1LDK AOYAMA

SHOP INFO

THEME: Kobayashi

青山店でもHEREUを。

自分なりの解釈で

ビスポークの世界を身近に 

Jewelryが楽しくなる季節 

夏の主役に 

私の憧れ 

探し求めていたハズせるTシャツ達。

 

 

こんにちは。
1LDK AOYAMAの小林です。

最近急にブログ更新頻度が上がっている青山店です。時期によってムラがありますが、程よくお付き合い頂ければ嬉しいです、、

それはさて置き、スニーカー派か革靴派か?と聞かれると断然革靴派な小林です。特にここ最近は。

青山店のレザーシューズブランドだとpost productionとpremio gordoの二大巨塔。どちらも違いはあれど国内の本格派。僕たちのスタイルを足元から支えてくれている半端じゃない信頼感があります。

オールシーズン対応のローファー系ポジションは上記2ブランドががっちり脇を固めているので、ここでご提案させて頂くのは初夏〜真夏にかけて履ける革靴。

所謂グルカサンダル系になってくるんですが、信頼できるバックボーンがありながら、新鮮味があるモノとなると中々いいものに出会えずモヤモヤしていたのですが、去年の夏にようやく出会いました。

 

HEREU

2014年にスペインはバルセロナで設立されたシューズ&バックブランド。

ブランド名の由来は現地で使用されるカタルーニャ語で「相続人」を意味する”heir”からきており、代々受け継がれてきた伝統的な技術、手法を守りながら現代的なアプローチを取り入れ質の高いブロダクトを作成しています。

ブランド概要はざっとこんな感じですが、過去に他店のブログでご紹介しているはずなのでここはサラッと。

グルカサンダルの代表格となるとやはりparabootsのpacific。フランスメイドにも関わらずこのご時世アンダー5万は流石の一言。しかし、名品だけに他社様でも広く展開しておりウチでやる意味があるのか?という疑問と直営店が徒歩5分圏内という立地もありやむなくパス。

また、過去に1LDKでも展開していたジャコメッティのグルカも言わずと知れた名作。エキゾチックレザーをのせたアッパーは魅力的で一時期自分も買おうか悩んでいました。

今回ご提案させていただくのはフランスでもなければ、イタリアでもないスペインのブランド。

HEREUは実は1LDKではレディースで数シーズン前から取り扱いが始まっており、知ってはいたもののレディースブランドというイメージが強かったので完全にノーマークでした。。

しかし、実際に展示会に足を運びコレクションを見て、まずはラインナップの多さに驚きました。

革小物全般を製作しているブランドというだけあって、シューズはもちろんバック類もかなりの種類がありました。

 

PESCA

COL: BLACK / CAMEL

SIZE: 41 / 42 / 43

¥81,400 TAX IN

メンズシューズ類に関してもかなりの種類。マニアックでHEREUならではのモデルもありましたが、まずは定番のモデルをという事でこちらをセレクト。

しっかりと「THE グルカ感」がありながらも、アッパーのカットディテール、素材チョイス、ソールなど今まで見てきたブランドには似ているようで非なる出で立ち。クラフトマンシップとアイデンティティーを感じながらもどこか力の抜けた飾らない雰囲気も併せもった絶妙な塩梅。

それはきっとスペインのバルセロナという地中海の開放的な土地柄と家族経営のファクトリーで今も尚貴重な技術を受け継ぎながら作り続けているからこそ。

プライスもパラブーツとジャコメッティの中間くらい。インポートで工程の大半がハンドメイドでこのプライスはかなりコストパフォーマンスが良いと言っても過言ではありません。

 

コーディネートも幅広く、デニムからショーツまで対応します。

もう少し暖かくなれば素足で。春から初夏あたりはカラーソックスで楽しみましょう。

定番のローファーもいいですが、グルカ特有の露出範囲が広がり、足元に軽さが出るのがなんとも季節感が出ていいですね。

CORAIA

COL: BLACK

SIZE: 37 

¥77,000 TAX IN

 

ここからはレディースを私、森からご紹介いたします。

私自身、今まではsalomonやadidasなどのスニーカーを履くことが圧倒的に多かったのですが、1LDK AOYAMAに異動して早2年。

スタッフ小林をはじめ革靴を主要としたお洋服のセレクト、お店の雰囲気から必然と革靴に触れる機会も増えましたし、私自身スタイルがいい意味で変わったというか革靴を取り入れることでスラックスなど今まで履いてこなかったパンツにも挑戦する様に。

まずは最初に購入したのは当店でも取り扱いのあるpost  productionのローファーだったのですが、マニッシュな雰囲気からより女性らしいものも合わせたいと、どんどん革靴への欲が出てきました。

そんな時に出会ったのがHEREU。
ちょうどレザーサンダルを探していた昨年の夏のこと。

1LDK apartments.で取り扱いをしていて。

実際に店頭で見て、一目惚れ。

女性らしいフェミニンさ、他にはない洗練されたシンプルながらキャッチーなデザインに惹かれてサンダルを購入しました。

そこで実際に履いていくうちにHEREUの虜になり、1LDK AOYAMAでも始めたい!と今期からスタートさせて頂くことに。

記念すべき取り扱い最初のアイテムは、HEREUといえばの定番型のローファーやグルカサンダルではなく新型のミュールサンダル。

こちらも単純にデザインに惹かれたのでが、トゥが出るサンダルって履ける期間が短いことに昨年気づき、今年は長く履けて春夏を楽しめるアイテムというのを重視してセレクト。

