1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

日常に寄り添う洋服。

 

1LDK recruit (営業職・販売職)

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

ONLINE SHOPを臨時オープン致しました!

E.TAUTZの新しい味方。

僕らの楽しみは洋服しかありません。

HED MAYNER 20ss

oftのセットアップ。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

以前生活のスタイルに合わせて、というタイトルでBLOGを書いたBROWN by 2-tacsから、新作の入荷がありました。

 

DSP JKTから引き続き、リネンのシリーズ。

前回も言っていましたが、やはり日常生活にすんなり溶け込んでくれるデザイン、ディテール。

今回は、同ブランドで長く展開している定番アイテムが入荷しております。

このブランドを語る上でも、外せない存在です。

“BROWN by 2-tacs”

-TAPERED-

¥26,000+TAX-

“BROWN by 2-tacs”

-WIDE-

¥27,000+TAX-

代表するパンツとして、

テーパード、ワイド、ここに加えて今回はオーダーしていないフレアというものを含めた三型があります。

季節に応じて素材感を変え、今期の夏らしいリネン、秋冬となるとコーデュロイやウール等。ダック地なんていうのもありました。

生地感によってシルエットは変わらずとも、動きが出たり、シルエットがよりしっかりと強調されるもの等様々ですが、今回は動きが特徴。

定番的に何にでも合うシルエットで、股下にはマチが施された180°開閉仕様。ブランドのバックボーンがあるだけに、非常に動き易いパンツに仕上がっています。

学生時代はコーチジャケットにチノパン、靴はVANS。

テーパードに古着のアノラックを着て、靴はPUMA SUEDEがお気に入りスタイルでした。

土臭い、男臭いというイメージがあるツータックスですが、ブランドのイメージを踏襲しつつとはいえ、寄せ過ぎてもうちの雰囲気と少し離れがちなところがあると思っています。

今回は三型ご紹介しますが、全て+シャツのスタイリングで。

細身でレングスが調整され、綺麗な印象のテーパードに対し、ワイドはスラックスのような雰囲気で穿くことが出来るパンツ。

よりドレープが強調されるところも魅力の一つです。

 

今シーズンのリネンに関しては、サフィラリネンツイル(原料から紡績まで、全て北フランス・フランドル地方で行うサフィラン社の上質な糸を使ったツイル生地。)というものを使用しています。

 

強度がありつつも、触り心地はしなやかな仕上がり。

毎日のように穿きたいパンツだからこそ、洗ってもへこたれない丈夫なところが何とも嬉しいです。

ナチュラル、オリーブという男らしいカラー展開ではありますが、光沢もあることによって、どこか上品な印象も。

足元は革靴かリプロダクションのシューズなんかどうでしょうか!


CREDIT
“COMOLI” -ウールシャツ- ¥48,000+TAX-
“I” -EXPLORER HAT- ¥11,000+TAX-


CREDIT
“cantate” -DOTERA- ¥120,000+TAX-
“HED MAYNER” -OPEN BACK SHIRT(OFF)- ¥56,000+TAX-

専らスニーカーで横ノリな雰囲気で合わせてきましたが、この年になって合わせてみるとまた見え方が変わって面白いです。

余談ながら、少し前に自宅にいてすることが尽きてきたので、今更ながら衣替えをしました。分かりきっていたことですがシャツが大量で、、

これからのシャツの着用頻度が増えてくるので、リネンとの合わせで、清涼感を出しつつ少し背伸びしたスタイリングもしていきたいなと思います。

あとこのパンツに関してですが、一年穿き潰した後が本当に素晴らしくて、、変色といってしまうと悪く聞こえますが、また違った一面を見せてくれるはずです。(洗っても毛羽立ちはし辛いので安心してください笑)

“BROWN by 2-tacs”

-SEED IT-

¥26,000+TAX-

これはご存知の方も多いのではないでしょうか。

着るカバンとも言われる、世の中でベストを主流化させたと言っても過言ではないアイテムです。

これに関しては、逆に前の職場にもお取り扱いがあったのですが、手に入れられず、、二次流通もプレ値という残念な結果になってしまったので持っていませんでした。。

 

今期の推しは、これも何と言っても素材。

天然繊維は久々の展開になるので、前から目を付けている方、ファンの方には新鮮に映っているのではないかと思います。

1LDKでのファーストシーズンが最も好きな素材というのが、勝手に喜ばしいと思って湧いています(笑)

フロントのポケットに加えて、サイドポケット。基本的な収納には困らず、サイズ感の調整もして頂けます。

夏場にはロンTの上から、今時期だとインナーに着るのもかっこいいと思います。

また気が利いているのがこの裏地。

届いてとりあえず試着した時に、この色か〜と心を弾ませていました。

見えないところですが、素晴らしい配色です。

オーバーオール、はたまたエプロンのようなデザインは、数あるベストの中でも中々出会えないデザインのはず。

身幅のバランスであったり、着用した時のストレスが全く感じられず、すんなりと下のシャツに馴染んでくれる不思議なアイテムです。

デザインとして、やや強めな(馴染みがない方は)印象を抱くかもしれませんが、これがトータルのスタイリングとなると気持ち良いくらいにハマってくれます。

今夏はいけませんが、フェススタイルなんかにも素敵です。。


CREDIT
“CANTON OVERALLS” -1963 XX- ¥39,000+TAX-
“UNUSED” -WOOL SILK 6 PANEL CAP- ¥9,000+TAX-

これがスラックスに変わっても、トップスとのメリハリが付いて良さそうです。

その場合はスニーカーにして少し気を抜いてみたり、足し算引き算の要領で色々試してみてください。

ロンT、スウェットという選択肢にプラスして、シャツという合わせをすることでアウトドアにもなり過ぎず、

普段の服装からジャンルを大きく変えずにスタイリングしたい!

という時には最適かと思います。

 

色々魅力はあるとはいえ、結局動き易さ、収納からくる利便性等が特化していることでこの先長く寄り添っていける洋服達。

正直僕のようなズボラなタイプには嬉しいというところもあったり、、とはいえそれは僕の問題なので関係ありませんが、汚れスレを気にせずガンガン着られるリネンシリーズ。

この夏着倒してください。

 

※20ssより、ONLINEでの購入も可能となりました。是非BROWN by 2-tacsの世界観を感じてみて下さい。

 

April 22, 2020, 5:52 PM

Category: Kinoshita NOGUCHI Pick Up Sakakibara