titleパリの展示会(続き)

こんにちは。1LDK PARISの店長関です。

Hi everyone, Bonjour, I’m tencho-Seki of 1LDK PARIS.

 

続きは明日に、と言いつつ明後日になってしまった前回の続きです。

夕方(といっても今の時期のパリではお昼くらいの明るさです)にもう一つの大きな合同展示会であるMANに。

こちらはパリを拠点に昨年は東京でも開催されていました。

こんな車も。(送迎用でしょうか・・・?)

 

会場は昔の大きな風船(気球とかのでしょうか)工場跡地を利用しているので吹き抜けですごく雰囲気の良い建物です。

ですが、今回のファッションウィーク中は例年より気温が高かったため、上の階に行くと気温が高すぎて皆さんTシャツで汗だくでした・・・

格好よい会場なんですけどね・・・

 

パリの展示会は回りやすい事を考慮してか、マレ地区というエリア周辺に会場が集中しています。

このエリアには最近新しいショップが次々とオープンしていて展示会回りの合間にショップを見に行くのも楽しみの一つです。

月曜には今年の5月にオープンしたばかりのこちらのショップへ。

この辺りは彼らのような大きい資本を持たないブランドも多く出店しているので、面白いショップを見つける事ができます。

ショップは奥にアトリエが併設されています。

 

個人的に良いなと思ったのは店内の壁。

日本のショップでは数年前から「有孔ボード」と言われる穴の空いた木のボードにフック等を取り付け商品をディスプレイするショップが増えましたが、それを鉄の板でやることによってモダンさと重厚感が良いミックスになるなと感じました。

もちろんブランドの世界観があってこその内装だとは思いますが。

 

その後の展示会回りは写真を撮るの忘れました・・・

夕方は前日で展示会が終了したARPENTEURチームとミーティングを。

の、前に店で買い物してくれました。

以前からUNIVERSAL PRODUCTSのアイテムを欲しがっていたのですが、身体に合うサイズがなく買えませんでした。

1LDK PARISではもう一つ大きいサイズまで取り扱っているので今回めでたくご購入です。

 

近くのカフェに移動してミーティングをスタート。

なにやら色々見ながら話しています。

こちらの企画はうまくいけば来年の1月にはご紹介できるかも?です。

 

ARPENTEURとの出会いは初めてパリに来た4年前で、それから1LDKでもずっと展開しています。

その頃からずっとMADE IN FRANCEにこだわったアイテム作りをしており、日本でも多くのファンを持っています。

もちろん1LDK PARISにも置いてありますので、是非チェックしにいらしてください。

 

店長関の個人的一押しはこちら・・・

キレイなブルーのシャツですが、素材が・・・

インディゴ染めのギンガムチェックです。

この絶妙な色味は乾いたヨーロッパの夏に最適なイメージなのではないでしょうか?

(ここ数日は高温多湿になってしまっていますが・・・)

 

こちらのシャツは残念ながら(?)セールになっておりますので、気になる方いかがでしょうか?

(やはり好きなブランドがセールになると悲しいものです)

 

ただいま気温36℃の暑すぎる1LDK PARISでブログ書いてます。

そろそろビールの時間かな・・・

1DLK PARIS 店長関

1LDK PARIS INSTAGRAM

 

 

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: PROCESS | パリの展示会(続き) はコメントを受け付けていません。

titleパリの展示会

こんにちは。1LDK PARISの店長関です。

Hi everyone, Bonjour, I’m tencho-Seki of 1LDK PARIS.

 

日曜と月曜は1LDK PARISがお休みなので、Parisファッションウィーク中の街に出て展示会を回ってきました。

その前に「ファッションウィークって?」という方の為にWikipediaのリンクを貼っておきます。

ファッションウィーク

・・・なるほど、勉強になります。

つまりその時期に、その都市にいないと買い付け(バイイング)ができない、という事です。

パリは毎年6月と1月にメンズのファッションウィークがあります。

 

そういった意味では東京にはファッションウィークはありません。

東京ファッションウィーク(現在はメルセデスベンツファッションウィーク東京というそうです)という名前のイベントはありますが、実際に東京(日本)のブランドが展示会を開催する時期はバラバラで自由です。

例えば今パリで開催中(終盤)の展示会は2016年春夏の商品を買い付ける為ですが、これが東京だと、9月から11月くらいで毎週どこかで展示会がやっています。

中には12月に展示会をやるブランドだってあります。

 

