1LDK annex

SHOP INFO

CATEGORY

US NAVY MILITARY CHUKKA

IZUMIYA ONLINE STORE

『Remind for NAVY』

『Remind for NAVY 01』

『Remind for NAVY 02』

 

 

 

歩くたびに聞こえてくる足元からの小気味のいい音。クセになります。

こんにちは。1LDK annexの金澤です。

 

本日は個人オーダーして楽しみにしていたシューズが届きましたので、そちらのご紹介を。

 

 

< REPRODUCTION OF FOUND >

“US NAVY MILITARY CHUKKA”

Color: SAND SUEDE / BLACK SUEDE
Size: 41(26-26.5cm) / 42(26.5-27cm)
Price: ¥32,000-(¥35,200-tax in)

 

見ての通りこのシューズの大枠は19世紀前半に誕生したと言われているチャッカブーツがモデルで、1970年代にかけてアメリカ軍で採用されていたそれをモディファイしたものになります。今や他のシューズメーカーや高級革靴メーカーでも製造されているので、この形を見たことがある方も多いはず。

前回のリプロのスニーカーブログで変則ミリタリースニーカーのお話をしたのですが、こちらも変則タイプなんですよね。

さて、今回は何が変則なのか。
パッと見は革靴なのですが、先ほどからあえて”シューズ”とお話しているのはソールが特徴的なんです。

肉厚で手触りすべすべなイタリアンスエードのアッパーに、ポリウレタンとラバーの2層構造のソールを使用しているので耐久性が抜群です。
というのもリプロは軍用シューズを生産していたファクトリー(スロバキア)で一足一足仕上げているのでそのあたりはお墨付き。

そこでブログの冒頭にお話した音の話に繋がるのですが、あの音を聞いている限り革靴を履いているかのような錯覚に陥るのですが、履き心地はまさにスニーカー。
長時間ストレスなく履き続けることができて、かつ見え方も上品なので今まで革靴に苦手意識を持っていた方でもチャレンジしていただきやすい内容だと思います。

奇をてらうためにただソールをいじっているわけではなく、現代的に履きやすい、合わせやすいと思う温度感で仕上げてくる辺りがリプロの強さですね。

 

BLACK SUEDE

 

そしてこれが僕の私物です。
どっちも捨て難くいい色だったので迷ったのですが、ビシッと締めてかっこよく履きたかったのでブラックにしました。

届いて一週間ほど履き続けたので履き皺も入りだいぶ柔らかく馴染んできました。
(最初は若干履き口に硬さはあるものの、2,3回も履けば自分の足にフィットしてきます。)

スエードだからって秋冬に限定する必要はないと思っていますが、やっぱり今の季節はコーデュロイやウールのパンツには相性抜群ですね。

前回ご紹介したのもスエードのスニーカーだったのですが、スエードのアイテムだと汚れや色移りを気にされる方が多い印象です。そういった方は事前に防水スプレーみたいな対策を講じるのがいいと思いますが、個人的にはスエードは使い込むごとに退色してくる色の変化であったり、毛並みが寝てくる感じが好みなので雨の日だろうとガシガシ履いちゃってます。

ちなみにこの前のオフはちょうど雨が降っていたので、どれくらい雨の耐久性あるのかな〜と思い歩いてきたのですが、スコッチガードプロテクター加工という加工を施しているようで雨の日でも全然問題なかったです。というのもこの加工は、スエード独自の風合いはそのままに水を弾き、シミ汚れも防ぐという内容なので本当に心配な方はスプレーをかけるのがいいと思いますが、おそらくこのままのノーマル状態でも十分スペックは高いはずです。

それよりも雨の日で心配していたのは、革靴ではよくある事なのですが階段を上り下りする時にツルッと滑ることがあって、、あれ結構怖いんですよね。
ただ、先ほどもお伝えしているようにこちらはチャッカブーツ型スニーカーみたいな感じなので、しっかりとグリップが機能してどの天候でも安心して履けそうです。

 

SAND SUEDE

 

 

こっちの色では、皆さん一本は所有しているであろう通年アイテムデニムで合わせてみました。

スエードにも色々種類があるのですが、このスエードはかなり毛足が短いので季節感が出過ぎずより一年通して履きやすい見た目に仕上がっていると思います。

革靴でありながらスニーカーの要素も含んでいることがこのアイテムの一番の魅力だと思っていて、上品すぎずカジュアルすぎないバランス感でいつもの1LDKのスタイリングに難なく合わせることができる自由度の高さがポイントです。

人によって個人差はあると思いますが、洋服を買う頻度よりも靴を買う頻度の方が少ないなんて方もいらっしゃるかと思います。
今の世の中ネットでポチッとするだけですぐに買えてしまう時代。だからこそ洋服も靴もどこで何を今の自分にチョイスするのかが大切になると思っています。

この靴みたいに元ネタミリタリー系は珍しくもないんですけど、そのまんま過ぎない気の利き加減が探しても意外になかったりするんですよね。

歩く時の音は買ってからのお楽しみで。即戦力のチャッカブーツ型スニーカーいいんじゃないでしょうか。

 

○お問い合わせ先

1LDK annex

〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉1-12-33
052-211-9546

info@1ldk-annex.jp

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

1LDK annex 金澤

1LDK annex Instagram

1LDK annex Twitter

IZUMIYA ONLINE STORE

November 5, 2022, 7:00 PM

Category: PICK UP

『Remind for NAVY 03』

IZUMIYA ONLINE STORE

『Remind for NAVY』

『Remind for NAVY 01』

『Remind for NAVY 02』

 

 

こんにちは。1LDK annexの西脇です。

今週末11月5日(土)に『Remind for NAVY』第3弾を発売します。

第1弾はバッグ、第2弾ではMA-1、そして第3弾ではニットセットアップをユニバーサルプロダクツで制作していただきました。

ご存知の方も多いと思いますが、ユニバーサルは1LDKのプライベートブランドです。1LDKはセレクトショップなので様々なブランドさんをお取り扱いさせていただいますが、買っていただいた洋服のスタイルを組む時に色々な要素、相性を考えなければいけない時がどうしてもあります。そこで生まれたのがユニバーサルです。

どうしても「合わせられるものと合わせずらい」組み合わせが発生し、「もっと良い雰囲気でこのアイテムを着たいのにな〜」という時にユニバーサルを選んでいただたければ基本的にどんな洋服とも合わせていただけます。そんな繋ぐ役割を持ち、そしてスタイルも完結させる役割を持っています。現場目線で生まれ、作られる洋服が多いので、それぞれ意味を持ったアイテムが多いです。ベーシックなデザインでも気が利いた細かなディテール、シルエットに重視し「ちょうどいいよね」と思っていただけると思います。

チノパン一型から始まりましたが、現在では展開できるアイテム数も増えました。この「ちょうどよさ」が様々な方に伝わり全国に卸さんもありプライベートブランドでありながら、一つのブランドとして確立しています。

ですので今回展開するアイテムは私西脇目線で欲しい現場服として、そして皆さんに提案したいアイテムです。

 

 

 

 

 

 

〈 UNIVERSAL PRODUCTS. for 1LDK annex 〉

“FELTED MERINO WOOL CREW NECK”
Color: NAVY
Size: 2 / 3
Price: ¥28,000-(¥30,800-tax in)

“FELTED MERINO WOOL KNIT PANTS”
Color: NAVY
Size: 2 / 3
Price: ¥28,000-(¥30,800-tax in)

 

ここ数シーズンスウェットを特に愛用していて、オン、オフ問わずスウェットセットアップスタイルを好んで愛用していました。(お店でも何度も提案させていただきました。)コロナ禍になり洋服への求め方が変化し、「過ごしやすい洋服」を重要視するようになりました。その為カジュアルでラフなスタイルが増えましたがやはり見た目の良さはちゃんとお洒落はしていたかったので、スウェットもなんでも言い訳ではなく形や素材等色々と考えるんですよね。