スパニッシュカーフレザーを職人が丁寧にクロス状に編み立てたなんともアイコニックなフォルムが本当にツボです。

ワンピースやスカートなど綺麗目なアイテムにはもちろん合います。結婚式や大事なお食事の時にも活躍してくれる。

また今回私がやりたかったのが、デニムとの合わせ。

シンプルでマニッシュなスタイリングに、このミュールを合わせるだけで一気に女性らしさが出るというか、外す感じがとても可愛いです。

またレングスが長いパンツと合わせても程よくボリュームのあるスクエアトゥがいいアクセントになる。

最近はこのギャップあるスタイリングがとても気分。

普段の格好は同じでも足元をスニーカーからレザーに変えるだけで違った印象になるので、この夏是非取り入れて楽しんでいただきたい1足です。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目47-11
青山学院アスタジオ 1F

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/1LDK Stand

1LDK AOYAMA 小林

May 9, 2024, 7:40 PM

Category: Blog Kobayashi Mori

探し求めていたハズせるTシャツ達。

自分なりの解釈で

ビスポークの世界を身近に 

KANEMASA PHIL. for 1LDK 

Jewelryが楽しくなる季節 

夏の主役に 

私の憧れ 

こんにちは。
1LDK AOYAMAの小林です。

長いようであっという間だったGWも終わり、今週からゆったりとした時間が流れている青山店。

そろそろカットソーが気になる時期、今シーズンのカットソーは例年に比べ古着テイストのデザイン物を多くバイイングしました。

1LDKのイメージで言うと、質の良い無地TEEやボーダーTEEが初夏〜真夏は主力商品になりラインナップも多めに展開するのですが、去年のちょうど初夏頃にテーラードJKやシャツJK、シャツのインナーに古着テイストのカットソーを合せたい欲がすごく古着屋を探し回っていたので、24SSはプリント物を多く仕入れようと決めてました。

良い意味で1LDKっぽくない意外性のあるラインナップになったかと思うので、皆さんにも新鮮なご提案ができるのを楽しみにしています。

本日紹介するのはその1つ。

STUDIO WEAREALLANIMALS

インディペンデントEコマース及びデザインレーベル【WEAREALLANIMALS】によりスタートしたファッションレーベル【STUDIO WEAREALLANIMALS(スタジオ・ウィーアーオールアニマルズ)】

コレクションは70~90年代のファッション・音楽・アートなどのカルチャーからインスパイアされているも物が多く、”Retrieval and Transposition”(検索と置き換え)というコンセプトの元、すべての商品を単なる洋服としてではなく”作品”と捉え、様々な過去のカルチャーをリスペクトし、そこに現代的なエッセンスを織り交ぜた商品を提案しているブランドです。

Animals Letter T-Shirts

COL: BLACK / WHITE

SIZE: M / L / XL

¥9,900 TAX IN

ブランドのシグニチャー的なデザイン。フォントとカラフルなレター配色がどことなくレトロな雰囲気とセンスを感じさせる1着。

様々ある中、個人的にも一押しのデザイン。まさにテーラードのハズしとして使いたいやつ。

デザインのインスピレーションとなったのは、言わずと知れたapple社が1986年にアパレルコレクションを発表した際にリリースしたデザイン。

こちらが実際86年にリリースされたapple社のカタログ画像。

後にも先にもアパレルコレクションを発表したのはこの年だけだそうで、ここをピンポイントでディグルのは流石の一言。

ジョブズよろしく、着るだけでちょっぴりクリエイティブな人間になれる気がするのは僕だけではないはず笑

Cat Logo T-Shirts

COL: WHITE

SIZE: M / L 

¥9,900 TAX IN

 

こちらは個人的に刺さったデザイン。ぱっと見で元ネタがわかった方は割と野球好きな人でしょう。

なんとなく見覚えがある人も多いのではと思うのですが、正解はMLB(メジャーリーグの公式ロゴ。アニマルズだけに人のシルエットから猫のシルエットになっています。

今シーズンはドジャースの大谷、山本はもちろん、多くの日本人プレーヤーが活躍しているニュースを見るのが毎日のささやかな楽しみでもあります。

これを着てドジャースタジアムに行けたなら、、

Everyone T-Shirts

COL: WHITE

SIZE: M / L 

¥9,900 TAX IN

 

こちらはブランド名の通り、全員大集合的なデザイン。

イラストはヴィンテージのポストカードが元ネタだそうです。

This is Now T-Shirts

COL: BLACK

SIZE: M / L 

¥9,900 TAX IN

こちらは90年代に活躍したハードコア・パンクバンド”FUGAZI”のバンドTシャツが元ネタになったデザイン。

あまりパンクバンドやミュージックカルチャーは詳しい方ではなく、恥ずかしながらFUGAZIは全く知らなかったのですが、「this is not t-shit」というトンチみたいなメッセージがハマったのと、シンプルにデザインでチョイスしました。

