1LDK NAKAMEGURO

SHOP INFO

今シーズンのノーカラーは。

新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

AWからSSまで在庫のお問い合わせは絶えず。

CristaSeya + BLESS 19AW

CristaSeya + Salvatore Piccolo 19AW

季節の変わり目に取り入れるウール。

こんにちは。1DKの小島です。

秋冬のアイテムが店内に並び始めるのと同時に、暑さのせいからかいざ買うとなったら、即戦力になるモノを選ぶ方が大半かと。

真夏の内に納品されているアイテムの中には、真冬のアウターの中に忍ばせたいアイテムが多く潜んでいるな〜と感じるのが本音のところですが、僕のワードローブに欠かせないブランドマルジェラより2ndデリバリーが届いたので早速ご紹介させて頂きます。

僕も先シーズン購入した同ブランドのノーカラージャケット。今シーズンは2型オーダーしており、定番の型をマルジェラには欠かせないコンセプトの一つDecoretique(切り抜く)を大胆的にあしらわれたこちらのジャケットはセットアップでご用意しています。

Maison Margiela “NO COLLAR JACKET (CORDUROY)” ¥125,000+TAX-

パッと見で、カッティングとシルエットに関しては他のメゾンで探しても見かけないかと。
毎回マルジェラをblogで書かせて頂く度に言ってしまうのですが、1LDKで展開するマルジェラはデザイン展開が奇抜過ぎないアイテムを主にセレクトしています。

ラペルが在るのかの様にデザインされたノーカラージャケットは、モードなイメージが強く感じてしまう方も大半かと思います。

何に合わせて良いか迷わられている方はシンプルにシャツがベストかと。デザインが強い羽織の中に入れるシャツはやっぱり落ち着きますよね。

シャツとノーカラーのバランスは一度合わせてしまえば癖になるはず、僕もそうでした。

今シーズンも中目黒の店舗では異なるブランドから多くのシャツをオーダーさせて頂いておりますが、STAFF網谷にセットアップで着て欲しいと頼んだところ、密かに狙っているCristaSeyaのモノを真っ先にセレクトしていました。

話が脱線してしまいましたが、やっぱり羽織った時のシルエットは圧巻です。セットイン袖のジャケットは良く見かけると思いますが、マルジェラのノーカラージャケットは肩から袖にかけて、落ちる一直線のシルエットはこのジャケットを誰かに説明する時に”究極のライン”と密かに言っています。(笑)

ノーカラーの組下は2年ぶりのオーダーです。

Maison Margiela “CORDUROY PANTS” ¥59,000+TAX-

久し振りのオーダーになりますが、単純に細畝のコーデュロイのセットアップは様になるのと、単体でもかなり穿き回し易いと思い今回はこちらもご用意致しています。

起毛感のある生地は綿100%でありながら、色々な面を浮かべてくれます。撮影中にわざと逆毛にして撮った時も、良い感じに影が入りそれはそれでありだなーと感じさせられました。

太腿から足先にかけてずっと触っていたいそんな質感になっています。

レングスはインポートのサイズ感なので少し長めに採られているので、大抵の方は裾を直して好みのサイズ感で穿いてもらうのが良いかと思います。ベストな長さはスニーカーとレザーシューズに対応出来る少し被るぐらいが安定してくれそうです。

形はストレートで正直ベーシックな1本になります。流行り廃りの無い形と上質な生地感は穿いていく内に愛着が湧いてくるモノに変化していくはずです。でもやっぱりセットアップでご用意のあるモノは二刀流するのが約束かと。後々確実に欲しくなってしまうのは誰しもが経験している事だと思います。

CREDIT

Crista Seya “REGULAR COLLAR SHIRTS” ¥77,000+TAX-

REPRODUCTION OF FOUND “RUSSIAN MILITARY TRAINER” ¥22,800+TAX-

お次は定番の型に生地を変えたこちら。

Maison Margiela “NO COLLAR JACKET (FLANNEL)” ¥130,000+TAX-

毛並みが落ち着いた極上のフラノ素材を使用したこちら。

写真だけでも仕立ての良さが伝わってしまいそうな程滑らかで、アウターの中に忍ばせた時の見え方は想像しただけで、ニヤニヤしてしまいそうです。笑

先程お伝えした通りこちらも袖の落ち方は完璧です。腕を下した時は勿論綺麗ですが、日常的に動きのある中で魅せてくれる皺の表情も圧巻です。

昨シーズンのバージンウール生地を採用したモノを所持していますが、春夏シーズンのマルジェラのウェアでは1番お世話になりました。バージンウールは秋口まで生地負けはしない気がしていますが、やはり秋冬用でこちらも持っとくべきか、現在葛藤しております。。

ド正面で写真を撮ってもらいましたが、やっぱりカッティングがずるいです。無駄な装飾を施さず、シンプルだけどモードらしさも感じさせてくれます。

左の裾部分は表側にステッチを施した様なデザインですが、内側のポケットの縫い代に被せて縫製されています。唯一そこだけデザインを取り入れ、他のミニマルさを際立たせるバランスには惹かれてしまいます。

CREDIT

UNUSED “DENIM TROUSERS” ¥23,000+TAX-

CLASS “291” ¥11,000+TAX-

Nine Tailor “Sinensis Cap” ¥8,000+TAX-

フラノのグレーはデニムで合わせるのが間違いないですし、単純に見え方が一番綺麗と長年感じています。

ある程度アウターやブルゾンを既にお持ちの方は今シーズンはインナーの見え方を意識してシーズンの買い物を楽しむのもオススメです。

実際に羽織って見たら癖になるシルエットでありながら、使いやすさもダントツなので一度袖を通して頂き”究極のライン”を感じてみて下さい。

 

 

○ お問い合わせ先

1LDK
〒153-0051
東京都目黒区上目黒 1-8-28 #1-A
03-3780-1645

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND insragram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK  STAFF 小島

September 10, 2019, 6:13 PM

Category: Amitani Kojima Pick Up