1LDK kyoto

SHOP INFO

LOG: 2022

ISSUETHINGS for 1LDK kyoto #2

1LDK RECRUIT

陽気な気分で。

Bellows Jacket 1week style ideas

E.tautzのシャツ

STUDIO NICHOLSON -POP UP & 23SS PREVIEW –

ISSUETHINGS for 1LDK kyoto

-ISSUETHINGS for 1LDK kyoto-

“TYPE3”

COL: NATURAL WHITE

SIZE: ONE SIZE

¥54,000 (¥59,400 TAX IN)

 

こんにちは。

1LDK kyotoの細見です。

ISSUETHINGS for 1LDK kyoto に続き、#2として撮り溜めておいたシーンを添えて今日のアナウンスを。

今回の京都企画は3月以来の約半年ぶり。

1年構想を重ねての発売になるので一層の特別感があります。


着用詳細: 175cm / ONE SIZE
<SHIRT/ UNIVERSAL PRODUCTS. “SOKTAS FLANNEL CHECK SHIRT[YELLOW CHECK]¥ 24,200 TAX IN>
<PANTS/ UNIVERSAL PRODUCTS. “NO TUCK WIDE CHINO TROUSERS[CAMEL]” ¥24,200 TAX IN>

昨年にもアウターコレクションとして3型別注で展開しており、

その時同様に今回も生地を変更してのリリース。

一口に生地別注と言ってしまえないくらい、アレコレを聞いていただいています。

今回チョイスしたのは、ナチュラルホワイトのモールスキン。

表現したのは、

「無骨すぎない”モダン”でクリーンな印象」

そして

「”ヴィンテージ”ならではな鈍い光沢感と毛羽立ち」


着用詳細: 171cm / ONE SIZE

前投稿の補足になりますが、生成りの生地ではモールスキンの特徴でもある光沢感が出づらく、最初に選択した生地から更に番手の細く織りの密度も高密度のものに変更してもらっています。

そこから長時間のバイオウォッシュ加工を施し、モールスキン特有の毛羽立ちを表現。

結果として、生地に光沢を出すだけでなく従来のモールスキンの無骨さも半減し、その見た目の特徴を持った生地が出来上がりました。


着用詳細: 177cm / ONE SIZE

勿論このTYPE3と相性は抜群で、たっぷり取った生地から生まれるドレープ感も魅力。

光に当たった時と、着ている時。

“どう見えるかのISSUE(問題)”もとことん議論して。

ちなみにサイズはワンサイズで、着る人によって其れも変わり、

シャツの上、ジャケットの上、ニットの上と、身長別にスタイルもそれぞれ。

“どう着るかも自由”と。

先週の台風でようやく秋が運ばれて来ました。

タイミングとしてもバッチリじゃないでしょうか。

本日11:00より、どうぞ宜しくお願い致します。

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 細見

September 23, 2022, 1:20 AM

Category: Blog HOSOMI

ISSUETHINGS for 1LDK kyoto

1LDK RECRUIT

陽気な気分で。

Bellows Jacket 1week style ideas

E.tautzのシャツ

STUDIO NICHOLSON -POP UP & 23SS PREVIEW –

こんにちは。

1LDK kyotoの小林です。

と言いたい所ですが、今は1LDK AOYAMAの店頭に立たせてもらっています。

半年前の3月辺りに仕込んだ時は京都店にいるはずだったのですが、、と前置きはこの辺で本題へ、、

タイトルやビジュアルから既にお察しかもしれませんが、2シーズン目となったISSUETHINGSとの別注取り組み。

構想は1年以上前からなんとなくあって、デザイナーさんに相談しつつ22AWシーズンでのリリースと相成りました。

個人的にモールスキンが好きで春秋の何か羽織りたい季節になれば毎年古着のフレンチカバーオールをシャツやカットソーの上から好んで着ているのですが、昨今の古着市場ではゴールデンサイズのモールスキン生地は枯渇状態&値段高騰。

そしてカラーはパープルがかったフレンチブルーかブラックが代表的。

そこをISSUETHINGSならではの生成りカラーに変更しヴィンテージではまず見られないナチュラルホワイトのモールスキンが着たい、、という所が出発点。

いわゆる生地別注なんですが、ここが一番悩みました、、

イメージとしてはモールスキンならではの鈍いツヤ感でクリーンさもありながらヴィンテージらしさもある、生地ムラとアタリを両立した生地。

これを伝えた所、「ウチのアトリエで打ち合わせしましょう」という流れになり、アトリエにお邪魔して膨大な生地サンプルの中からあれでもない、これでもないとじっくり選びました、、

