1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

STAFF杉村から見た木下は、、

 

ONLINE STOREがリニューアルオープン致しました。

京都新店舗オープンのお知らせ

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

1LDK 2020 spring/summer sale

用途に合わせて柔軟に。

SALE PICK UP #NOGUCHI

夏に着るANCOR

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

やっぱこういう系統が好きだよね。

と友達同士で、お互いの服装について話すことがよくあります。

それが同じ店舗のスタッフになると、それはもう毎日のように顔を合わせている訳で、このシャツにはあのパンツだろ。と最近のお気に入りまで頭に入っていたりします。

それこそ、別のヤツに紹介してもらった方が、俯瞰で見れてよくわかってるんじゃないか、くらいに。

昼頃に突然パッと晴れて、急にテンションが上がった木下と僕2人の思い付きです。

今日は僕が木下のスタイリングに触れて、自分の言葉で提案していきます。主役となるのはこちらのシャツ2枚。

“E.TAUTZ” – ESME SHIRT –

¥34,000+TAX- → ¥23,800+TAX-

“HED MAYNER” – OPEN BACK SHIRT –

¥56,000+TAX- → ¥39,200+TAX- 

それぞれブランド、色味の雰囲気から、着てそうだなと直感的に感じているシャツ。

何より、夏でも長袖シャツのイメージが強く、よく腕捲りしてアクセサリーと合わせているので、何となくの雰囲気はわかります。

やはりこのシルエットですね。すっかり見慣れた組み合わせながら、やっぱり自分のものとして落とし込んでいるだけに完成度は高いです。

長袖シャツの着用率の高さに応じてか、そこに合わせる手元のアクセサリーもおそらく変わっています。拘り強めです。

全身となると、更に細かい部分まで突き詰めてきそうですが、、

まず主役のシャツは、ゆったりサイズの羽織るタイプ。

ボタンを軽く締めて、前を開けてタックインで。個人的にタックインをしないので、この辺りを使い分ける基準をレクチャーしてほしいです。

この手のオーバーシャツは僕自身好きなこともあって、店頭でサイズ感が被りまくるので、だったらパンツで勝負だろ!と勝手に思っています。

“I” – LIGHT WEIGHT TROUSERS –

¥26,000+TAX- → ¥20,020+TAX- 

そうきたかと、完璧に不意を突かれました。

いつもの流れからいくと、ライトベージュの軽いパンツ、もしく黒系のチノパンでくるだろうと予想していた所を、見事にその期待を裏切ってネイビーのテックパンツをチョイス。

本人は少し細い?と気にしている様子でしたが、いつも太いパンツを穿き過ぎているせいでしょう。細くはないです。(笑)

このくらいの方が締まって見えるので、新鮮さもあって継続的に穿いて欲しいです。

全身ネイビー、なのに他とは違って見える、鉄板があるからこそのハズし。

裾をちょっと絞って、足元にはVANS。この良い意味で適当に作っている感じが、ドレスのシャツを着ているのに力が抜けていてグッドです。シャツに合わせてたまに被ってくるベレーも、洒落て見えて良いですね。

もう一方のオープンバックシャツも、大きく分類するとオーバーシャツ。

最大の特徴である背中の空き部分は、敢えて強くは主張せず、サラッと合わせてきました。インナーに色を使ってチラ見せも良いですが、あんまりやり過ぎるとチープになってしまいそうなので控えめに。。。

チラッと見えている、この淡いベージュ×インディゴデニムのスタイリングも、かなり見てきました。最近だと、上下がひっくり返りますが、UPのシャンブレーシャツにアイボリーのリネンパンツ。そして足元には、、

“I” – WEBBING SANDALS –

¥14,000+TAX- → ¥9,800+TAX- 

サンダルを持ってきて少し軽めに。

時々ビルケンのボストンとビーサンを履いているのを見かけて、良いなーと思っているので、やはりこちらもデニム×サンダルのお得意のシルエットです。夏場に真似したいと密かに準備しています。

今くらいの季節だと、リネンやピケ素材など、生地感の強いアイテムを組んでいる印象があるので、シンプルなチノパンか何かを増やしてサラッとしたスタイルも見たいです。と思っていたら、丁度一昨日くらいにベージュチノを購入していました、、。近い内に見れそうです。

 

結構褒めている部分が目立ち、書いていて気持ち悪い文章になりましたが、いつもの店頭もまあこんな感じです。

いつも見ているスタイルも、なんでこの人はこうなんだろうと考えてみると、理解が深まってもっと楽しくなりますよ。

明日は入れ替わって、紹介してもらう側になるので、家からじっくり見たいと思います。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

〒107-0062

東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE(BASE)

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 杉村

June 24, 2020, 7:13 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up Sugimura