1LDK kyoto

SHOP INFO

THEME: Blog

“COMES AND GOES”

着て、触れて、見てモチベーションを上げる

MAATEE & SONS for 1LDK #1

MAATEE & SONS for 1LDK #2

感慨無量のPHEENY 21AW

ISSUE THINGS for 1LDK kyoto #1

ISSUE THINGS for 1LDK kyoto #2

歳を重ねるにつれて、いい物を身に纏いたい。

 

こんにちは。

1LDK kyotoの細見です。

 

毎シーズン納品が早く、季節の変化を追いながら少しずつ店頭に出してはいたもののなかなかご紹介できなかったCOMESANDGOES。

ちょこちょこ進めていたのでこの辺りで全部纏めて。

“SEEP SUEDE HAT”

COL: LIGHT BROWN

SIZE: 1

¥18,000 (¥19,800 TAX IN) 

“SUIT FABRIC CAP” (上)

COL: GRAY

SIZE: FREE

¥13,000 (¥14,300 TAX IN) 

 

“WATER PROOF MELTON WOOL CAP” (下)

COL: BLACK

SIZE: FREE

¥13,500 (¥14,850 TAX IN)

 

シーズン毎に生地を替え、定番としてリリースされ続けるこの2型。

スタンダードなバケットハットと6パネルキャップ。

今シーズンも迷わずセレクトしています。


CREDIT
KNIT: UNIVERSAL PRODUCTS “BABY CASHMERE CREW NECK KNIT[BEIGE]” ¥¥40,000(44,000 TAX IN)

秋冬らしい表情のあるシープスエードの革を使用したバケットハットは、ブリムの長さ約7.5cmと気持ち長め。

深めの被りですがアンニュイな印象になりすぎない柔らかいトーンでのチョイス。


CREDIT
COAT: mfpen “HOLLIS COAT[GREY HERRINGBONE WOOl]” ¥74,000(¥81,400 TAX IN)

6パネルはスーツに使われるウール100%の生地(上)と、ウォータープルーフ加工を施したウールメルトン生地(下)。

ブラックのメルトンの方はアジャスター部分がレザーの切り替えになっており、この辺りも生地やボリューム感に合わせた抜かりない作り。

「普通に良い物を、丁寧に作る」

ブランドコンセプトは細部に表れます。

“CASHMERE×SEEP SUEDE CAP”

COL: BLACK×LIGHT BROWN

SIZE: 1

¥18,000 (¥19,800 TAX IN)

それらとこの1型を合わせた合計3タイプが6パネルキャップのラインナップになります。

生地は頭部分がカシミヤ100%でツバ部分はシープスエード。

アジャスターは牛革ベルトに別注塗装したツヤなしブラックのバックルと小判ハトメ。

繰り返すことになりますが、これがこのブランドの真骨頂だと思います。

細かな拘りをこさえながらも、あくまで質とリアルを。

お店として1LDKとして、これまでもこれからも末長く愛用したい。

今季のそんなアイテムです。

ちなみにサイズはFREEとsize1も殆ど変わらず、頭周り約58cmとなります。

“WASHABLE WOOL KNIT CAP”

COL: PINK / OLIVE

SIZE: FREE

¥9,500 (¥10,450 TAX IN)

“FLANNNEL WOOL EAR CAP”

COL: BLACK

SIZE: 1

¥16,500 (¥18,150 TAX IN)

 

頭からスタイリングを決めたくなるこういったアイテムも入れています。

ニットキャップは手洗い可能なウォッシャブルウール、耳付きキャップはsuper100’sのストレッチフラノウール。

生地は尚のこと、それぞれ被り方も柔軟に。

肩の力を抜いて気軽にファッションを楽しみたい。

二律背反のようで、そんな気分すらも行ったり来たりできてしまう。

“COMES AND GOES”だけに。

 

是非お洋服と一緒に見てみてください。

 

 

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 細見

October 28, 2021, 7:27 PM

Category: Blog HOSOMI

歳を重ねるにつれて、いい物を身に纏いたい。

着て、触れて、見てモチベーションを上げる

MAATEE & SONS for 1LDK #1

MAATEE & SONS for 1LDK #2

感慨無量のPHEENY 21AW

ISSUE THINGS for 1LDK kyoto #1

ISSUE THINGS for 1LDK kyoto #2

 

こんにちは。

1LDK kyotoの宮内です。

早いものでもう10月もあと数日。

1年が早過ぎて気持ちが追いつけず今年も終わってしまいそうです。

数週間前まではニットやスウェットでちょうどよかったのがそんな時期も通り過ぎ、今ではアウターが必須。

秋が短すぎたせいか、今年はまだアウターを買えていないのは私だけでしょうか。。

今日は個人的に狙っていて、オススメしたいMY ___のアウターをご紹介したいと思います。

“OVER SIZED TRENCH COAT”

COL: KHAKI / CAMEL

SIZE: 0 / 1

¥51,000 (¥56,100 TAX IN)

最高級綿で知られている『スーピマコットン』を使用。

そもそもスーピマコットンって?と思う方もいるはずなので。

シルクのような光沢や色の美しさ、上質な風合いが特徴的。

最高級コットンは世界三大産地で分けられているんだとか。

スーピマコットン=アメリカ

ギザコットン=エジプト

新疆(しんきょう)綿=中国西北部

ザッと説明しましたが、このカーキが一番分かりやすく玉虫色で光の加減によって、色が変わり、ツヤが出ていて上品な印象に感じました。

アームはゆったりめなトップスに合わせても困る事ない広めの設定。

タイトなトップスを合わせる事もあると思うので、そんな時には3段階で調節が可能。
袖口を絞ってもすっきり着て頂けます。

ちなみに合わせているレザーパンツは去年、MYからリリースされていたもの。

今年も入荷する予定で、レディースサイズの0,1にメンズ2のサイズも加わり再リリースします。

座ってもシワになりにくく、裏地が微起毛されているので真冬も暖かくかなり重宝しました。

男性の皆様に是非とも今年は履いていただきたいです。

去年あっという間に完売してしまったので買い逃した方にも。

詳しい入荷日などはまた京都のInstagramでご案内させていただきますね。


CREDIT
The Skirt Chronicles “CAP” ¥8,000 (¥8,800 TAX IN)
UNIVERSAL PRODUCTS. “BABY CASHMERE CREW NECK KNIT” ¥40,000 (¥44,000 TAX IN)