「言うは易く行うは難し」とは良く言ったもので、実際クリーンな要素とヴィンテージの要素を併せ持った生地が見つからず、、

最終的に選んだのは無染色のスーピマコットンをそのままモールスキン地に織り上げて、バイオウォッシュを施した生地。

スーピマコットン特有の光沢感がありながらも、ウォッシュによりアタリやムラ感、糸節、シワ感が見られる生地。これなら理想のイメージに近い!という事で着地。

形は軍モノにあるフィッシュテールコートをモチーフにしたTYPE3。

今回はこの形に厳選したモールスキンを乗せ替えてもらいました。

生地違いを所有していますがやっぱりこの形がISSUEらしいオーバーサイズとモダンな雰囲気がいい具合にMIXされてていいなぁと再確認。

-ISSUETHINGS for 1LDK kyoto-

“TYPE3”

COL: NATURAL WHITE

SIZE: ONE SIZE

¥54,000 (¥59,400 TAX IN)

 

仕上がりも予想以上に良い面構えであがってきました。

数シーズン前のインラインであった帆布生地のモノよりも若干薄く生地に落ち感があるのでアームを少しコンパクトに修正してもらいました。

着心地もモールスキン特有のゴワ付きは感じずレイヤードしやすい生地感になっています。

ジャケットやローゲージのニットとの合わせも気兼ねなく出来そうです。

また追ってコーディネート編をお届け予定なので具体的なイメージはそちらをご覧頂ければ幸いです。

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 小林

 

September 20, 2022, 6:42 PM

Category: Blog

STUDIO NICHOLSON -POP UP & 23SS PREVIEW – Vol.2

1LDK RECRUIT

陽気な気分で。

Bellows Jacket 1week style ideas

E.tautzのシャツ

STUDIO NICHOLSON -POP UP & 23SS PREVIEW –

 

こんにちは。

1LDK kyotoの細見です。

 

STUDIO NICHOLSON – HIGH SUMMER POP UP & 23SS PREVIEW –

2022.6.11 (Sat) – 6.19 (Sun)

 

昨日に引き続いて、ポップアップのご案内を。

届いたものからいくつかピックアップして着てみましたので、本日は着用をメインに進めていきます。

物撮りだけでご紹介するのではなく、ちゃんと袖を通すことでその空気感と高揚感を孕ませて。

そうしていたら、いま誰よりもワクワクしてしまっています。

今回、22SSコレクションの中から盛夏物を中心に、メンズレディース合わせておよそ40型近くご用意しています。

また、いつもならサイズやカラーを絞って展開しているところも、今回のポップアップでは俄然バリエーション豊富に。

そこに明日6/11(土)は23SSコレクションの一部が並ぶので、直営店ばりのラインナップになりそうです。

このブログでもここまでメンズレディース一気にご紹介したことはなかったかもしれません。

改めて今季も素敵なラインナップだったなと思うと同時に、また並べられる嬉しさもあり。

「あれをセレクトしておけば良かった」の気持ちもいま回収できたような。

シーズン後半のラックにも、彩と充足感を与えてくれる貴重な機会になりました。

 

そんなこっちサイドの思い入れは少しばかりに、

是非皆様にも見にいらして欲しいです。

今回は商品のアレコレは省略しています。

商品量を言い訳に、お店でしか体感できないものになれば良いなと。

 

明日6/11(土)の23SS受注会に関してはSNSでの掲載が出来ないのですが、あのアイテムの新色や心躍る新型も。

ポップアップは9日間の会期となりますので、是非期間中にお立ち寄り下さいませ。

 

<受注に関しての注意点>
※受注商品は2023年1月中旬〜2月中旬に受け渡し予定となります。
※店頭受注の際に、内金として税込金額の50%を頂戴致します。

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 細見

June 10, 2022, 8:10 PM

Category: Blog HOSOMI

STUDIO NICHOLSON -POP UP & 23SS PREVIEW –

1LDK RECRUIT

陽気な気分で。

Bellows Jacket 1week style ideas

E.tautzのシャツ

 

 

こんにちは。

1LDK kyotoの小林です。

 

当店でも毎シーズン圧倒的人気を誇るSTUDIO NICHOLSON。

今では毎シーズンのコレクション、入荷がスタッフの楽しみの一つとなっており、

まずスタッフ同士での争奪戦が繰り広げられることもしばしば笑

競争率の激しさを物語っています、、

しかし、プロダクト自体1つ1つの拘り、クオリティが高い故に値段もそれなりの価格に。

毎回バイイングする際はかなりのラインナップから厳選せざるを得ない訳です。。

という訳で今回メーカー様の粋な計らいで、今週末よりPOP UPを開催する運びとなりました。

題して、

STUDIO NICHOLSON – HIGH SUMMER POP UP & 23SS PREVIEW –

2022.6.11 (Sat) – 6.19 (Sun)