Sports Logo T-Shirts

COL: BLACK

SIZE: M / L 

¥9,900 TAX IN

最後はアメリカのスポーツ放送局ESPNのロゴがモチーフになった一枚。

どうやら今回のコレクションはスポーツ関連のロゴをフィーチャーしているようで、企業ロゴ系に目がない自分はセレクトせざるを得なかったアイテム。

ありがたい事に既に好評でサイズ欠けしていますが、ピンっと来たらポチって見てください。

Tシャツ一枚がメインになるのも、もうすぐそこ。定番の無地やボーダーもいいですが、友人から何それ?と突っ込またり、知っている人からクスッと微笑リアクションをもらったり、コミュニケーションのきっかけになるデザインTを今年はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目47-11
青山学院アスタジオ 1F

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/1LDK Stand

1LDK AOYAMA 小林

May 7, 2024, 5:12 PM

Category: Blog Kobayashi

KANEMASA PHIL. for 1LDK

???なスケルトン

季節を楽しむハット 

春夏の身支度に 

最後の仕上げに

自分なりの解釈で

ビスポークの世界を身近に 

 

こんにちは。
1LDK AOYAMAの小林です。

「男性でも嫌味なく着れる大人顔のシアーシャツ」をここ1,2年探していました。

レディースでは春夏の定番的なアイテムで、透け感がありいかにも涼しげなシアーシャツ。

ジェンダーレスなスタイル、アイテムが市民権を得つつある昨今、レディースにラインナップされているシアーシャツをメンズでもリリースされないかな、、と指を加えて眺めていました、、

ですがレディースアイテムをそのまま着てみてもフェミニンに寄り過ぎていたり、刺繍モノで主張があり過ぎたりと中々ピンっとくるものに出会えず二の足を踏んでいましたが、去年の夏KANEMASA PHIL.の展示会に伺ったところ遂に「ちょうど良い」ものに出会いました。

KANEMASA PHIL. for 1LDK

“46G Artisan Jersey shirt”

COL: NAVY

SIZE: S / M / L

¥28,600 TAX IN

 

KANEMASAといえば、お家芸とも言えるスーパーハイゲージニットを使用したストライプやソリッドカラーのシャツが有名ですが、今回は満を辞してリリースされた新型がまさしくシアー感のあるシャツでした。

定番のシャツとは素材もシルエットも異なり、品名の「Artisan」からもわかる通り、素材から縫製、染め工程まで職人技が詰め込まれた1着。

そんなシャツを1LDKのキーカラーでもあるネイビーで別注しました。

シアーと言っても透け過ぎない絶妙なライン。しっかりシアーな雰囲気を感じながらもいつものベーシックなスタイルに落とし込める。そこを狙ってやや濃いめのネイビーを選びました。

まずは素材。ブランドオリジナルの透け感のある46Gスーパーハイゲージニットに塩縮加工を施します。

ちなみにナイロンのような化繊系や布帛のシャツ生地などに要いられるシワ加工なんですが、ニット生地で塩縮加工を施す事はほぼないそうです。というか、おそらく出来るのはKANEMASA PHIL.だけだろうと、、

なぜなら加工に生地が耐えられず、やぶれやほつれなどが出てしまい製品として成立しないそうで、ニット生地でやろうとは誰も思わない工程で試作段階ではかなり苦戦したそうです。

縫製に関してはいつも通りの、巻き伏せ縫い、細かい運針、貝蝶ボタンなどドレスシャツのディテールを採用しています。(いつも通りとは言いつつ、このシワ加工+シアー感のあるシャツに当然の如くドレス要素を入れ込むのは相当マニアックです、、)

続いて染め加工。

シワのある生地を均等に発色良く染めるのは至難の技なのですが、こちらも特殊な染め加工、テクニックを要いる事でそのハードルをクリア。

仕上げも通常ならまとめてタンブラー乾燥で仕上げるところを、一点一点職人が自然乾燥を行う事でシワの風合いが生きたまま仕上がるんだそうです。

そして最後は裾、袖、ポケットの切りっぱなしやヨーク、カフスのギャザーなどこだわりが詰まったまさにアルチザンなシャツ。

ジェンダーレスでニュートラルな生地、ドレスシャツの縫製、アルチザンなディテール、そのどれもがバランス良く調和しており全体で見るとシンプルなシアーシャツにまとまっているわけです。


size: L / 180cm

空気を含んだフワッとした感じやハイゲージニットならではのドレープ感を楽しめるくらいの余白があるサイズ感選びがオススメです。

ちなみに今回はレディースの方々にも試してほしいという事もあり、インラインでは展開していないSサイズも特別に少量作っています。

今週末からGW、シャツ一枚で出かけられる時期もすぐそこ。

夏はショーツにタンクトップの上からバサッと、Tシャツにタスキ掛けスタイルなんかも良さそうです。

来たるシャツが主役の季節、ワードローブに大人顔のシアーシャツを加えて見てはいかがでしょうか。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目47-11
青山学院アスタジオ 1F

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/1LDK Stand

1LDK AOYAMA 小林

April 24, 2024, 6:33 PM

Category: Blog Kobayashi

ビスポークの世界を身近に

 

???なスケルトン

季節を楽しむハット 

春夏の身支度に 

最後の仕上げに

自分なりの解釈で

 

こんにちは。
1LDK AOYAMAの小林です。

去年あたりからクラフトマンシップが感じられる丁寧に仕立てられたスラックスをちゃんと履きたいという原点回帰の流れもあり、今期の青山店は素晴らしいトラウザーやスラックスをたくさん仕入れました。

