1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

シャツを羽織る。

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

ONLINE SHOPを臨時オープン致しました!

E.TAUTZの別注シャツ。

営業再開・営業時間短縮のお知らせ

夏の兆し、、

夏の味方、、

リュクスなシャツ。

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

通常のオープンとなって2回目の週末を迎え、気温の浮き沈みも激しい日が続いています。

僕らでさえ何を着ていいかわからない日もしばしばあり、前の休みは半袖で過ごしていたのに、昨日のBLOGでご紹介したのは半袖だったのに、、

結局長袖を着ている毎日です。

元々1LDK自体、夏も長袖シャツを捲って着るというスタイルが主流でした。僕も入社してから、、

と、この話も何10回したことやら(笑)

”HED MAYNER”

-OPEN BACK SHIRT-

¥56,000+TAX-

「長袖シャツを羽織るイメージで」

僕らがしていることもありますが、最近お客様からよく言われるワードナンバーワンです。

ややルーズなサイズ感で、夏らしく軽い色合いのシャツを半袖の上から羽織りたい、よく言えばリネン素材のようなより快適なものが良いですが、コットンであればそこは難なくクリアしてくれるはず。

選ぶ為の判断材料としてはサイズ感が少し緩い〜オーバーサイズまでなのは前提として、カラーと素材が最重要。

コットン、レーヨン、ポリ、どういった素材で他との差別化を測るのか、といったところで、僕はまずコットンを選びました。

その中でも軽めのコットン、柔らかく着ている感覚を最小限に抑え、暑苦しさもないHED MEYNERのシャツです。


CREDIT
“RICHFIELD” -E-5 TAPERED EASY SLACKS- ¥25,000+TAX-

白のシャツを着たいとは言え、真っ白も難しいので、オフ白、もしくは生地がリネンで透け感があったり、オーガニックコットンの表情豊かな質感であったりと、どこかでワンポイントプラスしたいところ。

アームの太いこのシャツは、袖捲りした時のボリューム感も良く、他と差をつけてくれることかと思います。

やや着丈の短いバランスも様々なパンツと合わせやすくて◎

普段夏は半袖も着ますが、比率として多い長袖シャツ。

e.tautzのシャツやキャプテンのシャツ等個人的にもかなりの頻度で着用してしまうシャツも店頭にご用意していますので、梅雨前に一度探しに来てみるのもありかもしれません。

 

それではひとまず、他STAFFのピックアイテムをどうぞ。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの杉村です。

選んだのは、オーバーサイズを飛び越してルーズシルエットなこのシャツです。手っ取り早く他との差別化を図るにはもってこい。

“whowhat”

– WIDE L/S SHIRT –

¥28,000+TAX-

whowhatの大きいシャツなら5XL SHIRTシリーズを思い浮かべますが、同じルーズシルエットでもこちらは横幅をポイントに広く取っています。

2カラーで、もう一色にはBEIGEを用意しているので、リンク先のオンラインサイトを覗いてみてください。

横幅のあるワイド、そこに対してリヨセル生地のトロッとした性質が重く感じさせず、夏を連想させるシルエットに。

オーバーサイズに軽い生地の掛け合わせ。ここのギャップ作りが上手なブランドだなあと袖を通す度に感じています。

そして、少し暑いくらいの日が続いているので、羽織りのシャツに合わせるパンツはショーツが気分です。


CREDIT
“E.TAUTZ” – NAVAL SHORTS – ¥30,000+TAX-
“mfpen” – BELL HAT – ¥11,000+TAX-

このアンバランスさ、グッときます。

シャツを腕捲り、ショーツのラフさから小物が欲しくなるので、プラスでハット、ショルダーバッグをピックしてみました。

夏場は大体このスタイルに落ち着いている気がします。楽チンで涼しくて、シルエットも好みで、パーフェクトなんですよね。

長袖シャツはもう暑いなと感じている人は、下を工夫して変化を付けてみるのも楽しいですよ。羽織りのシャツにはショーツをオススメします。

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの野口です。

“UNIVERSAL PRODUCTS”

– CHAMBRAY L/S SHIRT –

¥19,000+TAX-

青山では三色ご用意がありますが、今回は一番明るいライトインディゴをチョイス。

今時期にはこういった涼しげなトップスを加えていきたいところ。持っているパンツが暗めな物が多くても、一気に春夏らしさを感じる事が出来ますね。

爽やかな色は気分も上がりますね。写真でも自然と笑っていました。(笑)

オーバーサイズで、シャンブレー独特の質感、リネンのような風合いで、腕捲りがキマる素材感。


CREDIT
“HED MAYNER” – 4 PLEAT PANTS – ¥59,000+TAX-

僕は普段このシャツの色なら、パンツはベージュ系のチノパンや白パンのような、上下明るめのカラーをチョイスしがちなのですが、今回のスタイリングにはブラウンの綺麗なパンツで合わせました。

腕捲りスタイルということもあり、小慣れた大人っぽく上品なイメージで。

これからさらに暑くなってくるかと思いますが、このシャンブレー表面のザラッとした質感は、肌への接触面積も少なく、夏でも軽やかに羽織れるかと思います。

オールシーズンで活躍出来るこういったシャツは、毎日着てしまいそうになるくらいの安定感がありますね。

半袖を提案したり、長袖をピックしたり散らばってしまいすいません、、。

リアルな所で、僕たちスタッフの店頭での服装はまだ長袖シャツ+αです。シャツの前を開けたりパンツを変えたり、合わせるアイテムをシフトしながらも鉄板の長袖シャツには愛着があり、欠かさず着ています。

少しずつ暑くなっているので、バサッと羽織るイメージで取り入れてみるのもオススメしますよ。

 

○ お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

May 31, 2020, 7:54 PM

Category: Blog Kinoshita NOGUCHI Pick Up Sugimura