季節柄を考慮して、今回は盛夏物中心のラインナップ。

もちろんメンズ、レディース共にあるのでカップルやご家族でのご来店も大歓迎。

ちなみに関西圏では初開催という事もあり今からどんな店内、雰囲気になるのか楽しみです。

 

さらにさらに、今回は特別に初日の11日(土)のみ23SS PREVIEWと題して23SSシーズン新作の一部が店頭に並びます。

来週頭から全国のバイヤー向けの展示会が始まる為、新作サンプルを置いておけるのは1日限りとなりますが、業界関係者よりも先にご覧いただけるのはかなりレアな機会だなと。

要は受注会形式なので、そちらからオーダーしていただく事ももちろん可能です。

もう今シーズンは買い納め、春夏物はもうお腹一杯という先物買い上手な方にも持ってこいのイベント。

ブランドの意向で23SSシーズン新作はSNSには載せることが出来ませんが、そちらは店頭でのお楽しみということで。

詳しい商品紹介やスタイリングは明日のブログでご紹介出来ればと思いますので、是非そちらを楽しみにして頂ければと。

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 小林

June 9, 2022, 7:21 PM

Category: Blog KOBAYASHI

E.tautzのシャツ

1LDK RECRUIT

PHEENY for 1LDK 22SS

HERILL for 1LDK “EX DENIM CARGOPANTS”

HERILL for 1LDK “EX DENIM CARGOPANTS” vol.2

陽気な気分で。

Bellows Jacket 1week style ideas

 

こんにちは。

1LDK kyotoの細見です。

 

あっという間に4月も半ばですね。

新生活も始まったことで皆様も何かとご多用のことと思います。

個人的には少し落ち着いてお店も平日が若干ゆっくりになりました。

新風館もすっかり新緑へと移り変わり、春陽に照らされた青紅葉や木漏れ日をエントランスから眺めるのが物凄い心地良く、

そして気付けば今日も夕方。

長め過ぎました。

 

と、ここまで書いてましたがなんやかんやバタバタして巻き返すように執筆しております。

 

今回はE-tautz 22SSデリバリー。

21AW同様に今季もアップデートして展開しています。

– E.tautz –

“COLLARLESS LINEMAN SHIRT”

COL: PUTTY / PINK

SIZE: XS / S

¥38,000 (¥41,800 TAX IN)

着用詳細
PUTTY: 175cm / S
PINK: 177cm / S

 

オープン当初から継続してセレクトしているブランド定番のラインマンシャツ。そのノーカラーデザイン。

今回は生地が変わりました。

細畝のサマーコーデュロイを使用し、春夏らしい色味に。

表記は”PUTTY”と”PINK”。

パティとピンク、2色展開として何となく語呂も相性も抜群な気がする。

ちなみに”PUTTY”は少し白みかかった黄色のこと。

サンドベージュの黄色みを強くしたような感じですかね。

余計に分かりにくくなったらすみません。

ちょうどうまく日が当たってくれました。

色もそうですが、生地のチョイスや落とし込むデザイン諸々本当に大人のオシャレだなと。

首元・袖元をスマート且つ丁寧に仕上げて身幅・肩周りには余裕。

タックパンツにインして着た時の胴体周りの感じが完成なんでしょう。

薄手のサマーコーデュロイですがハリもあるので、軽々アウター代わりとして中にまたシャツをレイヤードしても良し。

もちろん、とことんラフに着ても贅沢で良いんです。

個人的には敢えて野暮ったく着るのもアリですが、それ以上は是非店頭で提案させてください。

 

続いて、21AWにて1LDKが復刻別注したこのシャツ。

“GUSSET SHIRT”

COL: CREAM / D.NAVY

SIZE: M/L

¥36,000 (¥39,600 TAX IN)

着用詳細
CREAM: 175cm / L
D.NAVY: 171cm / M

 

ネックの1ボタンで開閉するプルオーバータイプの”ガゼットシャツ”。

D.NAVYと新たにCREAMの色を加えて、22SSのインラインに登場。

その名の通りネック内側にはガゼットが付きます。

サイジングはラインマンシャツ同様にゆったり、裾はスクエアカット。

生地には光沢のある薄手のブロード生地をたっぷりと。

インでもアウトでも軽やか、日向でも日陰でも表情豊かな1枚です。


CREDIT/ mfpen “Bigger Jeans[ECRU]” ¥33,000 TAX IN

ちなみにこのスタッフ福井の柔らかいワントーンスタイルが、彼にはとても大人っぽく気の抜けた雰囲気で着れていて良いなと思っていました。

単純なワンツーコーデでも大事なのは着こなすこと。

頭から爪先、雰囲気やパーソナリティみたいなこともとっても大事だと思ってます。

なので毎回ここに落ち着きますが、是非それぞれのスタイルに落とし込んで着てみてください。

↑これと同じくこのシャツも年中使い回しは効きますので。

 