生地にハリがあるので少し雰囲気を変えたい時や、寒い日には襟を立ててカッコよく着るのもおすすめです。

襟元もピンッとハリがあり、大人な雰囲気を楽しめます。

裾にはボタンで調節可能なスリットも付いています。
長めのワンピースやスカートと合わせた時は、裾の部分を見せて女性らしさをプラスしてみてもいいですよね。

元々着丈が長めに設定されているので、小柄な方は長さが心配な方もいらっしゃると思いますが、スリットを開けたらそんな問題も解決してしまいます。


CREDIT
STUDIO NICHOLSON “7GG CREW NECK ESSENTIAL”  ¥35,000 (¥38.500 TAX IN)
MY “CENTER SEAM SWEAT PANTS” ¥17,000 (¥18,700 TAX IN)

スタイリングで常に合わせていたベストも主役級に使える万能なアイテムなので一緒にご紹介したいと思います。

“WOOL PADDED VEST”

COL: CAMEL CHECK

SIZE: 0 / 1

¥23,000 (¥25,300 TAX IN)

軽量で暖かいシェットランドウールをブレンドしたツイード生地のベスト。

ちなみに前回ISSUE THINGSのスタイリングにも忍ばせていました。

リバーシブルって結局、裏面使わない事って多く無いですか?

いや、これは間違いなくどっちも使います。

シンプルなスタイリングの時は、チェック柄を。

カジュアルな時には、キルティングを表に着ても幅広くスタイリングを楽しめるかなと。

CREDIT
The Skirt Chronicles “CAP” ¥8,000 (¥8,800 TAX IN)

雨の日にも左右されず、今すぐに着たくなるそんなトレンチコート。

私の今の一押しはこの一択です。

是非、お試し下さい。

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 宮内

October 26, 2021, 7:00 PM

Category: Blog MIYAUCHI

ISSUE THINGS for 1LDK kyoto #2

DAIWA PIER39 for 1LDK

着て、触れて、見てモチベーションを上げる

MAATEE & SONS for 1LDK #1

MAATEE & SONS for 1LDK #2

感慨無量のPHEENY 21AW

ISSUE THINGS for 1LDK kyoto #1

 

こんにちは。

1LDK kyotoの細見です。

 

2週連続リリースとなる1LDK kyoto別注。

今回のブランドは

「ISSUE THINGS」

展開は

「TYPE01」「TYPE02」「TYPE03」

-ISSUE THINGS for 1LDK-

TYPE01

COL: OLIVE

SIZE: FREE

¥62,000(¥68,200 TAX  IN)

TYPE02

COL: OLIVE

SIZE: FREE

¥82,000(¥90,200 TAX  IN)

TYPE03

COL: OLIVE

SIZE: FREE

¥65,000(¥71,500 TAX  IN)

 

今シーズンでの京都からの別注は早くもこれで最後。

先に発売したMAATEE&SONSは想像以上のご好評を頂くことができました。

本当に有難うございます。

 

2つ目にして最後となるこのアイテム。

経緯は #1 でご説明しているので今回も同様にスタイリングがメイン。

まず順にTYPE01から。


CREDIT
INNER: UNIVERSAL PRODUCTS “CARDED MERINO WOOL MOCK NECK KNIT[BLACK]” ¥24,200 (TAX IN)
PANTS: UNIVERSAL PRODUCTS “NO TUCK WIDE CORDUROY TROUSERS[BLACK]” ¥30,800 (TAX IN)
着用スタッフ 171cm


CREDIT
INNER: OUD “BASKET PATTERN SWEATER[WHITE]” ¥25,300 (TAX IN)
PANTS: YLEVE “WOOL SERGE 2TUCK TR[BROWN]” ¥42,900 (TAX IN)
着用スタッフ 169cm

ミリタリーのM-65フィールドジャケットをベースデザインとしたTYPE01は、毎シーズン中心となってリリースされるシグネチャー的モデル。

変わらずワンサイズ,ユニセックスでの展開。

#1であったように、インラインは21SSに引き続きポリレーヨンとなるのに対して、今回の別注はポリ,ウール,ウレタンの混紡生地。

またこの限りなくオリーブに近いカーキブラウンへと変更したことでクリーン且つ表情が出やすいものとなり。

ちょうど上(M’s)が日陰,下(L’s)が日向で撮影しているのですが、見える光沢の鈍さや鋭さ,陰影,奥行きとがより顕著になっているかと思います。


CREDIT
INNER: STUDIO NICHOLSON “LAZAR[INDIGO]” ¥59,400 (TAX IN)
PANTS: CANTATE “M-48 Field Pants[BEIGE]” ¥41,800 (TAX IN)
着用スタッフ 177cm


CREDIT
INNER: MY “CASHMERE BLEND TURTLE NECK TOP[ORANGE]” ¥13,200 (TAX IN)
VEST: MY “
WOOL PADDED VEST[CAMEL CHECK]” ¥25,300 (TAX IN)
PANTS: EVCON “5POCKET WIDE DENIM PANTS[INDIGO]” ¥17,600 (TAX IN)
着用スタッフ 169cm

次にミリタリーのM-65パーカをベースデザインとするTYPE02は、TYPE01と同じく毎シーズン展開されるコレクション唯一のコートタイプ。

特別これは分かりやすく別注ではインラインのキルトデザインをなくし、よりソリッドな仕上がりにしています。

今シーズンはインラインはセレクトせず別注だけでお願いしているのでそれぞれ比べたりすることができないのですが、甲乙付ける以前に素敵に仕上げてもらったこのコレクションの魅力を見つける方が僕たちにとっては重要で。

