1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

アウターと小物の組み合わせ。

地域共通クーポン・PayPayスタートのお知らせ。

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

新ブランド”Holzweiler”

ベローズジャケットとは。

季節の楽しみ。

AOYAMA HOTEL STYLING SAMPLE at December

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

昨日に引き続き、いやそれ以上な気もします。

かなり寒いです。タイピングする手もかじかんでしまいそうなくらい寒いです。

そんな訳でアウターが欠かせない季節を迎えました。

12月ともなれば、さすがに羽織りものはゲットしていると思いますが、、まだだよという人は、また次回のブログでオススメすることとして、

アウターを羽織るようになってから、是非とも合わせて使ってほしいバッグ類があります。

その日常使いに十分すぎるスペック。

対してそこを前面に出すのではなく、実用性を重視したものから、パッと見で惹かれるユニークなものまで、広く揃えるのがbagjackです。

今回は、そのどちらも感じてもらえる2型をピックしました。

– messengerbag (Pogo) –

¥36,200+TAX-

まずは、実用面で鉄板のメッセンジャーバッグ。

定番だけに青山ではお馴染みのシルエットで、歴代店長陣も冬場の長いアウターにバッと背負っていたのを覚えています。

そのイメージが強く、なぜか秋冬の合わせが魅力的に映ります。


CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS.” – WOOL STAIN COLLAR COAT – ¥68,000+TAX-

こんな風に、ロングのコートに合わせてみると、また雰囲気も変わって見えますよね。タウンユースな雰囲気に様変わり。

メッセンジャーバッグ=自転車のイメージも、洋服の多様性に合わせ次第に薄れ、街中を歩く時に手軽に持てるものが増えました。

その最たる例がこのバッグだと思っています。

ゴテゴテと感じることのない、少しマットなクロス地。パーツ数も必要なもののみを選んで少なく。

長く変わらずこのシルエットであったように、いつの時代にもフィットする大きさ・収納・使用感。余すことなく快適に使える点で、洋服への馴染みも良いと言えます。

その中でも、小物と服装とのマッチングを考えるなら、今のようにコートと合わせてギャップのあるバランスがグッド。

こちらもお馴染みの、日常使いに心強い仕様の数々。

クイックベルトでフィッティングがスムーズ。内側に貼ったターポリンにより、汚れや水分もサッと一拭き。

ケアの部分を心配する必要もなさそうです。まさに鉄板のバッグ。

– 2way shoulder bag (Nipo) –

¥38,000+TAX-

ショルダーバッグ・ウエストバッグとしても使えるこちら。

アウターとの合わせで考えると、ショルダーバッグとしての方が見栄えするので、こちらメインで。

外面にメインの収納を備える、見た目にインパクトのあるアイテムです。


CREDIT
“I” – WIND BREAKER – ¥36,000+TAX-
“STUDIO NICHOLSON ” – SORTE – ¥39,000+TAX-

羽織りのフロントからチラリと。プラスワンとして寂しさを埋めてくれる、器用な奴です。

リモンタナイロンのサラッとした艶が、嫌味に感じさせない差し込みやすいバランス。

オリーブやカーキ系の少し野暮ったいカラーには、対極的に映えるので特に好相性です。

厚みを持たせない仕上げなので、嵩張ったり邪魔になったりせず、現実的な使用方法としてもオススメしています。

アウターを買い揃えている人は、プラスの小物としてどうぞ。

着用はサイドストラップで、カチッと簡単。

ストラップの継ぎ目には可動域を広げるパーツを用いているので、変に肩が凝ったりはしなくて済みそうです。

収納は、500mlのペットボトルと手帳サイズのスマートポケット、前面にマチポケットが付いた計3つ。

普段の外出には十分足りるので、メイン使いのバッグとして考えてみてください。

– NXL 25mm leather belt –

¥23,100+TAX-

 – NXL cobra 40mm –

¥16,800+TAX-

忘れてはならない定番ベルト、通称コブラベルトも勿論あります。

異素材のギャップデザインでアイコン的なバックル、今回は25mm・40mmの2サイズで揃えました。

着用している25mmレザーのタイプが、ナイロンとの切り替えになっています。面白い見え方になるので、アクセントにどうぞ。質感の変わりようも楽しめそうです。

 

ギフトアイテム、、にピッタリかは分かりませんが、自分で納得できる本格派のバッグなら他人にあげても満足してもらえることでしょう。

その際には、是非アウターとの組み合わせを考えてみてください。

寒い季節にパフォーマンスを発揮するのが、このバッグです。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK sapporo/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

20AW LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL 杉村

December 3, 2020, 9:29 PM

Category: Blog Pick Up SHIRAKAWA Sugimura