1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

アウター論争 #SAKAKIBARA

 

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

ONLINE SHOPを臨時オープン致しました!

E.TAUTZの別注シャツ。

bagjack for 1LDK AOYAMA HOTEL.

営業再開・営業時間短縮のお知らせ

今の青山ホテル。

アウター論争 #KINOSHITA

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの榊原です。

先程のBLOGからの流れで、、

 

本日は生憎の天候、と言う事でジャケットを引っ張り出してきました。

度々私服BLOGでも登場させるCLASSのジャケット。No.1のお気に入りと言っても過言ではないジャケットです。

こんな雨の日にでも着てくるのかと怒られそうですが、それ程までに安心出来るジャケットなんです、、。

と言うのも、モチモチで弱撥水の「ポリエステル/シルク」という素材感。この最強のミックス生地がそうさせるのかも知れません。

 

さて、僕の羽織りイチオシを早速。

昼間の雨の中、STAFF木下と撮り合いっこをしたので、どうか写真だけでも見ていって下さい!

“TEATORA”

– WALLET JACKET PH –

¥60,000+TAX-

僕らの中で、その人と言えばのブランドがある中で、僕は特にTEATORAが名乗りをあげてきます。

皆様にもこれは得意分野!みたいなものがあると思いますが、僕らはそのブランドのアイテムを愛用しているか、もしくは、よくブログ等で熱く語っているからなのか、兎に角互いに印象付いている事に変わりはありません。

例えば先程の木下で言えば、「コーチジャケット」。身体にくっついているくらい着ていますね。

そんな”十八番”を特集しているわけですが、このジャケットはこれから羽織るのに文句なしの仕上がりです。青山でも従来から染み付いていたSolo Moduleシリーズから今期は一新。

“Packable Horizon” 通称PH。

この生地に関しての詳細はTEATORAの公式HPにぎっしりと書かれているので、ポイントだけ少し。凹凸状の表面で接触冷感、伸縮性に富み、コンパクトに丸めることも可能なのがこのアイテム。

CREDIT
“TEATORA” – Wallet Shorts PH – ¥32,000+TAX-
“Abu Garcia” – 6 PANEL CAP – ¥4,000+TAX-
“honto.” – 4 WAY BAG L – ¥14,000+TAX-

今回はショーツとのセットアップで。

生地の性質上、少しグレーがかって見えますが、表記はブラックでこの色味。スポーティーかつ、ドレスコードにも適したカジュアルなスタイルですが、これはこれでハマりそうです。

昨日も常連さんがこのセットアップを探しに来られましたが、残念ながらサイズが合わず、、と、それくらいプロダクトへの安心感があります。

購入のハードルを超えて、あとはサイズのみ!というお客様が特に多いブランド。ずっと長く愛用できるセットアップ、魅力的です。

 

続いて2パターン目。

“E.TAUTZ”

– HARRINGTONE JACKET –

¥100,000+TAX-

こればっかりは、かなりイケてる!

というのも束の間、かなり高額なブルゾン。それもそのはず、ロロ・ピアーナの最高級ナイロン/ウールで製作されたブルゾン。

こういう雨天時でも妖艶なドレープを生み出すことは勿論、合繊の安心感、手軽さでパッと手に取り易いアイテムです。

ショート丈でアームは大きめの、所謂ハリントンジャケットですが、クリーンなブルーの色味にクラシカル過ぎない点が個人的にドンピシャ。個人的にはスポーツも好きなので、この系統をどんどん突き詰めていこうと思います。今までから少しずつスタイルが変わってきているのも事実なので、周りのスタッフにも何かと触発されているというのも正直なところ。

CREDIT
“Partizan25” – FOOT BALL TEE – ¥10,500+TAX-
“Abu Garcia” – 6 PANEL CAP – ¥4,000+TAX-

ハリントンジャケットはとことんレイヤード、といったイメージが着いてしまっているので、大きめのTシャツは欠かせません。

 

逆に僕はコーチジャケットに反して、ジャケットをピックしましたが、それ程までにお互いの好みの敵対視がすごい本日です(笑)

体系や性格もバラバラな青山で、たまにはこうしたブログも良いなーと思いつつ締めくくりたいと思います。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

May 19, 2020, 9:16 PM

Category: Blog Pick Up Sakakibara