そんな中今シーズンユニバーサルのインラインでこちらのニットシリーズが展開。

一見いつも通りのベーシックな雰囲気ですが試してみると、これまで愛用していたスウェットセットアップに近い感覚で着られるバランスがよかったんです。ベーシックなニットはこれまでにもありましたが、シルエットがスウェットのようなラフなバランスでニット素材になっているのがなんだか新鮮でした。

クルーネック、パンツ共に程よいリラックスしたバランスがとても魅力ですし、ニット素材になったことでスウェットのカジュアルな雰囲気から、より洗練された雰囲気もかっこいいんですよね。

スウェットをセットアップで着るにはハードルを感じた方も、このニットでしたら着やすいと思う方も多いかもしれません。

そして自分と同じくスウェットを堪能した方にとっては、なんとなく味変?的な感じで取り入れていただくのがおすすめです。

 

インラインのブラウンとブラックの2色展開も良かったのですが、やはりネイビーも欲しかったので作ってもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず素材なんですがメリノウールなので毛が柔らかく着心地がとても良いです。ご覧の通り光沢があり鮮やかな色合いに加え、フェルト加工していることで落ち着いた雰囲気になっています。

クルーネックは首元の詰まりと着丈も長すぎず短すぎない誰でも着やすいバランスになります。サイドにはスラッシュポケットがさりげなく付いているので日常的に着ることを考えるとここにポケットがあることで何気なくありがたさを感じる瞬間があると思います。

そしてとても気に入っているのがパンツ。個人的にはニットパンツが好きで寒くなってくると重宝しているのですが、店頭でお話していると穿いたことない方も多い印象です。冬といえばウールスラックス、コーデュロイパンツがありますが、同様にニットパンツも使いやすく季節感があってとても魅力的だと思っているので初めての方は特にチャレンジしていただきたいです。

細すぎず、緩すぎないシルエットなのでとても穿きやすいですし、トップスも選ばず合わせやすいですよ。

そして以前より何度も提案していますが、今回も性別問わず着ていただきたかったのでユニセックスで着られるようにしてもらっています。

 

さてこのニットシリーズですが、やはりセットアップでこそ最大限魅力を発揮します。

 

 

 

 

 

着用詳細(上下) 左: 175cm / Size 3 , 右: 155cm / Size 2

 

着用詳細(上下) 左: 168cm / Size 2 , 右: 171cm / Size 2

 

1LDKで好きになったオールネイビースタイル。このスタイルは入社以来自分の中では普遍的なスタイルです。

片方だけの使い勝手はもちろんなのですが、僕らのスタイル、ファッションとしてお伝えするとなるとセットアップのこの雰囲気こそ1LDKらしさかと思っています。ですので今回撮影は東京チームに協力してもらい1LDKのはじまりの場所である中目黒で行いました。

僕自身日々お店の現場で着られて1LDKのスタイルの雰囲気を伝えられる物をこの企画でも用意したかったので、そういった意味でもこのセットアップは自分にとって新たな「現場服」になります。

そして皆様にとっても合わせやすくて使いやすい日常服として寄り添っていただける存在のセットアップになっていただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

実は前回発売したYOKEのMA-1の撮影時に着用していました。

自分の中ではこのRemindシリーズの中でスタイルを組めるようにしていきたかったのでこの時から伏線的な感じで見せていました。ですのでMA-1を購入していただいた方にもぜひこちらも揃えていただきたいです。

 

さて第3弾のニットセットアップですが、今週末11月5日(土)より販売開始します。IZUMIYA ONLINE STOREでは店頭販売を優先させていただきますので同日20時より販売します。そして中目黒1LDKでも同時発売させていただきますので都内の方もぜひご覧ください。

その他詳細はannexインスタグラムにて随時発信していきます。

 

今回も主観たっぷりの内容となっておりますが皆様のワードローブになっていただければ幸いです。

よろしくお願いします。

 

○お問い合わせ先

1LDK annex

〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉1-12-33
052-211-9546

info@1ldk-annex.jp

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

1LDK annex 西脇

1LDK annex Instagram

1LDK annex Twitter

IZUMIYA ONLINE STORE

November 2, 2022, 6:55 PM

Category: PICK UP

PHEENY × Product Twelve スペシャルコラボ第3弾

 

 

IZUMIYA ONLINE STORE

『Remind for NAVY』

『Remind for NAVY 01』

『Remind for NAVY 02』

 

 

こんにちは。1LDK annexの三浦です。

 

温かいパンツに引き続き、お次はアウターをご紹介していきます。

 

 

PHEENY × Product Twelve
“Primaloft quilting short blouson”
Color: BLACK
Size: 1
Price: ¥53,000- (¥58,300- tax in)

 

 

PHEENY × Product Twelve コラボレーション企画第3弾が到着致しました。

3回目ともなればご存知の方も多いと思いますが、レディースブランドPHEENYとメンズブランドProduct Twelveの共同製作で、両ブランドのファンにはたまらないコラボレーションかと思います。

去年のアウター、春夏のスイムウェアに引き続き、22AWシーズンはキルティングジャケットがリリースとなりました。
ジャケットはPHEENYデザイナーの秋元氏が普段から愛用しているモデルを復刻したもの。またまたPHEENYラバーの私のツボをしっかりと押してくれる最高なアウターを作ってくれました。

 

 

 

 

クルーネックでショート丈。

パッと見はかなりシンプルなデザインですが、実は語りどころが満載な一着。
よくあるキルティングでしょ?と思われている方の為に、魅力を一つ一つしっかりとお伝えしていきたいと思います。

 

 

まず推したいポイントとしましては、”軽さ”です。

素材は高密度超撥水軽量リップストップ生地にプリマロフトを中綿に採用を採用しています。

 

 

 

 

重量(着心地)は言葉ではお伝えできないですが、本当に衝撃的な軽さです!

耐久撥水を実現しているので、雨の日、雪の日も気兼ねなく使っていただけますし、キルティングにすることで着用時のボリュームを抑えながらも、しっかりと保温性を持たせた真冬に大活躍な一着となっております。

 

 

(CREDIT)(スタッフ身長155cm)

UNIVERSAL PRODUCTS × YAAH “HALF ZIP SWEAT HOODIE” ¥28,600-(tax in)(WHITE/サイズ2)

MY__ “WOOL LIKE JERSY TROUSERS” ¥26,400-(tax in)(BROWN/サイズ0)

 

 

今回のジャケットは極端に着丈を短く設定しており、ボトムスとのバランスが取りやすくなっています。
着丈が短い分、インナーとの合わせを悩まれる方も多いのですが、ゆったりとした着丈のあるものを合わせても嫌な見え方にならない絶妙なバランスにしてくれています。

私だったらいつものパーカーでカジュアルに合わせたいなーと思うので、こんな感じでメンズのインナーでリラックスしたバランスで着ていただくのもオススメです。

 

 

今回、2ブランドのコラボということで、両ブランドそれぞれの魅力が詰まっているわけですが、機能性という点ではProduct Twelveの技術が存分に発揮されていると思います。

Product Twelveは「1.実用的 2.必然性のあるデザイン 3. タイムレス」をコンセプトにデザイナー川瀬正輝氏が手がけています。同デザイナーがコレクションラインとして展開しているALMOSTBLACKとは異なる”リアリティを込めたクリエーション”が特徴です。

その為、日常性、機能性を追求したアイテムが多く、細部まで計算され尽くしたパターン組にぜひ注目していただきたいと思います。

 

 

 

 

まず、肘部分のカーブを大きくし、生地分量を多く取ることで肘を曲げやすくしています。

また脇下にはハトメを施したベンチレーションになっていると共に、脇下の中綿を抜くことで腕を下ろした際のゴワツキも解消しています。

 

 

(CREDIT)(スタッフ身長155cm)

MY__ “STRIPED REGULAR COLLAR SHIRT” ¥22,000-(tax in)(BROWN STRIPE/サイズ0)

YLEVE “KID MOHAIR HAND KN P/O” ¥42,900-(tax in)(HEATHER BEIGE/サイズ1)

REPRODUCTION OF FOUND “GERMAN MILITARY TRAINER” ¥22,880-(tax in)(WHITE SUEDE)

 

 

