1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

リュクスなシャツ。

 

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

ONLINE SHOPを臨時オープン致しました!

E.TAUTZの別注シャツ。

bagjack for 1LDK AOYAMA HOTEL.

営業再開・営業時間短縮のお知らせ

1~100。

夏の兆し、、

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの野口です。

少し前とは店内をガラリと雰囲気を変えて、今は夏物アイテムが豊富に並んでいます。

自分自身もここ数日で気分を春から夏にシフトして、出勤するなり、これも欲しいあれも欲しいと店頭でアイテムと睨めっこしている毎日。

そんな中で本日のBLOGは、実際に僕自身が夏のワードローブに加えたアイテムをピック。

昨日から半袖シャツのBLOGが続きますが、一つ一つ雰囲気の違うアイテムばかりなので、新鮮な気持ちで見て頂けると思います。

“STUDIO NICHOLSON”

– SORONO –

Col.
LEAD(左)

¥36,000+TAX-

Col.
NAVY STRIPE(右)

¥38,000+TAX-

CREDIT
“mfpen” – BELL HAT – ¥10,000+TAX-
“BROWN by 2-tacs” – WIDE – ¥27,000+TAX-

個人的に購入を決めたこちらの一枚。

今っぽい緩さで脱力感のあるようなシルエット。しかし、この光沢のある上品な素材使いと色味が、ヌケ感の中に大人っぽさを。

素肌に馴染んでくれるリュクスな質感で、着ていてストレスにならないのも夏には嬉しいポイント。

カラーはLEAD。鉛色と言うのですが、分かり易く表現すると、錆びた感じの色合いです。(この色はニコルソン特有のものだと思っています)

この絶妙なカラーが、唯一無二な存在感を放っており、他のシャツとの差別化が容易に可能です。この色が決定打となって、自分は購入を決めたと言っても過言ではないでしょう。

個人的な着こなしのポイントとしては、下二つのボタンを開けて、より裾に向かって横に広がるようなシルエットに調整してみました。

夏のシンプルな装いでも、何か自分色を出せるようにと色々試しています。

胸にあるBIGポケットは、ステッチで二つに分けられた気の利いたデザイン。

こういった細い拘りにも魅せられます。

斬新さも感じますし、パッと目を引いた部分ですね。

バックの膨らみも綺麗に出てくれています。

硬くハリのある生地なので、風になびいて出来る膨らみも、このシャツの魅力であるシルエットが常にベストな状態でキープしてくれます。

それにしても良い色味、、。

パンツにはナチュラルカラーをチョイスしましたが、相性はピカイチ、

なんとも言えない曖昧な色の合わせがセクシーで、惚れ込んでしまいましたね。

 

そしてもう一色、雰囲気を変えまして、、。

CREDIT
“UNIVERSAL PRODUCTS” -T/C 1TUCK WIDE SHORTS- ¥23,000+TAX-

こちらはストライプシャツ。先程のカラー”LEAD”とは打って変わって爽やかさのある仕上がり。

パンツもシャツに合わせて清涼感のあるショーツでコーディネート。加えてサンダルと、夏の真っ只中にはこのような格好で街に繰り出したいところ。

気になるのがこのシャツ、先程のLEADカラーとシルエットやディテールには変化がありませんが、値段に少し差が生まれています。

これの何が違うのかと言うと、それは生地にあります。

使用している生地は、インポート高級生地メーカーの”アルビニ”。

アルビニは、イタリアの三大シャツ生地メーカーの一つ。

細番手で高密度に織り上げた生地は滑らかで独特な光沢感を生み出し、他のシャツとの違いは明らか。高級シャツメーカーも使用している、世界最高峰のシャツ生地メーカーです。

この贅沢な生地を、日常着として現代的に落とし込み生まれたのがこのシャツ。

ワンランク上の自分にさせてくれるような魅力が詰まった逸品でしょう。

 

 

 

今日も暑くて、僕は長袖シャツを腕まくりして出勤。

6月も近づいてきて、そろそろ本格的な夏が到来してきます。

今年は夏の行事なんかも中止になってしまったりして、今まで通りには夏を楽しめないかもしれません。

ですが、洋服だけでも、テンションの上がるものを身に纏って気分を晴らしたい。

こんな世の中だからこそ、日常の当たり前を充実させる為に、洋服という365日付き合う物こそ、今の生活を豊かにしてくれる一つなのではないかと思います。

なので私達は、洋服の素晴らしさを常にお届けしていく使命を持って、日々精進して参ります。

 

※ちなみにリュクスとは、華美、贅沢、豪華、優雅、高価であることです。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL

May 28, 2020, 8:29 PM

Category: Blog Kobayashi NOGUCHI Pick Up