1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

僕らの楽しみは洋服しかありません。

 

1LDK recruit (営業職・販売職)

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

ONLINE SHOPを臨時オープン致しました!

タイムレス、ミニマル。

E.TAUTZの新しい味方。

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

こんな時でもやはり洋服でしか楽しみを見出せない僕たちは、この職業は天職なのかもしれません。

勿論予防もしていますし、発症したくないのは事実です。

でも家に引きこもりっきりで、正直することも尽きてくる、、皆さん同じ状態かと思います。

洋服のことを考えている時だけは忘れていられるというか、、なので精一杯ファッションの楽しみを伝えていきたいです。何様だ、という感じはしますが、平日に毎日更新しているこのBLOGを見て、収束後のことを考えながら少しでも気を和らげて頂けたら本望です。

 

よく来てくださっていたお客様や仲の良い方等、今どういった切り口で発信したら良いかなんていうことを聞いてみたところ、みんなのオススメのスタイリング!と言ってくれました。

大した楽しみになるかは分かりませんが、、では。

 

STAFF 野口 175cm/58kg

“UNIVERSAL PRODUCTS”

-PIQUE VEST-

¥10,000+TAX-

“UNUSED”

-MULTI BORDER L/S T-SHIRT-

¥19,000+TAX-

“URU”

-WIDE DENIM PANTS-

¥28,000+TAX-

暖かくなればロンTee、けれどそれだけでは味気ないので、ベストもプラスしたい!と野口。

こういった少し可愛らしいスタイリングもかっこ良くまとめてくれるのが彼です。

僕と同じくタックインスタイルが多いですが、ベストのインもどこか新鮮に感じます。ベストもロンTeeもルーズなサイズ感なので、かしこまり過ぎず良い雰囲気。

 

勿論近場での撮影です。

 

STAFF 木下 175cm/60kg

“URU”

“RAYON CHECK SHIRT”

¥28,000+TAX-

“BROWN by 2-tacs”

-DSP-JKT-

¥42,000+TAX-

“COMOLI”

-ヴィスコースリネンドローストリングスイージーパンツ-

¥36,000+TAX-

僕はネイビーベースに、あまり色を加えないスタイリングで。

リネンだったり、レーヨンだったり古着っぽい雰囲気を感じられるというか、動きの表情が豊かなアイテムにはどうしても惹かれてしまいます。

レイヤードをして、バッと袖をまくって男らしく着たい気分です!

でもそこに合わせて外せないのは、やっぱり快適かどうか。

 

STAFF 杉村 168cm/55kg

“I”

-EXPROLER HAT-

¥11,000+TAX-

“I”

-NO COLLAR ZIP SHIRT-

¥26,000+TAX-

“abu garcia”

-AG ONE SHOULDER BAG-

¥6,000+TAX-

“I”

-CROPPED UTILITY PANTS-

¥24,000+TAX-

“REPRODUCTION OF FOUND”

-GERMAN MILITARY TRAINER-

¥26,800+TAX-

“I”

-LIGHT WEIGHT BALMACAAN COAT-

¥46,000+TAX-

ワントーンにしてみたい!と榊原に引き続き淡いカラーに惹かれがちな杉村。

着たいもの、個人的推しアイテムをふんだんに盛り込んでレイヤードしてくれました。

まだまだ肌寒い日が続いておりますが、重厚なアウターはもう卒業してライトなものを重ねてスタイリングを楽しんでみるのが良さそうです。

流石に服を満足に着るタイミングはないですが、、

 

STAFF榊原 188cm/65kg

“SCYE”

-N/P GARMENT DYED ADJUSTABLE CT-

¥58,000+TAX-

”BLESS”

-DEMIMOORE BAG-

¥84,000+TAX-

“ULTERIOR”

-STANDARD TUBULAR L/S T-SHIRT-

¥12,000+TAX-

“stein”

-EX WIDE HOOKED DENIM2-

¥36,000+TAX-

“MAGNUM”

-BRITISH MILITARY TRAINER-

¥13,000+TAX-

オフ白のパンツが気になっている榊原はスタイリングを組む度にこのパンツを穿いている気がします。

もはやこのパンツを見ると彼を思い出してしまうというか、、何だか変な感じです。

ネイビーとオフ白でパキッとメリハリを付けており、こうするだけでシンプルなスタイリングもオシャレに見せてくれますが、その上からさらにベストをレイヤード。

このベストは、元々のデザインソースはバッグのようなイメージなので、服を脱いで肩からかけるのも良し。

臨機応変に重ねて頂けます。

 

こうして見ていくと、足元は革靴派と軍シューズ派に分かれていて、パンツはみんなワイドになっていました。

そもそも今シーズンの青山がミリタリーシューズ(スニーカー)推し、ワイドパンツ推しということもありますが、ここまでみんなが似たり寄ったりの趣味でありながら全く異なった雰囲気のスタイリングになっているのも見ていて面白いです。

 

ただ服が好きなだけの僕達に出来ることはこれくらいですが、、どうか暇つぶしにでも、、

 

 

○ お問い合わせ先

April 14, 2020, 7:07 PM

Category: Blog Kinoshita NOGUCHI Pick Up Sakakibara Sugimura