そんな時間も含めて他取り扱いショップのリリースより約1ヶ月近く遅らせ、満を持しての明日発売。

時間をかけ過ぎたようで、季節的には今ちょうどかななんてまた都合よく思っています。


CREDIT
INNER: E.TAUTZ “CREW NECK JUMPER[ECRU]” ¥35,200 (TAX IN)
PANTS:  mfpen”BIGGER JEANS[BLACK]” ¥29,700 (TAX IN)
着用スタッフ 177cm


CREDIT
INNER: PHEENY “WOOL ENSEMBLE L/S[LIME]” ¥24,200 (TAX IN)
PANTS:  PHEENY “POLARTEC FREECE SALOPETTE SKIRT[BLACK]” ¥38,500 (TAX IN)
着用スタッフ173cm

最後のTYPE03は、ミリタリーのフードブルゾンをベースデザインとする今期の新型。

胸元に配した大きなフロントポケットを特徴とし、裾にはドローコード,フードはスナップボタンによって取り外しが可能。

裾が絞れることで全体を丸いシルエットに調節でき、気持ち程度のサイジングの微調整も効くので女性への間口も多少広いかと思います。

こう見ると華奢な肩の落ち感や腰回りから裾にかけて広がっていくスカートとのバランスはとても女性らしいもので、やっぱりサイズだけでなく最もユニセックスそれぞれで楽しめる余裕があるんだなと今更に。

ちなみに所々で挟んでいたインサイドアウトの着方。

しっかり品質表示が表に出てきてしまうので、あくまで裏面を見せる提案として。

タグをどうにかして着ても良いと思います。

当たり前ですが裏返して着た時の配色も他にないもの。

 

と、こんな感じで明日を迎えようとしています。

 

何時も心躍るその実験的なコレクション。

吟味した素材に”京都の色”を体現して。

この秋冬にまた1つ特別なものができました。

 

明日からどうぞよろしくお願い致します。

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 細見

October 22, 2021, 9:34 PM

Category: Blog HOSOMI

感慨無量のPHEENY 21AW

UP × CANTONのクロスオーバー第2弾

選べる贅沢

DAIWA PIER39 for 1LDK

着て、触れて、見てモチベーションを上げる

MAATEE & SONS for 1LDK #1

MAATEE & SONS for 1LDK #2

 

こんにちは。

1LDK kyotoの藤原です。

急激な気温の変化に慌てて冬物を探されている方も多いのではないでしょうか?

私自身やっと冬を感じ、猫背に拍車がかかる季節が今年も来たなあと。

このタイミングにもってこいのアイテムがPHEENYより到着です。

PHEENY

“POLARTEC FLEECE SALOPETTE SKIRT”

COL: BLACK

SIZE: FREE

¥35,000 (¥38,500 TAX IN)

ミリタリーecwcsのオーバーオールをスカートにアレンジしたデザイン。

ecwcsは1980年代後半に米軍で採用されていた極寒冷気候向けのレイヤリングシステムで、拡張式寒冷地被服システムとも呼ばれている物です。

サイドやフロントにジップが施されているのも、ecwcsをベースとしているので、ジップを開閉してパンツやスパッツをレイヤードしたスタイルもおすすめな訳です。


CREDIT
UNIVERSAL PRODUCTS “CARDED MERINO WOOL MOCK NECK KNIT” ¥24,200 TAX IN

POLARTEC社のフリースを使用しているので保温性とふんわりとした風合いが魅力です。

実際履いて、まず暖かいですし肌触りも抜群でした。

極寒底冷えの京都でも大きめにステップを刻みたくなる一着です♪

“NYLON SWEAT HALF ZIP P/O”

COL: IVORY / KHAKI BROWN

SIZE: FREE

¥27,000 (¥29,700 TAX IN)

フィラメント糸を使用しているので見た目に滑らか且つ光沢感のあるプルオーバー。

シワになりにくく、丈夫で摩擦なんかにも強いところも魅力です。

あとは個人的には速乾性があるところに強く惹かれます。

割とボリューム感のあるプルオーバーなので、今時期にアウター感覚で来て頂くのもサラッと着れておすすめです。

裾のスピンドルを絞ってシルエット調節できるところも有り難いですよね。

裏面は肌に触れる部分で、綿を使用しているので肌触りの良さが◎

ジップを全部閉めて裾も絞らず着た状態です。

ジップ半開きの裾を軽く絞った状態。

かなり強めにぎゅっと絞って首元のジップも全開にした状態。

この一着でこれだけのパターンを楽しめるとなると遊び心に火がつきますよね。

全体像で見て頂ければと思います。


CREDIT
SCYE “BLUSHED COTTON GABARDINE” ¥30,800 TAX IN

シンプルに纏めてみました。

結構メンズライクになったので髪の毛は得意のお団子です。笑


CREDIT
MY “CASHMERE BLEND TURTLE NECK” ¥13,200 TAX IN
YLEVE “FINX COTTON CORDUROY TR” ¥38,500 TAX IN

木漏れ日と落ち葉の感じが季節感漂う一枚ですね。

このコーディネートにテーマをつけるなら”紅葉”といったところでしょうか。


CREDIT
NOWHAW “DAY PAJAMA” ¥30,800 TAX IN

私個人的にショートカットからミディアムくらいの長さの女性の、こういうゆる〜いコーディネート大好きなんです。

パンツに柄物を持ってきても引き立ててくれるんだなと。感心するほか無かったです。


CREDIT
PHEENY “PRINT CHIFFON SHIRT” ¥31,900 TAX IN
MY “FLARE DENIM” ¥24,200 TAX IN

同ブランドのプリントシャツをレイヤードしたスタイル。

裾をぎゅっと絞っているのでどこかブルゾンのような面影もありますよね。

前回のブログにも書いているのですが、今回改めて、何役にもなり得るアイテムのデザイン性や発想力、機能性の高さに感無量の藤原です。

この冬1アイテムは手に入れたいブランド”PHEENY”のオススメを是非店頭でご紹介させて頂ければと思います。

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 藤原

October 20, 2021, 8:11 PM

Category: Blog FUJIWARA

MAATEE & SONS for 1LDK #2

PHEENY for 1LDK apartments.