アーム周りの可動域が広い分、インナーも沢山着込みやすくなる為、合わせるインナーどうしよう?の悩みも解消されると思います。
シャツに厚手のニットを重ねてみましたが、全然余裕があるくらいだったので、寒がりの方も安心してください。

 

 

(CREDIT)(スタッフ身長155cm)

scye “Chine a la branche Maxi Length Skirt” ¥71,500-(tax in)(MOCHA BEIGE/サイズ)

 

 

パンツスタイルはもちろん、ワンピースやボリュームのあるマキシスカートなんかも相性がいいので、様々な合わせが可能です。

 

 

 

 

裾はスピンドルで絞りを入れることができるので、シルエットの変化と共に隙間風を防ぐのにも役立ちます。

 

 

 

 

また、フロントはボタンスナップボタンの仕様で、前立てを2段重ねにすることで防風性、防寒力を向上させています。
真冬はボタンをしっかり留めて、マフラーと手袋を身につけたら完璧です。

 

 

 

 

さらに、袖裏にはリブが隠されていて、これもまた同じく防風性、防寒性の向上。

いくら重ね着しても結局隙間風が寒さの原因になってくるので、いかに隙間を防ぐか!私が防寒アウターを選ぶ上では重要なポイントなのですが、こちらも抜かりなく、しかもゴムを裏に隠すことで表のデザインに影響がないように考慮されているのもグッとくるポイントです。

 

 

 

 

おまけに内側にはポケットも。ちょっと出かけるだけであればバッグいらずです。

非の打ち所のないくらい、細かな気配りが細部にまで散りばめられてい流のがお分りいただけたでしょうか?

 

 

今回、私だったらこんな合わせで着たいなーというコーディネートで、3パターンご紹介してみましたが、見事にいろんなインナー、いろんなボトムス、いろんなカラーで合わせることが簡単にできました。

アウターのバリエーションを毎日変える方の方が少ないと思うので、”何にでも合わせやすい”はかなりポイントが高いのではないでしょうか?

私自身、車や電車移動が増え、過度な防寒着を着なくなったこともあり、結局これくらいコンパクトで軽いアウターが一番重宝するのではと思っています。

今ちょうど色々なアウターを見比べている時期かと思いますが、”ショートの温かいアウター”をお探しだった方はぜひこちらも候補に入れてみてください。

今後は出会えないスペシャルな一着になる事は間違いないと思います。

 

 

 

 

 

○お問い合わせ先

1LDK annex

〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉1-12-33
052-211-9546

info@1ldk-annex.jp

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

1LDK annex 三浦

1LDK annex Instagram

1LDK annex Twitter

IZUMIYA ONLINE STORE

October 31, 2022, 7:16 PM

Category: PICK UP

あったかパンツ

 

IZUMIYA ONLINE STORE

『Remind for NAVY』

『Remind for NAVY 01』

『Remind for NAVY 02』

 

 

こんにちは。1LDK annexの三浦です。

 

名古屋も一気に寒くなってきて、先日急いでクローゼットの入れ替えをしました。ニットやフリースなんかも着られるようになってきたので、一軍コーナーは真冬アイテムにチェンジ。今シーズン早めに買っておいた冬物たちが実際に着られる気温になり、毎日のコーディネートを考えるのがより楽しくなりました。

お客様も慌ててお買い足しをされていかれますが、意外とまだ冬用のお洋服を揃えられていない方も多いようです。私はかなりの寒がりなので、防寒アイテムは抜かりなく早めに用意をしておくタイプで、もう一通り揃ったかなというところです。

ですが、意外と盲点だったアイテムが一つありまして、今購入を検討中のものがあります。

“あったか(温か)パンツ”。

温かいパンツを意外と持っていない事に気がつきました。毎年、ウールスラックスやコーデュロイパンツで冬を凌んでいましたが、もっと温かいボトムスがあればなーと思いつつもしっくりくるものに出会えていませんでした。

今年は特に寒さが厳しくなるというニュースを耳にしたので、かなりビビっています・・・

 

そんな寒がりな皆様にご提案したいアイテムが当店にも入ってきましたので、このブログを書きながら私も吟味していきたいなと思います。

 

 

PHEENY
“Polartec fleece overalls”
Color: IVORY/BLACK
Size: 1
Price: ¥38,000-(¥41,800-tax in)

 

今期PHEENYが提案するフリースのオーバーオール。こちらはPOLARTEC WIND FLEECEを採用した一着です。

WINDPRO®」は防寒機能を進化させたフリース素材で、通気性をキープしたまま防風性を向上させながら、しっかりと保温力持っているハイテク素材です。
基本的にはアウトドアやミリタリーのシーンにおいて機能を発揮してくれるものなので、機能性の高さは皆様もご存知の通りだと思います。

 

 

 

 

ミリタリーのオーバーオールをベースにしたデザインでお腹もすっぽりと隠れてくれます。
お腹の冷えは大敵なので、女性にはリアルに嬉しいポイントですよね。

ウエストの周りが体に沿うように少しシェイプしていて、女性らしい曲線もとても綺麗です。ハイテク素材を使用したミリタリーモノとなると、なかなか男前なアイテムになりがちですが、それを男臭く見せないのがPHEENYのすごいところだなと思います。

 

 

(CREDIT)(スタッフ身長155cm)

PHEENY × Product Twelve “Primaloft quilting short blouson” ¥58,300-(tax in)(BLACK/サイズ1)

UNIVERSAL PRODUCTS × YAAH “HALF ZIP SWEAT HOODIE” ¥28,600-(tax in)(WHITE/サイズ2)

 

 

ウエストから裾までストンと落ちるワイドストレートシルエットで、かなりゆったりとリラックス感があります。

そして、まず試着の際に体感していただきたいのが、足を通した際のはき心地。
程よく肉感のあるフリース生地はふわっと柔らかく、毛布に包まれているような安心感を与えてくれます。(個人的見解です。)
皆様口を揃えて「気持ちいいっ!」を連発してくださっているので、ここは100%共感を得られると自負しています。ぜひ試着して体感してください。
フリースパンツをはいたことがない方もきっと沼にはまるのではないでしょうか。

 

 

 

 

真冬はアウターを重ねると思いますが、レイヤードした時のバランスもカッコイイです。
ショートのブルゾンもいいですが、ロングコートと合わせてもカッコイイかなと思いますので、お手持ちのアウターを色々試してみてください。

 

 

 

 

サイズ感ですが、ゆったりとしたシルエットに加え、レングスを長めに設定しているので、高身長の方も幅広くいけると思いますし、肩紐での調整がきくので小柄な方も安心です。
裾のドローコードで絞ることもでき、シルエットの変化も楽しめます。

 

 

 

 

フリースパンツはメンズスタッフの西脇がよくはいているのを見ていたので、いいなーと毎年気になってはいましたが、レディースで探そうと思うとあまりバリエーションがないのが現状で、同じ気持ちの方がもしかしたらいらっしゃるかなーと思い、今回こちらをご用意しました。

きっと冬を乗り切るための強い味方になってくれるはずです。

ぜひ皆様もお早めに、あったかパンツご検討ください。

 

 

 

○お問い合わせ先

1LDK annex

〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉1-12-33
052-211-9546

info@1ldk-annex.jp

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

1LDK annex 三浦

1LDK annex Instagram

1LDK annex Twitter

IZUMIYA ONLINE STORE

October 30, 2022, 6:09 PM

Category: PICK UP

今年の冬はとびきりを。

 

IZUMIYA ONLINE STORE

『Remind for NAVY』

『Remind for NAVY 01』

『Remind for NAVY 02』

 

 

こんにちは。1LDK annexの金澤です。

 

三度の飯より服が好き。今日はそんな方に向けたお話です。

半年前の今季のオーダーの時に、どうしてもこれだけは欲しい。着たい。
その一心で購入を即決した待ちに待った洋服が届きました。

“カシミヤのニットセットアップ”です。

先日のブログで今季のannexはスウェットセットアップに加えて新たにニットセットアップをおすすめしていきたいというお話をしましたが、これは究極系。

間違いなく今季セレクトしたニット部門でいくとナンバーワンのアイテムだと思います。

 

 

< HERILL >

CASHMERENEP CABLE SWEATER

Col : BLACK
Size : 2 / 3
Price : ¥90,000-(¥99,000-tax in)

CASHMERENEP CABLE PANTS

Col : BLACK
Size : 2 / 3
Price : ¥120,000-(¥132,000-tax in)

 

アイテム、値段どれを取ってもやばいですよね、、笑

僕は見た瞬間、なにこれカッケー!で即決。

みなさんにとって”カシミヤ”ってどんな印象でしょうか。

軽くて、ふわっふわ、暖かい。それに値段もね、、

HERILLではブランド立ち上げ当初からPURE CASHMEREを使用したアイテムを毎シーズンリリースしていますが、今回のこの洋服は僕らのカシミヤの固定概念を簡単にぶち壊してきます。

 

そもそもですが、なんでカシミヤって高いんだろう。そんなこと考えたことありませんか?