前回紹介させてもらったHUM VENT × ZINSも好評頂き残すところ僅か。

今回はそれに負けず劣らずの正統派。

Fumiya Hirano  THE TROUSERS

その名の通り、マスターテイラーである平野史也氏によるパンツ専業ブランド。

ドレス界隈ではかなり話題の人、ですがカジュアルがメインの洋服屋では聞き慣れないブランドかもしれません。

元々は泣く子も黙る英国の名門テイラーであるヘンリープールにて修行・経験を積み、その後自身のアトリエをSaville Rowで構えていた経歴を持ち、現在は日本に帰国して西麻布にアトリエ兼店舗を構えています。

ビスポークというと敷居が高く感じ、あまりオープンではなくどちらかと言うと閉ざされた世界。

元々は貴族階級や富裕層相手の商売がメインというバックグラウンもあり、いたし方ないのですが、平野氏のような売れっ子テイラーにビスポークをお願いするのは費用的にもアポイント的にも難しいのが現状。

そんな閉ざされたビスポークの世界に少しでも触れていただけるのが平野氏のいわば既製品ラインにあたるFumiya Hirano  THE TROUSERS。

オーダー形式も形が4種類ほどあり、それに生地スワッチから型に乗せる生地を選びオーダーするという流れ。

悩ましくもあり、楽しい時間でした。なのでオーダー内容は展示会時にほぼ8割型は決まっていました。

その中から今回選んだのは2型。

Burlington

COL: BEIGE / KHAKI

SIZE: 34 / 36 / 38

¥52,800 TAX IN

 

2インプリーツのテーパードシルエットで一番ベーシックなモデル、Burlington。

なんだかんだこの手のシルエットのパンツが流行り廃りもなく一番使えます。

1周回って久しぶりにスッキリ目のパンツを履きたいという方にもオススメ。

ベーシックなモデルだけに載せる生地も通年使えるコットン素材をチョイス。しかしただのコットン素材ではなく英国の代表的な生地メーカーであるBrisbane Moss(ブリスベン・モス)を採用。

英国のスタイルを踏襲するだけでなく、パーツや生地も可能な限りイギリス背景でモノ作りをする辺り平野氏のこだわりが感じられます。

通常のパンツに比べ腰回りの作りが構築的。マーベルトに芯地を入れる事でノーベルトでもフィット感が良くタックインスタイルが映えそうです。

シルエットは裾に向かってキレイなテーパードを描くスタイルを追求。

REGENT

COL: BLACK

SIZE: 34 / 36 / 38

¥52,800 TAX IN

 

もう1型はREGENTというストレートトップ、2インプリーツのモデルをチョイス。ベースは先程のBurlingtonとほぼ同じですがベルトループがなくサイドストラップで調整するスタイル。

生地はこちらもイギリス背景で高級リネンの代名詞であるSPENCE BRYSON(スペンス・ブライソン)のブラックアイリッシュリネンを採用。

今年の夏はブラックリネンのパンツを履きたいと思っていたので、このスワッチを見つけた瞬間、手にとっていました。

あまりブラックのパンツは履かない方ですが夏に履くリネン素材のブラックはモード感が出過ぎずに好きなんです。

かなり目の詰まったリネンなので履きこんだ時のシワや風合い、経年変化がかなり楽しみな1本でもあります。

腰回りはベルトループがないので、よりスッキリとした印象に。

夏はTシャツインにレザーサンダルなんかで合わせたいですね。

より身近に本場英国の空気感を纏った重厚感を感じ、体感して欲しい、そんな思いを込められたのがヒシヒシと伝わってきます。

※裾の仕様は全てフラシ仕様になるので、お好みの丈に調整可能ですので、スタッフにお気軽にご相談下さい。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目47-11
青山学院アスタジオ 1F

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/1LDK Stand

1LDK AOYAMA 小林

April 19, 2024, 6:41 PM

Category: Kobayashi

最後の仕上げに

BLESSの二面性 

MY × A が生み出す”DHUTA”

???なスケルトン

UPらしさ

季節を楽しむハット 

究極の正統派スラックス 

春夏の身支度に 

 

こんにちは。
1LDK AOYAMAの小林です。

自分が「オシャレだな、この人」と思う一つの条件がシルクスカーフを上手く自分のスタイルに取り入れている人。

これは男性女性問わず。決してこれ見よがしにならず、いい塩梅でアクセントとしてコーディネートの中に馴染んでいる。

シンプルなクルーネックニットやスウェット、シャツとの合せ、女性なんかはハンドバックの持ち手に巻いているのをたまに見かけたりします。パリジャンヌなんかは頭に巻いたりと使い方は様々。

やはりシルクスカーフというと代表的なのはHermesの象徴とも言えるカレ。いつかは欲しい憧れの逸品ではあるのですが、使用頻度のわりに値段がなかなかハマらず、、ヴィンテージで探すのもいいかな〜なんて決めきれず二の足を踏んでいました、、