「STUDIO NICHOLSON 21AW」第一弾

UP × CANTONのクロスオーバー第2弾

選べる贅沢

DAIWA PIER39 for 1LDK

着て、触れて、見てモチベーションを上げる

MAATEE & SONS for 1LDK #1

 


CREDIT
PANT/ UNIVERSAL PRODUCTS “CANTON PAINTER PANTS XX[INDIGO]” ¥38,000 (¥41,800 TAX IN)

 

MAATEE&SONS

“CASHMERE FUR N/B CARDIGAN for 1LDK”

COL: NAVY

SIZE: 2 / 3

¥54,000(¥59,400 TAX IN)

着用スタッフ177cm / size3

 

こんにちは。

1LDK kyotoの細見です。

 

#1 に引き続き、今回はスタイリング編。

京都のスタッフは勿論、都内の取扱店舗apartments.のスタッフにも着用してもらいました。

まずはメンズから。


着用スタッフ171cm/size2
CREDIT
SHIRT/ E.tautz “GUSSET SHIRT for 1LDK AOYAMA HOTEL[D.NAVY]” ¥36,000 (¥39,600 TAX IN)
PANTS/ mfpen “BIGGER JEANS[BLUE]” ¥27,000(¥29,700 TAX IN)

 

#1でもあったように、アイテムとしてはメンズにあまりないミンクの様な毛足感が特徴。

毛足の差による濃淡ムラもあり、光の当たり加減で様々な表情を見せてくれる。

そして此のブランドのコンセプトは「大の大人が大真面目に良い服を提案する」

 

僕の思う”大の大人(男)”らしく。

自分で噛み砕いてどうこう言うのもあれなのですが、個人的には綺麗に纏めすぎないようウォッシュのデニムなんかと合わせながらそのモノの良さを引き立てたかった。

そんな感じです。


着用スタッフ173cm/size3
CREDIT
COAT/ EVCON “WOOL STAIN COLLAR COAT[BROWN]” ¥48,000(¥52,800 TAX IN)
PANTS/ UNIVERSAL PRODUCTS. “GUNG HO 1TUCK BAKER PANTS[OLIVE]” ¥18,000 (¥19,800 TAX IN)

apartments.スタッフ柳沼より。

相当カジュアルに落とし込んでくれました。

そう来るだろうとも思ってましたが、キャラに合ってて良いんです。

またアウターとインナーの中間でなんて相当贅沢な。。。

彼らしいスタイルです。

 

次はレディース。


着用スタッフ169cm/size2
CREDIT
DRESS/ STUDIO NICHOLSON “SHIRT DRESS[DARK NAVY]” ¥63,000 (¥69,300 TAX IN)

もっとも京都では「メンズの洋服をレディースが着る」を1スタイルとしています。

それはレディーススタッフ2人の身長が高いこともあるのですが、最初の1年間アルバイトとして働いてくれていた160cmないくらいのスタッフも言わずして勝手にメンズ服を着こなしていました。

それが板についてきたことで、UP 21AWからLOOKにも女性モデルを採用してもらえることになったり。


着用スタッフ173cm/size2
CREDIT
TOPS/ MY “CASHMERE BLEND TURTLE NECK TOP[ORANGE]” ¥12,000 (¥13,200 TAX IN)
PANTS/ MY “FLARE DENIM[INDIGO]” ¥22,000 (¥24,200 TAX IN)

 

「大の大人が大真面目に良い服を提案する」。

 

(大の大人の男性へ向けて)

 

冒頭にも使っていますが、意識的にそう感じざるを得ない。

そんな中で、セレクトショップとしての”編集”という大義名文を使って男性女性どちらにも提案できるのはうちだけかなと。

1LDKにおいて初めての別注になりますが、今回もそんな考えでメンズだけでなくレディースの着用も前に出しています。

シャツドレスにショートブーツ、タイトなインナーにフレアデニムと、それぞれの解釈で”大の大人の女性”らしい上品なスタイルに。

もともと毛足の長いシャギーカーディガンはレディースアイテムのイメージが強いのでスッと溶け込みやすいのですが、このネイビーカラーがより一層大人の洗練された印象を与えてくれます。


着用スタッフ170cm/size2
CREDIT
PANTS/ SCYE “RUSHED COTTON GABARDINE BAGGY TROUSERS[GRAY]” ¥28,000 (¥30,800 TAX IN)

apartments.スタッフの森も、細かい足し引きと個性がちゃんと活きたスタイリングで送ってくれました。

この中では一番年齢が若いですが、大人でも難しいベーシックな色味をうまくものにしてるなぁなんて。

色々上から目線で大変恐縮ですが。

1LDK kyotoがスタートし、1から自分たちで企画、そして1LDKとして発売できるのは素直に初めて。

不安もありましたが、半年かけたそれが手元に届いたとき、

ゆっくりとうなずいてしまいました。

欲しかったのはこれです。

 

是非それぞれのスタイルで秋冬を楽しんでください。

明日からよろしくお願い致します。

 

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 細見

October 15, 2021, 9:37 PM

Category: Blog HOSOMI

MAATEE & SONS for 1LDK #1

PHEENY for 1LDK apartments.