無意識に「カシミヤ = 高級品」と頭の中で変換してしまいますよね。

カシミヤとはモンゴルや中国の寒暑の厳しい山岳地帯に生息する山羊から取れる動物繊維の総称を指します。

このように厳しい環境下で育つことで良質な原料となり、ウールに比べ人口飼育が難しく、大量に生産することができないことから希少価値が高くなるようです。

そのカシミヤをピュアカシミヤの名前の通り、なんの混じり気もない純度100%でニットを作っているのがヘリルです。

 

 

伝わりますかね。この肉感。

「軽くて暖かい」というストロングポイントを持つカシミヤをここまでぎっちぎちに編み込んでくるブランドは他にないと思います。原材料コストが高いカシミヤをこれだけ使用するとなるとあの値段も頷けます。

 

 

カシミヤ100で作られる洋服は他にもあるかと思いますが、この洋服はアイテム名にもある通りケーブル編みに編み立てられていて赤、黄、青といったカラフルなネップがそこら中に散りばめられています。

一般的にケーブル編みのニットといえば、油分を含んだウールのガシっとした男らしいアイテムをイメージしますが、ヘリルはそこを全てカシミヤで作り上げることで、中性的というかどこか柔らかい印象に仕上がっています。

カラフルなネップまでも全てカシミヤで仕上げる拘りっぷり。余すことなくカシミヤを堪能できるスペシャルなアイテムです。今まで見てきたニットとはレベルというのかベクトルが違ういい意味で変態の域にいるニットだと思います。

毎回新鮮で着たことがないし、これどう合わせたらかっこいいんだろうと考えさせられるからヘリルはかっこいいんですよね。

 

別にここまでカシミヤに拘らなくたって、今の時代技術の進歩で化学繊維や天然繊維を上手く配合して防寒性、保温性、撥水・防水性など○○性と名の付く機能に優れたアイテムは他にも山ほど存在しています。

ただ、これはどこにフォーカスして物を見るかで変わってくる部分だと思っていて、これは良し悪しの話ではなく例えばですが、100円の回転寿司に行くのか回らない高級寿司に行くのか。そこでマグロを頼むにしても赤身を食べるのか大トロを食べるのか。

その時の状況によって満足する基準は誰しも変わってくるはずです。

僕はこの冬、「回らない高級寿司で大トロ」のスペシャルセットでいきたかったのでこれを買いました。

 

それともう一点。

これは小言ですが、今のご時世食料品を始めとして日用品、ガソリンなどなど値上がりラッシュが続いていますが、この流れは洋服業界にも影響が出始めています。

原材料価格の高騰を受けて実際今シーズンから、値段を上げざるを得なかったブランドさんもいくつかありますが、ヘリルの大島さんはとりあえず今シーズンは据え置きで洋服を作ってくださっています。

もうあと何年かしたら天然繊維を100%使用する洋服は、今以上に嗜好品になっていると思います。

現時点でも高いんですけどね。こういう流れも考えて僕は今シーズンにでっかい買い物はしとこうかなっていう自分への言い訳はそんな感じです。(どうせ来年の自分も買い続けているとは思いますが、、、笑)

 

 

話を戻して、トップスのニットはある程度着るイメージがつくにしてもニットパンツってどうやって合わせればいいの?って感じですよね。

僕自身ニットのパンツを買うのは今回が初めてなので探り探りですが、僕と店長西脇のいつものスタイリングにプラスワンでニットパンツを組み込んで写真を撮ってきたのでまずご覧ください!

 

<スウェット> 168cm / Pants : Size 2

 

<ジャケット> 178cm / Pants : Size 3

 

<ニット> 168cm / Pants : Size 2

 

 

どうでしょう?いつもの洋服と合わせてみましたが、食わず嫌いと一緒ですね。今まで穿いてこなかっただけで、というかニットパンツ自体そもそもあまり目にしてきませんでしたが、いけるんじゃない?ただの穿かず嫌いでした。

イメージ的にはスウェットパンツなので、だらしなくなり過ぎないようにトップスなのか靴でメリハリをつけてあげると、スタイリングのいい外しになってくれます。

買ってみて思ったことですが、僕はパンツの方が穿いてみて感動しました。

トップスだと直で着ることはほぼほぼ無いと思いますが、パンツは一枚で穿くと思いますのでカシミヤの柔らかさ、しっとり具合を直接肌で感じることができます。

カシミヤの良し悪しはほっぺたに当ててみて判断するといいという話を聞いたことがありますが、これと同じ要領な気がしてます。

こればっかりは穿いていただかない限り伝えるのが難しいところですが、ニットを得意とするヘリルだからこそ作ることができるパンツだと思いますし、安心感もあると思います。

 

それではカッコよくないはずがないメインディッシュを。

 

178cm / Tops: Size 3, Pants: Size 3

 

やっぱりセットアップで作られた洋服はセットアップが一番輝きますね、、、

先ほどお見せした通りものすごく密に編み込まれているので、持った時はズッシリと重さを感じます。ただ着ると意外に軽い。嫌な肩が凝るような重さは無く、しっかりと包み込んでくれます。

ニットならではの動きのある生地だからこそ生まれるこの溜まり感が新鮮で、太さはあるんだけど太すぎない絶妙なシルエットがもうドンズバです。

 

この洋服は見る距離によって、太陽光が当たるか当たらないかによって見え方が変わってくるところが面白いんです。

一定の距離があると少し抜けたようなブラックのケーブルニットに、あれ?なんかポツポツ付いてる?くらいなんですけど、近づくほどネップの表情がはっきりと見えてきてケーブルよりもネップに目が行くようになるんですよね。

デザイナーの大島さんが意図しているところかは分かりませんが、こういう遊び心といい意味での違和感を感じることができる不思議な感覚がヘリルを好きな理由の一つです。

 

 

袖のリブは若干長めの設計で、初めて着た時は少しきつく感じましたが、着ているうちにちょっとずつ馴染んできてました。

この少し長めのリブに加えて少しきつめのテンションにすることで、自然と袖が溜まってくれます。このだるゆる加減が可愛いんですよね〜

 

 

いいと思ってくれた人に着て欲しい。
まさにそんな想いが詰まった妥協なく突き詰めて生み出されるヘリルの洋服。

何年経っても冬になったら引っ張り出してきて毎年着てるんだろうな〜というのが容易にイメージできますし、この時期が楽しみになります。

これまで着たことのなかった唯一無二のニットセットアップ。まさに理想形です。

今年の冬は家でも外でもとびきりのニットで過ごしてみませんか。

 

 

 

 

○お問い合わせ先

1LDK annex

〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉1-12-33
052-211-9546

info@1ldk-annex.jp

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

1LDK annex 金澤

1LDK annex Instagram

1LDK annex Twitter

IZUMIYA ONLINE STORE

October 29, 2022, 7:00 PM

Category: PICK UP

基本+応用

 

IZUMIYA ONLINE STORE

『Remind for NAVY』

『Remind for NAVY 01』

『Remind for NAVY 02』

 

こんにちは。1LDK annexの西脇です。

 