1LDKのような東京に拠点を置くショップは毎週展示会があっても行く事ができます。

しかし、東京以外の都市のバイヤーは新幹線や飛行機で展示会のため東京に来る必要があります。

大きい会社ならまだしも、毎週この交通費を使うのってかなり大変だと思います。

だからメインで取り扱っているブランドがやっている週以外は出張を控えます。

これが日本以外の国のバイヤーだとなおさらですよね・・・

 

それだと日本のファッションが盛り上がらないので、東京ファッションウィークを作っている訳ですが、主催者側とブランド側の足並みはなかなか揃わないようです。

主催者側が人を呼べればブランドが乗るのか、良いブランドが出展しているから人が呼べるのか・・・

どちらが先かはそれぞれの意見がありますが、実際はサンプル製作のスケジュールの調整など簡単ではないです。

それもスケジュールを優先させるのか、スケジュールを遅らせてでも納得のいくサンプルを仕上げるのか、日本のブランドは後者が多いのかもしれません。

などと勝手に語っていると怒られそうなのでこの辺で止めておきます。

 

ただバイヤー目線でいくと展示会回りが一週間で終わるのは効率が良いかと思います。

その分一日中回らなければならないのでハードですが。

そんなパリの展示会回りを簡単にご紹介します。

 

まずは朝からCapsuleという合同展示会(いろいろなブランドが大きい会場でいっぺんに見られる)に行きます。

いつもの駅で降りてちょっと違う道で行けるかと思い、初めてのコースを・・・

会場がセーヌ川沿いなので、いつもは道路側から入るのですが今回は裏から入れました。

夏は気持ちの良いシチュエーションです。

階段を上がって行くと。

N.Y.を拠点にしている合同展なのでそれっぽい(?)雰囲気ありますでしょうか・・・

そこでのお目当てはもちろん・・・

(ライトがちょうど・・・)

ARPENTEURは今回も素晴らしいコレクションで、1LDK PARISではもちろん、日本の1LDKにも並びますのでお楽しみにしていてください。

 

ARPENTEURを見る時間をだいぶ長くとってしまったので、他のブースはさらっと流す程度で・・・

次はもうすぐデリバリーの秋冬から新規取り扱いのDE BONNE FACTUREです。

今回から新しいアトリエを構えたという事で、ブランドの世界観に合う素敵な場所でした。

パリは街を歩いていると見えないのですが、建物の中に入るとこういう中庭がある場所が多く、展示会回りでよく遭遇します。

こちらも1LDK PARISと1LDK AOYAMA HOTELにて展開予定です。

メンズと同じデザインのウィメンズも展開予定(日本のみ)ですので、メンズアイテムがお好きな女性の方にもお勧めです。

 

その後はデザイナーが変わり、話題のこちらへ。

名前も実は変わっています・・・

 

こちらも新しいショールームで楽しみに伺いました。

お約束の。

木の床に見える絨毯のトロンプルイユ(騙し絵)です。

コレクションは今まで以上に素晴らしく、今のところ日本でのみ展開ですがいつか1LDK PARISでも展開したいなと思いました。

 

その後も回りましたが、続きはまた明日に・・・

 

おまけ。

こちらも話題の・・・

ショーの後のメトロの駅にて・・・

(ショーは見ていません・・・)

 

1LDK PARIS 店長関

1LDK PARIS INSTAGRAM

 

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: ARPENTEUR, PROCESS | パリの展示会 はコメントを受け付けていません。

title白いTシャツの続き

こんにちは。1LDK PARISの店長関です。

Hi everyone, Bonjour, I’m tencho-Seki of 1LDK PARIS.

