1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

日常と非日常を行き来する。

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

is-ness west side。

“TEATORA”のPackable。

機能的且つタウンユース。

本格始動です。

ずっと夢中で居続ける。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

純粋に洋服を楽しむこと。

昨日遅くにアップされたSTAFF上田のブログを、ウンウン頷きながら読んでいました。

趣味の多くない自分にとって、服を選んで買うことは何よりの楽しみで、生活上の大部分を占めています。

でも、毎日着替えて出掛けて、また翌日も着替えを繰り返しているうちに、その楽しみが薄れて忘れそうになることも時々あります。

そんな時、洋服を選ぶことの楽しさやスタイリングすることの嬉しさに、ハッと気付かされる瞬間があり、、

好きなブランドの洋服を選んで身に付けている時が、まさにそれです。

cantateが目指すのは「ハレとケのワードローブ」。

日常と非日常、2 つの顔を行き来できる服を思い描いています。

– CWM Bellows Jacket –

¥72,000+TAX-

– CWM Two-Tuck Trousers –

¥45,000+TAX-

まずはセットアップから。個人でもオーダーした、思い入れの強いモデルです。

両脇と底面にアコーディオンプリーツと呼ばれる織ひだを施した、蛇腹を意味するベローズポケットが特徴的で、昨シーズンも人気を博したベローズジャケット。

以前のベネシャン・コーデュロイ素材に続いて、今回はCWM=コットンウールモヘアを採用しています。

“涼しげで、適度な光沢があり表情豊か。ドライタッチな風合いも心地良い”

内訳としては、表面の3/2程度がモヘアでドライな風合い。裏面は同じく3/2程度がコットンで滑らかという、緻密なアレンジになっています。その上、光沢とハリ感が強いヤングモヘアを強めにプレスし、素材特有のキラキラとした光沢を際立たせています。

軽いシルエットに、照り返しの美しい表面感。

このモデルの比較的ゆったりとしたサイズバランスと合わさって、和物の羽織りのように余裕を感じるシルエットに仕上がっています。

同じ型でも、素材を変えるとこうも違って見えるのかと、素材合わせの巧みさを実感する1着です。

“シャツ以外に袖口の開きは必要ない”

そう考えて辿り着いたのが、この開きのない袖口のカフ。1つのボタンに対してボタンホールを2つ並べることで、袖口を薄く美しいデザインに仕上げています。

この作り込みのおかげで、横からのシルエットがスッキリと無駄がありません。気に入っているポイントの1つです。

共生地の2タックスラックス。

勿論、セットアップで試してもらいたいですが、カジュアルなスタイルにもスッと馴染むので、パンツ単体でも考えてみてほしいです。

デザイナーの松島さんは、このパンツを四股が踏めるスラックスと言って、よく足を振り上げています。

そのくらい楽に過ごせるパンツ。スラックス面なのに快適。

適度に太さがあり風通しが良いので、リラックスなシルエットに組み込んでみるのも良さそうです。

最後にセットアップ。

インナーには春先を意識して、薄手のストライプシャツを入れました。生地の厚みを抑えているので、襟周りに重みが出ず、コンパクトに収まります。

パンツはフラシの裾を上げているので短く見えますが、好みでクッションさせても雰囲気が変わるので、1度穿いてみることをオススメします。

– Fish Tail Coat-Stand Collar –

¥110,000+TAX-

以前に展開のあったモッズコートを、cantateなりの解釈で新たなスタイルにアップデートを施し、再リリースに至りました。

今回の生地には、経・緯糸にコットンとコーデュラナイロンの混紡糸を使った、バックサテンを採用。強度を上げ、耐久性・耐摩耗性も向上させています。

タフな印象ですが、綿本来の柔らかく優しい肌触りも体感できる、多方面に秀でる素材。

ポケットの中は、いつもの気持ち良いオリジナルのコーデュロイなので、つい手が伸びるという訳です。

見せ方を変えている要因に、スタンドカラーでフードを排除している点があります。

首まわりがスッキリ見えるので、本来の粗野なイメージを覆して品良く見えるはず。

その品良く仕立てた生地・ディテールに対して、サイズはワンサイズ展開のザックリと羽織る提案です。

思いっきり肩を落として着るくらいに大きくゆったりしているので、インナーを選ばすに、今の少し寒い季節から中に着込んでスタイリングしてください。

裏のボタンには、昨シーズンのWool Fleece Blousonをライナーとして付けることが可能になっています。真夏以外は年中使えるコートなので、オーバーサイズを活かしたスタイリングが望ましいですが、、

個人的には、下をレギュラーなパンツにして、コートとのメリハリのあるバランスが気分です。

年中着る分、インナーで季節感をプラス。サックスカラーのOXシャツを合わせて、爽やかさとカジュアルなニュアンスを加えました。

また、見た目に反して軽い着心地なので、レインコートの役割も兼ねた持ち歩き用のアウターとしても役立つでしょう。

ブランド流の解釈で、野暮なイメージのコートを、品を感じるデイリーユースなシルエットに作り替えた。そんな気の利いたイメージです。

– Denim Flare Trousers –

¥34,000+TAX-

下に合わせていた定番のフレアデニムも、トレンドを感じるアイテムです。

太過ぎず、細過ぎずな今穿きたいシルエット。

見てもらうと分かるように、もう説明不要なスッと伸びるように綺麗なデザインです。

緩やかなフレアなので、ロールの有無で少し変化させて、比較してみても面白いですよ。

– The Trench Coat –

¥150,000+TAX-

– Fluffy Parka –

¥40,000+TAX-

– Fluffy Sweat Pants –

¥31,000+TAX-

– T Shirt –

¥16,000+TAX-

デリバリーや気温の関係で紹介を次に回すアイテムもありますが、CWM素材のトレンチコートや定番のスウェットアイテム、新色が登場したカットソーなど、アウター2型に定番のシリーズを豊富に揃えた、非常に贅沢なラインナップになっています。

新型のリリースも多いブランドで、シーズンを跨いで展開がなくなることも多くあります。気になるアイテムは、試せる内に是非。

僕の日常的な服装は、シャツにデニム、キャップを被った決め過ぎないスタイル。

そこにcantateの服を組み込んで、いつも通り気を張らずに着るようにしています。

1アイテムを加えるだけで、非日常的な満足感を得られるのは、ブランドのアイテムに袖を通した人にだけ伝わる特権です。

最初は合わせにばかり拘ることなく、パッと着てみてください。

そこからは次はコレが欲しい、アレが要るなと次々に浮かんできます。

僕にとって、そんな風に日常と非日常を行き来させてくれる洋服がcantateです。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK sapporo/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

20AW LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL 杉村

February 3, 2021, 11:59 PM

Category: Blog Pick Up Sugimura