1LDK NAKAMEGURO

SHOP INFO

ニコルソンのアウター。

 

新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

MAISON MARGIELA 19AW

3Types of New All-Black Bags

自分が本当に良いと思えるモノをひとつ持っておくだけで良い。

A LITTLE …BIG?

 

こんにちは。1LDKの四枝です。

どこのお店を覗いても秋冬物がお店に陳列されていますね。

1LDKでも少しずつではありますが、秋冬物に移行しつつあります。

早い方は既に羽織りやニットを買って行かれる方もいる程、最近は先物買いが主流になってきています。

紹介するのは、早いかなと少し思いつつもお客様がそう長くは待ってくれそうにもないので、羽織りも少しずつ紹介していこうかと思います。

本日、僕からご紹介させて頂くアイテムは1LDKでも老若男女から支持されているブランド”STUDIO NICHOLSON”から秋口から冬にかけて着たいアウターを紹介します。

 

STUDIO NICHOLSON WINTER FIELD JACKET ¥55,000+TAX-

個人的にニコルソンの印象はパンツとブルゾンです。

パンツは言うまでも無くあのシルエットを好み多くの方がリピートして買い続けています。あれは、一度穿くと病み付きになるので納得です。

ブルゾンに関しては、毎シーズン形やディテールに関しての変更点がありながらも入荷してすぐ売れてしまう事が多いです。毎シーズンニコルソンのブルゾンで、これは良いと思うのが、ワークな要素を備えつつも生地にはどこか品のある雰囲気で、アームや身幅のボリューム感も出し過ぎない絶妙なサイズ感にあると思います。

今シーズンは数型展開されていたブルゾン、ジャケットの中からより土臭い雰囲気のある、個人的に大好物なこちらをピックしました。

素材にはコートなどの重厚アウターに使われる事が多い、ピーチツイルを採用。ももの皮表面の様なつるっとした肌触りが特徴で起毛感もあるので保温性も高い素材です。

ピーチツイルの生地をつかったパンツを古着の物で一本所有していますが、着用していく毎に出てくるアタリが綺麗に出やすく、少しずつ毛羽立ってくる様もとても良い雰囲気です。

丈は少し長めに、身幅、アームにも程よいゆとりを持たせることで、秋口から冬にかけての着方のバリエーションが増えます。カジュアルなスタイルにまとめたい時はフーディーをインナーに。少し綺麗にまとめたい時はシャツにクルーのニットでもバランス良くはまります。

こういった様々な着方でも様になるのがニコルソンのブルゾンの良い点だと思います。

CREDIT
MOUNTAIN RESERACH A.M HOODY ¥12,000+TAX-
COMESANDGOES CORDUROY CAP ¥9,200+TAX-

続いては、コート。

STUDIO NICHOLSON TECHNICAL CAR COAT ¥120,000+TAX-

昨年の秋冬シーズン。

個人的に買わなくて一番後悔した物ランキング1位だったのはニコルソンのこちらのコート

当時からブログでの着用回数も多く少し気にはなっていましたが、購入に至るまではありませんでした。しかし、ブログを書いてからすぐに店頭からは姿を消し、それからというものあのコートが忘れられなくてジワジワと欲しくなっていきました。

あまり深い理由みたいなものはありませんが、直感的にあれは自分の中で必要なコートだったのではと思いました。

生地はVENTILE。シルエットはオーバーだけどオーソドックスなシルエットは崩れていない。恐らく永く愛用出来るであろう納得のいく縫製。

探すと意外と見つからないコートでした。今でもかなり欲しいです。

今回のこちらのコートも買い逃すと後から欲しくなるのではないかと思わせる作り。

生地はイタリアの老舗高級ファブリックメーカー”OLMETEX”社のテクニカルファブリックを採用。

コットン、ナイロンを高密度に織りあげることで、天然素材の風合いを保ちながらも、撥水・保温。透湿性にも優れた生地。

カーコートをデザインベースとして、全体のサイズ感はゆとりのあるサイズ感で、パッと羽織った時の着易さは去年のコートを思い出させてくれました。

裾に向かって広がっていくようなシルエットは、ボトムのシルエットも選ばないので、テーパードの細身のシルエットからワイドパンツまで、無難にハマってくれるのもコートを選ぶ上でとても重要なポイント。

シルエットや生地の他に気に入った所は、やはり色です。

コテコテのミリタリーとも言えない少しくすんだ絶妙なカーキ。その中にも若干の光沢感があるので綺麗目な雰囲気にもハマってくれます。

生地自体の厚みはそこまでないので、動きに合わせて生地が靡きます。

日本の気候だと重厚なアウターも必要な季節はありますが、これくらいのテンションのコートをインナーで調整して3シーズン着る方のがベストです。

個人的な意見ですが、あまり気を使って着なければいけない繊細な生地のアウターは永く着ようと思いません。やはり普段の自分のスタイルに合って、それでいてラフに着倒した上で生地の経年変化を楽しめるアウターこそ永く着れて愛着の湧く物になっていくのだと思います。

あくまでデザインはシンプルに、生地やシルエットに拘りをもったニコルソンならではのワードローブとしての提案。

CREDIT
STORY mfg. SUNDAE JACKET ¥43,000+TAX-
SCYE CORDUROY PANTS ¥34,000+TAX-
Nine tailor sinensis cap ¥8,000+TAX-

 

皆様も後悔しないように早め早めに行動を、、、、、。

 

○ お問い合わせ

1LDK
〒153-0051
東京都目黒区上目黒 1-8-28 #1-A
03-3780-1645

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND insragram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK  STAFF 四枝

August 28, 2019, 6:00 PM

Category: Pick Up Yotsueda