あともう1型、”CARGO PANTS[STONE] ¥41,800 TAX IN”をご紹介しようと思っていたのですが、温めすぎているうちに完売となりました。

オンラインには掲載していますのでそちらを。

 

また今週はニコルソンの入荷分とかも纏めてご紹介できればと思っています。

是非色々と試しにいらして下さい。

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 細見

April 18, 2022, 10:27 PM

Category: Blog HOSOMI

Bellows Jacket 1week style ideas

1LDK RECRUIT

PHEENY for 1LDK 22SS

HERILL for 1LDK “EX DENIM CARGOPANTS”

HERILL for 1LDK “EX DENIM CARGOPANTS” vol.2

陽気な気分で。

 

こんにちは。

1LDK kyotoの小林です。

主役は遅れてやってくる。

とはよく言ったもので、今季個人オーダーしていたcnatateのbellows jacket。(21AWシーズンでも個人オーダーしました笑)

コロナの影響で待ちに待って約2ヶ月遅れで入荷してきました。本来なら1月後半に入荷して寒い時期からインナーにカシミアニットを挟んだり、デニムジャケットをインナーにするのも良さそう、はたまた古着のフリースベストなんかも、、、なんて入荷する前からコーディネートを想像していました。

残念ながらその時想像していたコーデは実現しませんでしたが、春からのコーデを想像する時間は山ほどあったのでその思いをこのブログにぶつけようと思います笑

という訳で、今回はbellows jacketと組下のトラウザー、組下ショーツで1weekコーデを組んでみました。

そうです。よく雑誌やweb媒体で目にするやつ、一回やってみたかったんです。雑誌媒体程のクオリティーはないまでも少しでも参考になれば幸いです。

ちなみに合わせているアイテムはリアルさ重視で私物が多めなのでクレジットは店頭に無いものも多めです、、

と、その前に簡単にご紹介を。

 

cantate

“SATIN HERRINGBONE BELLOWS JACKET”

COL: DUCHSHUND

SIZE: 46 / 48

¥78,000(¥85,800 TAX IN)

“SATIN HERRINGBONE TROUSERS”

COL: DUCHSHUND

SIZE: 28 / 30

¥54,000(¥59,400 TAX IN)

 

“SATIN HERRINGBONE CARGO SHORTS”

SIZE: 28 / 30

¥48,000(¥52,800 TAX IN)

今シーズンで4シーズン目となるベローズ。

ディテールなんかの説明は抜きにして変更点を。今回は経糸にコットン、緯糸にリネンを使用したベネシャンのヘリンボーン生地。

一見ヘリンボーンと聞くとヴィンテージで見られる軍モノやツイードのようなトラディショナルで無骨な印象がありますが、ベネシャン組織にする事で品のある光沢感が生まれ見事に精悍さと上品さが調和しています。

そして仕上げにワンウォッシュする事で少しクタっとした柔らかい風合いに仕上げているのも変更点。

それでは改めてどうぞ。

Monday

 


CREDIT
KNIT / YLEVE “CASHMERE SILK KN P/O” ¥47,300 TAX IN
SHOES / Paraboots(スタッフ私物)
EYE WEAR / BuddyOptical “SUNY S” ¥36,300 TAX IN

この日は撮影初日と息巻いていましたが、生憎の雨模様。

という訳で足元は雨の日の晴靴であるparabootsをチョイス。ここでインナーにシャツだと少しカチッとし過ぎてしまうのでビビットなグリーンのサマーニットでトレンド感とカジュアルダウンを。

セットアップを着るときはインナーでカジュアルダウンしたり、シンプルになり過ぎないようにアイウェアなどの小物で足し算したりバランスをとるのがマイルール。

 

Tuesday

CREDIT
SHIRTS / a.presse “PULLOVER GRANPA SHIRTS” ¥43,000 TAX IN
KNIT / UNIVERSAL PRODUCTS “COTTON KNIT CARDIGAN” ¥26,400 TAX IN
PANTS / UNIVERSAL PRODUCTS “CANTON PAINTER PANTS” ¥41,800 TAX IN
EYE WEAR / EYEVAN7285 (スタッフ私物)

 

火曜日は天候も回復し撮影日和。UP × CANTONとのダブルニーデニム合わせは兼ねてより企んでいたコーデなので外せませんでした。

ボトムスがカジュアルな分、インナーはシャツ+カーディガンで、シューズは革靴でキレイめ要素をプラスしました。

この日もちゃっかりグリーン挿しです。

 