「STUDIO NICHOLSON 21AW」第一弾

UP × CANTONのクロスオーバー第2弾

選べる贅沢

DAIWA PIER39 for 1LDK

着て、触れて、見てモチベーションを上げる

 

こんにちは。

1LDK kyotoの小林です。

MAATEE & SONSの取扱が始まり今期で2シーズン目。初めてのAWシーズン。

にも関わらず、着々とmaateeファンが当店でも増えているのを感じます。

21SSシーズンでのオーダーは急遽取り扱いができる事になり、展示会には行けずオーダーシートと都内スタッフからのヒアリングのみの買い付けとなりました。

21AWシーズンではしっかり展示会に赴き、そこで感じた熱量をダイレクトにお客様に伝えられるのが嬉しい限りです。

しかも別注まで作っていただける事に。

 

“CASHMERE FUR N/B CARDIGAN for 1LDK”

COL: NAVY

SIZE: 2 / 3

¥54,000 (¥59,400 TAX IN)

 

「カシミアをカシミア以上の風合いに」と言うテーマのもと製作されたこちらのシャギーカーディガン。

ミンクのような、ファーのような毛足感が特徴で、素材感を活かすためにデザインは極力削ぎ落としてひたすらシンプルに。それに加え、ボタンレスにする事でモダンさもプラス。

 

 

maateeでは定番として展開されているこちらのカーディガン。個人的にシャギーカーディガンやウールのモヘアカーディガンは今まで着てこなかったしキャラでもないし、、と言った具合で完全にノーマークでした。

しかし、デザイナーの松村さんに想像以上の着心地です、、と言われるがままに試着。

感動でした。控えめに言っても最高。フワッとやさしく包み込まれるような暖かさ、、

似合うか、そうでないか、キャラでないかなんて事は気にならないくらいに着たいっと瞬時に思いまた。

今までカシミアのニットを着てこなかった訳ではないですが、それらとは段違い。シャツやカットソー合わせはもちろんですが、まず最初は出来るだけ肌への接地面積が多いTシャツやタンクトップで体感してもらうのがオススメです。

今回、インラインでの展開はブラウン、グレイ、ライトブルーの3色展開だったのですが、せっかく高級素材の物を買うのであればシーズンをまたいでも飽きのこない、ひたすら日常着として寄り添ってくれる僕達の定番カラーであるネイビーで作ってもらいました。

さらに、ネイビーの中でも暗めのネイビーかやや明るめのネイビーかで迷った挙句、明るめのネイビーをチョイス。

その時は写真のように糸だけでのサンプルだったのでイマイチ全体像が掴めなかったのですが、約半年後の今日、納品された物を見てあの時の選択は間違えではなかった、、とホッとする半面やっぱりいいよなと静かに高揚しました。

ライトなネイビーの毛足の奥にダークネイビーがチラつく何処か色気が感じられるカラー。

モヘアのような毛足感のあるカーディガンはサブカル感やロックのイメージがありますが、そんなイメージを排除した大人のシャギーカーディガン。

今回はサラッと別注までの経緯などを書きましたが、金曜日にスタイリング編ブログも更新予定なのでそちらもチェックして頂ければと思います。

 

 

 

 

※こちらの商品は11月16日(土)より発売致します。

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 小林

 

 

October 13, 2021, 7:32 PM

Category: Blog KOBAYASHI

見て、着て、触れて、モチベーションを上げる

E.TAUTZ for 1LDK AOYAMA HOTEL

PHEENY for 1LDK apartments.

「STUDIO NICHOLSON 21AW」第一弾

UP × CANTONのクロスオーバー第2弾

選べる贅沢

DAIWA PIER39 for 1LDK

 

こんにちは。

1LDK kyotoの宮内です。

先週は10月と思えない程の天候で気温も真夏並み。

ようやく今週から秋らしい涼しい気候になり、少しずつ準備していた秋物を下ろせる時期になってきましたね。

緊急事態宣言も明け、来店して下さる方も増え試着して納得のいく買い物している姿を見ると嬉しく思います。

本日は、着ているとモチベーションが上がるような明るいイメージのブランド『KLOKE』のDERIVERYをご紹介したいと思います。

 

まずはこちら

“Bird Eye Crew Neck Sweater”

COL: PURPLE / RED

SIZE: M

¥25,000 (¥27,500 TAX IN)

STAFF 宮内 / 169cm

リブニットはピタピタして、どうしても身体のラインが気になってしまい避けてしまうのが悩み。

私もその悩みの一人でもあり、リブニットを持っていません。

普段はゆったりしたアイテムが多かったり、ワンピ等で合わせるインナーが無く困っていたところ。

その悩みもこの一枚で解決してくれそうです。

私はシンプルにデニムで合わせたり、シャツからチラリと覗かせて着たいなぁと想像が膨らみました。


STAFF 藤原 / 173cm

リブのゲージが緩めに設定されている為、程よいゆったりさで着ていただけます。

首も詰まりすぎず、コットンの柔らかな素材が肌に触れて柔らかくノンストレス。

難しい今の時期にも冬から春にかけて長い時期使いたくなる着心地です。

KLOKEと言えばカラー物が得意、絶妙な配色のセンスも毎シーズンの楽しみでもあります。

首元、袖、裾、身頃は配色を変え、リブは2色の糸を使用し、奥行きのある一着。

レッドとパープルどちらも絶妙なカラーリングが目を惹き、一枚で様になりますよね。

長く使える物というとベーシックなカラーになってしまいがち。。

普段よく使うワードローブに合わせてあまり選ばない色物もこの機会に挑戦したくなりました。


CREDIT
YLEVE “WOOL SERGE 2TACK TR” ¥39,000 (¥42,900 TAX IN)
COMESANDGOES “CASHMERE×SHEEP SUEDE CAP” ¥18,000 (¥19,800 TAX IN)
scye “SOFT LEATHER DRAWSTRING BAG” ¥20,000 (¥22,000 TAX IN)

続いてはこちら

“15H51 Emb Sweater”

COL: BROWN / L-GREEN

SIZE: S

¥25,000 (¥27,500 TAX IN)


CREDIT
PHEENY “Hybrid honeycomb high neck P/O” ¥22,000 (¥24,200 TAX IN)