そんなこんなでやっとちょうど良いシルクスカーフブランドに去年出会いました。

A PIECE OF CHIC

フランスはシルクスカーフの産地として有名なリヨンにて2012年に創業のブランド。

ここで大事なのは価格と品質のバランスなんですが、稀少なフランス製を貫き大手メゾンの製作も請け負う実力派。

さらに1930年代〜60年代のヴィンテージテキスタイルからインスパイアされた柄はキザになり過ぎずにノスタルジーも感じさせるチョイス。柄の緻密さも申し分なしといった所。

“10th Anniversary by Catherine Abel”

COL: GRAY / ORANGE

SIZE: 縦66cm × 横66cm 

¥24,200 TAX IN

まずは先シーズンブランドが10周年だったのを記念して製作された、オーストラリア出身のキャサリン・アベルという現代画家とコラボレーションしたモデル。

セレクトしたのは完全に柄を見たときのインスピレーション。なので全然キャサリン・アベルのことは恥ずかしながら知らなかったんですが、やはり現代画家が描いただけあって他のモデルとはいい意味で違い、異彩を放っていました。

こんなアート作品を身につけているだけでテンションも上がりますね。

シャツに忍ばせるのはもちろん良いんですが、最近の気分はスウェットやニット、デニムのセットアップの最後の仕上げで。

本当にさりげないアクセントなので、カジュアルスタイルは結び目の端も中にしまうくらいが今の気分。

パーティーなんかでスーツやセットアップのネクタイ代わりに巻く時は出しても良いかもしれません。そこはTPOと気分で。

“KASHIMIR PAISLEY”

COL: BORDEAUX

SIZE: 縦66cm × 横66cm 

¥24,200 TAX IN

スカーフといえばボルドーのペイズリーは外せないでしょう。という謎の先入観がありセレクト。やっぱりシルクならではの品のある光沢と高貴なカラーとされるボルドーの相性は抜群ですね。

紺ブレやブラックスーツのポケットチーフとして使っても映えそうです。想像が膨らみます、、

 

“MID-CENTURY”

COL: BROWN

SIZE: 縦66cm × 横66cm 

¥24,200 TAX IN

最後はブラウンベースのやや落ち着いたカラーをチョイス。名前のMID-CENTURYっていうのもオシャレでなんかいい。

これは古びたチノに合わせたらかっこいいんなだろうな〜と想像が膨らんでセレクトした柄。

配色が落ち着いているだけに、気兼ねなく巻けそうな一枚です。

 

何はともあれスタイリングの最後の仕上げにいかがでしょう。

最初はややハードルが高く思われがちですが、サラッと忍ばせるだけで、全体のスタイリングが見違えるほど変わり、こなれた雰囲気を演出できる、そんなアイテムです。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目47-11
青山学院アスタジオ 1F

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/1LDK Stand

1LDK AOYAMA 小林

April 9, 2024, 2:12 PM

Category: Blog Kobayashi

???なスケルトン

温故知新なマウンテンパーカー

BLESSの二面性 

MY × A が生み出す”DHUTA”

 

こんにちは。
1LDK AOYAMAの小林です。

「MULTI PERSPECTIVE」

直訳すると、複数の視点、多角的な視点、etc…

現代においても重要視されている考え方で俯瞰で物事をあらゆる角度から見て、分析して、、と自分も早くこの境地に足を踏み入れてたいものです。。

やや話は逸れましたが、この「MULTI PERSPECTIVE」は今季のclassのメインテーマ。

既成概念に囚われず、あらゆる側面から服作りを行い、いつも僕たちを未知の世界、未開の領域にチャレンジする機会をくれるブランド。まさに、classにふさわしいテーマだなと。

まだまだ無限に今季のラインナップから多くの解釈が出来そうですが、さらにディープな世界になってくるので、これ以上は店頭でじっくりお話しできればと。

そんなclassから今季の主役級ジャケットを本日はご紹介します。

 

class

CCES09UNI A

col : KHAKI

SIZE: 2

¥202,400 TAX IN

毎シーズン何らかの形でリリースされるウルトラスエードを使用したウェア類たち。

このclassのウルトラスエードシリーズが好きで毎シーズンオーダーしています。

自分のシンプルな着こなしにいいアクセント、違和感を与えてくれて、時には「何それっ」と突っ込まれたりとコミュニケーションツールにもなりうる洋服。

今回は前回のブログでご紹介したショーツと同生地のジャケットをセレクト。

70年代のブッシュジャケットをベースにclassのアレンジを加えた1着。インパクト大で、一度見たら図らずとも記憶に刻まれるジャケットです。

ウルトラスエードを使用した洋服というだけでも巷にはあまり見られないジャンルですが、さらにマニアックなブッシュジャケットを作成、さらにさらに無地ではなくオーストリッチ柄をプリントしたこだわり様。

聞けばウルトラスエードのプリント技術は日本が世界に誇る技術だそう。この辺りの柄チョイスはサブテーマの一つであるゲシュタルト崩壊にも起因しているのかも、、と思いを馳せつつ。

