1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

M-47 改

 

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

1LDKのLINE公式アカウントが始まります

HED MAYNER 20AW・上

HED MAYNER 20AW・下

らしくない。

イメージを新たに。

新ブランド”Holzweiler”

ベローズジャケットとは。

インナーを大切に。

 

“French Army M-47 Field Pants”

フランス軍の、1947年に製造されたフィールドパンツ。

60年まで使用されており、47〜50年代を前期、60年代までを後期と呼んでいます。

数ある軍モノのパンツの中でも、群を抜いた縫製技術で仕上げられ、フランスに縫製技術の高さを世界に知らしめました。

マルジェラのラインウェイにて、裏返しに着用したモデルを歩かせたのも有名な話。量産目的で作られているにも関わらず、非常に凝った裏の仕立てや丈夫さは驚かされるものがあります。

このパンツを今回青山ホテルで、、、

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

世の中の古着事情も単純なもので、球数が減れば値段も高騰、増えれば市場価格も下がるのがセオリーです。

最初にご紹介したM-47に関しても現状球数は減少傾向にあるので、以前と同じ価格帯で手に入れるのも難しく、加えてマイサイズが手に入り辛い状態。

そうなると限定感も付いて回り、人気も上がってしまう。

昨今の洋服事情に於いても、限定感が強く、生産数が元々少ないばっかりか、抽選という考え方も普通になって来ました。

欲しい洋服が簡単に手に入らない、何とももどかしい限りです。

転売ヤーなんてものも現れ、買って売って、大量消費されていく世の中で、サスティナブルの様な環境に良い活動も注目されて来ています。

話が逸れてきているかもしれませんが、要はそれだったら新しいものを作ればいい。本質的に残っていくものを作ればいい。

現代の技術、思考を使って生まれ変わらせ、今後手放したくないものを作りたい、そんなアプローチを基に今回生まれたのが、、

“cantate”

-M-48 Field Pants-

¥38,000+TAX-

ヴィンテージのものをまた新たに蘇らせる。

作るのは勿論僕達ではありませんが、現代に生まれた僕らの特権とも言えるでしょう。

 

今回はそのM-47をcantateの松島さんにお願いして、忠実に再現して頂きました。青山ホテルのための特別別注です。

しかもこの価値が上がっているタイミングで。

忠実に再現といっても、そこにプラスして新たなディテールも加えています。

名称も”M-48″、いわば新たなフィールドパンツ。

以前展示会に訪れた際に、松島さんと何か別注をやりたい、というお話になり、結果的に僕が好きなミリタリーをベースに製作することに。

先程ご紹介したM-47を基盤として。

圧倒的信頼のあるブランドであるからこそ、現代に蘇るこのパンツはとんでもないものになるはず、と心を躍らせていました。

製作にあたってお願いしたのは”太さ”、そして1LDKらしく”綺麗”に着られる様に、という二点なのですが、それ以外にも洋服好きを唸らせる松島さんの細工が多数。

色々お話をして詰めていくことで完成に至りましたが、プラスしたディテールは松島さんが考案してくれています。さすがとしか言いようがありませんが、、

にも関わらず元々はM-47に関してはそこまで詳しくなかったとのこと。

何度も繰り返し電話でやりとりする中で、いつの間にか元々調べて知っていた僕よりも知識は上に、(とはいえ当たり前ですが笑)

そこから色々擦り合わせることでどんどん形になっていき、

最終こうなるよ!とサンプルが上がった時に思ったのは、

失礼ながらもとてつもなく”変態”なパンツが出来上がってしまった、、という感情でした。

ボタンは馴染みのある水牛ボタン、ボタンフライは月桂樹ボタン。

素材にはコットンツイルを使用し、光沢のある上品な面持ちに。

従来のものになるとずっしりとした重み、それらの生む無骨な印象がどうしても強くなってしまうので、今まで手を出してこなかった方も多いはず。

生地感をよりライトにすることで穿き易く、現代のスタイルにも馴染み易くしました。センターに残したクリースも同様です。

実際軍の式典等でも着用されていたものなので、そこを残すことで穿いた時の見た目に良い影響を残してくれています。

勿論年中通して着用可能なので、いい意味であまり気を使わずにガンガン着用して頂きたいです。

無骨な印象の正体である生地に加え、このウエストの幅もその正体。

本来であればこのループ幅二本分はあるので、そこを通常の状態にしてタックインしてもより美しく見える様に工夫をしました。

そしてここからが真骨頂。

軍パンといえば、使用目的を考えると一本一本誤差があってはなりません。

それなのにここまで拘られているのが本当にすごいポイント、それでは詳しく触れていきます。

フロントのポケット裏を見ると現れるサークル状の当て布。

これは”力布”と呼ばれ、ポケットの補強目的によるものです。

ヘビーに使うものだからこそ破れてしまっては元も子もありません。これは現代においても言えることで、長く使って頂ける理由の一つにもなってくれています。

○フロント

○バック

続いてポケットに関して。

写真を見て頂くと分かる様に、フロントは袋縫い、バックはロックミシンで仕上げられる様な切りっぱなしのデザインに。

正直何も知らずに見たら謎でしかないデザインかもしれません。要は、

 

・袋縫いは手間がかかるもの。

・切りっぱなしは作業効率が良いもの。

 

従来のものは、量産であるからこそ業務効率も非常に重要視されるポイントです。その為、ポケットは前後ともに切りっぱなしになっていました。

ここは忠実ながら忠実ではない、現代的思考と過去のディテールを混在させて作られています。

この差別化されたデザインは実際自分にしか見えずに表立っているものではないものの、より拘り抜いてくれた松島さん。

ここらが、非常に変態的なディテールだと思いました(笑)

 

それでは明日またスタイリングを交えてご紹介させて頂きます。

“M-48 Field Pants for 1LDK from cantate”

M-47は、フランス軍の、1947年に製造されたフィールドパンツ。

60年まで使用されており、47〜50年代を前期、60年代までを後期と呼んでいます。

 

今回製作したのは、47年の初期型から50年代前期の変遷期がモチーフ。

今の技術にも劣らない1947年代に製作されたミリタリーパンツに、現代の技術を使う事でアップデートした新型モデルです。

従来の、新たなディテールを混在させて仕上げたこのパンツを、デザイナーの松島氏は”M-48″と呼びます。

 

※こちらの商品は、11/28(土)より、下記取扱店舗にて発売致します。

・1LDK AOYAMA HOTEL (03-5778-3552) 12:00~

・1LDK KYOTO (075-366-5556) 11:00~

・1LDK ONLINE STORE 11:00~

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK sapporo/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

20AW LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL 木下

November 26, 2020, 7:06 PM

Category: Blog Kinoshita Pick Up