1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

ROLIATのHANDMADEに触れてみてください。

 

1LDK ECサイト運営スタッフ募集

1LDK 新店舗出店に伴うショップスタッフを募集します。

COMOLIのスーツ。そして、、

SCYEのコートをご紹介します。

思わずうっとりしてしまうもの。

CAMBER by CHILL BUSTER.

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

1LDK初期から長く取り扱いのあるブランドの1つ、ROLIAT。

各店のブログを遡ってみると、カジュアルなジャケットから最近ではロングシャツまで、あくまでテイラーの基盤は守りつつ様々な提案をするブランド。そんなイメージを持っています。

その中でも個人的にコレというアイテムをあげると、やはりこちらのコートでしょうか。

“ROLIAT”

– HANDMADE INVERTED PLEATS HOODIE COAT with BELT –

¥126,000+TAX-

ハイエンドなブランドの中でも一際目を惹く、HANDMADEラインよりリリースされたフーディーコートです。昨年の今頃のブログでは同ラインからバルカラーコートが紹介されており、当時他店に在籍していた僕は写真で見て、価格もそうですがハンドメイドの表記に贅沢だなー。と驚かされた記憶があります。

このシリーズの仕立ては全てリバー製法。裁縫で2枚の布を縫い合わせ、両方の布に縫い目から同分量のきせをかけて仕立てることを言います。要は、見た目の面では縫い目を出さず綺麗に見せることです。和装の着物などに使われる手法らしく、何となくあのフラットでツルッとしたイメージが浮かびます。

着心地の面では、2枚分の生地量があるので包み込まれるような感覚です。着用感も気になりますが見た目からするとかなり軽く、少し不思議なくらいフワッと羽織れます。生地感的にも、カシミアを混紡しているのでしっとりと柔らかくストレスに感じることはありません。

着るだけで良さが十分に伝わってきますが、それ以上に魅力的なのは、やはりドレープ性、生地の動きかと。

動くたび、非常に滑らかに動きが出るので軽やかな印象すら受けます。特にインバーテッドプリーツを取ったバックシルエットはシンプルながら存在感が大きく、実際に自分が着ることを考えても、このバランスなら良いなと思わせてくれます。

そして昨年と同様に付属したベルトを巻けば、、

ガウンのような、ジェダイコートのような面を見せます。


CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” – WOOL WORK JACKET – ¥39,000+TAX-
“cantate” – DENIM TAPERED TROUSERS – ¥34,000+TAX-

最後に全身のバランスはこういった具合です。やはりタップリと着用できるシルエット。

ちなみにカラーはネイビー、ぱっと見にはブラックのようなトーンですが、自然光の加減でクリーンな1面を覗かせます。写真の通りパキッとし過ぎない色味なので、インディゴのデニムから季節を思わせるベージュなど、広いカラーリングにもすんなり馴染みます。

通常ハイブランドしか提携できない工場で生産している。というのがブランドのストロングポイントで謳い文句だったりしますが、先に着てもらった方が色々と飲み込めるかと思います。

前回のブログではライトアウターをプッシュしておいて今回はアウターと、説得力に欠けるかもしれませんが、この手のアイテムは本格的に寒くなってきたから買うとかでもない気がしていて、、

欲しいタイミングに買ってしまって良いと思うので、是非この3連休にも秋冬のアウターを絞りに、こちらのコートをお試しください。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18
03-5778-3552

info@1ldkshop.com

 

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

 

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND insragram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

19 AUTUMN & WINTER  LOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY/ I  official

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

1LDK AOYAMA HOTEL STAFF 杉村

October 31, 2019, 8:00 PM

Category: Blog Pick Up Sakakibara Sugimura