今日は今期セレクトした自分が欲しかったアイテムをご紹介します。

普段ショップの情報を見ていただいている方には伝わるかと思いますが、とにかくスウェット、ニット、シャツ、デニム、フリースが大好きです。

なので自分のスタイルは基本的にこのアイテムで成立しています。

いつも同じような雰囲気にどうしてもなってしまい良くも悪くもあるかもしれませんが、最近は好きなものをとことん追求しようという気持ちが強くannexの洋服のセレクトにもその気持ちが反映されていると思います。

その中で本日ご紹介するのはスウェット、ニットをより楽しく着られるフリースです。そのままアイテムを着ることもいいのですが、あえて取り入れてみることでいつもの洋服も楽しくなるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

is-ness
“FLEECE T SHIRT”
Color: BLUE / GRAY
Size: M / L
¥25,000-(¥27,500-tax in)

 

イズネスより新作でリリースされたフリースTシャツ。展示会で見た時に真っ先に目に入ったアイテムでした。

軽さと膨らみのあるフリース素材ですが、ご覧の通り気になるのがTシャツ型だということ。この袖のフリースは着たことがないけど、見た時からどういう雰囲気になるのか気になり惹かれていたので色々とイメージして試してみました。

そうすると思ってた以上にいつものスタイルにハマったんですよね。多分ウチのお店じゃなかったらもっと味付けした着方もきっと格好良いんだとは思いましたが、そこは考えずいつもの普通な感じにちょっとした違和感?があるくらいの雰囲気が面白いと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に見ていただいていかがでしょうか。やりすぎてなくて良くないですか?

ベーシック、ベーシックがどうしても基本スタイルですが、応用を加えることでまた新しさが生まれ、基本となるアイテムもより楽しめると思っているのでこういった遊びのあるアイテムも大好きです。

どうしてもフリースってなるとある程度アイテムイメージが決まってくる感じがして選択肢の幅を悩むところでもありますが、イズネスはユニークさとやりすぎないファッション性を持たせるのが上手いと思っています。

古着のパタゴニアのレトロX、ACG等のフリースはやっぱり好きでよくディグりますが、古着にはない現行ならではのアイテムが見つかると気分が上がるんですよね。

リアルタイムに冷え込んできたので、何か買い物、買い足ししたい方はぜひ取り入れてみてください。

着用サイズは168cmでサイズM。カラーは2色展開です。

 

今週も色々と入荷していますので、引き続きたくさんの方のご来店をお待ちしております。

 

○お問い合わせ先

1LDK annex

〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉1-12-33
052-211-9546

info@1ldk-annex.jp

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

1LDK annex 西脇

1LDK annex Instagram

1LDK annex Twitter

IZUMIYA ONLINE STORE

October 27, 2022, 6:30 PM

Category: PICK UP

更に進化したストームコート

 

IZUMIYA ONLINE STORE

『Remind for NAVY』

『Remind for NAVY 01』

『Remind for NAVY 02』

 

こんにちは。1LDK annexの西脇です。

22AWのデリバリーもピークを迎え、店内最高潮に見応えのあるラインナップになりました。気温も良い感じになってきましたので、引き続きたくさんの方にお買い物へ来ていただけたら幸いです。

さて最近の西脇ブログでは別注、イベントなどの告知ブログばかりになっていたので今日は久しぶりに今期おすすめしたいアウターをご紹介します。

 

 

 

I
“HYBRID STORM COAT”
Color: BLACK
Size: 2 / 3
Price: ¥78,000-(¥85,800-tax in)

 

記憶に残っている方も多いでしょうか?去年annexで復刻別注しご好評いただきましたI(アイ)のストームコート。

今年は別注ではなく、ブランドのインラインからリリース。ブランドとしては2年ぶりに作られました。しかも今シーズンはこれまでのストームコートが見直され「ハイブリッド」ストームコートとして進化しています。

正直昨年復刻をお願いして別注させていただき皆様にご紹介させていただきましたので、自分の中ではどこか完結した気持ちでいました。ですが、展示会で今シーズンのストームコートを見た時にその考えは変わりました。と言うのも、今まで十分良かったものを、より追求し、更にコートのパフォーマンスを高めて完成していたからです。

良かったものに手を入れてアップデートさせるってことは「あの時の方がよかった」と感じられそうでとても難しいことだと思いますが、そのチャレンジと完成度の高さから個人的にやらない訳にはいきませんでした。

 

 

ではIのストームコートの特徴からお話します。

ご覧の通りコートとライナーで一つのアウターになっているのがまず大きなポイントです。それぞれの取り外しが可能で単体で使用することできます。ですので季節に応じて3パターン、3シーズン(秋、冬、春)使い方、着方を選べます。

秋と春にはライナーをとってコートを。

真冬前の11月中旬頃はブルゾン単品で。

そして冬本番を迎えたらいよいよドッキングしていただければ寒い冬も越していただけます。

後ほどそれぞれの着用写真で確認していただきたいのですが、コートとライナー(もはやブルゾン)の1点1点の完成度が高いのでしっかりと単品使いができます。

コート自体も着丈がお尻が隠れるくらいのバランスなので、自転車も安心して乗っていただける長さです。またコートのパターンも大ぶりなサイズ感なのでインナーも選ばず着ていただけます。

ここまでが今までと変わらないIのストームコートの大きな特徴です。より詳しい詳細は昨年のこちらのブログでご覧ください。

 

 

そして大きく変わったのはコートの生地です。

これまで撥水仕様のナイロン地でしたが、防水性に優れた3レイヤーになりました。

主にアウトドアのレインウェアとして多く用いられる生地ですが、一枚の生地に見えながら、3層になっている素材の構造です。高い防水性に優れながら、ウエア内部にこもった湿気も外に逃してくれる透湿性も兼ね備えます。他にも耐久性があったりと、日常的に使う中でも嬉しい魅力が多い素材です。

ですので今回撥水→防水となり、より雨、雪の日にも耐えうる全天候に対応したストームコートになったわけです。

つまりこれまでのストームコートの利点だった着方の選択に加え、著しい環境の変化にもより対応できるようになり、年々季節の変わり目が分かりづらくなった今の時代にとても心強いアウターとしてパワーアップしています。

また個人的には3レイヤーになってもアウトドア感が全面に感じにくい生地感で、しっかりとタウンユースの目線で作られているのも気に入っています。

普段使いはもちろんですが、ビジネスシーンでも着られるコートですので現役世代が多い当店のお客様にはぜひおすすめしたい内容です。

 

ここまで色々とお伝えしましたが、実際の着用雰囲気をまとめましたのでご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

補足でお伝えすると、コートの首元にはフードが収納されているので、雨や雪が降ってきたらファスナーを開けて被ったら傘なしで過ごせちゃいます。またフロントのポケットも大きめなので財布、鍵、携帯の貴重品ともうちょっと荷物が収まるのでちょっと出かけるにも使いやすいと思います。

ちなみにサイズは2と3の2サイズ展開で、私西脇は168cmでサイズ2を着ています。173~4cm以上の方はサイズ3でいいと思います。

 

そして今回この3レイヤーの生地を使ったストームパンツもリリースされたのでご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

I
“STORM PANTS”
Color: BLACK
Size: 2 / 3
Price: ¥28,000-(¥30,800-tax in)

 

すっかり定着した「シャカパン」ですが、これまたとてもいいです。形も程よくゆとりのあるシルエットで、見え方もとてもいいので安心感ある仕上がりです。ウエストもゴムで履きやすく、裾にはスピンドルがあり絞れます。

これまでいくつかシャカパンをご紹介していたので今シーズンは抑えめにセレクトしていましたが、こちらは外せませんでした。

コートと一緒に合わせても格好良いですし、単体でもヘビロテしてもらえると思います。

着用サイズは178cmでサイズ3です。(画像はないですが私西脇は168cmでサイズ2です)

 

ライフスタイルショップの1LDKにピッタリなストームシリーズ。実用面とファッション性を兼ね備えた洋服をぜひたくさんの方に試していただきたいです。(コートは今回がラストチャンスになるかと…!)

