheless, it has been more famous than my main account so I have mixed feelings. Through my account,”@nigaoetarou” a connection with people of various industries has been created. Furthermore, I believe that it will be fun if those encounters develop into an event of 1LDK annex in the future. This activity is becoming invaluable to me because I haven’t had many encounters outside my work since I got married and a child. 
In April, I am making a guest appearance on a club event in Tokyo under this name”@nigaoetarou”, so those who are interested in this event, please follow me on Instagram.


店舗情報

1LDK annex
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-25-39 sakae south square 1F
☎︎052-252-5279


http://1ldkshop.com/blog-annex

   


ONLINE STORE

   


instagram_1ldk_annex