そしてここで終わらないのがclass。バックスタイルはさらに大胆に。

???となる様なスケルトン素材。

エルボーパッチと背中に切り替えを加えて一気にアバンギャルドな見た目に。

ぶっ飛んる、、どうしたらそんな服が作れるんだ、、と戸惑いにも似たリスペクトもある中でなぜか強く魅かれる自分がいる訳で。

それはclassからの未知への誘い、君ならどう着こなす?と挑戦状を突きつけられている様でもありゾクゾク、ワクワクが止まりません。

このスケルトン素材はポリオレフィンというプラスチック素材の一種で、ゴミ袋やスーパーの買い物袋、洗剤の容器など日常にありふれてるもの。

熱で変形する特性を持っているので、暖かくなってきたら少し伸びたりもする面白い素材。特にエルボー部分なんかは着用を繰り返すたびに形取られていきそうです。


TANAKA “THE JEAN TROUSERS” ¥38,500 TAX IN
post production ¥94,600 TAX IN

コーディネートはclassのジャケットがジャストフィットなだけに、パンツもスッキリ目をチョイスし全体的なバランスを取りました。

アメカジルーツのブッシュジャケットはデニムとは間違いない相性。足元はスニーカーだとややカジュアルすぎるのでビットローファーで華やかさと締まりをプラス。

 


Fumiya Hirano Trouser ¥52,800 TAX IN
buddyoptical “gis” ¥46,200 TAX IN

こちらも形の綺麗なスッキリ目のトラウザーですが、イギリスのサヴィルロウを背景に持つクラシックなトラウザーをチョイス。

モード感、アバンギャルド要素のあるトップスに真逆のクラシックでトラディショナルなパンツを。説明されなければ全くわからないこだわりですが、相反する要素を同居させるのもファッションの楽しみ方の一つ。

足元はスニーカーでカジュアルダウン。これくらいのメリハリが気分です。


BLESS “over jogging jeans” ¥152,900 TAX IN

最後は、いつかはゲットしたい、、と狙っているBLESSのパンツで。シルエットは太めですが不思議としっくりきたコーディネート。

これみよがしのNIKEロゴが効いています、、

バックスタイルが強く印象に残るジャケット、ハンガーラックに掛けておくだけでも絵になる、オブジェとしても機能しそう、コミュニケーションツールとしても機能する、語り出したら止まらない、そんなジャケットです。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目47-11
青山学院アスタジオ 1F

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

1LDK AOYAMA 小林

March 5, 2024, 6:49 PM

Category: Kobayashi

愛らしくて、ちょっといなたい新型

Styling Pick Up #Mori

1LDK AOYAMA HOLIDAY 2023 #2 

vebet POP UP #1 

vebet POP UP #2 

MARROWが生み出す造形美

2023→2024

 

こんにちは。
1LDK AOYAMAの小林です。

本日は前回のブログでチラッと告知していた年始の初売りに仕込んでいたアイテムをご紹介します。

ほぼ毎年恒例となりつつあるUPの初売り別注。過去にはパンツやキャップなどをリリースしてきましたが今年はフリースとバッグ。どちらもUPには欠かせないアイテムです。

バッグの方は中目黒の柳沼が紹介してくれているのでそちらのブログもチェックしてみて下さい。

UNIVERSAL PRODUCTS.

L/S FLEECE SHIRT

COL: BLUE / NAVY / BLACK

¥24,200 TAX IN

 

UPのフリースアイテムと言えばPOLARTECを使用したフルジップタイプのものが毎年コレクションでリリースされますが、今回は新作としてスナップボタン式のシャツジャケットタイプをリリース。

フルジップタイプは毎年の定番なだけに既に持ってる人も多いかなと、目先を変えてシャツ型に変更しました。

ベースになったのは某米アウトドアブランドのフリースシャツ。

自分も冬になると軽くて暖かくて、イージーケアなフリースにお世話になるのですが、クローゼットを眺めているとシャツ型のフリースそう言えば持ってないな、、

古着屋でたまに見かけては、なんとなくずっと気になっていた形。

昨今のフリースの主流は都会的で洗練された印象のフルジップのスタンドカラータイプ。それと比べるとレトロでいなたさのある形。でもどこか愛らしさ、温もりが感じられる形。

ジップタイプだと一気に開閉が可能ですが、スナップボタンの一つずつパチっ、パチっと閉める音さえもなんだか愛おしく感じます。ちょっと大袈裟ですが笑

ただUPらしく都会的でクリーンに落とし込める様にスナップボタンの色をボディと同色に、サイズ感はシャツやスウェットの上から羽織れるゆとりのあるサイズ感、かと言って上からアウターを羽織った時にかさばらない程度の絶妙なサイズ感に設定しました。

そしてポケットの隅にさりげなくピスネームを。このぐらいがちょうど良いんです。

カラーは安定のブラックとネイビーに加えてレトロスポーツを彷彿とさせるパープルがかったブルーの3色。

UPらしくブラックとネイビーの2色でも良かったんですが、スナップシャツという形を選んだだけに古着屋にありそうな懐かしいポップな色を入れたくてブルーも追加してもらいました。

個人的にはブルー推しです。

ブラックやネイビー、ダークブラウンのアウターのサシ色なんかにも良さそうです。

スタッフ達と様々なコーディネートを組んで、やっぱりフリースのシャツジャケット型は便利だなと再認識。

スウェット合わせで全体的にスポーティーにまとめても◎

スラックスにタートルネックニットの上からテーラードジャケットを羽織る感覚でフリースシャツをはずしとして羽織るのもアリ。個人的にはこのスタイルが気分です。

はたまた、ベーシックにデニムと合わせるのも間違いないスタイル。


SIZE:3 / 175cm


SIZE:3 / 177cm


SIZE:2 / 170cm

ここでは羽織としてのコーデメインでしたが、もちろんコートやブルゾンなどアウターのミドルレイヤーとしても活躍してくれる事間違いなし。

年始の初詣にはこれをアウターの中に仕込んでいって、春先には軽羽織として、お花見のお供に、といった具合にかなりの期間、シチュエーションに対応してくれそうです。

2024年は便利でちょっといなたさのあるフリースでほっこり初めて見るのもいいんじゃないでしょうか。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA 小林