21SSで見覚えのあるアーティスティックな刺繍。

見ているだけでモチベーションの上がる服とはこういう事なのでしょう。

前からも後ろ姿も何故か目がいってしまう独特な絵は唯一無二のKLOKEらしい仕上がりになっています。

アウターから魅せるこの刺繍もたまらなく良いですが、是非今の時期から11月中旬くらいまでは一枚で楽しんでいただけたらなぁと。


CREDIT
MY___ “FRARE DENIM” ¥22,000 (¥24,200 TAX IN)

なんと言ってもこのサイズ感もたまらないポイント。

高身長の私でもゆったり着れるサイズ感。

Sサイズで着丈も袖の溜まりも問題なく対応できると思います。

スウェットの1枚着に飽きてしまったら、今年はレイヤードでタイトなトップスを仕込んでみてはいかがでしょうか。

首元や、袖から見せることにより女性らしさ且つ、こなれたスウェット合わせに。

最後にこちら

“Presage Turtleneck TOP”

COL: GREEN

SIZE: FREE

¥14,000 (15,400 TAX IN)

先程はスウェット合わせでしたが、今回はシャツ合わせで。

テロテロなシースルートップスは女性にしか着れない上品なアイテム。

先週みたいな暑い日は、見せれるインナーに一枚で合わせるのもおすすめです。

MY___ “BACK OPEN CAMISOLE”

ぴったりのインナーもご用意しております。


CREDIT
altered “LOGO EMBROIDERY STRIPE REGULAR COLLAR SHIRT” ¥14,000 (¥15,400 TAX IN)
MY___ “FRARE DENIM” ¥22,000 (¥24,200 TAX IN)

メンズライクな服が多い方や、持っているタンスの肥やしに一工夫加えるだけで、雰囲気を変え、また着たくなる。

ファッションの醍醐味でもありますね。

そんな楽しさを実感し、共有しましょう。

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 宮内

October 12, 2021, 8:48 PM

Category: Blog MIYAUCHI

選べる贅沢

至高無上のPHEENY 2ndデリバリー

“アップデート”

現代版ソフトスーツ

E.TAUTZ for 1LDK AOYAMA HOTEL

PHEENY for 1LDK apartments.

「STUDIO NICHOLSON 21AW」第一弾

UP × CANTONのクロスオーバー第2弾

 

こんにちは。

1LDK kyotoの細見です。

 

書く書く詐欺を2週間程してしまい、ようやく本日。

そんな頃にはもう店頭で着れるようにもなってました。

UNIVERSAL PRODUCTS.より、ベビーカシミヤニットのご紹介です。

UNIVERSAL PRODUCTS.

“BABY CASHMERE CREW NECK KNIT”

COL: GREEN / BEIGE / BLACK

SIZE: 2 / 3 / 4

¥40,000(¥44,000 TAX IN)

 

お店としても僕個人として欠かすことの出来ない秋冬の定番、ニット。

“至極シンプルで着心地や素材が良ければ良い程いい”

そう思うようになったのは実は最近なんですが。

消費者の立場として今までどうもしっくりこなかった「生地が〜」の説明。

伝え方に問題があったんでしょうが、正直着て生活してみないとどうかはわからないとずっと思っていました。

そこに関しては今も変わらないところもあるんですが、沢山の洋服に触れ、沢山袖を通すことでわかってくることも多く。

最終的に行き着く先は、先述した”其れ”。

良いものは良い。


着用詳細: 173cm/size3(BEIGE)

このニットに使用しているのはベビーカシミヤ100%。

生後1年未満のカシミヤ仔山羊から初めて採毛される産毛をさし、カシミヤの中でも最高級と称されるもの。

単純に考えて若い毛の方が上質だと分かるのですが、それでも段違いに毛繊維が細く、高密度で軽く、そして暖かく、肌あたりも良く、艶もあり。

初めてニットに触れるお客様も、このフワフワ加減にはことごとく感動されています。


CREDIT: UNIVERSAL PRODUCTS. “2B EASY JACKET(BEIGE)” ¥54,000(¥59,400 TAX IN)

ふと、冬になるとずっと同じカシミヤのニットを着ていた祖母を思い出しました。

正直それが良いのかお洒落なのかは分かってなかったと思いますが、おそらく何よりも暖かったんでしょう。

大いに洗濯も繰り返し、リアペしながら今思えばすごく長く使っていました。

ウールは洗濯を懸念されることも多いですが、洗って着続ける事で柔らかく風合いのある状態になるのがカシミヤ。

図らずも天然繊維の特長と上手く付き合っていたんだなと。

(かといってこれは洗濯機での洗濯はお勧めしません。)


着用詳細: 177cm/size4(GREEN)

一応しない訳にはいかないので途中で生地が〜の説明をしましたが、やっぱり誰が見ても着ても上質だと感じられるものは長く愛用される訳で。

そういったものを落とし込むのはやっぱりUNIVERSAL PRODUCTS.でないと。

編み込みはミドルゲージでサイジングはゆとりのあるもの。

アームホールや身幅の取り方、首の詰まり、リブのテンションなど、上品な素材を活かしつつだらしなくならないように帳尻を合わせ、最大限リラックスしたムードに。

手前味噌ですが、こういった少し目線高めの”丁度良い”はならではかと思います。

またこの着用している上画像のサイズ4は1LDKの別注サイズ。

青山ホテルと京都でしか置いていません。


着用詳細: 171cm/size2(BLACK)


CREDIT:  mfpen”BIGGER JEANS(RAW BLACK)” ¥27,000(¥29,700 TAX IN)

こう見ると、結果こういうのほど1枚で着たがるものですね。

うまく伏線が回収できました。

もちろんインナーとしての馴染みも良いので、最初のベージュのスタイリングみたくジャケットを羽織ってトーンを合わせるのも◎

最後に首裏のオリジナルテーピング。

細かい変化に意識を向け、人に見えないお洒落も心から楽しもう。

補強でなく、そういう都合の良い解釈とさせていただきます。

 

ナチュラルカラーのカシミヤほど贅沢の象徴とされてきましたが、今や色を選べる贅沢があります。

今年の冬はどの色にしましょうか。

(こんだけ言って僕はBEIGEにしました。すみません。)

 

 

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 細見

October 4, 2021, 7:11 PM

Category: Blog HOSOMI

UP × CANTONのクロスオーバー第2弾

至高無上のPHEENY 2ndデリバリー

“アップデート”

現代版ソフトスーツ

E.TAUTZ for 1LDK AOYAMA HOTEL

PHEENY for 1LDK apartments.