 

前回は脱線しまくって結局商品の紹介はあまり出来ませんでした。

が、今後も脱線方向は変わらず書いていけたらと思っています。

 

前回の最後に本当は差し込みたかったこちら。

1LDK PARISお土産Tシャツです。

良く観光地で売っているお土産Tシャツみたいなものを作りたくてこのデザインにしました。

あまり登場しませんが(とはいえブログのタイトルには出ている)このエッフェル塔モチーフはいつも1LDKのウェブ関連や1LDK IDのディレクションをして頂いているWab Design INC.さんに作って頂きました。

1LDK PARISのオープンが決まった後、その日は別の打ち合わせでオフィスに伺ったのですが、「これ作ってみたんすけど」との言葉とともに見せて頂いたデザイン・・・

 

一発で気に入りました。(文字はこの後修正)

ショップカードなどはシンプルに名前だけなので、このデザインを活かせる「何か」を作りたかったというのも理由の一つかもしれません。

 

ちなみにその日の打ち合わせは、

のロゴデザインの打ち合わせでした。

 

ところでこのお土産Tシャツ、地味ですが1LDKが出すお土産という事でクオリティは妥協無しです。

おなじみMr.T氏監修のもと、丸胴で編み上げたオリジナルボディ。

別に丸胴でなくても誰も気にしないかもしれませんが、こだわったポイントです。

 

せっかくなのでお土産バッグも一緒に作りました。

今日Tシャツを買われたお客様が「パリって書いてあるTシャツをパリで着たい」と言っていて、すごく良いなと思いました。

普段この仕事をしていると、自分のコーディネートも「うまくやろう」感が強くなり、冒険が少なくなってしまいます。

お土産と言わずファッションアイテムとしてTシャツを取り入れていきたい、と改めて思ったのでした。

 

格好よいコーディネートができたらご紹介します。

1LDK PARIS 店長関

1LDK PARIS INSTAGRAM

 

 

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: PROCESS | 白いTシャツの続き はコメントを受け付けていません。

titleお客様を一番最初に迎える1LDK PARISオリジナルドアマット

Bonjour à tous !
1LDK PARISの青山 翔太郎です。

本日は久々にパリ店が出来るまでの続き、お店の備品の隠れたエピソードを..
1LDK PARISの為に制作されたドアマットは、お客様を一番最初にお迎えさせて頂く重要な部分な為、社長も加わりデザイン会議を行いました。
まず一番最初にデザインに浮かんだのが”16″という数字を大きく印刷したもの。
通り名は至る所で見かけますが、番地というのは良く探さないとなかったりするもの。
ロゴは外観に1LDKと入っていたので、お店の番地である”16″がパッと浮かびました。

その他にも住所入りのデザインや、フォントの大きさ、種類、色々なパターンを作成し、
その中でも、もっとも1LDKらしく、オリジナリティーがあり、そして分かりやすいデザインを選んだ結果・・・

In the process of producing our original doormat for 1LDK PARIS, we made a lots of design samples.
Because it would be very significant part of the store.
First of all number “16” came into my mind for the design that came from our address 16 rue de la Sourdiere Paris.
In addition, we made 1LDK PARIS logo, logo with address and different text size and font etc.
But finally director chose just “1LDK” is simply understand for customer and most right for the store.
We went around quite a number of designs, and at last found a most simple design… Voila!!
It’s very small episode about our store but we are very focus to all the details.
All the crew of 1LDK united and bounce some ideas off each other for build up 1LDK PARIS.
Please take a look at all the details of our store, not only clothes!

“1LDK”となりました。

…..。
安定感、安心感が違います。

1LDK PARIS : Original Doormat (Not for sale)

“ちょっと良い話”くらいのささやかなエピソードですが、店内の細かい部分までこだわっております。
こうした様々なアイデアを試行錯誤し出し合いながら、1LDK全員が一丸となって作り上げた1LDK PARIS。
是非お越し頂き、商品だけでなくお店の隅々までご堪能くださいませ。
隠れたエピソード編をお送りしました。

それでは!

Salut,

1LDK PARIS / Shotaro Aoyama

1LDK PARIS INSTAGRAM

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: PROCESS | お客様を一番最初に迎える1LDK PARISオリジナルドアマット はコメントを受け付けていません。

titleレイブン氏渾身のプランター製作

Bonjour à tous!
1LDK PARISの青山 翔太郎です。

お店もグランドオープンに向けて最終調整が進んでおります。
これからも日々アップデートしながら変化をつけていきたいなと思っていますが、ひとまず”オープンまでの道のり”は本日で第一章完結となります。

最終回は、今朝お店に木を担いで気合いの登場をみせた、レイブン氏の気合いのボンジュールからスタート。

店先に設置するプランターを製作していただきました。
材料は躯体となる木材と、日本からの荷物が届いた際に一緒に付いてきた木製パレット。
パレットとは工場やトラック、コンテナ、倉庫などでの荷役作業を扱いやすくするための為のもので、とてもいい味の木材だったので解体してこれで何か作りたいね。というところからプランター製作がスタートしました。

