1LDK AOYAMA HOTEL

SHOP INFO

色鮮やかに。

 

【お知らせ】1LDK ONLINE STOREリニューアルオープン

is-ness west side。

“TEATORA”のPackable。

機能的且つタウンユース。

本格始動です。

ずっと夢中で居続ける。

 

 

こんにちは。

1LDK AOYAMA HOTELの木下です。

洋服に関しては、どこか遊びココロを加えていたい。

古着も好きですが、勿論綺麗なスタイルが好きで、ここで働いています。色々なスタイルを通って模索している内にも、自分の中でこれだ!ってなる場面が誰しもあると思います。

それこそ、そこからまた好みが変わってしまうなんてこともありますが、

やはりずっと楽しむこと。それが最も大事なポイントです。

サイズ感で楽しむことが出来るE.TAUTZ。そこに縫製や品質の良さが加わり、今っぽさもあって魅力的なブランドです。

イギリスの紳士服ともあって、色気のある洋服も多く、カラーリングも豊か。随所で見ることの多いレッドや明るいブラウンは取り入れやすく、普段の洋服との馴染みもいいです。

 

新たな選択肢として加えられる今回のカラー使いも注目してみてください。

“E.TAUTZ”

-LINEMAN SHIRT-

¥36,000+TAX-

春先に着たいブロードのシャツ。今回もホワイトをご用意しています。

前回の20AWよりタイプライターを追加し、ツヤとハリがある品が増した仕上がりに。

ただ面白いことに、僕も愛用しているネイビーがタイプライターになることで全く違う印象に仕上がっていました。

“E.TAUTZ”

-LINEMAN SHIRT-

¥36,000+TAX-

所謂フレンチブルー。UPのギャンバートで作っていたような鮮やかさを持ち合わせ、ちゃんと色物として成立しながらも、取り入れやすい仕上がりです。

ルーズなサイズはそのままに、雰囲気を一変。

いつも形自体は変わらないからそこまで買い足す必要はない。けれど前回のストライプから来る西海岸の雰囲気、古着感等、やはりツボを抑えてくれています。

色と素材の変化でここまで購買意欲がそそられるのは珍しいことではないでしょうか。

普段であればスチームを当てて綺麗に着用したいですが、洗ってクタクタになった雰囲気が待ち通しい、そんな色味のシャツです。

“E.TAUTZ”

-FIELD TROUSERS-

¥39,000+TAX-

そこに合わせたいウォッシュドインディゴのデニムパンツ。これも新色。

前回はPLEATEDのシルエットで出していたのでタックが施された比較的細身のテーパードシルエットであったのに対し、これはズドンのワイドです。

洗いがかかって柔らかくなっている分、このパンツの生かし方はレングスの調整、ロールアップ。太めのピッチでロールすれば写真のようになり、2~3ロールになるとスッキリ、けれど存在感があって足元によりアクセントとしておいて頂けます。

革靴を履くのであればスッキリと詰めてあげるのが良さそう。

硬さのあるノンウォッシュのタイプに比べるとバギーとして縦にストンと落ちるのですが、この柔らかさがあることでドレープが強くなり、フレアのような印象にも。

同ブランドのデニムパンツを持っていても別物と解釈して頂けるはずです。

“E.TAUTZ”

-FIELD TROUSERS-

¥38,000+TAX-

ウォッシュドインディゴに加え、グリーンも登場しています。

春らしいカラーリングで、外の自然光に当たると白さが増し、そこまで主張は強く無くなります。

難しそうとは思いつつですが、ホワイトやベージュのテンションで合わせていただくといいと思います。

この写真では2ロール。スニーカーに合わせてカジュアルに着る分には、直しは必要なさそうです。

インディゴを一本持っているのですが、これは別件で欲しくなる仕上がりでした。赤のパンツをe.tautzの過去のルックを見て穿きたくなり、そこからグリーンやオレンジに手を出してきました。それは比較的秋冬に穿くことが多かったですが、春に着たくなるパステルトーンの仕上がり。

これにも実はテーマがあって、ベリー、アップルという2つのフルーツをモチーフにしたカラーになっています。こんなご時世なので、こういった遊びココロが非常に嬉しいです。

シャツとデニム。同ブランドを語るにあたってかけてはならない2ピースです。

ファーストのデリバリーでは、そこが重点的に入荷しています。

デニムオンデニムで春のスタートダッシュを切るのも良し、パンツで色味を加えていつもと雰囲気を変えていくのもいいかもしれません。

“E.TAUTZ”

-DENIM JACKET-

¥49,000+TAX-(INDIGO)

¥48,000+TAX-(ECRU)

ECRUは継続、インディゴは色を拾ったアップルグリーンの襟になっています。

シーズンを通して着たいデニムジャケットですが、中々いいサイズ感にも出会うことができないのも事実。探し尽くした末に僕もこのECRUを購入しましたが、ドレス背景とあって裁断とステッチが美しいです。

作り込まれた印象が全面的に伝わってくるので、革靴までいかなくとも、スニーカーで合わせてもバッチリ決まります。

ダービージャケットのようにヨーク部分を婉曲にステッチを施し、肘部分には可動域を高め、丸みを持たせるプリーツを。裾部分にはアジャスターもあることでシルエット調節も可能。もう言うことはありません。

丈は短く身幅は広い、ですがモタつきのない、ボリューム感を最大限に生かしたシルエット形成が魅力の仕上がりです。

ワイドパンツに非常に相性抜群なので、着崩すのも容易ではないでしょうか。

 

品の良さを追求するとどうしても洋服のルーツに乗っ取ってサイズ感もジャストに寄っていき、遊びのあるデザインは減っていく印象を受けます。しかしながら同ブランドのデザインは国に合わせて作っていないことでサイズ感もそのまま。

そこにカラーというものも加わり、単体使いでも抜きん出てくるアイテムに仕上がってきています。

だぼだぼに着て、これ実はE.TAUTZなんです。

みたいな着方をする方もいます。

この要素が、日本という国でマーケットを一気に広げ、ファンが増えた理由なのでしょう。

 

○お問い合わせ先

1LDK AOYAMA HOTEL
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-18

03-5778-3552

info@1ldkshop.com

1LDK ONLINE STORE

I.D.LAND COMPANY RECRUIT

SO NAKAMEGURO ONLINE STORE

SHOP instagram
1LDK/1LDK annex/1LDK sapporo/SO NAKAMEGURO

BRAND instagram
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official/1LDK Stand

20AW LOOK BOOK
UNIVERSAL PRODUCTS/EVCON/MY_/I official

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

1LDK AOYAMA HOTEL 木下

February 4, 2021, 9:40 PM

Category: Blog Kinoshita Ueda