「STUDIO NICHOLSON 21AW」第一弾

 

 

こんにちは。

1LDK kyotoの小林です。

近年のファッションシーンには欠かすことの出来ないデニム、それに加え僕たちのマストアイテムでもあり、永遠の定番であり続けるであろうデニム。

そんな普遍的でありながらも、1LDKらしくアレンジを加えたスペシャルなデニムジャケット、パンツが今週末リリースされます。

 

-UNIVERSAL PRODUCTS-

“CANTON DENIM JACKET XX”

SIZE: 1/2/3

COL : INDIGO

¥48,000(¥52,800 TAX IN)

 

“CANTON PAINTER PANTS”

SIZE: 1/2/3

COL : INDIGO

¥38,000 (¥41,800 TAX IN)

 

昨年に発売し好評だったjapanデニムのパイオニア的デニムメーカー「CANTON OVER ALLS」とのコラボ企画第2段となるこちら。

※cantonの詳細や第一弾コラボもこちらからご覧頂けます。

前回はカバーオールとワイドテーパードのデニムだったのに対して、今回は短丈のジャケットとダブルニーのペインタータイプ。

と簡単にまとめましたが、ご覧の通りどちらも変則型。ジャケットはプリズナージャケットをデザインソースにしており、往年のヴィンテージリーバイスと比べ着丈は少し長めの設定。特にフロントポケットはカバーオールのそれを持ってきたかのようなデザイン。

パンツはダブルニーはダブルニーでも補強部分の膝当てが左右非対称。しかもポケットのような役割も、、、

今回はセットアップ、ジャケット単体、パンツ単体でスタイリングを組んでみたのでまずはそちらからどうぞ。


JACKET サイズ2/ PANTS サイズ1 (身長171cm)

デニムのセットアップとなるとどうしてもワーク感が前面に出過ぎてコスプレっぽくなりがちですが、ドレスシューズにアイウェアをプラスする事で程よく中和されています。

この主張の強いセットアップをどう着こなすか?という議題を肴に3杯はいけそうです。


サイズ3 (身長175cm)


CREDIT
cantate “BAND COLLAR SHIRT” ¥46,200 TAX IN
a.presse “M-43 HBT PANTS” ¥39,600 TAX IN
STOCK NO “MB 1702” ¥40,700 TAX IN

STAFF 福井はオリーブのベイカーパンツにシャツをタックインした精悍なオーセンティックスタイルに。学生時代はラグビーに打ち込んでいただけあって男らしいスタイリングがハマります。

生地にはヴィンテージ顔負けのcanton XXを使用しながらも白ステッチを採用する事でライトでクリーンな雰囲気に。フロントポケットも控えめなカンヌキは残しながらリベットやボタン、ピスネームは一切排除して潔くシンプルにUPらしく。

洋服のデザインは足し算、引き算とよくいいますが、この辺りは流石の一言。

削ぎ落とされたデザインながらしっかりと力強さがあり生地の良さが際立っています。その反面、モダンでありそうでなかった新しい形。これぞコラボと言わんばかりの出来栄えです。


サイズ2 (身長177cm)


CREDIT
cantate “BACK SATIN GABARDINE BELLOWS JACKET” ¥88,000 TAX IN
scair “HARD TWIST HARF ZIP SWEAT SHIRTS” ¥26,400 TAX IN

今期個人オーダーしたcanateのベローズジャケット。

いつもであればUPのノータックデニムやチノで合わすところを、こちらのダブルニーに変えてみるだけでガラッと印象が変わり新鮮さが。

個人的にダブルニーパンツで言うと真っ先に思い浮かぶのがcarharttのダック地を使ったアレ。

もちろんワークウェアとしてマスターピース的なアイテムですが、なにせ見た目のインパクトが強いだけに避けてきたアイテム。つい最近まで自分が穿くことはないかなと思っていました。

ですが夏あたりから来シーズンの展示会を回っていると、感度の高いブランドが新作としてちょくちょく出しているのを見ていくうちに、あれ、意外とアリなんじゃないか、むしろかなりイケてるんじゃないか、と思うようになり今回の購入に至りました。

それにここ最近、またアメカジが気になり出していると言うのも一つの要因かもしれません。。

これを購入してからというもの自分の中で初めてのアイテムという事もあり、どう合わそうかという妄想が止まりません笑

あえてフレンチカバーオールで仏米の合わせでも良いし、キレイ目なシャツにテイラードジャケットでタイドアップなんかも、、、靴は久しぶりにコンバースを引っ張り出してきてというように休眠からワードローブの第一線に返り咲く事も。

サイズチョイスとしては170m〜175cm、痩せ型から普通体型くらいの方ならサイズ2を基準にしてもいいかと思います。

自分の身長であればサイズ3でもよかったのですが、身長の割にウエストが劇細なので迷った挙句サイズ2に。

ちなみにこちら、購入後すぐに洗濯機へ。なのでウォッシュ後のイメージで見ていただけると。(縮みや変化に関しては後ほど比較してます。)

