1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

避けていた上下。

 

1LDK ONLINE STORE.

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

人をダメにするパンツ 青山ver.

幻のサイズ4

機能性という選択肢。

違和感を生みたい。

求めるスペックが揃ったダウン。

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

 

冬と言えばコーデュロイ。勿論夏着用することも多くありますが、やはり鉄板です。

熱を逃しにくく暖かい。

フリースやウール生地同様に素材の特性上選んでいる、という方も多いと思いますが、僕達は柄として捉えて使う、というのがメイン。しかも太畝、セットアップです。

上下でのスタイリングはやり過ぎ、なんて避けてきましたが、そんなことは無かったようです。

 

本日は、今期オーダーした2ブランドより、異なるコーデュロイアイテムをご紹介します。

日中は暑いのに夜は寒い。もう気温がしっかりと下がってもいい頃なのに不安定な日にアウターはまだ早い、であれば素材で実際の比重を低くしましょう。

“whowhat”

-CORDUROY WIDE JACKET-

¥53,000+TAX-

“whowhat”

-CORDUROY WIDE PANTS-

¥33,000+TAX-

インナー次第ではもはやアウターにもなり得るジャケットのセットアップです。

こちらは季節柄こういった色味を取り入れたいということで、ブラウンのみでオーダー。着崩されているような全体のフォルムが何ともツボで、第一印象でもっていかれました。

 

以前のシーズンから新型として登場したワイドシリーズは、オーバーサイズが特徴的。

ジャケットはダブルで上品さを保ちつつ、身幅が名前の通りワイドに。肩をグンと落とし、着丈を短くしたワイドショートシルエット。

ジャケットはあまり着ない方も、ブルゾンのように着用できるので一歩踏み出してみても良いかもしれません。

同ブランドといえば、僕のイメージは”怪しい”。

どこか不思議なオーラを纏うことが出来るような洋服だと思っています。

ダブルとはいえフロントのボタンは少なく設けており、Vゾーンは深めに取ってかしこまり過ぎない仕様に。カフスも施さず、カーディガンとまでは言わないものの、本当にラフに着用出来る洋服ではないでしょうか。

 

肩の位置が定まらず、勝手に後ろに抜けるかのような、ある意味しっくりと来ない状態が、よりラフな雰囲気を加速させています。

個人的には、縦に線が入って吊っているような、後ろから見たときのシルエットが好み。複数のレイヤードも勿論もろともしません。


CREDIT
“nine tailor” -Aden cas- ¥9,000+TAX-

合わせるパンツはツータックのクロップド丈。

もも周りに丸みがあり、綺麗なテーパードシルエットを表現しています。

Dockersとか、古着とかでたまたま見つかって上がるようなシルエットで、野暮ったくもすっきりと見せてくれる仕上がり。

どこか妥協点を見つけて探して来ていたコーデュロイのセットアップが、バッチリと直感でハマるようなデザイン。

ありそうでなかった、そんなアイテム。

 

リバースウィーブにキャスケット、クラークスといったどストレートな合わせで。

“BLESS”

-Woodhacker Jacket-

¥107,000+TAX-

“BLESS”

-Ultrawide Pleated-

¥69,000+TAX-

もう一色はブラックです。

他ブランドではありますが、既にこのBLESSでブラックを入れていたので、前述のwhowhatはブラウンのみにしたという感じです。僕の勝手な判断ですみません(笑)

 

こちらはセットアップではありますが、ラペルではないシャツジャケットタイプ。胸ポケットが付いたワークウェアのようなデザインです。

先程のアイテムにも言えますが、太畝とまでなってくると生地感がしっかりと目に入ってくるので、無骨な雰囲気から古着らしさを感じます。

ですが、

裏地は光沢の強いキルティング素材で切り替えています。

木製のボタンとなればそれまた野暮ったくなりますが、樹脂ボタンでクリーンに。

様々な素材感が相まって完成する、BLESSらしいユニークなデザインです。

襟のみ両面がコーデュロイになっているので、一見ラベンハムのようなブリティッシュな雰囲気にも感じますが、パッと見の存在感が段違い。

ポリエステル素材のシェルではなく、レーヨンを使用した滑らかな質感、故に光沢が増し、コーデュロイ面での着用の際も袖通しも楽。

両A面とはこのことでしょうか。

 

さらに、中綿も入っているので、保温性に関しては心配もいらないでしょう。

抜かりのないデザインです。

組下のパンツはウルトラワイドと称されるシルエット。

とは言え着用するとそこまで太過ぎるとも感じないすっきり具合です。

最大の特徴になるインバーテッドの3タック。

実際のワタリ幅はとてつもなく広いものの、ストンと落ちるバギータイプです。

 

コットンのみが主流なコーデュロイに対してポリエステルを混紡しているので、ややしっとりとした触り心地。

パンツは裏地も施されていない分ドレープ感が豊かです。

正直セットアップで行って欲しいと言いつつも、、

パンツが欲しいと思っている僕がいます(笑)


CREDIT
“STUDIO NICHOLSON” -BIONDA- ¥32,000+TAX-
“post production” -Re-lux- ¥68,000+TAX-

念の為ジャケットのみでの汎用性もお伝えしておきます。

素材の特性を生かして、柄物は着られないけれど、コーデュロイを柄として捉えることが出来たなら、アイテム自体が派手ではなくとも緩急を付けることが出来て、スタイリングを格上げしてくれるはず。

さっきのセットアップスタイリングでもそうですが、黒くなり過ぎると決まりすぎな印象があるので、インナーもベルトもブラウンやベージュで少し落ち着かせてみると馴染みが良さそうです。

とは言え、、

今冬は上下コーデュロイを推させてください。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE(BASE)

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK terrace/1LDK PARIS/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

20AW LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL 木下

November 4, 2020, 10:26 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up