オンラインの方も掲載しておりますので遠方の方もよろしくお願いします。

 

○お問い合わせ先

1LDK annex

〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉1-12-33
052-211-9546

info@1ldk-annex.jp

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

1LDK annex 西脇

1LDK annex Instagram

1LDK annex Twitter

IZUMIYA ONLINE STORE

October 24, 2022, 7:21 PM

Category: PICK UP

新時代のレザーウェア

 

IZUMIYA ONLINE STORE

『Remind for NAVY』

『Remind for NAVY 01』

『Remind for NAVY 02』

 

 

 

 

こんにちは。1LDK annexの三浦です。

 

今季のトレンドのひとつであるレザーウェア。取り入れるだけで今っぽく、小慣れて見えるアイテムで、注目している方も多いのではないでしょうか?

トレンドと言えど毎年この時期になると登場するレザージャケットは、もはや秋冬の定番アイテムです。

ただ、今までと大きく変わったのがレザー素材の新たなアプローチ。この時代のキーワードとなるのが「エコ」、「フェイク」。アパレル業界ではSDGsやエシカル消費のような動きが高まりつつあり、脱毛皮の動きなどもそうですが、大手メゾンやファッション業界を牽引するセレブの方々を含め、業界全体で環境に配慮した動きが広がり始めています。

 

 

エコ・フェイクレザーのメリットは環境問題における点だけではなく、実際に着用する私たちにとっても魅力たっぷりの素材です。リアルレザーと比べるとなんといっても手に届きやすい価格帯である事がまず購入するにあたって背中を押されるポイントではないでしょうか?

洋服好きであればリアルの良さは重々承知していますし、私も革靴や革小物が大好きです。

ですがやはり時代と共にファッションの流れも大きく変わり、もの作りの技術もどんどんレベルが上がっているので、10年前にはなかった高機能素材なんかも沢山目にする事も増えました。

レザーもその一つで、限りなく本物に近いクオリティで追及し続けられている素材です。

 

エコ・フェイクレザーは耐水性があるため汚れにくく、気兼ねなく使用いただけます。汚れてしまった場合のケアも簡単ですし、圧倒的に柔らかく軽いため着やすく、またレザー特有の匂いがないことや、動物愛護の観点からあえて選ぶ人が増えています。

こうした時代の流れから、自分自身の価値観も大きく変化した事で、こういった合皮のプロダクトにも興味を持つようになりました。

 

 

 

 

当店ですとあまり馴染みがなかったレザーウェアも今シーズンはメンズレディース共にチャレンジしていて、お客様の中にもジワジワと浸透しつつあるのかなと実感しています。

なかなか万人受けするアイテムではないかとは思いますが、まだチャレンジしたことのない方や少し苦手意識を持っている方にも興味を持っていただけると嬉しいなと思いますので、是非最後まで見てみてください。

 

 

COOME “ECHO LEATHER SHORT JACKET” ¥42,000-(¥46,200- tax in)(BLACK
COOME “ECHO LEATHER LONG JACKET” ¥52,000-(¥57,200- tax in)(BLACK

 

 

(スタッフ身長155cm)

 

 

レザーウェアをセレクトするにあたって大切にしたかったのは、ハードすぎないデザインと着こなしのイメージ。

私自身レザーを久しく着てこなかったので、どんな感じが今の気分なのか模索中でしたが、COOMEの展示会で出会ったこちらのジャケットは久々にビビッときた一着でした。

ショートとロングそれぞれ異なる2型ですが、今回リリースされたのは所謂カーコートのデザインで、この男臭さ満載のデザインがドンピシャで気分な感じ。

私はロングをゲットしました。

 

 

(CREDIT)(スタッフ身長155cm)

Nine Tailor “Cashmere Watch” ¥12,000-(¥13,200- tax in)(GRAY / サイズF)

 

 

なんとなくレザーといえば”ライダース”というイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、レザージャケットにもトレンドの波があり、着こなし方も何年か前と比べても大きく変化しています。

これまではタフさやハードさを生かした着こなしが多かったですが、今の流れは”脱こわもて”。カジュアルでライトなスタイリングがオススメです。

レザーウェアは小物と比べて辛口な印象が強く、ハードルが高いと思われがちなアイテムですが、合わせるアイテムによっては初心者の方でも日常的に使いこなせると思います。今の時期ですとカジュアルなロンTにサッと合わせることで、カジュアルダウンしながらもシティライクな装いに。
足元もスニーカーにすることでレザーが悪目立ちすることなく絶妙なバランスに仕上がります。

 

 

 

 

また、スポーティな着こなしが好きな方にプッシュしたいのがショート丈。着丈を極端に短くしているので、ボトムとの合わせがしやすいシルエットです。ワイドでハイウエストなパンツは必然とマッチしますし、着丈の長いマキシスカートやワンピースの上に羽織っても可愛いです。

 

 

 

 

全身で異素材ミックスが楽しめるので、もう少しグッと気温が下がってきたら、カシミヤニットと贅沢に合わせるのもいいですし、コーデュロイやウールのスラックスなんかと合わせて着たいなと思っています。
艶々のレザーと柔らかなのニットとの合わせはこれからの季節のテッパンコーディネートです。

カラーものとの相性も抜群なので、色物で遊ぶのもオススメです。

 

 

(CREDIT)(スタッフ身長155cm)

YLEVE “COTTON CORDUROY TR” ¥35,000-(¥38,500- tax in)(PINK/サイズ0)

 

 

MY__ “WASHABLE FAKE LAMBSKIN EASY PANTS” ¥22,000-(¥24,200- tax in)(BLACK

 

 

今シーズンはジャケットに加えてもう一つ、レザーパンツもセレクトしています。

こちらは昨年も展開していたMYのフェイクレザーパンツです。
ジャケットに比べると若干気軽に取り入れられるアイテムではないかなと思います。

 

 

 

 

ストレッチの効いた素材で、ウエストにはドローコードを備えたイージー仕様。レザーパンツ特有の窮屈さは一切ありません。
また生地の裏は微起毛しており、ウォーム感のあるはき心地も魅力です。

 

 

このパンツの最大の特徴は、水洗い・ドライクリーニングの可能なレザーというところ。

やはりレザーを着る上で普段のお手入れに気を使わなければと不安に思われる方も多いと思いますが、ご自宅で洗濯ができるとなるとハードルは一気に下がる気がします。

雨の日なんかも気にせずはけてしまうのも嬉しいポイントです。

 

 

(CREDIT)

YOKE “IRREGULAR KNITTED CREWNECK SWEATER” ¥42,000-(¥46,200- tax in)(YELLOW/サイズ2)

 

 

最後にエコレザーとフェイクレザーに関してご説明をしておきます。

呼び名の異なるエコレザーとフェイクレザーは特性も異なります。

エコレザーは、本革の切れ端と天然素材の樹脂を混ぜて作られる革のことを言います。本革の切れ端を再利用した天然素材の革です。エコレザーは製造から輸送、販売、再利用までの全ての行程で環境負荷を減らし自然に影響が及ぼさないように生産されていたりとその名の通りエコな素材。

フェイクレザーは人工の合成皮革のことを言います。ぱっと見違いが分かりづらいですが、特性が違えばお手入れの仕方も異なるのでこちらは予めご注意ください。

先程、MYのパンツは水洗い可能とご説明しましたが、COOMEのエコレザーは水洗い不可です。
リアルレザーと同様に日常的に天然ブラシで汚れを落とし、1ヵ月に1回を目安にオイルやクリームを少量ずつ塗り込むケアをしてあげると長持ちするそうですなので、気が向いた時にお手入れをしてあげてください。

とは言え、本革よりも圧倒的にお手入れは簡単なのでご安心を。

 

10月に入ってからは気温が下がってくれたので、外出時に沢山活躍してくれるようになりました。
久々にレザーの着こなしを色々と考えるのが楽しいです。

冬に向けて皆様色々とお洋服の準備をしている頃だと思いますので、今季はレザーアイテムも一つの選択肢に入れていただけると嬉しいです。

秋冬に出番が増えるニットやフリースなど、異素材ウエアとの相性も抜群ですので、是非旬な着こなしを楽しんでみてください。

 

