1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

差別化。

 

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

HED MAYNER 20AW・上

HED MAYNER 20AW・下

らしくない。

イメージを新たに。

新ブランド”Holzweiler”

 

“Holzweiler”

世界中のジェンダーの為に。

Ready to wear for all genders.

インスタグラムにてこのキャプションのみがプロフィールに記されており、フィード一覧を見ると、メンズ、レディース問わず様々な着こなしが掲載されています。

ジェンダーレス、とまでは行かないかもしれませんが、同アイテムを男女、異なるサイズでの着用が多数。

大判なストールで世界から注目されたのも事実ですが、洋服も見逃せません。

国柄としても気温は凍えるほどに寒いので、厚手のアウター、マフラーは必携。秋冬コレクションは、防寒に重点を置いているのは勿論のこと、そこに色彩豊かでモードな雰囲気をプラスすることでファッション感を全面的に感じられるアイテムに。

新たなブランドを青山でスタートするにあたって、秋冬の綿系アウターが少ない、マフラーの新たなブランドも見つかり辛いというのが選ぶポイントとして挙げていましたが、両者を満たす気鋭ブランドをお取り扱いできることに。

昨日軽くご紹介しましたが、キャッチーなロゴからも分かるように、やはり日本人のファッションに落とし込み易いラインナップです。

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

昨日に引き続きご紹介していきます。

ラインナップ、ディテール紹介は済んだので、詳しいところをスタイリングを交えてご紹介します。

“Holzweiler”

-DOVRE DOWN JK-

¥63,000+TAX-

スポーティー、モード、機能性から来るテック要素。

様々な雰囲気を兼ね備えたエコダウン使用のジャケットです。

中間色のようでマットなカラーリングが何とも海外らしく、日本のブランドではまずお目にかかれないような雰囲気を纏っています。

キルティング、着脱式のフード、フラップのポケットがあるにも関わらず、表面にはジップやボタンが一つも見えないストイックなデザイン。

何にでも溶け込んでくれるかのようなダウンジャケットです。

カラーは3色展開。

サイズはM/Lでのご用意になります。

こういったデザインになるとシルエットが最後の関門。

縦長であったり、ボリューム感が出すぎてしまうのは避けたいところですが、、

 

STAFF杉村(168cm) Size:M着用

STAFF木下(175cm) Size:L着用

STAFF吉池(175cm) Size:M着用

この中の詰まり方、デザインであることで勿論ボリューム感はあります。ただ、それを逆手に取るかのようなバランスが特徴的です。

丈は一見分からないくらい短く、身頃に入っているキルティングに対して袖のキルティングはありません。よくある、”ダウンを着ない”という方の悩みを解消してくれるはず、と思っています。

また、表面のマットな雰囲気もスポーツ感が出すぎないので、細かいとはいえ、様々なポイントで他のダウンとの差別化が図られている印象を受けました。

余談ですが個人的に気に入ったポイントを一つ。

フードの取り外し易さ、です。

これがまた結構億劫になってしまいがちなのですが、フードを引っ張るだけで取れてしまうファスナーの軽快さに驚きました。といっても普段の着用面では全く問題ないので、オプションのようなものと捉えてください。


CREDIT
“E.TAUTZ” -CORE FIELD JEAN- ¥39,000+TAX-
“COMESANDGOES” -WOOL TWILL CAP- ¥15,000+TAX-


CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” -LOW GAUGE CREW NECK KNIT- ¥22,000+TAX-
“HED MAYNER” -CARGO PANTS HERRINGBONE- ¥75,000+TAX-
“COMESANDGOES” -WOOL HAT- ¥15,000+TAX-


CREDIT
“STUDIO NICHOLSON” -SORTE- ¥39,000+TAX-

全締め、開け、フードを外しての三者三様で。

首回りを覆うフードは密着度も高く、保温性は抜群なのに加え、アウトドアブランドさながらのクロス仕様。風の侵入は全くないと思って頂いて大丈夫かと。

そして前を開けたスタイリングも良さそうです。イエローもそこまで強めの色味ではないので、比較的取り入れ易く、色に挑戦してみたかったという方は思い切ってみてください。正直アウターはどこまで派手になってもいいと思っています(笑)

最後はフードを取り外してのスタイリング。ネックは高く、外しても◎

フロントの大きめなベルクロも少しワークな雰囲気が感じられて、付け方でアクセントを加えてみるとまたそれぞれ新しい発見があるのではないでしょうか。

ちなみにですが、

この使い方もアリかもしれませんね。

“Holzweiler”

-SESAME HALF ZIP-

¥32,000+TAX-

今回ご用意したのは真冬用アイテムを二型。

こちらはハーフジップのプルオーバーフリースです。

バイカラーながらも同系色を上手く入れることで統一感を出したデザインに、裾にはポケットを。

これもどこかいい意味で違和感を感じるアイテムです。

おそらく正体はこれ。

このブランドの雰囲気からは想像できなかった、ポケットの素材感。薄いダック地のような、男臭いエッセンス。

スピンドルは多彩な色使いで、鮮やかな配色を表現、アウトドアの雰囲気も少なからず垣間見えます。

ここまでいったらむしろ書体すらも気になりますが、どこか量産された洋服のような敢えてのチープなロゴ。(勿論いい意味です)

どこか懐かしいというのか、馴染みがあるような気がして愛着が湧きます。

 

STAFF吉池(175cm) Size:L着用

CREDIT
“MASTER&CO” -FARMERS PANTS- ¥22,800+TAX-
“BROWN by 2-tacs” -TARTAN CAP- ¥13,000+TAX-

STAFF木下羅生(168cm) Size:M着用

CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” -STRIPE OX BD SHIRT / MADE BY J.PRESS- ¥19,000+TAX-
“I” -STORM PANTS- ¥30,000+TAX-

これはもうレイヤリングが楽しくなる他ないアイテム。

色が分かれていることでコートのインナーにしてもまたいつものフリースとは見え方が全然異なることでしょう。

アウトの場合は大きめを、インをメインにする場合は小さい方のサイズを選んでみるといいかもしれません。

-Aster Check-

Size: 45cm × 310cm

¥27,000+TAX-

-Aster Check Story-

Size: 26cm × 210cm

¥20,000+TAX-

冬本番も間近です。

そろそろ本格的に準備が必要ですよ。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK sapporo/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

20AW LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL 木下

November 20, 2020, 7:23 PM

Category: Blog Kinoshita KINOSHITA RAI Pick Up Sugimura YOSHIIKE