外気温0度の中、店の中庭でコツコツ製作頂いたレイブン氏渾身のプランターです。
1LDK PARISはとても小さいお店ですが、ここのお店にはひとつひとつに想いが詰まったものがたくさんあります。
これからもお店の内装について、少しずつご紹介させて頂きますね。

そして、本日は1LDK PARISのグランドオープニングレセプションパーティーです。
同じ通りにあるミシュランで星を獲得した寿司屋「仁」さんより、日本酒の熱燗をご用意頂きましたので、皆さんのお越しを心よりお待ちしております。

場所 : 1LDK PARIS / 16 rue de La Sourdière, 75001 Paris FRANCE.
日時: 2015年 1月23日(金) / 19:00~22:00

前回の”THIS IS A PEN”の記事との温度差が心地よい1LDK PARISのブログ、これからも宜しくお願い致します。

それでは。

Salut,
1LDK PARIS 青山 翔太郎

1LDK PARIS INSTAGRAM

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: PROCESS | レイブン氏渾身のプランター製作 はコメントを受け付けていません。

titleグランドオープニングに向けて準備開始です。

Bonjour à tous!
1LDK PARISの青山 翔太郎です。

電話番号の取得後、ショップスタンプの制作を中国系はんこ製作所に依頼しました。
インビテーションにも使いたかったため急ぎで製作したいと電話で伝えると、「15分でできるから持っておいで!」ということで、早速直行しました。


あらかじめ用意してある文字を渡すと、いくつかのフォントの中から選びその場で製作してくれるとのことで、その場で待ってるね。と伝えたところ、
「1時間後に取りにきてください。」

…話と全然違う,,しかもさっき電話で聞いたのに。
大至急ということを伝えてその場を離れましたが、もう慣れてますので動じません。
レーザーとかで作るのかなと思いましたが、とてもアナログな機械がガンガン動いていたので、まぁしょうがないかな。と

無事ショップスタンプもゲットして、グランドオープニングパーティーの招待状にひたすら押していく押していく。
スタンプって綺麗に押せると、なかなか気持ち良いですよね。

その後、夜中0時までやっているルーブル通りの郵便局で切手を買い、ただひたすら貼っていく貼っていく。


1LDK PARISのインスタグラム@1ldk_parisで、ミニ動画もアップしたので是非インスタのほうも遊びにきて下さい。
それでは!
Salut,
1LDK PARIS 青山 翔太郎

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: PROCESS | グランドオープニングに向けて準備開始です。 はコメントを受け付けていません。

title電話工事〜開通まで

Bonjour à tous!
1LDK PARISの青山 翔太郎です。

皆様もご存知の方が多いかとおもいますが、現在PARISはテロの影響でテロ警戒レベルが最高レベルまで引き上げられ主要交通機関を封鎖する可能性も視野に入れたアナウンスを始めました。
昨日から今朝にかけて銃撃戦が続いていますが、1LDKPARIS中の安全性はきわめて高いので安心して遊びにきてくださいね。
パリで銃弾に倒れる危険性よりも、iPhoneの強奪やスリにあう可能性の方が十分に高いので、そちらも合わせて注意が必要です。

さて、プレオープンが始まり少しずつお客様と接する時間が増えてきましたが、まだお店のインフラ整備も続いていて、固定電話の工事をしていただきました。

朝イチで元気満々の電話業者だったのですぐ終わるかなーと思いましたが、その辺りが僕の読みの浅いところでした…
本来日本では15分もあれば終わることですが、なんだかぐだぐだやっていたので話を聞くと、建物外から店内の分電盤までのびているはずの電話線がどういうわけか入っておらず、いろいろ調べているうちに内装工事の段階で回線を間違って引っ張った可能性が高いとのことでした。

…..。
試行錯誤の上、回線を店内までひっぱりましたが、すでにこの時3時間経過…
次のアポがあるから明日にしてくれと言い出したので、一人だけ捕まえて作業をさせて、もう一人はそのアポが終わってから来させて夕方までみっちり仕事させました。


プレオープンから数日たち電話も開通し、レジも届き、ようやくお店らしくなってきました。
グランドオープンまでもう少し!