Wednesday


CREDIT
TOPS / USED (スタッフ私物)
PANTS / a.presse “USAF HEMMED PANTS” ¥41,800 TAX IN
SHOES / STOCK NO “MS2201” ¥39,600 TAX IN

この日は新風館の中庭にある桜が綺麗だったので、そこで撮影しました。

チャンピオンのリバースウィーブ合わせもやりたかったコーデの一つ。ジャケットが届く前から想像を膨らませ古着屋にて前のめりでゲットしたものを。

他はベイカーパンツにモカシンシューズとアメカジ寄りに纏めました。

ここもコテコテのアメカジになり過ぎないように全体のカラーをホワイト、ブラウンで統一しました。最近またアメカジが気になるので個人的には一番気分なコーデです。

Thursday


CREDIT
KNIT / a.presse
CUTSEW / UNUSED

木曜日は展示会で東京出張の際に青山店にて撮影したもの。

昼下がりに日差しが良い感じに入ってきたタイミングで共生地のショーツでセットアップスタイルを。

もう少し暑くなれば足元はサンダルでも良いんですが出張という事もあり歩きやすいニューバランスに意図せずなりました。。スニーカーだとコンバースやバンズなどのキャンバス系がいいかな〜と思っていましたが合わせてみるとこれはこれでありかなと。

ショーツ × ジャケットのセットアップは出来る期間が限られてる分、やっぱりテンション上がります。

Friday


CREDIT
TOPS / MAATEE & SONS(スタッフ私物)
SHIRTS / UNIVERSAL PRODUCTS(スタッフ私物)
SHOES / REPRODUCTION OF FOUND(スタッフ私物)

 

ジャケットばかりだったので、この辺りで組下パンツ単体のコーデも。

パンツにはあまり触れてこなかったですが、まずトラウザーではなかなか体験した事がない快適な穿き心地に驚かされます。

引っ張られる感じや窮屈感は全くなく股下にガゼットクロッチでも付いているのかと勘違いする程。

デザイナーの松島さんが四股が踏めるパンツと呼ぶだけの事はあります。

そして構造上、裏側にリネンが多くなるように作られているので見た目より涼しく真夏でも難なく履けそうです。

コーディネートから少し脱線してしまいましたが、品のあるトラウザーが主役という事でスニーカーにデニムジャケットでカジュアルダウンしました。

本来ならヴィンテージのデニムカバーオールと合わせたかったのですが、残念ながらそこは間に合わず、、

白スニーカーと白タートルのチラ見せがお気に入りポイントです。

Saturday


CREDIT
SHIRTS / DAIWA PIER39 “TECH NEW ANGLER’S OPEN COLLAR SHIRTS L/S” ¥22,000 (¥24,200 TAX IN )
EYE WEAR / LESCA LUNETIER(スタッフ私物)
SHOES / NEW BLANCE(スタッフ私物)

土曜日は久しぶりにセットアップで。

初日は革靴合わせだったのでこの日はスニーカーにダイワのチェックシャツでスポーツとアウトドアの要素をプラス。

グリーン挿しが気分と言っていましたが、やっぱり同系色での合わせが落ち着きます。

Sunday


CREDIT
SHIRTS / E.TAUTZ “GUSSET SHIRTS” ¥39,600 TAX IN
SHORTS / E.TAUTZ “RUPERT SHORTS” ¥41,800 TAX IN
SHOES / STOCK NO”MS2201″ ¥39,600 TAX IN
EYE WEAR / LESCA LUNETIER(スタッフ私物)

 

最終日は20度を超える気温だったので、デニムショーツと合わせました。

こうして見てみるとデニム合わせ多いですね、、

インナーには密かに狙っているe.tautzのガゼットシャツを。襟ありのシャツやバンドカラーなどとは少し違った感じが新鮮です。

カラーも春らしいパステルイエローでベローズのDACHSHUNDカラーとも好相性。

GWあたりはこのくらいが丁度良さそうです。

 

なんだかんだツラツラと書いてしまいましたが、ここまで画像だけでも見て頂きありがとうございます。

是非皆さんと店頭でも一緒にあーだこーだ言いながらコーディネートを考えられれば幸いです。

 

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 小林

 

April 11, 2022, 9:07 PM

Category: Blog KOBAYASHI

陽気な気分で。

1LDK RECRUIT

待ちに待った『春』です。

PHEENY for 1LDK 22SS

HERILL for 1LDK “EX DENIM CARGOPANTS”

HERILL for 1LDK “EX DENIM CARGOPANTS” vol.2

 

こんにちは。

1LDK kyotoの藤原です。

 

春の陽気とともにPHEENYの3rdデリバリーが到着しました。

“RAYON LEAF PRINT OPEN COLLAR SHIRT”

COL: GREEN / BURGUNDY

SIZE: FREE

¥24,000 (¥26,400 TAX IN)

 

“RAYON LEAF PRINT GATHERED PANTS”

COL: GREEN / BURGUNDY

SIZE: 1 / 2

¥25,000 (¥27,500 TAX IN)