デニムでは珍しく合計9個ものポケットが。

こちら向かって左が私物、右が新品。ちなみにどちらもサイズ2。

家の洗濯機でとりあえず1回洗いました。丈はそこまで長くないので乾燥機にはかけず。

それでも全体的に縮んでいるのがわかります。

色味も新品の状態の糊がとれて、青味が増して生地にも凹凸が生まれます。

最初に穿いた時は、股ずれしそうになるくらい硬いですがそれすらも愛おしいというか良い思い出というか笑

洗濯のやり方次第で個体差はあると思いますがご参考までに。

丈は約3cm、ワタリは約1.5cm、裾幅も0.5cmほど縮みます。

これから店頭立ちはもちろん休みの日も、しばらくはほぼ毎日穿こうと思うので、数ヶ月後の途中経過を楽しみにしていただければと。

 

 

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 小林

 

October 1, 2021, 7:38 PM

Category: Blog KOBAYASHI

「STUDIO NICHOLSON 21AW」第一弾

やっぱりスウェットが好きなんです。

至高無上のPHEENY 2ndデリバリー

“アップデート”

現代版ソフトスーツ

E.TAUTZ for 1LDK AOYAMA HOTEL

PHEENY for 1LDK apartments.

 

こんにちは。

1LDK kyotoの宮内です。

 

今日でもう9月も終わり、気づけば今年ももう残すところ3ヶ月ですね。

街では半袖姿の方を見かけることも少なくなり、家ではクーラーなしで過ごせちゃったりと、私も遅ればせながらようやく秋を感じ始めました。

皆様はどうでしょう。

お店ではまだ暑い9月の頭くらいから秋物がパラパラと旅立っていき、もう最近は冬物まで視野に入れられている方もチラホラ。

本腰を入れたお買い物が始まっています。

そんなタイミングで今回は、「STUDIO NICHOLSON 21AW」第一弾のラインナップをご紹介したいと思います。

ニコルソンと言ったら真っ先にシャツが思い浮かんだので、先ずはこちらから。

“SPLIT FRONT SHIRT”

COL: MILK / ALMOND

SIZE: 1

¥43,000 (¥47,300 TAX IN)

通年で使いやすい真っ白すぎないアイボリー”通称ミルクカラー”と、ニコルソンのイメージカラーでもあるアーモンドカラーの2色でご用意しております。

パウダーコットン生地を使用し、やや厚みのあるサラッとした質感。

ハリ感と、マットだけど少し光沢のある感じが上品な雰囲気を感じさせてくれます。

すっきりとしたバンドカラーはボタンを上まで閉めて格好良く着ても、はたまた開けてスキッパー風に女性らしい抜け感のあるスタイリングで合わせてみるのもいいです。

身幅や袖も大きめでリラックス感があり、少しメンズライクでボーイッシュな雰囲気もニコルソンの特徴。

長めに設定された袖口のカフスが目を惹きます。

存在感のある袖を見せたいので、まだこの時期は一枚でシンプルに着ていただきたいです。

それからの提案としては、ニットやスウェットを重ねてカフスや湾曲した裾を見せて。


CREDIT
“STUDIO NICHOLSON “DENIM JACKET” ¥54,000 (¥59,400 TAX IN)
SCYE “BRUSHED COTTON GABARDINE BAGGY TROUSERS” ¥28,000 (¥30,800 TAX IN)

合わせるアイテムはシンプルに。

この1枚を引き立ててみてはいかがでしょうか。

“7GG CREW NECK ESSENTIAL”

COL :YOLK

SIZE: 1

¥35,000 (¥38,500 TAX IN)

お次はエキストラファインメリノウールを使用した、7ゲージで薄すぎずやや肉感のあるニットプルオーバー。

贅沢に素材100%で編み立てられていることで柔らかく軽く。

今の時期からも手に取りやすく、これからの時期はインナー使いにもすっきりとしていて取り入れやすいです。

襟元は詰まりメンズっぽさもありつつ、ミニマムなサイズ感で女性らしさも兼ね揃えたニコルソンらしい一着に仕上がっています。


CREDIT
SHIRT: YLEVE “WOOL SERGE OFFISER SH” ¥43,000 (¥47,300 TAX IN)
PANTS: SCYE “BRUSHED COTTON GABARDINE BAGGY TROUSERS” ¥28,000 (¥30,800 TAX IN)

鮮やかな色味が目を惹き、濃いめのデニムやチノパンでクラシカルに合わせた時も、ワンピースのインナーで使った時も、それぞれにこなれた良い雰囲気を演出してくれそうです。

“SHIRT DRESS”

COL: MULTI / DARK NAVY

SIZE: 1

MULTI: ¥49,000 (53,900 TAX IN)

DARK NAVY: 63,000 (¥69,300 TAX IN)

生地使いやパターンメイクに長けたニコルソン。

こちらは光沢感とハリのあるイタリアのストライプコットン生地を使用。

袖口の絞りがなく、アームホールから袖にかけワイドに設定されています。

少し落ち感のあるシルエットはメンズには無く女性らしさを引き出してくれるポイント。

フロントボタンは比翼仕立てになっており、カジュアルさが軽減され綺麗めな印象を与えてくれます。

前から後ろにかけやや長めのデザイン。

ちょうどふくらはぎの気になる部分をカバーし、足首の細い部分だけが見えるので1枚で着やすくなっています。

続いて、こちらは同型で生地違いのシャツドレス。

先程ご紹介したアイテムとはガラリと雰囲気が変わり、細番手の糸で目が細かくシャリ感と上品さのある一着に仕上がっております。

フォーマルさもあり、オケージョンやキチンとした場面でも活躍してくれます。

STAFF藤原はカジュアルに落とし込み。

普段使いならラフにスニーカーやキャップもいいです。

どの角度から見ても美しく艶やかで暗くなりがちな冬も気分ごと明るくしてくれそうです。

 

店頭は続々と新作が入荷し、もうすぐ京都だけの特別なアイテムの入荷も。

きっと今季も1LDK kyotoでお気に入りのアイテムが見つかるはずです。

 

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 宮内

September 30, 2021, 8:33 PM

Category: Blog MIYAUCHI