Salut,
1LDK PARIS 青山 翔太郎

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: PROCESS | 電話工事〜開通まで はコメントを受け付けていません。

title謹賀新年。

Bonne année à tous!
1LDK PARISの青山 翔太郎です。

新年最初の仕事は、ここぞとばかりにとっておいたファサードの”1LDK”のロゴ入れ。
だるまの目入れのような作業だなと個人的には感じていたので、これは正月に行わなければと年末ジッと我慢していました。
フランスでは外観にデザインをいれる際、建物の管理組合へ申請、許可をとる必要があり、正式な許可がおりるまでのしばらくの間はカッティングシートで対応することになりそうです。(厳密にはカッティングシートもNGらしい)
はやく、筆入れしたい…

Before

After

やはりロゴが入ると、グッと引き締まって気合いが入ります。
今月末のパリファッションウィーク中にグランドオープニングパーティーを行う予定ですが、来週5日の月曜日からプレオープン営業を始めます。
プレオープン前日の4日にお披露目と新年のご挨拶も兼ねて、”Soirée Dimanche”と銘打ち、日曜日の夕方からささやかながらお披露目会も開催します。
日曜日の夜の集いという日本語に訳すととても残念な響きになりますが、だいたいの意味合いはそんなところです。
お酒持ち寄りで、気軽に集まってほしいなと思っています。
フランス式おつまみ、ハムとチーズはご用意させて頂きますね。

1LDK PARIS
16 rue de La Sourdiere Paris 75001 France
1. January . 2015
17:00~20:00

日本からお越しの方も、パリ在住の方も是非お待ちしております。
それでは、本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

Salut,
1LDK PARIS 青山 翔太郎

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: PROCESS | 謹賀新年。 はコメントを受け付けていません。

title年越し塗装

Bonjour à tous !
1LDK PARISの青山 翔太郎です。

日本はもう年明け1月1日ですが、こちらはまだ大晦日の19時にさしかかるところ。
昨日、改修工事の最終調整にて細かい部分を仕上げていただきましたが、終わらなかった部分の作業を本日行っていただきました。
しかし、業者の「大晦日だし早く帰りたい。」オーラが全開で仕事が大雑把になり始めたので、急遽レイブンさんと協議し、業者を帰らせて自分たちで仕上げようということになりました。
入り口部分の塗装で、お客様を迎え入れる大切な場所なので、丹誠込めて僕らで塗装しようと。
大晦日に。


絶妙なクリーム色は僕たちが配合して塗りました。
しかし、ドアを開けた際に見える側面の部分の塗装なので、乾くまでドアが閉められません。
今年の年越しはお店で迎えることになりそうですので、そばの出前でも頼みたい気分です。
できたばかりのお店で新しい年を迎えられるなんて、幸せなことです。
5日よりプレオープンを予定しておりますので、ぜひパリへお越しの際はお立ち寄りください。
フランスより後に新年を迎える皆様へ、「よいお年を!」
日本で新年を迎えた皆様へ、「謹賀新年!」

Salut,
1LDK PARIS 青山 翔太郎

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: PROCESS | 年越し塗装 はコメントを受け付けていません。

titleThe Day Before New Years Eve.

Bonjour à tous !
1LDK PARISの青山 翔太郎です。

リヨンからパリへ戻り、店舗改修工事の最終調整に入りました。
今回の内装工事業者さんですが、フランス語を話すのは親方のみで他はコロンビア人のフランス語も英語もできない職人さんというチームだった為、デザイナーのレイブンさんでさえも業者とのコミュニケーションで伝えたことが伝わっていないもどかしさが常にあったのではないでしょうか。
塗らなくてもいい部分を塗装してみたり、つけなくてもいいものをつけようとしてみたり、目を離すとすぐに道を外れそうになるので、最後まで気を抜かず監視している必要がありそうです。
悪気があるわけではないと思うのでコロンビア流の”おもてなし”と受け止め、日本流で丁重に”おことわり”をさせて頂いております。

本日、大晦日前日もレイブンさんとともに業者が道を踏み外さないように両サイドからの補助輪で目を光らせようと思います。
来年早々にプレオープンを予定しているので、是非情報解禁までもう少々お待ちください。

Salut,
1LDK PARIS 青山 翔太郎

上矢印 | ページトップへ
カテゴリー: PROCESS | The Day Before New Years Eve. はコメントを受け付けていません。