着用スタッフ155cm / SIZE1

レーヨン素材独特の柔らかい風合いとしなやかさが魅力のセットアップ。


CREDIT
MY_ “COMESANDGOES SUMMER BUCKET HAT” ¥15,400 TAX IN

葉、果実、花瓶、波などを切り絵で表現し、手捺染でプリントされた生地を使用し、今シーズンを象徴するモダンでクラフト感のある仕上がりな2ピース。

大胆な柄は単調になりがちな春夏の装いにプラスするだけでコーディネートが映えてくれるので、これからの時期の柄物には特に惹かれやすいのではないでしょうか。

オープンカラーのシャツは首元がスッキリとして女性らしく着られ、羽織としても◎

コーディネートにおいても幅広くお使いいただけます。

実際に着てみると軽く、着心地が良いのでついつい癖になってしまいます。

パンツは毎シーズンブランドの中でも好評のイージーパンツを採用。後ウエストがゴム仕様になっているのでリラックスして穿いていただけます。

太めのシルエットですが、ドレープ感がしっかりとある為身体の動きに合わせて表情が変わるのもこのパンツならでは。

他にもいくつかスタイリングを組んでみたので参考までに。


CREDIT
SCYE “WASHED COTTON POPLIN COLLARLESS SHIRT” ¥35,200 TAX IN

パンツのインパクトを崩さないよう、シンプルなブラウスと合わせてみました。

続いてグリーンのカラーを。

透け感のあるワンピースを挟むのもありかと思い挑戦。


着用スタッフ173cm / SIZE2
CREDIT
OUD “SHEER SLIT DRESS” ¥19,800 TAX IN

パンツの柄が見えるよう、透け感やスリットが深いワンピースを選び、レイヤードする事でシンプルなセットアップの組み合わせに、少し遊び心を加えてます。

柄物は合わせ方次第で沢山の着方を楽しめるので個人的にもオススメです。

撮影をしたこの日、すごく天気が良くてちょうど桜も見頃で勤務中ながら少しお花見ができた気分で朝からハッピーでした。

 

続きまして。

“N/S BASQUE SHIRT”

COL: ORANGE

SIZE: FREE

¥16,000 (¥17,600 TAX IN)

1stデリバリーにあった、”RAGLAN SLEEVE BASQUE SHIRT” のノースリーブの型です。

個人的にはノースリーブのバスクシャツってすごく新鮮味があって、しかも大好きなオレンジ色ともなれば即決です。

アームホールが広めなのでベストとしてもありなのでは?と思いレイヤードスタイルをチョイス。

まだノースリーブが早いなって時期でもロンTとの合わせもオススメですし、上からシャツを羽織ったりするのも良いのではないでしょうか。

ヒップが隠れる長めの丈感もスリットが施されているのですっきりとした印象に仕上がっています。

お洗濯で2~3cmの縮みが出るので回数を重ねる毎の変化もお楽しみいただける1着です。

 

続きましてラスト。

RAYON OMBRE CHECK 2TUCK SLACKS

COL: GREEN

SIZE: 1 / 2

¥27,000 (¥29,700 TAX IN)

着用スタッフ155cm / SIZE1

“RAYON OMBRE CHECK BUCKET HAT”

COL: GREEN

SIZE: FREE

¥14,000 (¥15,400 TAX IN)


CREDIT
MY_ “BOUCLE POLO KNIT” ¥19,800 TAX IN

ブランド定番のオリジナルレーヨンチェック。

今シーズンはブランド10周年記念として新色のGREENが追加されています。

ハットとパンツのセット着用が可愛すぎて圧巻でした。

ハットは顎紐が付いていて、被っても被らなくても可愛いです。

個人的には自転車に乗るので、紐があると飛んでいく心配もなく安心です。


CREDIT
MY_ “BOXY GILLET” ¥22,000 TAX IN
PHEENY “THERMAL MOCK NECK PULLOVER” ¥22,000 TAX IN

ブランド定番の2タックスラックスは少しゆとりを持たせ、レーヨンの柔らかい風合いを活かした絶妙なシルエット。

ウエスト部分は両サイドにボタンが施され、前から見たときにスッキリとした印象となっています。

この独特のドレープ感が個人的にツボで毎シーズン心から欲しいと思わさせられます。

私は身長が173cmあるので少し丈が心持たなく毎度断念しています。

このシルエットで穿ける皆様が羨ましい限りです。

淡い色で纏めてパンツの柔らかな風合いを活かしたスタイリングです。

言葉で表現するなら、”優しそう” ですね。笑

今シーズンのPHEENYからのデリバリーは今回がラストとなっていますが、夏に向けてスペシャルなアイテムもまた展開がありますので、そちらも乞うご期待です。

PHEENYのような春らしい装いでお花見もまだ間に合うのではないでしょうか。

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 藤原

April 6, 2022, 8:27 PM

Category: Blog

HERILL for 1LDK “EX DENIM CARGOPANTS” vol.2

シャカシャカ系セットアップで衣替え

1LDK RECRUIT

待ちに待った『春』です。

PHEENY for 1LDK 22SS

HERILL for 1LDK “EX DENIM CARGOPANTS”

