1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

TEATORAのダウン。

 

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

固定概念を覆すレザー。

ボアというアイテムについて。

OUTER PICK UP Vol.1 STAFF #SUGIMURA

OUTER PICK UP Vol.2 STAFF #SAKAKIBARA

OUTER PICK UP Vol.3 STAFF #KINOSHITA

NICHOLAS DALEYについて。

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

いつからか目をつけていた物。

度々現れる新作の数々の中から、どうしても外せないと思ったものがあります。

 

TEATORAのダウン。

 

ロゴの付いた某大手のダウンも、街中で見かける度に暖かそうだなあ、格好良いなあと思いつつも、どこか敬遠してきた部分も少なからずありました。東京で過ごす冬はまだ2回目とまだまだひよっ子の類ですが、一度経験するとその寒さを思い出さずにはいられないのも事実。

都会に堂々と連ねるビル間の風、そしてその冷感。

北海道出身の方にとってはへっちゃらかもしれませんが、、。

“TEATORA”

– Souvenir Hunter S/L EVA –

¥100,000+TAX-

その予防といってはなんですが、とにかくダウンを探していることには変わりはありませんでした。

そんな折、

「これだ。」

と思ったモノ。というのも軽さとフードの立ち方に一目惚れしたダウン。
都会で暮らす男にとって、申し分無い使い易さ、それを裏付けるシンプルなデザイン。

特に山奥や極寒地帯、雨風を凌ぐといったポテンシャルはありません。そんな潔さも惹かれた理由の一つ。ただ、街に溶け込みスタイリッシュな格好を成す。勿論一通りしかありません。(勿論多少の防風/保温性は付いてきます。)

そして、レングス長めのダウンコートも。

“TEATORA”

– Souvenir Hunter EVA –

¥120,000+TAX-

「何を詰め込もう」

なんて考えてしまう程のギミック。

マットなブラックで統一されている本作ですが、その生地をあれこれ探っていくと、秘密ポケットがあちらこちらに顔を覗かせてきます。それだけでも「すごいなぁ。」と感心しているのですが、そう思ったのも束の間。更にあらゆる面でメリットが出てきました。

それは、

・ふんわりとAラインのシルエットに変更が可能。裾のドローコードを絞ることで入るギャザーのような絞りがとても綺麗。

→毎日の歩行時に、内部へと冷たい風が侵入することもなくなります。

・188cmと所謂のっぽの僕ですが、体型を丸く覆い尽くす程のボリュームが、体型カバーの役割を。

・非常に高度な技術で開発された最軽量が本命の生地なので、着用に関する負担は殆どありません。

 

そして最後は新型を。

“TEATORA”

– Roomkey VEST EVA –

¥60,000+TAX-

極め付けは、新型であるダウンベスト。

差し込める。

暖かい。

格好良い。

他に類を見ないようなそのフォルム。ふっくらと盛り上がるようなシルエットがなんとも愛くるしいですが、そこはしっかりとタウンユースに落とし込まれた機能的なアイテム。

ここまでご紹介したこのアイテム達のギミックがあるだけに、とにかく破れだけには最新の注意を払いながら、毎年使い続けたいという気持ちにさせられます。

男女でシェアをしても。

パッキングしても。

 

もう他のダウンは着れなくなるはずです。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND insragram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 榊原

November 8, 2019, 7:30 PM

Category: Blog KORI Matsuura Pick Up Sakakibara Sugimura