1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

Diver’s son 欲張りEdition。

 

地域共通クーポン・PayPayスタートのお知らせ。

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

AOYAMA HOTEL STYLING SAMPLE at December

アウターと小物の組みあわせ。

型に捉われないセットアップ。

相棒になってくれるデニム。

表情を楽しむ。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

プレゼント選びが激戦化する中、昨日は革小物をご紹介させて頂きました。

財布類も鉄板、ですがうちでは腕時計も並ぶ程鉄板です。

各スタッフ好んで付けているVAGUE WATCH。僕もプレゼントした経験アリです。

簡単にまとめると、”カスタマイズ出来るアンティークウォッチ”。

今シーズンも青山ホテル1Fにて大々的に展開中です。

もう今までたくさんご紹介して来ているので、よく来て下さっている方からするとお馴染みですが、ベルトもフェイスも沢山あるので組み合わせは無数といっても過言ではありません。

ということで今回は、店頭では各スタッフ全身全霊でご相談に乗らせて頂くのは勿論のこと、オンラインにて各スタッフのピックアップしたカスタムモデルを発売します。

各店舗のブログにてご紹介していますが、青山では僕のオススメモデルを。

見た目とお得感を取った欲張りモデルです(笑)

“VAGUE WATCH”

-Diver’s son + STAINLESS BELT-

¥36,000+TAX-

僕が選んだのはこちら。

個人的にも2個所有しているダイバーズシリーズの”son”、ブラックです。

従来のダイバーズの息子と称して作られた小ぶりなデザインながら、存在感のある仕上がりが特徴です。

ダイバーズはカジュアルにも使えて、ちょっとモードなスタイリングにも使えるのが良くて気に入っています。無骨で目立つので、上で周りを強化したい僕としては最高のモデルです。

ただでさえベルトが元々、ラバーとナイロンがセットで付いているので、よりあらゆるシーンで着用出来てしまうのですが、さらにステンレスベルトを追加するという、、これが欲張りの正体です(笑)

ナイロンに関しては元々オリーブですが、ブラックに統一しました。

結果的に1つのフェイスに対してベルトは3つ。これがあれば当分満足でしょう、、

上からステンレス、そこから順にラバー、ナイロンで着用しています。

黒尽くめのスタイリングに映えるアクセサリーのように目立つステンレス。

柔らかめのスタイリングに馴染むラバー、前者と打って変わって柔らかい印象です。

ナイロンは夏場にも最適、走る時であったり、公園に行くようなアクティブな日に取り替えるのも良さそうです。

 

ベルトも慣れてしまえば朝5分あれば取り替え可能なので、仕事の日はこれにしよう!なんて考えるのも楽しいですね。

持っているのでさておきではありますが、個人的にはこれだけのバリエーションのものをもらって嬉しくないはずがない、、!このモデルが考えついた時はかなり上がりました(笑)

そして値段も手に取り易い。

最も人気なクッションというモデルのエクステンションベルトは、フェイス+ベルト1個ずつで¥28,000+TAX。同ブランドは大体3万前後なので、ギリ4万を超えないのも何だか嬉しいポイントでした。

シーン別で付け替えて、より愛着のある腕時計に。

色々な洋服をする方にも選んで頂きたいですし、シチュエーションを問いたくない方にも。

女性目線で選ぶとするならば、欲張りそうな彼氏にはこれです(笑)

満足して頂けるはず、、。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK sapporo/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

20AW LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL 木下

December 11, 2020, 7:15 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up