 HERILL for 1LDK

“EX DENIM CARGOPANTS”

COL: BLACK

SIZE: 1 / 2 / 3

¥47,000(¥51,700 TAX IN)

こんにちは。

1LDK kyotoの細見です。

 

昨日に続いての投稿になります。

個人的にもとても心待ちにしていました。

経緯やディティールについては概ね書いてもらったので、撮り溜めたスタイリングを挟みながら明日の発売へ向けてのアナウンスに。

隔週で別注アイテムの発売があり、全スタッフが忙しなくしているところにかなり無理を言って動いてもらいました。


着用スタッフ166cm/SIZE1

昨年の8月に企画を行ってから、こうしてようやくリリースできるまで約7,8ヶ月。

沢山できるわけではないのでこういった1回1回がすごく自分の中で重要で。

届くまではいつのタイミングにしようかとか、どんな風に提案しようかとか、誰に穿いてもらいたいかとか色々考えてましたが、

そんな暇もないくらい到着から今日までバッタバタ。

それでもちゃんと用意は出来ています。


着用スタッフ171cm/SIZE1

今季、お店ではサイズ2のワンサイズでしか展開していませんが、別注では1/2/3のスリーサイズで展開します。

理由は純粋に沢山の人に穿いてもらいたい。

それだけです。


着用スタッフ173cm/SIZE2

シルエットは骨太で迫力満点のワイドストレートですが、丈がそこまで長くない設定なのでウエストがクリアできれば誰にでも挑戦できる。

裾の絞りでも加減の調整が効く。


着用スタッフ175cm/SIZE2

そして今回この生地と色味に仕上げてもらったのも、より都会的でラフで、また上品なスタイリングにも馴染んでくれるように。

褪色してグレーがかった色味は、デニムの中で分けるとするなら”キレイめ”?な方。

「結果的に印象としてそう見える」

みたいなことを今回この別注でやってみたかった。

それもあります。


着用スタッフ177cm/SIZE3

ヴィンテージも好きなのでもっと色ムラを作ってみようかとも考えましたが、この塩梅が”らしく”て良いんじゃないかと。

古さも新しさもある、ちょうどベン図の部分を摘んだような。


着用スタッフ175cm/SIZE3

サラ着も古着もいろいろ持ってたり、知ってたり、はたまた全く通りすがりに目に入っただけでも。

老若男女まではいかないとしても幅広く。

そんな惹きのある1本が出来上がったんじゃないかなと思っています。

 

ちなみにサイズは1から3までを順に2人ずつ身長別で穿いてもらってるので、それを目安にしてください。

ご覧のようにトップスに来るものはスウェットでも、艶っぽいシャツでも、ニットでも、派手な色物でも古着でも受け入れてくれますよ。

 

展開店舗は中目黒と京都(オンラインストア)のみ。

前述したように、是非たくさんの方に穿いてみて欲しいです。

 

明日4/2(土)からどうぞよろしくお願い致します。

 

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 細見

April 1, 2022, 9:46 PM

Category: Blog HOSOMI

HERILL for 1LDK “EX DENIM CARGOPANTS”

モントリオールからの舶来品

シャカシャカ系セットアップで衣替え

1LDK RECRUIT

待ちに待った『春』です。

PHEENY for 1LDK 22SS

 

こんにちは。

1LDK kyotoの小林です。

最近、展示会やトピック発売が重なったりとバタバタしていました、、

完全なる言い訳ですがブログを少しサボり気味になっており、、すいません。

なんだか久しぶりに書くな〜と思いながらパソコンをカタカタしている訳ですが、本日紹介するのはどれだけ時間がなくても絶対ブログを書こうと決めていたもの。

 HERILL for 1LDK

“EX DENIM CARGOPANTS”

COL: BLACK

SIZE: 1 / 2 / 3

¥47,000(¥51,700 TAX IN)

 

 

21AWシーズンより展開されていたHL DENIM CARGOPANTS。

展示会で見た時から購入を即決して、AWシーズンはもちろん今シーズンも調子良く、かなりの頻度で穿いています。

巷ではいろんなブランドから様々なカーゴパンツがリリースされていますが、こちらは既視感のないブランドオリジナルの形。

インパクトのあるズドンとしたシルエットにサイド部分の大きなカーゴポケットが目を惹くデザイン。通常膝辺りにあるカーゴポケットを腰の高さまで持っていく事で極太シルエットの割に収まりが良く唯一無二な仕上がりに。