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目47-11
青山学院アスタジオ 1F

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

 

December 30, 2023, 6:38 PM

Category: Kobayashi

2023→2024

一匙のシャープさと色気を 

Styling Pick Up #Mori

1LDK AOYAMA HOLIDAY 2023 #2 

vebet POP UP #1 

vebet POP UP #2 

MARROWが生み出す造形美

 

こんにちは。
1LDK AOYAMAの小林です。

コロナ明けという事で例年以上に盛り上がりを見せたクリスマスも終わり今年も残す所あと数日。

都内店舗は本日が年内最終営業日でした。

1LDKとしては節目の15周年、青山店は骨董通りから移転し2年目を迎える年でしたが、こうして新年を迎えられるのもお取引先様、ご来店頂いた全てのお客様のおかげです。

本当にありがとうございます。

3年目となる2024年も皆様の期待を超えていけるよう、ファッションを通してワクワクをお届けできる様に精進して参りますので温かい目で見守って頂ければと思います!

そして恒例の初売りセールが2024/1/2(tue)12:00〜よりスタートします。

対象商品30%OFF(※一部除外品あり)

初売りに向けた新作も仕込んでいるので、チラッとだけ。

UPと言えばなアイテムを2品番。どちらも調子良さそうです。

こちらの詳細は後日ブログでご紹介しますので楽しみにしていただければと。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA 一同

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目47-11
青山学院アスタジオ 1F

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

1LDK AOYAMA 小林

 

December 27, 2023, 7:55 PM

Category: Blog Kobayashi

一匙のシャープさと色気を

HUM VENT for 1LDK®︎ vol.1

HUM VENT for 1LDK®︎ vol.2

of the henry, by the henry, for the henry 

ライフスタイルを彩る素敵なニット

STRIPE & REVERSIBLE 

1LDK AOYAMA HOLIDAY 2023 #1

 

こんにちは。
1LDK AOYAMAの小林です。

マーティーのニットはどれも素材使いや、カラーチョイス、形、誰も気づかない様な細かなディテール等々、どれをとっても素晴らしく毎シーズンセレクトに悩まされます。

そのラインナップの中でも双璧をなす「ひょっとこシリーズ」、「CASHMERE SHAGGY」。

1LDKでもここ数シーズン欠かさずセレクトしているアイテムで、CASHMERE SHAGGYは2年前の21AWシーズンにカーディガンタイプでネイビー別注を作ってもらいました。


(スタッフ私物)

もちろんこの2年間秋冬のスタメンローテを守り抜き、着るたびに風合いが増すミンクの様な毛足が愛らしくかなり活躍しました。

最大の魅力である着心地はフワフワを通り越してモフモフでパフパフ。デザイナーが名付けた別名スキンシップセーターは本当でした。この2年間で数々の人に触られ実感。

残念ながら22AWシーズンでは一旦品番自体がお休みとなってしまい、買い足しのタイミングを逃していたのですが、展示会に訪れたときに、デザイナーの松村さんがボソッと「今期限りの復活です、、」と。

しかも次シーズン以降は当分展開予定は今の所ないとの事。

パッと羽織れるカーディガンも良いですが、ジャケットやブルソンと合わせるならやっぱりプルオーバータイプも欲しいとしみじみ感じていた矢先でした。

今回インラインはクルーネックのみの展開でしたが、Vネックで別注依頼しました。

MAATEE & SONS for 1LDK ®︎

“CASHMERE SHAGGY V NECK SWEATER”

COL: NAVY

SIZE: 2 /3

¥70,400 TAX IN

 

ベーシックで大道のクルーももちろん良いですが、Vネックにする事でシャープさとほんのひとサジの色気が注入されました。

そもそも、このカシミヤシャギーは”カシミヤをカシミア以上に”というテーマのもと製作されたミンクの様な長い毛足でほっこり感と優しさがあるのが魅力の一つですが、着方によっては可愛くなりすぎるなんて事も。

そこでVネックに変更する事でほっこりとキリッとのいいとこ取りを目指しました。


SIZE: 3 / 180cm


SIZE: 2 / 177cm

自分は身長的にサイズ3でも問題なく着れますが、ジャケットのインナー使いするならとジャスト目の2をチョイスしました。


SIZE:2 / 170cm

レディーススタッフの森にも着てもらいました。

女性が着るとまたメンズとは違った雰囲気で良いですね、マーティー女子募集中です。

そして拘ったのはVの開きと深さ。

ちょっとした色気はありつつも、嫌らしくならない絶妙な天幅と深さに何度か微調整を行い仕上げてもらいました。

そこで普段あまりVネックニットを着ない人は直面するインナー問題ですが、いつもの様に白Tを挟んであえて白を見せるのも大いにあり。ややカジュアル見えします。

もちろんVネックのインナーで鎖骨を見せるのも。そこに華奢なネックレスを添えてあげるとなおよし。

レディースの場合はワンポイントあるネックレスなんかも良さそうです。

カシミヤを最大限感じる為にタンクトップもオススメ。チクチクが苦手な敏感肌代表の自分でも全く不快感がなく、むしろ何も着ていないより気持ちよくフワッと優しさに包まれる感覚でした。やみつきです。

