1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

REEL Pop-up store in 1LDK AOYAMA HOTEL

 

いつもと違った視点で。

寒波到来。

七つのbagjack。

私の「お気に入り」と...

フワフワの小物

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

 

“REEL(リール)”

 

2018年よりスタートした、革小物を中心としたブランド。

REEL = 巻き取る

その時々の時代背景を巻き取り、革で形にしていきたい良いう思いから発足。

男女隔てなく日常に馴染むミニマルなデザインに拘り、裁断、縫製、仕上げの全行程をアトリエにて行っています。

 

 

“REEL Pop-up store”

in 1LDK AOYAMA HOTEL

12/7(Sat) – 12/25(Wed)

 

 

個人的に約1年ほど使用してきた、キーケースとロングウォレット。

今ではだいぶ良い感じになってきました。

祐天寺のアトリエを拝見させてからというもの、作り手の宗片さんとも世間的な話をさせていただくようになり、実際にここから生まれているんだなぁと生々しくもリアルな感じでこの革小物に触れていた頃を思い出します。

 

財布を新調しようとしたそのタイミングに、僕は踏ん切りをつけました。

実際に親身になって一緒に悩んでくれるデザイナーの宗片さん、そして当時取り扱いのある”feets”ショップマネージャーの阿部さんがそばにいました。そんな見守ってくれる環境もなんだか安心して決められるものです。

 

なんと言っても一つ一つの思い入れ、さらにはハンドにより時間をかけてゆっくりと生み出される丁寧なプロダクト。

期待以上のコストパフォーマンス。

 

 

REELの革について少し。

イタリアのテンペスティ社の革を使用。

テンペスティ社 = 数多くのタンナーが集まる植物なめしの生誕地と言われるトスカーナ地方のサンクローチェにある老舗のタンナー

環境保護に配慮し、家具や紙を製造する為の木材の余剰物から抽出した100%の植物由来の原材料の身をなめし剤に。原皮も食肉加工の家庭から生まれるものを使用。

使い込むほど、それは時間が経過することで気づかないうちにエイジングが加わっている証拠でもあります。

 

 

元来人間が必要しているもの、これはどこから生まれ、人の手に渡り、愛用され、役に立っていくのか。そんな抽象的なことですが、一時でも考えさせてくれる、奥の深さも感じさせてくれます。

もともと宗片さん一人で製作している為、途方も無い労力が。それに伴い、大量に生み出されるものでもない為、一点の重みも明らかです。

今回は無理言ってこれだけのラインナップをご用意していただきました。

本当にありがとうございます。

 

 

期間は2週間弱と少し余裕がありますが、お時間の許す限りゆっくりと悩まれて見てください。商品の詳細は追ってたっぷりとご紹介していきます。

「あの人にあげたいなぁ。」なんて考える時間も楽しいです。

これだけの品揃えなので、自分自身も追加したい欲がじわじわと。

 

 

毎日肌身離さず使うものだから、少しでも拘りたい。

そんな願望を叶えてくれる”REEL”。

ぜひ手に取ってみてください。

 

※REEL Pop-up storeは、1LDK AOYAMA HOTELにて明日12/7(Sat)〜12/25(Wed)の期間中のみの開催となります。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

December 6, 2019, 10:04 PM

Category: Blog News Pick Up Sakakibara