1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

1~100。

 

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

ONLINE SHOPを臨時オープン致しました!

E.TAUTZの別注シャツ。

bagjack for 1LDK AOYAMA HOTEL.

営業再開・営業時間短縮のお知らせ

使ってこそのユニークさ。

ストリート×モダンクラシック

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

 

“店頭にある洋服を1~100まで説明する”

 

展示会で得た情報、デザイナーさんから直接聞いた完成までの経緯、僕らはそれらを伝えるのが仕事です。

例えるならサッカーか野球、とでも言いましょうか。

僕らが(デザイナーさんから)受けたパスを、お客様へのゴールへ運ぶかのようなイメージです。

その中で僕たちがどう提案していくか、どの時期に、どのタイミングで何と何を合わせてご紹介していくか、等のオプションが追加されて新たな形となって発信しています。

 

何が言いたいかというと、数あるブランドの中で強くそれが印象ついているのがcantateや、今回ご紹介するwalenode。

これらのブランドはシーズン毎に商品一つ一つの紹介が書かれた冊子を発行。

とここまではどのブランドもあるかもしれませんが、その文章一つ一つは作られたものではなく、話し言葉でそのまま記されていて、すんなり感情も含めて頭に入ってくるのです。。

僕らがより感じ取り易く、伝え易く、新たに発展し易いように。

“walenode”

-COTTON LINEN STRIPED CREWNECK T-SHIRT-

¥15,000+TAX-

“walenode”

-MILK FIBER CREWNECK T-SHIRT-

¥16,000+TAX-

“walenode”

-WASHABLE WASHI CREWNECK T-SHIRT-

¥16,000+TAX-

今期オーダーさせて頂いたクルーネックのニットTシャツ三型。

セーター専業というコンセプトがあるように、同じセーターにカテゴライズされるものを10型程製作してもこの雰囲気の違いには驚きすら感じます。

 

夏になると半袖と言っても多くの方が手を出すのはコットンの所謂なTシャツ。

そこにさりげない味付けとして、買い足しとして、新たな雰囲気のものを提案したいと思い、青山にもご用意しました。


CREDIT
“FRANK LEDER” -TRIPLE WASHABLE DRAWSTRING PANTS- ¥43,000+TAX-
“nine tailor” -BELLS HAT- ¥9,900+TAX-
“SUICOKE” -VON- ¥9,000+TAX-

ストライプのシャツは沢山普及しているのに、ストライプのセーターは見かけることが少ない。同じトップスなのに。

オーバーサイズでコットンリネンという快適そのものな仕上がりで、袖の切り替えのないラグランスリーブ。

所謂一枚仕立てのようになっているわけですが、袖はボーダーのように見え、フロントはストライプ。これくらいピッチ幅があり、メリハリも付いているとより強調されて面白いです。

さらに特殊なのが縦になっているのがストライプなのに対し、編み地は横の設定。なかなか見つからないものを作る、という着眼点に加え、表現方法もまた珍しいのがポイント。

パッと見では分からなくても、よく見ると不思議な要素を含んだ洋服。気になってしまうのはそのせいかもしれません。

 

これをSTAFF杉村に着てもらったのは、配色からニューヨークヤンキースっぽく感じ、たまたまベースボールキャップを被っていた彼に着てもらったという訳です(笑)

すみません、対して深い意味はありませんでした。


CREDIT
“m’s braque” -BAGGY PANTS- ¥29,000+TAX-
“UNIVERSAL PRODUCTS” -×TOMO NARIAI LEATHER BELT- ¥13,000+TAX-
“F.LLI GIACOMETTI” -SIDE GORE BOOTS- ¥107,000+TAX-

素材の特性は勿論のこと、このアイテムに魅力を感じたのは透け感でした。

とは言ってもちょっと嫌らしい、女性らしい等様々な意見が飛び交いそうな気もしますが、去年出していたペーパーのTシャツも透け感があるもので、個人的にすごく気に入っていました。

今期は、ペーパーに対して今回は”プロミックス”という素材。

・・・・。

正直服の素材表示にはシルクとか、アクリルとか、、と思っていましたが、しっかりプロミックス100%。聞き慣れるません。

プロミックスとは、動物性タンパク質とアクリル繊維の原料となるアクリルニトリルを結合して製造された繊維。天然、合成の長所を持ち合わせ、シルクのような表情が特徴的です。

シルクの服は好きだけど、洗濯、まず、ケアが難しい。

そんなポイントを抑えているイージーケアなアイテムです。

加えてもう一点。リブの締め付けが、自然にブラウジングされるため、シルエットの表情も豊かです。

 

好みです。


CREDIT
“STUDIO NICHOLSON” -STRIPE S/S SHIRT- ¥38,000+TAX-
“lownn” -WIDE PANTS- ¥45,000+TAX-
“COMESANDGOES” -WATER PROOF BUCKET HAT- ¥12,000+TAX-

最後は、和紙を使用したTシャツを。

触った時に感じたのは、和紙なのにモチっとしている特殊な質感でした。勿論和紙特有のシャリ感を持ち合わせているので、他のアイテムとは全く違った印象を出してくれます。

高い吸水速乾性を持ったこの生地感は、洗濯にも耐え得るタフさを兼ね備えているので、長く愛用して頂けるはず。

他同様にややルーズに仕上げられているこのシルエットは、後ろが強くラウンドしており、丈感をずらすことで前から見た時にはボックスのTシャツのような見え方も。

みんなで撮影しながら、インナーでのレイヤードでも使い易そうという話になりました。

今回はシャツの上から。サイズ感を生かして様々なスタイリングに取り入れて頂けるはずです。

 

白の無地Tに飽き飽きしてしまったのであれば、これを選んでみてはいかがでしょう。

素材の質感がこの夏を快適にしてくれるはずです。

 

セーター作りって専門的な話になると本当に単語単語を全て調べなければ頭が爆発しそうになります。セーター作りに限るわけではありませんが特に。

それを噛み砕いて伝えてくれるからこそのこの愛着。

どうなってこの完成形に至ったのか、という話が自分のライフスタイルに見事にフィットした時の感覚は、長く付き合っていく洋服に出会った感覚そのものですね。

 

洋服一点一点に関する1~100。

全てにおいて知ることが出来ないものの、僕達の言葉で伝えることでより魅力を感じて頂けたら嬉しいです。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

May 26, 2020, 7:16 PM

Category: Blog Kinoshita NOGUCHI Pick Up Sugimura