2年前のカーディガンタイプをゲットした方は贅沢にアンサンブルでカシミヤの2枚重ね、カシミヤ200%を体感するのも一興です。

明日から早くも12月に突入。朝晩は羽織やアウターが必須になってくる時期なので、そのミドルレイヤーとしての相棒に。そして物欲の年末調整としてこのセーターで締めくくるのもまた一興かと。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目47-11
青山学院アスタジオ 1F

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA 小林

November 30, 2023, 7:47 PM

Category: Blog Kobayashi

STRIPE & REVERSIBLE

スパイシーなジャケット

What’s Unlikely ?

HUM VENT for 1LDK®︎ vol.1

HUM VENT for 1LDK®︎ vol.2

of the henry, by the henry, for the henry 

ライフスタイルを彩る素敵なニット

 

こんにちは。
1LDK AOYAMAの小林です。

今年の3月あたり、そろそろ23AWの買付も終わりかけていた頃、MEIASの和田さんから連絡を頂きこのブランドの展示会に伺ったのがキッカケでした。

AWの買付はほぼほぼ終了していた事もあり、最初はどんなものか一応見に行ってみようくらいの感じだったのですが、試着している割と序盤くらいからこのブランドを今あるラインナップとどう合わそうか?という思考に変わっていました。笑

ざっとLOOKを見てもいらいましたが、ブランドとしては今シーズンで7シーズン目を迎えます。

「未完の美への追求」をコンセプトに掲げ、厳選した上質な素材とタイムレスかつトレンドを意識したデザインのリアルクローズを展開するジェンダーレスブランド。

一般的にはこんな感じで活字化される事が多いですが、個人的にはモード、アルチザン、トラディショナルな要素がいい距離感でMIXされている感覚。

拠点は日本ですが、デザイナーの渡邊さんは海外でのデザイナーとしての経験もある方で、どこかインポートのような雰囲気もあって日本の物づくりの良さが上手く乗っかった和洋折衷な感じ。

青山店のトラッドなブランドラインナップに良い意味でアクセント、違和感を加えてくれそうな感じだったので取り扱いさせて頂く事に。

今期のテーマは”STRIPE AND REVERSIBLE”。

なので今期のアイテムはほとんどがリバーシブルだったり、断ち切りデザイン、ストライプ生地が多く使われていたりします。

“強撥水リバーシブルダウンベスト”

COL: BLACK 

SIZE: 2 / 4

¥55,000 TAX IN

“強撥水リバーシブルダウンJK”

COL: BLACK 

SIZE: 2 / 4

¥66,000 TAX IN

 

シャツやアウター、ブルゾンなどラインナップは多くありましたが、今回はアウターに絞ってセレクト。

ちょうどアウトドアブランド以外の気の利いたダウンを探していた事もあり、これはかなり刺さりました。

オーバーサイズ気味なシルエットにダウンでは珍しい切りっぱなしのデザイン。撥水加工を施したマットなナイロン、700フィルパワー、裾には漏れなくスピンドル装備、しかもリバーシブル。

とスペックに関しても数え役満級でコスパ◎。

セレクトしない理由が見つかりませんでした、、

 


henryski “Lining henryski” ¥49,500 TAX IN
is-ness “CORDUROY DEFORMATION TUCK PANTS” ¥41,800 TAX IN

SIZE:4 / 177cm

SIZE: 4 / 183cm

ダウンベストに関しては JKと同じようにオーバーサイズ気味で丈が長めのデザイン。

アームホールも広めに取られているので、ブルゾンやコートの上からでも難なく羽織れそうです。

今年は暖冬と言われているので、年内はジャケットやブルゾンの上からこのダウンベストを羽織るくらいが丁度いいかもしれません。

“贅沢WOOL FLEECE LONG COAT”

COL: BLACK

SIZE: 4

¥154,000 TAX IN

こちらもリバーシブルのロングコート。

このコートはしのごの言わず、とりあえず羽織ってみるのが一番良さを体感してもらえる方法かもしれません。

贅沢ウールフリースという名にふさわしい驚くほどの軽さと着心地です。

それもそのはず、このウールフリース生地は某仏メゾンでも採用されている最高品質のもの。

チェスターコートのようなデザインですが、感覚としては高級なガウンを羽織っているような感じ。リッチな気分になります。

Joshua ellis “check muffler” ¥42,900 TAX IN
m’s braque “NEW FLARE PANTS” ¥50,600 TAX IN

このコートにも、袖裾やポケットなどテーマである断ち切りのデザインを採用しています。

裏面のストライプで着てもかなりイカしているのですが、うっかり写真を撮るのを忘れていました、、

暖冬と言いながら今週末は真冬並みの寒波がくるみたいなので、このタイミングで決めかねていたアウター探しに終止符を打ってみてはどうでしょう。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目47-11
青山学院アスタジオ 1F

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK kyoto/1LDK annex/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA 小林

 

November 22, 2023, 7:51 PM

Category: Blog Kobayashi