 

○お問い合わせ先

1LDK annex

〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉1-12-33
052-211-9546

info@1ldk-annex.jp

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

1LDK annex 三浦

1LDK annex Instagram

1LDK annex Twitter

IZUMIYA ONLINE STORE

October 15, 2022, 4:59 PM

Category: PICK UP

UNIVERSAL PRODUCTS. for 1LDK annex

IZUMIYA ONLINE STORE

『Remind for NAVY』

『Remind for NAVY 01』

『Remind for NAVY 02』

 

こんにちは。1LDK annexの金澤です。

 

annexに入社して1年8ヶ月。

月日が経つのが本当に早い。まだまだ未熟で力不足ですが、わざわざ会いに話を聞きに来てくださるお客さんには頭が上がりません。いつも本当にありがとうございます。

今日は何についてのブログかと言いますと、UNIVERSAL PRODUCTS.に人生一発目の別注を製作していただきました。

ブランドの来季のオーダーの際には、店長西脇のバイイングを横で見て勉強させてもらっているのですが、恐縮ながらこのアイテムで自分だったらこの色欲しいな〜みたいなことがあるわけです。

その旨を店長西脇に伝えると、「ブランドにその意見が通るかは分からないし、生地があるかどうかにもよるけどやってみる?」

唐突に投げかけられたチャンスボールに一瞬思考が止まりましたが、そりゃやりますよね。やってみたい。やらせてください!と即答しました。

それが半年前の春頃の話なのですが、無事ブランド側の承諾もいただいて思い描いた生地もあるということで製作に至りました。

あれから約半年。完成したアイテムがこちらです。

 

 

元々インラインに存在するニットをベースにパープルで別注をお願いしました。

そもそもインラインではグレーブラックの2色がありannexでもセレクトはしているのですが、その時は漠然とこのニットだったら他の色もあったらかわいいな〜と思っていたんです。

それで先ほどの話に戻って、自分が着るなら何色が着たいか。

パープルのニットって今までに買って来たことがなくて、その理由がやっぱり色のインパクトが強すぎて合わせに苦労するのと、ピンとくるアイテムに出会えてこなかったというのが一番で、、、

前提としてパープルは昔っから好きな色だったので、Tシャツだったりシャツ、パンツは持っているんですけど、ニットだけ唯一なかったんですよね、、

それで今回既存のアイテムでパープルで作りたかったのは、いい塩梅の甘いボーダーでニットが作られていたので、ここに辛口のパープルを差し込んだら今までの自分が気にしていたポイントは解消されると思い製作をお願いしました。

ただパープルと一口に言っても色の濃淡は幅広く、どれくらいの塩梅がいいかひたすら調べまくっていたら、90年代の○ルエルビーンの色で少し褪せたような乾いたパープルが今の気分にバチっとハマったのでそれで進行していただきました。

加えて小さい頃から野球をやってきたからか肩幅があって、特にニットを着ると肩部分の生地が張るのが嫌で極力体のラインを拾いにくいラグランスリーブのものを選ぶようにしているのですが、そこのコンプレックスもクリアするパターンだったので、僕にとってドンピシャのアイテムでした。

そんな経緯があって出来上がったのが今回のニットになります。

 

いつも通りスタイリングのご紹介をしても味気ないので、本日は僕の1日の流れをシーン毎にスタイリングを変えながらご紹介していこうと思います。

それではまず1シーン目。「出勤前の朝の公園でブレイクタイム」

178cm / Size 3

 

コーヒーもアイスからホットの季節になりましたね。もう寒い。
気持ちのいい風を浴びながら出勤前に一日の流れをコーヒーを飲みながら考えます。

まずはニットを主役に白パンでスタイリングを組みました。全体的に丸っこいシルエットのこのニットは程よくゆったりなサイジングに仕上がっています。

素材はメリノウール。皆さんも一度は聞いたことがある名前ではないでしょうか?調べてみると、日本で輸入される羊毛のうち約80%近くがこのメリノウールだそうです。

この素材を使って7ゲージで編み立てられた今回のニットは肌当たりが柔らくしっとりとしています。また、突っ張るようなハリ感はなく嫌な締め付けがないのも嬉しいポイント。

ブログ冒頭のビジュアル写真でお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、ぱっと見はシンプルなボーダーのニットなのですが、ボーダーの縫い目が身頃からアームにかけて綺麗につなぎ合わさっているんです。

だからなんだってポイントかもしれませんが、こういう気遣いがユニバーサルらしい日常使いに寄り添った普通すぎない雰囲気を演出しているように感じます。

 

さて、そろそろ出勤です。2シーン目。「ニットを差し色に」

 

これからの季節ニットはほぼ毎日のように着る訳ですが、最近のアウターしかりニットもそれ単体で完結してしまうほど暖かいものが増えてきているように感じます。

もちろん何も考えず1枚でパッと外に出かけたい時なんかは重宝するのですが、洋服屋である以上テンションあげておしゃれをしたいタイミングもあったりして。

レイヤードは秋冬の、洋服好きの醍醐味だと思いますが、ハイゲージの薄ニットを除いてニットでレイヤードってかさ張るし意外に難しかったりするんですよね。

なので、このスタイリングみたいに何気なくニットの上からシャツやライトアウターでレイヤードできるのは個人的にはすごく好きなポイントで。シャツの間からボーダーをちら見せさせて、袖は2ロール。

これくらいのバランスで着てあげると、パープルに抵抗がある方でも挑戦しやすいかもしれません。

着たことがない洋服なんて腐るほどありますが、なんだ。案外着てみるとイケるじゃん。なんてことはザラに起こるので一度先入観を捨てて洋服を、合わせ方を楽しんでみてほしいです。

 

さて、そろそろお店もオープン。

 

当日はこんな風に魅力をお伝えしていきますね。めちゃくちゃお話するので受け止めに来てください。笑

ユニバーサルプロダクツは普通でなんてことないのに、これいいな。って思える温度感の洋服を作り続けているブランドだと思っていて、ディテールだったりパターンも着合わせがしにくいものは少ないと思うので、いま持っている洋服とのマッチングはピカイチです。安心して着てみてください。

 

最後に、店長西脇、スタッフ三浦にも着用してもらったのでSize 2のバランス感をご覧下さい。

左:168cm/Size 2, 右:155cm/Size 2

 

168cmの店長西脇で程よくゆとりのあるシルエット。また155cmのスタッフ三浦でこのバランス感なので、抜け感を出してゆるっと女性が着るのも可愛いと思います。

 

今回別注を掛けさせていただくにあたって、「いま自分は何を着たいのか。何をお客さんに伝えたいか。」
これをいまの現時点で出来る自分のスキルをつぎ込んだつもりです。

こんな話この場でお伝えすることではないのかもしれませんが、情報だけが先行するいまの時代、自分主導ではなく他者との比較。知識の一人歩き。溢れる情報を取捨選択しないと溺れるようなツールの数々。

最近よく思いますが、便利になりすぎてものすごく窮屈です。

僕はこの別注を通して自分のやりたいことをシンプルに自分の言葉で伝えたいと思っています。

だからこそ僕自身もそうですがみなさんもあまり手に取ってこなかったであろうパープルというカラーリングで初めての別注に挑みたかったんです。

着たことがない洋服を買う時に不安を感じるのは当たり前のことだと思います。ただ、それを前向きに挑戦したいと思えるかどうか。

洋服はたのしい。洋服を買う時なんてこの気持ちだけで十分です。

この別注を通して、このブログを通して、みなさんに伝える準備はできました。

あとは当日10/15(土)に店頭でお話ししましょう。よろしくお願いします!