何よりカーゴパンツをデニム生地で再現している所が最大の魅力かと。

 

22SSシーズンのインラインではホワイト、インディゴ、オリーブの3色展開に対して、ブラックデニムにて製作を依頼。

その際、デザイナーの大島さんには古着やヴィンテージで見かける、ブラックデニムが経年変化でフェードしグレーになった感じというざっくりとしたイメージと自分の私物であるリーバイスの501を写真で送りました。

こんな感じで伝わるのかな、、と少し不安もあったんですが古着やヴィンテージに精通している大島さんにはそれだけで十分でした。

その後去年の12月辺りにサンプルが上がってきたんですが、想像以上の仕上がりでした。

全体的には濃淡ムラのないフェードしたグレーながら、太腿から膝にかけては他の箇所よりも微妙にフェード具合が微妙に濃く、カーゴポケットのフラップ部分のダメージなんかはまさにヴィンテージ顔負け。

一見、生地は重くガシッとしてそうなんですが穿いた感じは予想に反してふっくらと柔らか。たけどしっかりコシがある。

聞けばHERILLオリジナルの生地らしく糸の段階である仕掛けを施すそう。この部分はかなり専門的かつ企業秘密的な感じもあるらしく、、

詳しくは店頭にてお話し出来ればと。

もちろん修正点なく1発OKで進行してもらいました。

ちなみに今回は1LDKの為だけに特別にインラインにはない生地を作ってもらったので、作れる本数が少なく少量展開となります。

明日も引き続きスタイリング編のブログを更新予定なので、コーディネートなんかのイメージはそちらで見て頂きますと幸いです。

 

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 小林

 

 

March 31, 2022, 9:40 PM

Category: KOBAYASHI

PHEENY for 1LDK 22SS

そろそろでしょう。

モントリオールからの舶来品

シャカシャカ系セットアップで衣替え

1LDK RECRUIT

待ちに待った『春』です。

 

こんにちは。

1LDK kyotoの藤原です。

PHEENY for 1LDK

2022.3/19 (SAT) 〜

取扱店舗

1LDK apartments. (03-5728-7140) 12:00~

1LDK kyoto (075-366-5556) 11:00~

1LDK annex (052-211-9546) 13:00~

1LDK ONLINE STORE 11:00~

Unlimited ONLINE STORE 13:00~

21AWシーズンに引き続き、今シーズンもPHEENYさんとのコラボレーション企画となります。

毎度心を踊らされるアイテムに期待も膨らむ中、到着した商品はため息が出る程の可愛さといっても過言ではないでしょう。

スタイリングと共にご紹介させていただこうと思います。

では早速。

PHEENY

“THERMAL MOCK NECK PULLOVER”

COL: IVORY / PINK

SIZE: FREE

¥20,000 (¥22,000 TAX IN)

袖を通してみて思ったのは、とにかく肌あたりが良いことです!

PHEENYオリジナルのコットンサーマル生地はドライな表面感のある空紡糸を使用しており、ヴィンテージのサーマルのような少し硬めの生地を表現しました。

とは言いつつも、着心地としてはザラつきもなく、柔らかく、ふんわりとした肌触りに。

ついつい着たくなるような一枚です。

前後差のある丈感は後見頃と袖口にスリットが施され、すっきりとした女性らしい印象に◎

タックインをしてももたつきもなく、幅広く着用いただけます。


CREDIT
MY_ “WAFFLE EASY PANTS” ¥20,000 (¥22,000 TAX IN)
MY_ × COMESANDGOSE “SUMMER BUCKET HAT” ¥14,000 (¥15,400 TAX IN)

サーマル × ワッフルで合わせてみました。

ラフなスタイリングですが季節感もあり、晴れた日にこの組み合わせで散歩とかしたい気持ちです。

ピンク × ブラウン

この色の組み合わせは私の中ですごく可愛らしいイメージなのですが、PHEENY別注のトップスなら大人っぽい、落ち着いた印象で着られる気がしました。


CREDIT
PHEENY “COTTON DUCK PAINTER APRON” ¥29,000 (¥31,900 TAX IN) (sold out)
KLOKE “HONE PATCHWORK JEAN” ¥33,000 (¥36,300 TAX IN)

ベストやオーバーオールなどのインナーとしては勿論、今時期から一枚でサラッと着ていても可愛いですよね。

今回の別注アイテムも1LDKの為の特別感のある仕上がりとなっていますので、是非一度直接見て、触れて体感していただければ幸いです。

 

◯お問い合わせ

1LDK kyoto
〒604-8172
京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館1F

075-366-5556

 

1LDK kyoto 藤原

 

March 18, 2022, 7:54 PM

Category: Blog FUJIWARA