 

 

2022年10月15日(土)発売

< UNIVERSAL PRODUCTS. for 1LDK annex >

“MERINO WOOL BORDER CREW NECK KNIT”

Color : PURPLE

Size : 2 / 3

Price : ¥26,000- (¥28,600-tax in)

 

※こちらのアイテムは1LDK annexのみのお取り扱いとなります。

※店頭・IZUMIYA ONLINE STORE共に13時より同時発売します。(尚店頭とオンラインで注文の入れ違いが発生して完売した場合キャンセルさせていただくこともございます。予めご了承ください。)

 

 

 

○お問い合わせ先

1LDK annex

〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉1-12-33
052-211-9546

info@1ldk-annex.jp

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

1LDK annex 金澤

1LDK annex Instagram

1LDK annex Twitter

IZUMIYA ONLINE STORE

 

October 12, 2022, 7:00 PM

Category: PICK UP

refomed POP-UP @1LDK annex

IZUMIYA ONLINE STORE

『Remind for NAVY』

『Remind for NAVY 01』

『Remind for NAVY 02』

 

 

こんにちは。1LDK annexの西脇です。

今シーズンよりお取り扱いをスタートした「refomed(リフォメッド)」。
(初めてという方はこちらのブログをご覧ください)

今週末10月15日(土)から17日(月)の3日間refomedのポップアップショップを名古屋annexで開催します。

早くもたくさんの方から注目していただいているrefomedですがお陰様で今シーズンセレクトしたメニューもほとんど完売。annexのお客様からも良いリアクションをいただいているのでとても嬉しいです。

もっとrefomedを東海地方のお客様にも知ってもらいたいと思い、デザイナーの安藤氏にイベントをお願いさせていただきました。そして彼からも「ぜひやりたいです!!」と言っていただけたので開催が決定。

このイベントではポップアップの3日間でしか買えない限定アイテムや今シーズン既に完売しているメニューも特別に持っていただけるのでとても見応えがあるラインナップで用意しています。期間中デザイナーの安藤氏もannexの店頭に立っていただけるので直接色々とお話も聞いていただけますし、洋服も選んでいただけます。ただ安藤氏が店頭に立つ時間が流動的になりますので、annexの在店時間をまとめましたので直接お話したい方は以下の時間にご来店ください。

 

【デザイナー安藤氏在店時間】

10月15日(土曜日) 13:00~16:30

10月16日(日曜日)15:30~19:00

10月17日(月曜日)13:00~16:30

( 1LDK annex 営業時間 13:00~19:00 )

 

今回のイベントで1点注意事項があります。イベント中展開する商品は全て店頭販売のみとさせていただきます。遠方の方には申し訳ありませんが、店頭で実際に洋服を見ていただきたいので今回はこのような形にさせていただきました。電話やメールでのお取り置き、通信販売もお断りさせていただきます。(イベント後annexでセレクトしている商品は在庫があればオンライン販売します。)

 

そしてイベント前に僕から安藤氏に7つの質問をしました。改めてみると質問攻めに…。気になっていたお話を聞けたので予習がてらぜひご覧ください。

 

-今回のイベント前に皆さんにrefomedと安藤さんのことを知っていただけたらなと思い、いくつか質問させてください。まずは安藤さんの自己紹介からお願いします。

(安藤)はじめまして。refomedデザイナーの安藤です。1997年生まれ、千葉県出身です。今回、西脇さんからご連絡頂き、”refomed”の事、僕自身の事を少しだけお話しさせて頂ければと思います。宜しくお願いします。

-ブランドを始めようとしたきっかけは?

(安藤)元々小学生の頃から洋服が好きで、お年玉を握りしめて両親と買い物に出たりしていました。誕生日プレゼントがアウターや靴などの年が何度もあり、今は実家に眠っています。サンタさんに手紙を書いてお願いした事もありました笑 もちろん、ゲームや運動(野球)も好きだったのですが、【ゲーム<野球<洋服】と言う感じでした。好きから”作りたい”に移ったきっかけは、家業でもある”左官”というお仕事からです。少しニッチな職業で聞いたことがない方もいるかと思うのですが、簡単に言うとコテという道具を使い壁を塗るお仕事です。幼い頃から目で見たり肌で感じていた職業で、物作りをする上ではかなり影響を受けています。僕も実際に千葉県で職人として働いていた中で洋服も作りたいと思い東京の専門学校に入学をしブランドを始めたいと思いました。この経験を元に1番大切にしていることは1つ、1つに作る意味があることで、一言で済ませられない物作りを心がけています。

-refomedについて教えてください

(安藤)僕自身が幼い頃から現在に至るまで経験した事や見てきたものを毎シーズン、テーマを設けて製作しています。左官屋として長い間着用していた”作業着”をベースに思い出や感じたことを1つ1つの服に変えています。下げ札などもその経験を活かし僕自身で一点一点手作業で塗り洋服につけています。一言でいうと僕の全て、と言うのが正しいのかもしれません、、笑

-refomedの洋服の特徴、特に注目してみていただきたいアイテム、ディテールなどのお話があれば教えてください。

(安藤)まずはサイズ感と独特なパターンが特徴的だと思います。作業着(ニッカポッカなど)が大きく作られている理由として”危険察知”の意味が込められていたりするのですが、オーバーサイズのファッションが流行する前から大きい服には慣れていた為、昔も今も自分が着てしっくりくるサイズ感に仕上げています。それによってその日のスタイリングのメインになる服作りというところはかなり心がけています。全身ほぼ古着に合わせてもなぜかメインになる。そんな感じです、、独特なパターンは元々、学生時代からインターンとしてお手伝いしていたブランドの影響があるかと思います。ディテールは直接お話ししたい箇所が何個もあり、今回のPOP-UPではそれが可能になる為、すごく楽しみです。注目アイテムは実家の作業着クローゼットから出てきたアイテムから発想を得た物です。これも実際にお話しできればと思っています。

-22AWのコレクションの見どころやこだわったポイント

(安藤)まず、ビジュアルがとにかく良いです。映像を専門学生の頃から撮って頂いている映像監督の”ハマダアスヤ”さんのご紹介で21SSからスタイリストの”ナカタユウジ”さんにstyling & directionをお願いすることになり、自身のクリエイションにもかなり影響を受けていました。その中で2回目のシーズンとなり、プライベートから「どんなビジュアルにしようか」など、お話しする機会が増え、とても素敵なビジュアルができたコレクションになりました。

・direction & styling
@yujililynakata

・movie
@28asuya

・photographer
@teruohorikoshi

・hair
make@taeko_suda

また、プロップは実際に壁を塗り、それに使用した工具を置くこともあれば、、倉庫の廃材で物を作るなど、全て僕自身が制作しています。アイテムで言うと、本来なら日常着としてはいらない”ディテール”やあまり気付かれることが少ないのですが”商品名”生地感など、僕自身も好きな古着からインスピレーションを受けた物も中にはあります。こちらも直接お話しさせて下さい。

-これからどんなチャレンジをしていきたいですか?

(安藤)再度、ブランドの軸でもある作業現場に行き新しいことを感じたいと思っています。今は左官職人というよりデザイナーという違う目線で感じれる事もたくさんあると思うので、少しだけ角度を変えたインプットが次のチャレンジかと思っています。また、職人達のスタイリングや着方、カラーリングなどはいい加減ながらとても面白いです、、sns等で情報収集ができる便利な世の中も、もちろん好きなのですが、実際に足を運び肌で感じることは今後も大切にしていきたいです。

-最後に名古屋、annexのお客様へPOP-UPへの意気込みやメッセージがあればお願いします。

(安藤)長々と僕のお話を読んで頂きありがとうございました笑 実は名古屋はプライベートでもお仕事でも中々訪れる機会が少なく、未知な部分がたくさんです笑 西脇さんとは良くお電話などさせて頂いているのですが、僕自身、refomedも含め、文章だと伝え辛いパーソナルな話がたくさんあります笑そこも含めてご一緒に楽しめたらと思います!体も心も諸々仕上げて参りますので3日間宜しくお願い致します!笑

 

 

イベントで展開する商品の詳細等はannexのインスタアカウントにてご紹介していきます。

引き続きチェックの方よろしくお願いします!!

 

○お問い合わせ先

1LDK annex

〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉1-12-33
052-211-9546

info@1ldk-annex.jp

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

1LDK annex 西脇

1LDK annex Instagram

1LDK annex Twitter

IZUMIYA ONLINE STORE

October 11, 2022, 7:00 PM

Category: PICK UP